ポルトがカメルーン代表FWアブバカルと2021年まで契約延長2017.10.12 20:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトは12日、カメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(25)との契約延長を発表した。新契約は2021年までとなる。

▽アブバカルは、2014年8月にロリアンからポルトへと完全移籍。2016年8月からはベシクタシュへとレンタル移籍していたが、今シーズンからは再びポルトでプレー。プリメイラ・リーガでは8試合に出場し6ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグでは1試合に出場し2ゴールを記録している。

▽カメルーン代表としても2010年からプレーし、ここまで51試合に出場し14ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

中島翔哉、ポルト移籍か

▽ポルトガル『Record』は、ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(23)にポルト移籍の可能性が高まっていると報じた。 ▽東京ヴェルディでプロキャリアをスタートさせた中島は、2014年にFC東京入りを果たすと、そのまま期限付き移籍でカターレ富山へ。同年8月にFC東京に復帰した。そして、昨年夏からポルティモネンセに期限付き移籍。海外挑戦1年目にして公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。 ▽その中島に対して、ポルティモネンセは契約解除額を2000万ユーロ(約26億1000万円)に設定。伝えられるところによれば、ポルティモネンセはポルトから届いた800万ユーロ(約10億4000万円)のオファーを拒否した模様だ。 ▽しかし、「(ポルト監督の)セルジオ・コンセイソンの手の内にある」との見解も示した『Record』によると、中島は新たなウィンガーを探しているポルト移籍に向け、今後交渉が前進する可能性があるという。 2018.07.21 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトがアーセナルから2015年U-17W杯MVPのMFヌワカリをレンタルで獲得

▽ポルトは18日、アーセナルからナイジェリア人MFケレチ・ヌワカリ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年に行われたFIFA U-17ワールドカップで大会連覇を果たし、最優秀選手賞に当たるゴールデンボールを受賞したヌワカリは、2016年にナイジェリアのダイアモンド・フットボール・アカデミーからアーセナルに加入した。その後はオランダのMVVマーストリヒト、VVVフェンロへの武者修行に出ていた。 ▽昨季はMVVマーストリヒトで公式戦14試合に出場し1ゴール1アシストの数字を残している。 2018.07.19 14:34 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがポルトガル代表FWパシエンシアを獲得! 父親はポルトのレジェンドFW

▽フランクフルトは12日、ポルトからポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシア(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽ポルトのレジェンドFWで指揮官としてはブラガやスポルティング・リスボン、デポルティボなどを率いた経験を持つドミンゴス・パシエンシア氏を父親に持つパシエンシアは、ポルトのアカデミー出身のストライカー。 ▽ポルトガルの年代別代表で常に主力を担い、U-23ポルトガル代表としてリオデジャネイロオリンピックにも参加した経歴を持つエリートだが、タレント揃いのポルトのトップチームでは思うようにチャンスを得られず、アカデミカやリオ・アヴェ、ヴィトーリア・セツバルといった国内クラブ、オリンピアコスなどへのレンタル移籍を繰り返していた。昨季はヴィトーリアで公式戦24試合に出場し10ゴール6アシストを記録していた。 ▽フランクフルトへの加入が決定したパシエンシアは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「ここに来ることができて良い気分だよ。今は興奮しているし、フランクフルトファミリーの一員になれたことを光栄に思っている。それにブンデスリーガでプレーすることは僕の夢だった」 「僕はチームの助けになれるように全力を尽くしたい。同時にストライカーとして多くのゴールを決めたいと思っているよ」 「(ポルト時代の対戦経験から)ここのファンは本当に信じられないほど素晴らしい。このクラブでプレーする機会を与えられると知ったとき、初めて対戦したときのことを思い出したよ」 2018.07.12 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがメキシコ代表DFラユンを獲得! 近日中に公式発表へ

▽ビジャレアルがポルトからメキシコ代表DFミゲル・ラユン(30)を完全移籍で獲得したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽これまでアタランタやクラブ・アメリカ、グラナダ、ワトフォードを渡り歩いてきたラユンは、2015年にポルトへ加入。右利きながら左足もそん色なく扱う両利きの同選手は、両サイドの複数ポジションでプレー可能な攻撃的な左サイドバックとして、公式戦79試合に出場し11ゴール23アシストを記録。 ▽今年1月にはセビージャに買い取りオプション付きのレンタルで加入し、公式戦18試合2ゴールという記録を残していた。 ▽また、2013年にデビューを飾ったメキシコ代表では通算67試合に出場し6ゴールを記録し、ロシア・ワールドカップでは全試合に出場していた。 ▽なお、『レキップ』が伝えるところによれば、2019年までポルトと契約を残すラユンの獲得に向けてビジャレアルは400万ユーロ(約5億2000万円)の移籍金を支払い、選手とは3年契約を結ぶ予定だ。 ▽また、ビジャレアルの公式ツイッターは10日、具体名こそ出していないものの、ラユンを匂わせる新戦力の加入が間近であることを伝えている。 2018.07.11 14:07 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサも52億円のエクトル・エレーラに関心か

▽バルセロナがポルトに所属するメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(28)に興味を示しているようだ。ポルトガル『O Jogo』が伝えた。 ▽エクトル・エレーラは、2013年にパチューカからポルトに加入。豊富な運動量で攻守に貢献でき、足下の技術とキックの多彩さも魅力のダイナモタイプのプレーヤーだ。2017-18シーズンは公式戦42試合で5ゴール7アシストを記録。ベスト16敗退に終わったロシア・ワールドカップでもメキシコ代表として全4試合で先発を飾った。 ▽そのエクトル・エレーラに対しては、レアル・マドリーやナポリ、リヨン、マルセイユが関心を示しているとみられるが、新たにバルセロナも争奪戦に加わる可能性がある模様。なお、獲得に動くとなれば、バイアウト条項金4000万ユーロ(約52億円)の支払いが生じてくるという。 2018.07.09 20:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース