日本代表でも違いを見せたMF乾貴士、エイバルとの契約延長を希望「長期間エイバルに留まりたい」2017.10.12 19:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表のMF乾貴士が、今シーズンで満了を迎えるエイバルとの契約を延長したいと考えているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽乾は、“セクシーフットボール”で話題となった野洲高校から横浜F・マリノスに入団しプロキャリアをスタート。セレッソ大阪への期限付き移籍を経て、2009年に完全移籍。2011年に、当時ドイツ2部のボーフムへと移籍した。2012年6月にはフランクフルトに移籍。3シーズンプレーすると、2015年8月にエイバルへと完全移籍を果たした。

▽かねてからスペインでのプレーを目指していた乾にとって、エイバルからのオファーは喉から手が出るほどのものだったようで、自身の給料などは気にしなかったと明かした。

「僕はずっとスペインでプレーしたかった。日本に居た時にエージェントと話をしたし、最初のステップとしても近付いていた。僕はブンデスリーガに行ったけど、僕のゴールはいつでもラ・リーガだった」

「2年前、エイバルからオファーを貰った。今の給料を投げ出し、全てを条項に入れられたとしても、喜んできたと思う。エイバルがどれぐらいの位置にいるかは分からなかったけど、僕は気にしなかった」

▽エイバルでの3シーズン目を過ごす乾。昨シーズンは、最終節のバルセロナ戦で2ゴールを記録し、スペイン国内でも一躍注目の的となった。今シーズンで契約は切れるものの、乾はエイバルでのプレーを続けることを望んでいるようだ。

「僕はできる限りスペインのフットボールをプレーしたい。そして、可能であれば、長期間エイバルに留まりたい。ここに居ることは、とても幸せだよ。なぜなら、選手としての成長が止められないからだ」

また、エイバルのチームメイトで最も好きな選手については、「ダニ・ガルシアが一番好きな選手だ。彼は頭が良く、テクニックに優れ、守り方を知っている。日本では彼のような選手は居ないと思う」とコメントしている。

さらに、同じリーガエスパニョーラのヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳についてもコメント。「スペインと日本を繋げる」とコメントした。

「彼がどの様にプレーしてきたのかを知っているし、彼は偉大な選手だよ。僕はスペインのフットボールと日本のフットボールの間の、重要な橋渡し役になると思う」

コメント

関連ニュース

thumb

スーパー・シンジ! 「岡崎は傑出していた」

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジーとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。岡崎は68分までプレー、49分に今季4ゴール目を記録した。 ▽FWジェイミー・ヴァーディの相棒として先発した岡崎は、レスターが1点リードで迎えた後半、49分にボックス右のマフレズが折り返したボールを押し込んでチーム2点目を記録。そのほかにも決定機やチャンスメーク、持ち前のハードワーカーぶりで守備にも貢献した。 ▽レスターの地元紙『レスター・マーキュリー』は試合後、この試合を論評。電子版のマッチレポートでは「スーパー・シンジが敵地での大きな勝利の立役者に」と見出しを取り、「岡崎が先発に戻って決勝点を記録し、最高のチームパフォーマンスを引き出した」とした。 ▽レーティングでも、MFビセンテ・イボーラと並ぶチーム最高の「9」を与えており。「傑出していた。このシステムで仕事をさせれば誰よりも優れているということを改めて証明した」と評価した。 ▽暫定指揮官のマイケル・アップルトン監督からも称賛されていた岡崎。チームは24日の国内カップ4回戦でリーズと対戦した後、29日の次節でエバートンをホームに迎えるが、引き続きの岡崎の活躍に期待したいところだ。 2017.10.22 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「シンジはグレート」レスター暫定指揮官、岡崎をベタ褒め

▽レスター・シティは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジーとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。試合後、レスターの暫定指揮官であるマイケル・アップルトン監督が、今季4得点目を奪った日本代表FW岡崎慎司を絶賛した。 ▽この試合、レスターは24分にマフレズのクロスがオウンゴールを誘って先制。リードして迎えた後半、49分にはマフレズの折り返しを岡崎が押し込み、点差を広げた。その後、56分に1点を返されたが、そのまま逃げきって今季アウェイ初勝利を挙げた。 ▽アップルトン監督は試合後、2点目を奪った岡崎を称賛。レスター公式サイトがコメントを伝えている。 「シンジはグレートだった。彼が先発したのはフェアなことだ。彼はいつも“やってくれる”。ポゼッションしていないときにもね」 「我々は2-0となった試合をコントロールしにいったが失点した。でも、要所でカウンターも繰り出していたし満足だよ」 2017.10.22 09:09 Sun
twitterfacebook
thumb

川島永嗣が3戦連続フル出場もメスは4連敗で最下位《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは21日、リーグ・アン第10節でホームにディジョンを迎え、1-2で敗れた。川島はフル出場している。 ▽リーグ最下位のメスが同じく17位と苦しむディジョンをホームに迎えた。10分にヴァローにゴールを奪われたメスは、前半終了間際にルーの得点で追いつく。しかし、50分にスリティに勝ち越し弾を奪われると、70分にディアニェが退場して数的不利になったこともあり、その後の反撃も及ばず敗れた。川島は3試合連続フル出場している。 ▽これで4連敗となったメスは依然として最下位。次節は29日に強豪リヨンとのアウェイ戦に臨む。 2017.10.22 08:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘント連勝ならず、久保裕也は途中交代《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは21日、ジュピラー・プロ・リーグ第11節でコルトレイクとのアウェイ戦を行い、1-1で引き分けた。久保は5試合連続の先発出場となった。 ▽今季初めての連勝を狙うヘントはゴールレスで迎えた後半、60分にシモンのゴールにより先制。その後、64分に久保を下げたヘントだが74分に失点する。その後、勝ち越し弾を奪うことはできずに試合終了。連勝とはならなかった。久保は無得点に終わっている。 ▽ヘントは11試合を終えて12位。次節は24日、ホームにKASオイペンを迎える。 2017.10.22 08:23 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第9節、ナポリvsインテルが21日に行われ、0-0で終了した。インテルのDF長友佑都はフル出場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171022_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 枠内シュートを的確にセーブ DF 23 ヒサイ 6.0 ペリシッチに仕事させず 33 アルビオル 6.0 イカルディにしっかり対応 26 クリバリ 6.0 フィードも正確で攻撃の起点に 31 グラム 6.0 ややカンドレーバに苦戦も攻撃の質は相変わらず高い MF 5 アラン 5.5 球際で戦っていた (→ログ -) 8 ジョルジーニョ 6.0 ボルハ・バレロの自由を奪う。配球もそつなし 17 ハムシク 6.0 急所を突くパスを配球し、自身もシュートシーンに絡んだ (→ジエリンスキ 5.5) 違いを生み出すには至らず FW 7 カジェホン 5.0 長友に監視されてスペースを突けず 14 メルテンス 5.5 両センターバックのタイトなマークに苦戦 24 インシーニェ 5.5 負傷を抱えながらも強行出場。最後の精度は欠いたが、キレはあった (→ウナス -) 監督 サッリ 6.0 一方的に攻め込みながらも一押しを欠いた。それでも首位をしっかりキープ ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171022_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.5 前後半に一本ずつファインセーブがあった DF 33 ダンブロージオ 6.5 インシーニェの動きを制限 37 シュクリニアル 6.5 安定感抜群の守備を見せた 25 ミランダ 6.5 ソリッドな守備を続ける 55 長友佑都 6.0 集中を切らさずカジェホンに密着マーク MF 87 カンドレーバ 6.0 単騎突破で攻撃の時間を作った (→カンセロ -) 5 ガリアルディーニ 6.0 バイタルエリアを監視 20 ボルハ・バレロ 5.5 イカルディをサポートするには至らなかったが、後方との中継役にはなった (→ジョアン・マリオ 5.5) 一本ミドルシュートを放つ 11 ヴェシーノ 6.0 攻守のつなぎ役に 44 ペリシッチ 5.5 消えている時間が長かった FW 9 イカルディ 5.0 前線で孤立。仕事ができなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 鉄壁の守備で首位ナポリから勝ち点1を奪取 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュクリニアル(インテル) ▽ハンダノビッチも素晴らしかったが、最終ラインでナポリの攻撃を度々止めていたスロバキア代表DFを選出。 ナポリ 0-0 インテル 2017.10.22 05:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース