先月ブンデスデビューのMF伊藤達哉にシティ&インテルが関心?2017.10.12 14:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVに所属するMF伊藤達哉(20)にマンチェスター・シティとインテルが獲得へ関心を寄せているようだ。イギリス『talk SPORT』が報じた。

▽柏レイソルの下部組織出身の伊藤は、2015年7月にハンブルガーSVに加入。今シーズンにはU-23チームとしてレギオナルリーガ(ドイツ4部相当)でここまで7試合5ゴールを記録している。また、トップチームの練習にも参加すると、9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦では途中出場を果たしてトップチームデビュー。さらに続く第6節のブレーメン戦では初先発も飾った。

▽伝えられるところによると、シティとインテルは今年1月から伊藤に注目していたようだ。しかし、ドイツ『ビルト』によると、ハンブルガーSVは現在、他クラブへの移籍を阻止するために、伊藤に対して新契約のオファーを準備しているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

「4年前から退団候補のナガトモが…」元Jリーガーがインテル指揮官の人材再生術を称賛

清水エスパルスでプレーした経験を持つ、元イタリア代表のダニエレ・マッサーロ氏が、23日にイタリアメディア『プレミアムカルチョ』のインタビューに応じ、インテルに所属する長友佑都に言及した。<br><br>長友は2011年冬、チェゼーナからインテルに電撃加入。その後は毎年のように、DFアルバロ・ペレイラやDFドド、DFクリスティアン・アンサルディなど新たなライバルが出現したものの、インテルで生き残ることに成功。一方、ライバルの多くはチームを去っていった。<br><br>今夏もニースから新たなブラジル人サイドバックのDFダルベルト・エンリケが加わり、この日本代表DFは放出候補となった。しかし、今シーズンから指揮官となったルチアーノ・スパレッティの信頼を獲得すると、適応に苦しむライバルを尻目にビッグマッチで結果を残し、序列を逆転してみせた。<br><br>現役時代、同じくミラノに拠点を置くミランで活躍したマッサーロ氏は、昨季インテルにおいてベンチを温める機会が多かった長友から、想定以上のパフォーマンスを引き出したとして、スパレッティの手腕を称えた。<br><br>「ナガトモは4年前から退団するべき選手だと言われてきた。だがスパレッティはインテルで出場チャンスを与え、彼を再評価した」<br><br>元インテルのファンタジスタ、エヴァリスト・ベッカロッシ氏も同意見を述べている。ラジオ局『ラディオ・オンダ・リベラ』のインタビューにおいて、「(ダニーロ・)ダンブロージオやナガトモなど、過去に冷遇されてきた選手を生かすことができた」と指摘した。<br><br>インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の関係上、ミランのような大型補強を行うことはできなかったが、実力を発揮できていなかった選手たちをスパレッティ監督が再生させたことが今シーズンの躍進につながっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.10.24 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル乾貴士、レアル・マドリーは「やっぱり強かった」

▽エイバルに所属する日本代表MF乾貴士がレアル・マドリー戦を振り返った。 ▽エイバルが22日、リーガエスパニョーラ第9節でレアル・マドリーと対戦した。見慣れないFWの一角で先発した乾は、売りの切れ味鋭いドリブルを披露。だが、チームは0-3と完敗した。 ▽日本が誇るドリブラーは、23日に更新した自身のツイッター(@takashi73784537)でレアル・マドリー戦を次のように回想した。 「レアル戦! 3-0で負けました。やっぱり強かった。自分自身は新しいポジションにも挑戦しながらやってます。まだまだですが、レアルの攻撃陣のアイデアとかはほんまに参考になるし、そういう相手とやれた事をプラスに変えていきたいです! 頑張ろう!! またすぐ試合や!!」 2017.10.24 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が1G1Aと躍動!! チームは3点差を守りきれずドロー…《プリメイラ・リーガ》

▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは23日、プリメイラ・リーガ第9節でヴィトーリアと対戦し、3-3の引き分けに終わった。中島は75分までプレー、16分に今季4ゴール目を記録した。 ▽ここまで2勝1分け5敗で14位に沈むポルティモネンセが、ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)のマルセイユ戦を戦った8位ヴィトーリアのホームに乗り込んだ一戦。ポルティモネンセの中島は、5試合連続でスタメンに名を連ねた。 ▽試合は立ち上がりからホームのヴィトーリアが攻勢に出る。すると6分、右クロスをファーサイドのラフィーニャが頭で折り返し、中央のラファエウ・マルティンスがゴールに流し込んだ。しかし、オフサイドポジションだったゴール前のウルタードがプレーに関与したと見なされ、ノーゴールの判定となった。 ▽ピンチを凌いだポルティモネンセは15分、ファブリシオのスルーパスに抜け出した中島がドリブルでボックス左まで持ち上がりコントロールシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽先制点で勢いづくポルティモネンセは、19分に追加点。パウリーニョのロングパスで相手DFの裏に抜け出したファブリシオが、飛び出した相手GKの上を抜くループシュートでゴールネットを揺らした。さらに30分にも、相手のパスミスを中盤でカットした中島が素早く前線へ送ると、これに反応したペドロ・サンチェスがボックス手前からシュートを沈めて3点目を奪った。 ▽ハーフタイムにかけて再び攻勢を強めたヴィトーリアの反撃を受けるポルティモネンセは、41分に右クロスのこぼれ球をペナルティアーク手前のラフィーニャにダイレクトボレーで流し込まれて1点を返されるも、2点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半は、追撃弾を狙うヴィトーリアが押し気味に試合を進めるが、ポルティモネンセ守備陣も体を張った守りでこれを弾き返す。75分にはポルティモネンセが中島を下げて守備的なマセードを投入。 ▽逃げ切り体制を図ったポルティモネンセだが、一瞬の隙からヴィトーリアに追加点を許す。82分、ビクトル・ガルシアの右クロスをR・マルティンスがヘディングシュート。一度はGKリカルドが弾いたが、こぼれ球をR・マルティンスに押し込まれた。 ▽追撃弾で勢いづくヴィトーリアは88分、ドリブルで右サイド持ち上がったヘルドンがボックス右角からクロスを供給。これをゴール前に走り込んだラフィーニャが流し込み、同点に追いついた。 ▽結局、試合はそのまま3-3で終了。中島が1G1Aの活躍を見せたが逃げ切りに失敗したポルティモネンセは、リーグ戦3試合未勝利となった。 2017.10.24 07:06 Tue
twitterfacebook
thumb

MF小林祐希、9試合連続スタメンもヘーレンフェーンは4失点で3連敗《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは22日、エールディビジ第9節のフィテッセ戦に臨み、0-4で敗戦した。小林は64分までプレーしている。 ▽前節のユトレヒト戦を1-3で敗れて今シーズン初の連敗を喫したヘーレンフェーン。連敗を脱したい一戦だったが17分、フィテッセのフールに自陣ボックス左に抜け出され、折り返しをラシカにプッシュされた。 ▽先制を許したヘーレンフェーンはさらに36分、フィテッセのダボに自陣右サイドの突破からクロスを許し、ファーサイドに抜けたボールをリンセンに押し込まれた。 ▽反撃に出たいヘーレンフェーンだったが、後半に入ってもフィテッセの攻撃を食い止めることができず。50分にフール、72分にもマタブスに決められてしまい、0-4で試合終了。ヘーレンフェーンは3連敗を喫した。 2017.10.23 09:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ベベレン森岡亮太が2得点に絡む活躍! チームも5発大勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽元日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは22日、ジュピラー・プロ・リーグ第11節のズルテ・ワレヘム戦に臨み、5-2で大勝した。森岡は11試合連続で先発し、1アシストを記録している。 ▽前節のヘント戦を0-2で敗れて、2試合ぶりの黒星を喫したベヘレンは、ズルテ・ワレヘムのホームに乗り込んだ。試合は7分、森岡がボックス右外へのスルーパスに抜け出してクロス。ゴール前左に走り込んだテリンが左足で合わせてベベレンが先制に成功する。 ▽幸先良い立ち上がりを見せたベベレンだったが17分、オラインカに自陣ボックス左への侵攻を許すと、シュリーヴェルスがたまらずファール。このPKをハマライネンに決められてしまう。 ▽試合を振り出しに戻されたベベレンだったが20分、ボリエビッチの右サイドからのクロスをファーサイドのテリンが右足で押し込んで勝ち越しに成功する。 ▽2-1でリードして試合を折り返したベベレンは後半開始直後、ハーフウェイライン付近左からのFKをキッカーの森岡が相手最終ラインの背後へロングパス。これが相手DFのクリアミスを誘発し、見逃さなかったテリンがボックス内へと抜け出してGKとの一対一を冷静に沈め、ハットトリックを達成する。 ▽その後、互いに1点ずつを追加した試合は、試合終盤にもベベレンがテリンのゴールでリードを広げて試合終了。5-2で大勝したベベレンが2試合ぶりの白星を飾った。 2017.10.23 08:50 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース