ポルトがカメルーン代表FWアブバカルと2021年まで契約延長2017.10.12 20:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトは12日、カメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(25)との契約延長を発表した。新契約は2021年までとなる。

▽アブバカルは、2014年8月にロリアンからポルトへと完全移籍。2016年8月からはベシクタシュへとレンタル移籍していたが、今シーズンからは再びポルトでプレー。プリメイラ・リーガでは8試合に出場し6ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグでは1試合に出場し2ゴールを記録している。

▽カメルーン代表としても2010年からプレーし、ここまで51試合に出場し14ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

中島フル出場のポルティモネンセが首位ポルトに大量5失点で惨敗…《プリメイラ・リーガ》

▽日本人MF中島翔哉が所属するポルティモネンセは25日、プリメイラ・リーガ第23節でポルトと対戦し、1-5で大敗した。中島はフル出場を果たしている。 ▽中島の1G1Aの活躍で前節のマリティモ戦を快勝した10位ポルティモネンセ(勝ち点27)が、ホームに首位のポルト(勝ち点61)を迎えた一戦。今冬に対戦相手であるポルト行きが噂されたMF中島は、今節もスタメンに名を連ねた。 ▽試合が動いたのは10分、オタビオのロングパスをバイタルエリア左で受けたソアレスがボックス左まで持ち上がりクロス。これをファーサイドでフリーのマレガが流し込み、ポルトが先制した。 ▽先制点で主導権を握ったポルトは、16分に追加点。左サイド深くまで侵入したマレガの折り返しからオタビオがゴールネットを揺らした。 ▽2点のリードを許したポルティモネンセは21分、スルーパスに抜け出した中島がボックス左から左足でシュートを放つも、これは枠を外す。その後もミドルレンジから積極的にシュートを狙うポルティモネンセだが、ポルトの守護神GKカシージャスの牙城を崩せない。 ▽するとポルトは44分、右サイドをオーバーラップしたマキシ・ペレイラのクロスをマレガが流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽後半はポルティモネンセが立ち上がりから積極的な入りを見せるも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いてシュートにつなげられない。するとポルトは59分、ジオゴ・ダロットの左クロスをソアレスが頭で叩き込み4点目。 ▽後半最初のチャンスで追加点に成功したポルトは、66分にも左サイドを持ち上がったジオゴ・ダロットの折り返しをブラヒミが流し込み、5点目を奪った。 ▽後半アディショナルタイムにポッシニョーロのゴールで1点を返したポルティモネンセだが、反撃もここまで。前半から失点の止まらなかったポルティモネンセは、首位ポルトに大量5失点と力の差を見せつけられた。 2018.02.26 07:07 Mon
twitterfacebook
thumb

カシージャス、来季はイタリアへ?

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)にイタリア行きの可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで輝かしい実績を築いたカシージャス。2015年夏からポルトに活躍の場を求めたが、現行契約は今シーズン限りで満了を迎える。 ▽以前からアメリカ行きだけでなく、イングランド行きも囁かれるカシージャスだが、代理人に対して、イタリアのクラブを探すよう依頼したという。 ▽今年5月に37歳の誕生日を迎えるカシージャス。まだ現役に未練を残しているとみられるが、果たして…。 2018.02.20 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、CLで圧倒的な攻撃力を見せる...7試合で28得点を記録

リバプールは、今季のチャンピオンズリーグ(CL)で圧倒的な攻撃力を見せ付けている。<br><br>リバプールは14日のCL決勝トーナメント1回戦第1戦でポルトに5-0と大勝した。アウェーで5得点を奪っての勝利で、ベスト8入りを決定的としている。<br><br>リバプールはここまでCL7試合で28得点を記録している。攻撃を牽引しているのは、MFモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミノ、サディオ・マネの3選手だ。<br><br>全公式戦で見ると、サラーは30得点12アシスト、フィルミノは21得点12アシスト、マネは12得点7アシストという記録を残している。今冬MFフィリペ・コウチーニョがバルセロナに移籍したリバプールだが、彼の不在を感じさせない破壊力を維持している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 02:02 Fri
twitterfacebook
thumb

5発大勝のリヴァプール、クロップも大満足「こんなに簡単にはいかないよ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、勝利したポルト戦でのパフォーマンスを称賛した。<br><br>14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1戦で、リバプールはポルトと対戦。サディオ・マネのハットトリックに加え、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノのゴールで敵地での初戦を5-0で勝利している。<br><br>試合後、『BTスポーツ』でリバプールにとって完璧な試合だったかと問われたクロップ監督は、「もちろんそうだ。誰もがそう言えるだろう」と話し、敵地での大勝を喜んだ。<br><br>「とてもプロフェッショナルで、とても落ち着き、とてもアグレッシブだった。良い守備、カウンターアタック、ボールキープもできていた。いつもはこんなに簡単な試合にはならない。ハードワークし、選手たちは楽しみながらプレーしていた。これは最も重要なことだと思う。今夜はファンタスティックなパフォーマンスが見られた。この結果は全員が正しい方向に進んでいたということだ」<br><br>「(アンドリュー)ロバートソンは素晴らしいプレーをした。もちろん、マネはマン・オブ・ザ・マッチだが、フィルミーノも良い仕事を見せてくれた」<br><br>1stレグで大勝したリバプールは、大きなアドバンテージを持って3月6日に本拠地「アンフィールド」にポルトを迎え撃つ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 14:31 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルト 0-5 リバプール《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、、ポルトvsリバプールが14日に行われ、0-5でリバプールが圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180215_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 ジョゼ・サ 5.0 1失点目は完全に自身のミス DF 21 リカルド・ペレイラ 5.0 守備に追われるのみだった 23 ディエゴ・レジェス 5.0 フェリペの代役は務まらなかった 5 マルカノ 5.0 相棒のフェリペが不在の中、守備を統率できず 13 A・テレス 5.0 精度の高いクロスボールを幾つか供給もサラーに対応しきれず MF 11 マレガ 5.0 スピードに乗った突破は見られず 16 H・エレーラ 5.0 守備に重点を置いていたため、前に出れなかった 27 セルジオ・オリベイラ 5.0 特徴わからず。守備に追われていた 8 ブラヒミ 5.5 左サイドからの攻撃が唯一の起点だった (→ ワリス・マジェード 5.0) 目立った仕事はなし FW 25 オタビオ 5.0 バイタルエリアで仕掛ける姿勢は見せたが、前半で交代 (→J・コロナ 5.0) 特にアクセントを付けるようなプレーはなかった 29 ソアレス 5.5 幾つか質の高いプレーを見せてゴール前で脅威に (→パシエンシア -) 監督 セルジオ・コンセイソン 5.0 主力不在もホームで守備的に戦い5失点惨敗 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180215_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 6.0 安定したゴールキーピングだった DF 66 アーノルド 6.0 攻守に安定した出来だった (→J・ゴメス -) 6 ロブレン 6.0 身体を張った守備を続けた 4 ファン・ダイク 6.0 集中切らさずプレー 26 ロバートソン 6.0 質の高い攻撃参加を見せた MF 5 ワイナルドゥム 6.5 先制点に絡み、攻撃に厚みをもたらす 14 ヘンダーソン 6.0 的確な散らしを見せる (→マティプ -) 7 ミルナー 6.5 タイミング良くゴール前に絡んで2点を演出 FW 11 サラー 6.5 2点目を決め、3点目に絡んだ。次元の違いを示す 9 フィルミノ 6.5 3点目を決め、2点目に絡んだ (→イングス -) 19 マネ 7.5 ハットトリック達成。4点に絡んだ 監督 クロップ 6.5 敵地で完勝。1stレグで勝負を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マネ(リバプール) ▽ハットトリックで文句なしの選出。破壊力を象徴する存在となった。 ポルト 0-5 リバプール 【リバプール】 マネ(前25) サラー(前29) マネ(後8) フィルミノ(後25) マネ(後40) 2018.02.15 06:46 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース