パナマ、W杯初出場で急きょ国民の休日に2017.10.12 15:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日に初のワールドカップ(W杯)行きを決めたパナマは、翌11日を急きょ休日とし、国全体で快挙を喜んだようだ。『ESPN』などが伝えた。

▽パナマ代表は10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選最終節でコスタリカ代表と対戦し、2-1で勝利。この結果、同予選で3位フィニッシュとなり、初めてとなるW杯出場を決めた。

▽この快挙を受けて、パナマのファン・カルロス・ヴァレラ大統領は、ツイッターで「パナマの歴史的な日を祝福しましょう。明日は祝日です」と投稿し、休日としてお祝いムードを楽しむように促した。

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS美女ワールドカップ】グループD第1節、接戦を制したのは…!?

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループD第1節の結果発表です。 ▽超WSのツイッターアカウントでユーザーの皆様に向けてアンケートを行ったところ、グループDはこれまでで一番の接戦になりました。1位は全体の35%の票を集めたアルゼンチン。2位にはわずか1%差の34%でクロアチアが続きました。3位のアイスランドも22%と健闘。ナイジェリアは9%で差が開いてしまいました。 ▽本線ではグループステージ突破の本命であるアルゼンチンやその対抗に挙げられるクロアチアが、こちらでも熱戦を繰り広げてくれました。また、FWリオネル・メッシのPKストップなどアルゼンチン相手に素晴らしい戦いぶりを見せてくれたアイスランドも、同じように力闘しました。 ◆超WS美女ワールドカップ・グループD第1節結果 1.アルゼンチン 35% 2.クロアチア 34% 3.アイスランド 22% 4.ナイジェリア 9% 投票数:842 ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.06.18 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

王者ドイツ撃破のメキシコ監督、批判を浴びせ続けてきた国民が手の平返し「ごめんなさいオソリオ」

17日のロシア・ワールドカップ(W杯)のグループF第1節で、前回王者ドイツを1-0で下したメキシコだが、メキシコ国民が同チームを率いるフアン・カルロス・オソリオ監督に感謝、そして謝罪をしている。<br><br>今回のW杯で大金星を挙げたオソリオ監督だが、これまでの道のりは平坦なものではなかった。戦術・策略家として知られるこのコロンビア人指揮官は、対戦相手に応じて起用選手と選手の起用ポジションを柔軟に変えてきたが、多くのメキシコ国民は「自分たちのフットボール」を実践しようとしない同監督に対して、批判を浴びせ続けてきた。<br><br>そうした批判の声は、メキシコのレジェンドからも聞こえてきた。元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏は、オソリオ監督のやり方が&ldquo;オレンジ軍団&rdquo;と称されたヨハン・クライフ氏のオランダ代表の真似事であるとして「今のメキシコ代表は下痢をする緑のオレンジ」「選手たちの質は信頼するが、監督は信頼しない」と辛辣な言葉を口にしていた。<br><br>そんな悲観論がメキシコ国内であふれ返る状況でも、メキシコサッカー連盟及び選手たちはオソリオ監督を信頼。そしてロシアW杯初戦、コロンビア人監督は「6カ月前から練り上げていた」というプランによって、ドイツ撃破という大金星を挙げた。<br><br>この試合の後、SNS上ではオソリオ監督への手の平返しが起こった。「#PerdonOsorio(ごめんなさいオソリオ)」とのハッシュタグがつくられ、メキシコ国民がオソリオ監督を称賛し始めたのだった。<br><br>「感動をありがとう」<br><br>「メキシコ国民はオソリオに謝罪すべき」<br><br>「オソリオはメキシコ大統領にならないと」<br><br>「ただ勝ったわけではない。オソリオの手腕で勝ったんだ」<br><br>「今日、オソリオは我々メキシコ国民全員を黙らせた」<br><br>嫌われ者から英雄となったオソリオ監督率いるメキシコは、グループF第2節で韓国と対戦する。ちなみにH・サンチェス氏はこのドイツ戦後、「オソリオはドイツ相手に素晴らしいゲームプランを駆使した。メキシコ人が監督を務めていないことには反対だが、オソリオは良い監督だと思うよ」と語っていた。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランド&チュニジアに災難!? 会場のヴォルゴグラードで●●が大量発生

▽サッカーの祭典、ワールドカップが開催されているロシア。ここまでも大いに盛り上がっているが、会場の1つであるヴォルゴグラードは悲劇に見舞われている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽18日、グループG第1節のイングランド代表vsチュニジア代表が開催されるヴォルゴグラード・アリーナ。しかし、ヴォルゴグラードでは、17日の夜にユスリカなどの小虫が大量発生していた。 ▽試合に支障をきたす可能性があるとして、ヴォルゴグラード・アリーナではヘリコプターによる殺虫剤の散布が行われ、街では作業員が対応しているとのことだ。 ▽また、『スカイ・スポーツ』の記者たちも、屋外でのイングランド代表の取材の中止などの被害に遭っているようだ。 ▽ヴォルゴグラードは、年間を通じて気温差が極端な地域。最高気温は41.1度を記録したのに対し、最低気温は-32.6度と約70度の寒暖差があったようだ。 ▽ヴォルゴグラード・アリーナでは、チュニジアvsイングランド以外にも、ナイジェリアvsアイスランド、サウジアラビアvsエジプト、そして日本vsポーランドが開催される。 ▽なお、18日の朝は気温が30度を超え、イングランドの選手たちはトレーニングが出来ず、散歩程度で終えたとのこと。試合は18日の日本時間27時(現地時間21時)にキックオフを迎える。 2018.06.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ドローに不満のブラジル指揮官、VARの使用基準に疑問「ミランダは押された。ジェズスの場面でも…」

ブラジル代表のチッチ監督は、スイス代表とドローに終わったグループリーグ初戦の出来に、不満を感じている。さらに、ビデオ判定の基準に疑問を覚えているようだ。<br><br>現地時間17日に行われた2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループE初戦で、ブラジルはスイスと対戦。20分にMFフィリペ・コウチーニョのゴールで先制したブラジルだったが、その後は攻勢を見せるも1点が遠く。すると、後半開始早々にCKからスイスに同点ゴールを奪われ、結局1-1でタイムアップの笛を聞いた。<br><br>試合後、会見を行ったチッチ監督は、まずビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について「言い訳をしたくはないが、(スイスのゴールの場面で)ミランダが押されていたのはとても明らかだった。それに、ガブリエウ・ジェズスの場面も&hellip;」とビデオ判定を採用する基準を疑問に感じていると話した。<br><br>「レフェリーに対して変にプレッシャーを掛けるべきではないが、システムのおかげで我々は試合を評価できる。しかし、最初の場面(スイスの得点)については議論できない。公平にこのシステムが使えるように働きかけなくてはならない」<br><br>続けて試合内容について言及。「いつものブラジルではなかった。ハーフタイムにポジションを修正したが、正確なフィニッシュに欠けていた。非常に多くのシュートが枠を外れた。相手GKをもう少し働かすことができたはずだ。もちろん勝利を期待し、勝利を望んでいた。だからこの結果には満足できない」<br><br>「試合の3分の2には満足している。積極性や創造性のあるプレーを左右で展開して、我々のチームの特徴が出ていた。しかし、ゴールを決められた後、推進力が十分ではなく、フィニッシュの精度も欠いた。これが次戦への教訓になるだろう」<br><br>初戦で勝利を逃したブラジル代表は、22日に行われる2戦目でコスタリカ代表と対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表に衝撃…FWカリニッチが途中出場拒否で代表追放

▽クロアチア代表に衝撃が走った。FWニコラ・カリニッチが代表チームから追放されてしまったようだ。クロアチア『24sata』が伝えた。 ▽クロアチア代表は16日、グループD初戦でナイジェリア代表と対戦。2-0で勝利を収めていた。 ▽カリニッチはこの試合ベンチスタートとなっていたが、後半40分にズラトコ・ダリッチ監督から途中出場を命じられたとのこと。しかし、この出場を拒否していたようだ。代わりにはマルコ・ピアツァが出場した。 ▽報道によると、カリニッチは背中を痛めていたと主張しているようだが、ダリッチ監督の腹の虫はおさまらず。18日の朝、カリニッチはスーツケースをまとめ、キャンプを去ったという。 ▽ダリッチ監督は試合後に「ケガ人を出さなくてよかった。ただ、面倒なことがある」とコメントしていた。 ▽現時点で、クロアチアサッカー連盟からの公式発表はない。クロアチアは、21日にグループステージ第2節でアルゼンチン代表と対戦。日本時間27時にキックオフを迎える。 2018.06.18 20:53 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース