パナマ、W杯初出場で急きょ国民の休日に2017.10.12 15:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日に初のワールドカップ(W杯)行きを決めたパナマは、翌11日を急きょ休日とし、国全体で快挙を喜んだようだ。『ESPN』などが伝えた。

▽パナマ代表は10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選最終節でコスタリカ代表と対戦し、2-1で勝利。この結果、同予選で3位フィニッシュとなり、初めてとなるW杯出場を決めた。

▽この快挙を受けて、パナマのファン・カルロス・ヴァレラ大統領は、ツイッターで「パナマの歴史的な日を祝福しましょう。明日は祝日です」と投稿し、休日としてお祝いムードを楽しむように促した。

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア代表がギリシャとのプレーオフに向けた招集&予備登録メンバーを発表!《ロシアW杯欧州予選PO》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は23日、11月に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ2試合に臨む、クロアチア代表メンバー23名と予備登録メンバー5名を発表した。 ▽最終節に行われたウクライナ代表との直接対決を制してグループI2位で欧州予選を終えたクロアチア。本大会出場を懸けた運命のプレーオフに向けてダリッチ監督は、ウクライナ戦で2ゴールを記録したFWアンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)やMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)といった主力を選出。一方でMFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)は負傷のために招集外となっている。 ▽また、予備登録メンバーにはFWドゥイエ・チョップ(カリアリ)、FWマルコ・ピアツァ(ユベントス)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)、DFティン・イェドバイ(レバークーゼン)、DFアントニオ・ミリッチ(オースンデ)の5名が招集された。 ▽クロアチアは、グループHを2位で終えたギリシャ代表とプレーオフで対戦。11月9日にホームで1stレグが行われ、同12日に敵地で2ndレグが行われる。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・スバシッチ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ゾラン・ニジッチ</span>(ハイドゥク・スプリト) <span style="font-weight:700;">マリン・レオバツ</span>(PAOK/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ピバリッチ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ストリニッチ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;"> マリオ・パシャリッチ</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マリオ・マンジュキッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・カリニッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">◆予備登録メンバー5名</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span> (レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アントニオ・ミリッチ</span> (オースンデ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チョップ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ピアツァ</span>(ユベントス/イタリア) 2017.10.24 02:05 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州予選プレーオフ最大の注目カードはスウェーデンvsイタリア《ロシアW杯欧州PO》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会を実施した。 ▽欧州予選の各グループ2位に入った9カ国の内、最下位のスロバキアを除いた8カ国が進むプレーオフ。勝利した4カ国がW杯出場権を獲得する。 ▽16日に発表されたFIFAランキングから、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)がシード。北アイルランド(23位)、スウェーデン(25位)、アイルランド(26位)、ギリシャ(47位)がノーシードとなった。 ▽プレーオフの再注目カードは、スウェーデンvsイタリア。スウェーデンは3大会ぶり、イタリアは15大会連続の出場を懸けて戦う。また、スイスは北アイルランド、クロアチアはギリシャ、デンマークはアイルランドと対戦する。 ▽1stレグは11月の9日〜11日、2ndレグは11月12日〜14日に行われる。対戦カードは以下のとおり。 ◆ロシアW杯欧州予選プレーオフ 北アイルランド vs スイス クロアチア vs ギリシャ デンマーク vs アイルランド スウェーデン vs イタリア ◆日程 1stレグ:11月9〜11日 2ndレグ:11月12日〜14日 2017.10.17 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

日本はポット4が濃厚…ポット3入りの条件は4つ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、10月のFIFAランキングを発表した。日本は前回より4つランクを下げ、44位となった。 ▽今回のFIFAランキングは、12月1日に行われる、ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会のポット分けに影響する。ポット分けはFIFAランキングの上位から8カ国ずつが4つ分類され、開催国であるロシア(65位)のみ、FIFAランキングに関係なくポット1に入る。 ▽現時点で出場32カ国中、出場が決定しているのは23カ国。ここに、アフリカ予選の残り3カ国、欧州予選のプレーオフを勝ち抜く4カ国、南米5位のペルーvsオセアニア王者のニュージーランド、北中米カリブ海4位のホンジュラスvsアジアPOを勝ち抜いたオーストラリアの勝者の9カ国が加わることとなる。 ▽今回発表されたランキングを元にポット分けを予想すると、日本は限りなくポット4に入ることとなるだろう。出場が確定している国で、日本よりFIFAランキングが低いのは、パナマ(49位)、韓国(62位)、サウジアラビア(63位)の3カ国のみ。また、アフリカ予選で同グループのモロッコ(48位)、コートジボワール(61位)は、どちらが出場となっても日本よりランキングは下となる。日本以下のW杯出場国(可能性がある国を含む)のランキングは以下の通り。 ◆FIFAランキング 44.日本 47.ギリシャ※1 48.モロッコ※2 49.パナマ 55.ブルキナファソ※3 61.コートジボワール※2 62.韓国 63.サウジアラビア 64.カーボベルデ※3 69.ホンジュラス※4 74.南アフリカ※3 122.ニュージーランド※5 ※1…欧州予選プレーオフ ※2…アフリカ予選で同グループ ※3…アフリカ予選で同グループ。32位のセネガルが首位 ※4…43位のオーストラリアとの大陸間プレーオフ ※5…10位のペルーとの大陸間プレーオフ ▽上記の通り、日本はギリギリでポット3に入る可能性が残されている。しかし、下記の4つの条件が揃わない限り、日本はポット4入りが決定する。 1.ギリシャが欧州予選プレーオフを勝ち抜く 2.ニュージーランドが大陸間プレーオフを勝ち抜く 3.ホンジュラスが大陸間プレーをオフを勝ち抜く 4.アフリカグループDでブルキナファソ or カーボベルデ or 南アフリカが首位 ▽欧州予選プレーオフギリシャの相手になるのは、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)の4カ国。いずれも強敵だ。 ▽ニュージーランドの大陸間プレーオフの相手は南米5位で、FIFAランキング10位のペルー。2010年の南アフリカW杯は、バーレーンとの大陸間プレーオフを制して、本大会出場を決めている。2014年のブラジルW杯はメキシコとの大陸間プレーオフに敗れて出場はならなかったが、今回はどうなるのか。 ▽ホンジュラスの相手は、日本とアジア予選を戦った43位のオーストラリアだ。どちらも連続でのW杯出場を目指している。拮抗した試合になる可能性が高い。 ▽そしてアフリカ予選グループDは、セネガルが2試合を残して勝ち点差2の首位。セネガルの残り2試合は最下位の南アフリカだが、南アフリカも連勝すれば逆転でのW杯出場の可能性がある。 ▽4つの条件を満たす可能性はゼロではないが、1つでも達成されなければポット4となる。果たしてどのような結果になるのか。11月のW杯予選、プレーオフで全てが決着する。 2017.10.16 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル、ロッベン、サンチェスら…豪華過ぎる“W杯で見られない”11名

▽来年開催のロシア・ワールドカップ(W杯)出場国32カ国中23カ国が、この10月の代表ウィークで決定した。イギリス『スカイ・スポーツ』は、予選で姿を消した国々の“W杯で見られない11名”をベストイレブン形式で紹介している。 ▽メンバーを見ると、MFガレス・ベイルやFWアリエン・ロッベン、GKヤン・オブラクを筆頭に錚々たる面々。あと9カ国の出場枠を懸けて、欧州予選プレーオフなども控えているだけに、今後もロシア行きを絶たれる名プレーヤーが出てきそうだ。 ▽なお、記載されたメンバーの他にも、MFミラレム・ピャニッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ユベントス)や、MFマレク・ハムシク(スロバキア/ナポリ)、FWクリスティアン・プリシッチ(アメリカ/ドルトムント)の不参加が確定している。 ◆“ロシアW杯で見られない”ベストイレブン GK ヤン・オブラク(スロベニア/アトレティコ・マドリー) DF アントニオ・バレンシア(エクアドル/マンチェスター・ユナイテッド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/サウサンプトン) ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン) MF ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア/マンチェスター・ユナイテッド) アルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン) アリエン・ロッベン(オランダ/バイエルン) リヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ) FW ガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー) アレクシス・サンチェス(チリ/アーセナル) ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント) 2017.10.14 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チリ代表がW杯出場逃したのは必然? 前指揮官サンパオリは2年前から警鐘

▽コパ・アメリカ・センテナリオ王者がワールドカップ(W杯)の出場権を逃したのは、必然だったのかもしれない。前指揮官であり、今はアルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリが過去に警鐘を鳴らしていた。スペイン『アス』が報じている。 ▽サンパオリ監督は、2012年にチリ代表の指揮官に就任し、2015年に行われたコパ・アメリカでは、大会初優勝に導いた。しかし2016年1月にチリサッカー連盟から契約の解消が発表され、同年6月にはセビージャの指揮官に就任。2017年からはアルゼンチン代表監督を務めている。 ▽サンパオリ監督が去った後もチリ代表は、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオで優勝を果たすなど結果を残してきた。しかし来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権がかかった南米予選の最終節でブラジル代表に0-3と完敗。この結果、前節まで3位だったものの最終節を終えて6位となり、W杯出場は叶わなかった。 ▽『アス』によると、チリ代表のこの事態は以前から予見できたという。アルゼンチン代表を率いてロシアW杯の出場権を獲得したサンパオリ監督は、2015年の時点でチーム内に蔓延する“気の緩み”を指摘していたようだ。 「アルトゥーロ・ビダルは医者を必要とするレベルだ。それほどお酒が大好きで、自己管理ができていない。以前にリマから戻る飛行機の中で、彼は私にビールを差し出して『飲むか?』と聞いてきた。私はそれを断ったが、彼はさらにウイスキーも手にしていた」 「ガリー・メデルは外出して楽しい時間を過ごしてきた。もうお酒は飲めないようだったね。エドゥアルド・バルガスは、チリに戻ってくるたびに酷い有様になっていた。マティアス・フェルナンデスは、もはや代表チームでプレーすべきレベルではなかった」 「マウリシオ・ピニージャに至っては、常にパーティーのことしか頭にない。アレクシス・サンチェスはヘッドホンを携帯し、食事の時ですら話をしない」 ▽さすがにこんな代表ではW杯出場を逃したとしても仕方ないだろう――。 2017.10.13 18:39 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース