エル・シャーラウィ、右足内転筋負傷でナポリ&チェルシー戦欠場か2017.10.12 19:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは11日、イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィが右足内転筋を負傷したことを発表した。

▽エル・シャーラウィは9日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節、マケドニア代表戦に93分から出場。その後クラブに戻った同選手は右足内転筋の負傷と診断され、14日に控えるセリエA第8節のナポリ戦に加えて、18日に行われるチャンピオンズリーグ第3節のチェルシー戦を欠場する恐れがあるようだ。

▽負傷者を多く抱えるローマにとって更なる選手の離脱は大きな悩みの種。今シーズンのエル・シャーラウィは、ローマでの公式戦8試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ベイリー獲得交渉が難航…レバークーゼンは63億円の移籍金を要求

▽ローマはレバークーゼンのU-23ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『メディアセット』の報道をもとに伝えている。 ▽バルセロナにボルドーのブラジル人FWマウコム(21)を強奪されたローマは、新たな右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカーの獲得候補としてベイリーをリストアップ。 ▽『メディアセット』によれば、ローマはベイリーの獲得に4000万ユーロ(約50億円)を用意しているが、レバークーゼン側はこの条件に満足しておらず、少なくとも5000万ユーロ(約63億円)を求めているそうだ。 ▽高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは、2015年にヘンクでプロデビュー。昨夏加入したレバークーゼンでは、両ウイングを主戦場にブンデスリーガ30試合を含む公式戦34試合に出場し12ゴール6アシストを記録していた。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.17 02:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがセビージャからフランス代表MFエンゾンジを4年契約で獲得!

▽ローマは14日、セビージャからフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得を発表した。 ▽ローマによると、契約期間は2022年6月までの4年間で、移籍金は2665万ユーロ(約34億円)+ ボーナス400万円(約5億円)と発表している。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 ▽ローマへの移籍が決まったエンゾンジは、同クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 「ローマに加入できたことを嬉しく思っている」 「僕は年齢に関係なくいつも自分が上達することを考えている。それには常にベストを尽くし、懸命に働くことが重要なんだ。僕はローマでそれを実行し、より良い選手となってプレーと経験でチームのために手助けしていくことを約束するよ」 2018.08.15 05:50 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコ、インテル行きの迫るケイタの後釜にローマのアルゼンチン代表FWに注視か

▽モナコはインテル行きが迫るセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の後釜としてローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(30)を狙っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽モナコでは昨夏に加入し主力としてリーグ戦23試合に出場したケイタがインテル行きに迫って模様。インテルは500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約のオファーを提示しているようだ。 ▽『トゥットスポルト』によると、モナコはケイタの後釜としてペロッティをリストアップしており、今後正式にオファーを提示するようだ。今年3月にローマと2021年まで契約延長したペロッティは、昨シーズンの公式戦で35試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。 2018.08.12 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ゴナロン獲得へ13億円のオファーをローマに提示か

▽ウェストハムが、ローマから元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(29)の獲得に向けてオファーを提示したようだ。『フットボール・イタリア』がイギリス『サン』の報道をもとに伝えている。 ▽ゴナロンは、昨夏に17年間在籍したリヨンからローマに加入。しかし、ローマではエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の信頼を勝ち取れず、昨シーズンはセリエA16試合(先発:11試合)の出場にとどまっていた。 ▽そんなゴナロンに関しては、クリスタル・パレスとエバートンの2クラブが獲得に興味を示していたが、今回の報道によれば、ウェストハムが1000万ユーロ(約13億円)のオファーを提示した模様。 ▽また、同紙によれば家族のためにフランス復帰を最優先に考えていたゴナロンだが、現在はプレミアリーグへの移籍も真剣に検討しているという。 2018.08.09 04:20 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組バジャドリー、ローマから逸材FWヴェルデを買取OP付きのレンタルで獲得

▽リーガエスパニョーラに昇格したバジャドリーは8日、ローマからU-21イタリア代表FWダニエレ・ヴェルデ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のヴェルデは、170cmに満たない小柄ながら馬力のある仕掛けを武器とする左利きのドリブラー。2014-15シーズンにトップチームデビューを飾ると、同シーズンに公式戦10試合に出場し、ブレイクの兆しを見せた。 ▽しかし、その後はトップチームとは定着ならず、フロジノーネやペスカーラ、アヴェリーノへのレンタル移籍を繰り返し、昨季はヴェローナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。同クラブでは公式戦33試合に出場し4ゴール3アシストを記録していた。 ▽なお、イタリアの年代別代表で主力を担う逸材には、ポルトやボルドーも獲得に関心を示していた。 2018.08.09 00:58 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース