ポルトがカメルーン代表FWアブバカルと2021年まで契約延長2017.10.12 20:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトは12日、カメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(25)との契約延長を発表した。新契約は2021年までとなる。

▽アブバカルは、2014年8月にロリアンからポルトへと完全移籍。2016年8月からはベシクタシュへとレンタル移籍していたが、今シーズンからは再びポルトでプレー。プリメイラ・リーガでは8試合に出場し6ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグでは1試合に出場し2ゴールを記録している。

▽カメルーン代表としても2010年からプレーし、ここまで51試合に出場し14ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトvsモナコの2003-04決勝再現カードは再びポルトに軍配!ベシクタシュは開幕2連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節の2試合が26日に行われ、モナコvsポルトは、3-0でアウェイのポルトが勝利した。 ▽開幕節でCL初出場のライプツィヒと引き分けたモナコは、その試合から2選手を変更。A・トゥーレとティーレマンスに代えて、ゲザルとレマルが起用された。一方のポルトは、初戦はベジクタシュに敗戦。その試合からJ・コロナとオリベル・トーレス、ソアレスの3人を、H・エレーラ、セルジオ・オリベイラ、アブバカルに変更した。 ▽2003-04決勝で対戦した両チームによる、注目の一戦。共に初勝利を目指して臨んだなか、最初のチャンスはモナコ。4分、ボックス右でゲザルのパス受けたファルカオがシュートを放つがGKの正面。その後はモナコペースで試合が進むものの、ポルトゴールを脅かすまでには至らない。 ▽そんな中、先制したのはポルトだった。31分、左サイドのスローインから、ボックス中央でダニーロが強烈なシュートを浴びせると、GKペナーリオが弾いたところにアブバカルが詰める。これもGKに防がれるものの、こぼれ球をアブバカルが押し込んでネットを揺らした。 ▽迎えた後半、70分にポルトがリードを広げる。ブラヒミの自陣からのロングボールに抜け出したマレガがボックス右に侵攻。そこから中に折り返すと、走り込んだアブバカルが流し込み追加点を決めた。 ▽さらに終了間際の89分には、右サイドの突破から、最後はマレガのパスを受けた途中出場のラユンがボックス左から決めて3-0。奇しくも、2003-04決勝と同じスコアでモナコに快勝したポルトが、今大会初勝利を収めた。 ▽また、グループGのもう一試合、ベシクタシュvsライプツィヒは、2-0でベシクタシュが勝利している。 ▽開幕2連勝を狙うベシクタシュは4分、クアレスマの右からのクロスにタリスカが飛び込むが、GKが弾き出す。試合が動いたのは12分、ベジクタシュが左サイドから攻め込むと、トスンがドリブル突破。そのクロスにバベルがボックス中央でダイレクトで合わせ先制点をもたらした。 ▽前半も終わりに差し掛かった頃、ベジクタシュがライプツィヒを突き放す。43分、右サイドのクアレスマの右足アウトサイドのクロスに、飛び込んだタリスカが頭で合わせ追加点。前半のうちに2点のリードを得た。 ▽後半は追いつきたいライプツィヒが60分までに3つの交代枠を使い切り攻勢を図るが、ベシクタシュの守備を崩すことができない。試合終了間際には、ボックス右でパスを受けたオギュスタンがシュートを打つも、枠を捉えられず。 ▽結局、スコアは動かないまま試合終了。前半の2点のリードを守り切ったベシクタシュが、開幕2連勝を飾っている。一方、ライプツィヒはCL初黒星を喫し、待望の初勝利はまたしてもお預けとなった。 2017.09.27 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルト戦ゴールの中島翔哉に現地紙も称賛「恐れを知らない才能」「美しいトリヴェラ」

現地時間22日、ポルトガルリーグ第7節ポルトvsポルティモネンセが行われ、ポルティモネンセの中島翔哉が敵地で今季3ゴール目を決めた。<br><br>試合は5-2でホームのポルトが大勝を収める形になったが、ポルトのホームスタジアム、ドラゴンで今季イケル・カシージャスから初めてゴールを奪った中島について、ポルトガルメディアもこぞって称賛の内容で報じている。<br><br>地元メディア『noticiasaominuto』は「中島はパウリーニョからのパスを受けると、フェリペの裏を突き、グラウンダーでイケル・カシージャスの届かないところへシュートを流した。ポルトのGKにとってこれはノーチャンスだった」と伝え、カシージャスでも防ぎようがなかったファインゴールだと強調している。<br><br>『bancada』は、「フェリペをピッチで撹乱し、右足で巧みにゴールを奪った」と、中島の個人技によって実現した得点だったと報じている。<br><br>ポルトガルメディア『zerozero』は中島の才能にフォーカスし、「恐れの知らない才能」の見出しで「フェイレンセ戦では2ゴールを決め、ポルティモネンセの攻撃面で大きな役割を果たしていることを示したばかりだが、ドラゴンでも大きな仕事をやってのけた。彼はイケル・カシージャスを前に美しいトリヴェラ(アウトサイドキック)でゴールを決めている。中島はシーズンを通して大いに注目すべき価値のある選手」と紹介。ポルトガルリーグ初挑戦から間もないながら、ここまで3ゴールを奪っている中島の才能に賛辞を贈った。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.09.23 16:36 Sat
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が名手カシージャスからゴラッソ決め2戦連発! チームは王座奪還を狙うポルトに完敗…《ポルトガルリーグ》

▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは22日、ポルトガルリーグ第7節でポルトと対戦し、2-5で敗戦した。MF中島はフル出場、36分に今季3ゴール目を記録した。 ▽前節、中島の2ゴールで開幕戦以来の白星を飾った11位ポルティモネンセが、開幕から無敗で首位に立つポルトのホームに乗り込んだ一戦。3試合連続のスタメン出場となった中島だが、試合は立ち上がりから王座奪還を狙うポルトが主導権を握る。 ▽すると20分、ポルトは左CKのこぼれ球をボックス中央のマルカノがハーフボレーでゴール右に叩き込み、先制に成功。これで勢いづいたポルトは、ここからゴールラッシュを見せる。 ▽23分、右サイドを突破したJ・コロナのクロスからゴール前のアブバカルに叩き込み、2点目。さらに26分には、J・コロナのスルーパスに抜け出したマレガがゴール前まで持ち上がり、飛び出してきた相手GKとの一対一を制した。 ▽3点のリードを奪われたポルティモネンセの反撃は36分、右サイドを持ち上がったパウリーニョのパスをボックス右付近で中島が受けると、縦への切り込みからシュートに持ち込む。右アウトサイドで放たれたシュートは、左ポストの内側に当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽中島は開幕6試合でわずか1失点の堅守を誇る世界的名手カシージャスから見事にゴールをこじ開け、2試合連続ゴールとなった。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半も先にチャンスを作ったのはポルト。50分、ボックス右でボールを受けたアブバカルがシュートを放つと、相手ブロックのこぼれ球をマレガが繋ぎ、最後はゴール左のブラヒミがコントロールシュートをゴールに流し込んだ。 ▽攻撃の手を緩めないポルトは、68分にもアブバカルとのパス交換でボックス中央からブラヒミがゴールネットを揺らし、5点目。 ▽反撃に出たいポルティモネンセは74分、左CKの流れからR・フェルナンデスが1点を返すも、反撃はここまで。中島の2試合連続弾などで善戦したポルティモネンセだが、王者奪還を狙うポルトに完敗した。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;"> ポルト 5</span>-2 ポルティモネンセ 【ポルト】 マルカノ(前20) アブバカル(前23) マレガ(前26) ブラヒミ(後5) ブラヒミ(後23) 【ポルティモネンセ】 中島翔哉(前36) R・フェルナンデス(後29) 2017.09.23 06:24 Sat
twitterfacebook
thumb

トロワ、韓国代表FWソク・ヒョンジュンをレンタル

▽トロワは8月30日、ポルトに所属する韓国代表FWソク・ヒョンジュン(26)のレンタル移籍加入を発表した。加入期間は2018年6月までの1年間となる。 ▽ソク・ヒョンジュンは高校卒業後、アヤックスでプロキャリアをスタート。その後、フローニンヘンやマリティモなど複数クラブを渡り歩き、2016年冬にポルト入りした。 ▽だが、ポルトでは定位置確保とならず、トラブソンシュポル、デブレツェニVSCにぞれぞれレンタル移籍していた。 2017.09.02 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ストーク、蘭代表DFマルティンス・インディをポルトから獲得

▽ストーク・シティは11日、ポルトからオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディ(25)を5年契約で獲得したことを発表した。移籍金は770万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 ▽2005年にフェイエノールトのユースに入団したマルティンス・インディは、2014年夏にポルトに移籍するまで公式戦118試合に出場。各年代のオランダ代表でセンターバックを務めてきた逸材は、昨季にストークへレンタル加入すると、高さとパワーを持ち味に、加入以降全試合に出場しディフェンスの最終ラインに君臨した。 ▽クラブのトニー・スコールズCEOはマルティンス・インディの加入の喜びを次のように語った。 「ブルーノと契約できてうれしく思っている。ブルーノは レンタル期限が終わったとき、ここにとどまりたいという願望を隠さなかった。ポルトとの取引では辛抱強くしなければならなかったが、我々はこの結果に本当に満足しているよ」 2017.08.11 22:40 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース