レアル・マドリー、ケイン獲得にベイル+モドリッチorベンゼマ譲渡?2017.10.12 13:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(24)の獲得に向けてセンセーショナルなオファーを考慮しているかもしれない。

▽2シーズン連続でプレミアリーグ得点王となっているケインは、今季も公式戦9試合で11得点を記録するなど、好調を維持。チャンピオンズリーグでも2試合5得点をマークしていることもあり、世界最高峰クラスのストライカーとして広く認知され始めている。

▽そのケインに関して、マドリーが獲得を狙っているようだ。『Diario Gol』によれば、ケインを獲得するためには、少なくとも2億ユーロ(約267億円)が必要とみられている。しかしマドリーは、この移籍金を低くするため、MFガレス・ベイルの譲渡を視野に入れているという。

▽さらに報道によれば、マドリーはベイルに加えてFWカリム・ベンゼマ、そこに4000万ユーロ(約53億円)の金銭を加えるオファーの可能性も伝えられている。それでもトッテナムを満足させることができなければ、ベイル+MFルカ・モドリッチという元トッテナムコンビの譲渡もオプションに入れているという。

▽ケインはトッテナム・ユース出身で契約も2022年6月までのため、非常に困難なオペレーションとなることは確実だが、仮にマドリーが伝えられるようなオファーを提示すれば、スパーズ会長のダニエル・レヴィ氏を納得させることができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズがパレスとのダービーで劇的勝利! ケインがリーグ3連発となる今季24点目でチームを連勝に導く《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第28節のクリスタル・パレスvsトッテナムが25日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽約2週間前に行われた前節の“ノースロンドン・ダービー”を制した5位のトッテナム(勝ち点52)は、直近のFAカップで3部のロッチデールと引き分ける失態を演じたものの公式戦14戦無敗と好調を継続。迎えた今節は降格圏争いに身を置く15位のクリスタル・パレス(勝ち点27)とのダービーに臨んだ。ロッチデール戦からはワニャマを除く先発10人を入れ替え、ケインやエリクセン、デレ・アリら主力が復帰した。なお、足首の打撲でヴェルトンゲン、ハムストリングの軽傷でアルデルヴァイレルトが招集メンバー外となった。 ▽試合は立ち上がりこそホームのパレスがアグレッシブな入りを見せたものの、地力で勝るトッテナムがすぐにペースを掴む。8分には相手陣内中央で得たFKの場面でエリクセンの浮き球パスに左サイドからフリーでゴール左に飛び込んだベン・デイビスが反応。GKヘネシーからアフターチャージを受けるが、このプレーでPKは与えられず。続く10分にはデレ・アリの左クロスに対して、DFファン・アーンホルトがクリアミスを犯しゴール前のケインに絶好機。しかし、素早く振り抜いた右足シュートは相手GKのビッグセーブに防がれる。 ▽その後もボールを保持して主導権を握るトッテナムだが、球際で戦う相手の守備に苦戦。デンベレやワニャマのところで引っ掛けられてはカウンターを受ける場面が目立つ。前半終盤にかけても攻めあぐねる状況が続くトッテナムは結局、立ち上がり以降決定機を作れぬままゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻撃のギアを上げたトッテナムはパレスを自陣深くに押し込んでいく。51分にはB・デイビスの左クロスのこぼれ球をボックス右のエリクセンがボレーで狙うが、これをふかしてしまう。続く54分にはデレ・アリのサイドチェンジからオーリエ、エリクセンが見事なダイレクトパスをみせ、最後はゴール前でフリーのケインに決定機もシュートを枠に飛ばせない。 ▽前半に比べて攻守の切り替えの速さ、プレー精度が改善されてゴールを予感させ始めるトッテナム。59分にはボックス右でパスを受けたオーリエが意表を突くシュートでGKヘネシーにセーブを強いる。さらに66分にはラメラを下げてロッチデール戦で移籍後初ゴールを記録したルーカス・モウラをプレミアリーグデビューさせる。 ▽すると73分には絶好の決定機。右CKの場面でエリクセンのアウトスウィングのクロスをワニャマが頭で合わせ、ゴール前に混戦が生まれる。ここでB・デイビスが枠の左隅を捉えたシュートを放つが、これはGKヘネシーの好守に阻まれる。 ▽その後、80分にデンベレを下げて切り札ソン・フンミンを投入したトッテナムは83分、セットプレーの二次攻撃からケインのシュート性のクロスからベンテケのあわやオウンゴールという場面を創出。さらに84分にはB・デイビスの高速クロスからオーリエ、86分にもケインの技ありシュートでゴールに迫るが、あと一歩でシュートが決まらない。 ▽それでも、トップ4フィニッシュに向けて勝ち点逸が許されないトッテナムは頼れる司令塔とエースストライカーのコンビで劇的ゴールを奪う。89分、左CKの場面でキッカーのエリクセンがファーに滞空時間の長いボールを入れると、相手DFに競り勝ったケインのヘディングシュートがGKヘネシーの手を弾いてゴールネットに吸い込まれた。 ▽そして、ケインのリーグ戦3試合連続となる今季24点目でパレスとのダービーを制したトッテナムがリーグ戦2連勝で暫定4位に浮上した。 2018.02.25 22:58 Sun
twitterfacebook
thumb

デンベレ大好きなポチェッティーノ「マラドーナやロナウジーニョと並ぶ天才」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ベルギー代表MFムサ・デンベレを改めて絶賛した。『ESPN』が伝えている。 ▽トッテナムで公式戦225試合、ベルギー代表で70試合に出場するなど、ヨーロッパ屈指の万能型MFと評されるデンベレ。しかし、ゴールやアシストという目に見える数字で貢献するタイプの選手ではないため、ここまでは賞レースに絡むことはなかった。 ▽しかし、トッテナムで初めて仕事を共にして以来、その才能を称賛し続けてきたポチェッティーノ監督は、「彼はフットボールの天才」とデンベレを激賞し、自身にとってディエゴ・マラドーナ氏やロナウジーニョ氏と並ぶ存在であると主張している。 「私は以前から彼(デンベレ)のことをフットボールの天才と言ってきた。私は幸いなことに、現役時代にマラドーナやロナウジーニョ、ジェイ・ジェイ・オコチャといったプレーヤーたちと共にプレーした」 「私にとってデンベレは彼らと同様にフットボール史上で信じがたいタレントの1人なんだ」 ▽なお、強靭なフィジカルを生かした対人プレーやキープ力に加え、高精度の左足を駆使したドリブルとパスで違いを生むデンベレは、ここ最近のアーセナル戦やユベントス戦で圧倒的な存在感を発揮しており、ポチェッティーノ監督にとってはエースFWハリー・ケインや、司令塔MFクリスティアン・エリクセンと同様に欠かせない存在のようだ。 2018.02.24 15:34 Sat
twitterfacebook
thumb

ケイン狙うレアル・マドリー、ベンゼマ&コバチッチをトッテナムに?

▽レアル・マドリーがトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に向け、2選手とのトレード案を検討しているようだ。イギリス『エクスプレス』がスペイン『Don balon』の情報をもとに報じた。 ▽レアル・マドリーは、2シーズン連続でプレミアリーグ得点王に輝くなど、ワールドクラスのフィニッシャーに成長を遂げたケインに対して、強い獲得願望を抱いているとされ続けている。 ▽報道によれば、フロレンティーノ・ペレス会長は移籍金2億ユーロ(約262億7000万円)の投資に難色。FWカリム・ベンゼマとMFマテオ・コバチッチを譲渡することで、コスト削減を狙っているという。 ▽そのケインに関して以前から売却対象外の選手であることを強調しているトッテナムだが、レアル・マドリーの提案に対してどのような反応を見せるのだろうか…。 2018.02.24 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「もし誰かが電話をかけてきたら...」トッテナムOBがケイン流出の可能性を危惧

トッテナムOBのレス・ファーディナンド氏が、エースのハリー・ケインの将来についてコメントした。『Omnisport』が報じている。<br><br>ケインはこれまでプレミアリーグで4年連続20得点以上をマークしており、2017年は56得点を挙げて5大リーグの年間最多得点者になるなど、名実ともにワールドクラスの選手へと成長している。<br><br>しかし、1997年から6年間トッテナムでプレーしたファーディナンド氏は、クラブがケインを引き止めるための資金を用意できるのか、不安を感じているようだ。<br><br>「ケインのような優れたプレーヤーが他のクラブから狙われるのは当然のことだ。いつ誰が電話をかけてきても不思議じゃない。しかし、そうなったときにクラブは彼を守れるのか?」<br><br>さらにファーディナンド氏は、ここまで2度の得点王を獲得しているケインのプレーの引き出しの多さとケガの少なさに注目し、このイングランド代表FWがすでにワールドクラスの選手であると主張した。<br><br>「プレミアリーグだけでなくヨーロッパを見渡しても、ケインはベストなストライカーの一人だ。彼の得点パターンは本当に豊富だよ。両足はもちろんのこと、ミドルシュートも狙えるし、空中戦にも強い。それに、大きなケガをしないというのも、あのレベルではとても大事な要素だね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが超逸材ライアン・セセニョン獲得に成功か! ユナイテッド、リバプールとの争奪戦制す!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)の獲得に成功したようだ。フルアムOBのリロイ・ロゼニアー氏がイギリス『Totally Football Show』で来季のスパーズ入りを主張した。 ▽ベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、昨夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアムとのプロ契約にサインし残留を決断した。 ▽だが、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で33試合12ゴール4アシストと、驚異の進化を見せ続ける逸材は、来季からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする道を選んだようだ。 ▽ロゼニアー氏は『Totally Football Show』で、「個人的にライアンに関する契約はすでに結ばれたと思う。プレミアリーグで強い関心が報じられていたトッテナムだ。彼は夏に移籍するまでフルアムに留まるが、彼の将来はすでに描かれている。ライアンは素晴らしいポテンシャルを持ち、今後偉大なプレーヤーになるはずだ」と、セセニョンのトッテナムへの移籍交渉がすでに完了しているとの見解を示した。 ▽なお、ロゼニアー氏の発言はあくまで確定情報ではなく、クラブに近い筋の推測と思われるが、左サイドバックから徐々にポジションを上げて世界屈指のアタッカーに成長したウェールズ代表MFガレス・ベイルと共通点も少なくないセセニョンは、スパーズ加入を選んで偉大なる先達の後継を担うことになるのか。 2018.02.23 07:48 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース