アーセナルに打撃…ムスタフィが4~6週間の離脱2017.10.12 18:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィの離脱期間は4~6週間となるようだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督のコメントをイギリス『BBC』が伝えた。

▽ムスタフィは、8日に行われた欧州予選グループC最終節のアゼルバイジャン代表戦にドイツ代表として先発出場。しかし、前半34分に負傷し、交代を余儀なくされた。

▽ムスタフィはハムストリングを負傷しているようで、ヴェンゲル監督は「我々は4~6週間ほどムスタフィを欠くことになる。次のインターナショナルブレーク前に起用できるとは思わない」と話した。

▽この間、アーセナルはワトフォード(プレミア)、レッドスター・ベオグラード(EL)、エバートン(プレミア)、ノリッジ(リーグカップ)、スウォンジー(プレミア)、レッドスター・ベオグラード(EL)、マンチェスター・シティ(プレミア)と対戦。最近の公式戦7試合で6勝と調子を上げていたチームにとって大きな痛手となる。

コメント

関連ニュース

thumb

やっとアーセナルデビューのレノ、出番少ない現状にイライラ…

▽アーセナルに所属するドイツ代表GKベルント・レノが現状に苛立ちを隠さなかった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽レノは今夏、レバークーゼンからアーセナルに加入。当初こそ元チェコ代表GKペトル・チェフに代わる新守護神として期待が集まったが、ここまでプレミアリーグで出番がなく、セカンドGKとしての立ち位置が続く。 ▽そうした中、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ開幕節で遂にアーセナル加入後初出場を果たしたレノ。アーセナル加入初年度のここまでを振り返り、思った以上に出場機会を得られていない現状への葛藤を包み隠さず話した。 「全試合でプレーするために、新たなクラブにやって来た。でも、国外でプレーすれば、大きなクラブに行くほど、慣れるまで少し時間がかかるとは思っていたんだ。少しイライラするけど、冷静さを保ち、もっと良くなろうとトレーニングに専念しているよ」 「監督はパフォーマンスを見て、先発メンバーを決める。だから、今後もメンバー変更の可能性があると思っている。リーグはペトル、ヨーロッパリーグは僕を起用するなんて、彼は言っていない。だから、もっと出場できるように、毎日懸命に頑張っている」 「僕はプレミアリーグがベストなリーグだと思ったからここに来た。ブンデスリーガも良いけど、プレミアリーグの方が良い。だからこそ、プレミアリーグでプレーしたい。楽しみにしているよ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「最初の60分間は良かったが…」アーセナル指揮官、4Gも終盤の2失点に苦言

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、4ゴールを奪っての勝利を喜ぶも、2失点に関しては苦言を呈した。<br><br>20日に行われたヨーロッパリーググループステージ グループEの第1節でアーセナルはホームでヴォルスクラと対戦。ピエール=エメリク・オーバメヤンが2ゴールを奪う活躍をみせ、4-2でヴォルスクラを下した。<br><br>試合後、セビージャ時代からELで無類の強さを誇るエメリ監督は「最初の60分間は自分たちのプレーができたから良かったね。4ゴールを奪えて素晴らしい試合になった」と十分に機能した攻撃陣の働きを喜んだ。<br><br>しかし、その一方で「90分間を通して相手を圧倒する必要があった。最後の20分では、相手にチャンスを作らせてしまった。この点に関して言えば改善の必要がある。我々ががっかりしていることは2失点を許したことだ。それでも、60分間はとても良かったから、この状態を続けていきたい」とまたしてもクリーンシートを達成できなかったことを課題に挙げた。<br><br>また、この試合で移籍後初めて先発で出場するも、脚を痛めた様子で57分で交代したしたルーカス・トレイラについても言及。「私にはチームとトレイラに対しての責任がある。彼にとって60分で試合から離れることがベターだと思った。2日間の休養を取れば、日曜の試合(23日のエバートン戦)には間に合うと願っている。ルーカスは成長しながらプレーできている。試合に出場するたびに、非常に良いプレーを見せているね」<br><br>提供:goal.com 2018.09.21 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルはELに注力すべき?OBが指摘「プレミアでCL出場権獲得は厳しいだろう」

アーセナルは今シーズン、ヨーロッパリーグ(EL)に注力すべきなのだろうか。元イングランド代表マシュー・アップソン氏が、英『スカイスポーツ』内の番組で指摘している。<br><br>今季からウナイ・エメリ監督が就任し、クラブ上層部も交代が起きるなど新体制となったアーセナル。しかし、プレミアリーグでは開幕から2連敗を喫し、その後3連勝を記録するも、首位とは6ポイント差とスタートダッシュには失敗した。一方、20日に行われたELでは、ヴォルスクラ・ポルタヴァ相手にホームで4-2と勝利。欧州の大会では好発進を切っている。<br><br>この状況に、アーセナルOBであり、元イングランド代表のアップソン氏は『スカイスポーツ』内の番組で、EL経由でチャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得を目指すべきだと指摘している。<br><br>「CL出場権獲得の可能性がある素晴らしいルートだ。国内リーグは、アーセナルにとって厳しいものになるだろう。大きな変化があり、移行期にあるからね」<br><br>「長いシーズンでは、トップ4を目指すのは彼らにとって難しい挑戦になる。だが、彼らにはELにおいて素晴らしい歴史を持った指揮官がいる。勝ち方をわかっているね。(ウナイ)エメリは今夜いくつか変更したが、余裕があるだろう」<br><br>「現時点では、アーセナルは正しい道のりにいる。(リーグでの)トップ4フィニッシュはできないだろうが、カップ戦はカップ戦だ。多くの試合がある」<br><br>ELを制覇すれば、来季のCL出場権を獲得することができる。優勝争いだけでなく、CL出場権が得られる4位争いも熾烈なプレミアリーグ。OBの指摘するように、アーセナルにとってはEL経由でCLへの出場を目指すほうが現実的なのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.21 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤2失点でケチ付くも攻撃陣躍動のアーセナルが公式戦4連勝! 今季ELを白星発進《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)のグループE第1節のアーセナルvsヴォルスクラが20日に行われ、ホームのアーセナルが4-2で勝利した。 ▽昨シーズンのELベスト4チームのアーセナルは今季こそ同タイトル獲得を目指す。エメリ新体制では開幕2連敗も、以降は格下相手にきっちり勝ち切って3連勝と復調気配を漂わす。セビージャ時代にEL3連覇に導いたスペイン人指揮官の下で臨んだ今季の初戦ではウクライナのヴォルスクラをホームで迎え撃った。 ▽エメリ監督は直近のニューカッスル戦からパパスタソプーロス、モンレアル、オーバメヤンを除く8人を変更。GKレノ、リヒトシュタイナー、トレイラの3選手が移籍後初先発を飾った。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込んでいくアーセナルだが、自陣で人数をかけた守備ブロックを形成する相手の守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽前半半ばを過ぎても攻めあぐねる状況が続くアーセナルだが、32分にファーストチャンスをゴールに繋げる。ムヒタリアンのパスカットで自陣からロングカウンターを発動すると、左サイドのスペースでアルメニア代表MFのスルーパスに抜け出したイウォビがすかさず逆サイドを走るオーバメヤンに斜めのスルーパス。これをオーバメヤンがスライディングシュートの形でゴール左隅に流し込んだ。 ▽この先制点で勢いづくアーセナルは38分にトレイラの直接FKで相手ゴールを脅かすと、前半終了間際にもオーバメヤン、ムヒタリアンと2点目に迫るが、右ポストと相手GKの好守に遭い、前半を1点リードで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽しかし、迎えた後半は立ち上がりから攻撃陣が爆発する。まずは48分、ボックス左に抜け出したキープしたイウォビからボールを引き取ったムヒタリアンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前のウェルベックが頭で合わせ、早々に追加点を奪う。さらに56分には中盤でのボール奪取からムヒタリアンとのパス交換でボックス手前に運んだオーバメヤンが見事なミドルシュートを突き刺し、試合を決定付ける3点目とした。 ▽この直後殊勲のオーバメヤン、トレイラを下げてエジル、グエンドウジを同時投入したアーセナルはその後も試合をコントロール。70分にはイウォビを下げてこれがトップチームデビューとなる18歳MFスミス=ロウを投入。74分にはボックス右でリヒトシュタイナーが折り返したボールをエジルが冷静に押し込み、4点目を奪った。 ▽その後、77分にセットプレーの流れからリヒトシュタイナーのクリアミスをチェスナコフに見事なシュートで決められ、今季初のクリーンシートを逃したアーセナル。さらに、試合終了間際には格下相手に完全にサイドを崩されてシャルパルに2点目まで許し、試合はこのままタイムアップ。 ▽終盤の2失点でケチが付いたものの攻撃陣が今季最多の4ゴールを奪ったアーセナルが公式戦4連勝を飾ると共に今季EL初戦を勝利で飾った。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、スポルティング・リスボンvsカラバフは、ホームのスポルティングが2-0で勝利している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 06:13 Fri
twitterfacebook
thumb

新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か

アーセナルは、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンをトップターゲットに定めたようだ。英『Football London』の情報を下に、『ザ・サン』が伝えている。<br><br>先日、長年CEOを務めたイヴァン・ガジディス氏が退任することを発表したアーセナル。新体制では、フットボール部門のトップにラウール・サンジェイ氏が就任することに。16年間バルセロナでフットボール・ディレクターを務め、今年2月にアーセナルに来たばかりのサンジェイ氏に、クラブの旗振り役を任せることとなった。<br><br>そんなサンジェイ氏は、早くも選手補強に動き出しているようだ。『Football London』によると、サンジェイ氏はパボンをトップターゲットに据えたという。そして、スカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏を通してではなく、直接ボカ・ジュニアーズとコンタクトを取っているようだ。<br><br>ロシア・ワールドカップにも出場した22歳のアルゼンチン代表FWには、今夏も獲得に動いたというアーセナル。しかし、パボンはボカと新たに延長契約を結んだため、獲得には失敗していた。<br><br>ボカとの新契約は4年間であり、会長によると5000万ユーロ(約66億円)の契約解除条項が付帯しているという。つまり、アーセナルは獲得のために最低でも5000万ユーロを支払う必要があるようだ。<br><br>昨季限りで22年間務めたアーセン・ヴェンゲル氏が退任し、クラブCEOも去ったアーセナル。新体制となったクラブは、どのような方針でクラブを強化していくのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 22:58 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース