“皇帝”と呼ばれたアドリアーノがフットボール界に戻ってくる? 本人が計画を明かす2017.10.12 12:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてインテルやパルマなどで活躍した元ブラジル代表FWアドリアーノ(35)が、フットボール界に戻ってくる計画を明かした。ブラジル『TVグローボ』で語った。

▽強烈な左足のキックと爆発的な得点力で一時代を築いたアドリアーノ。イタリアとブラジルのクラブで活躍し、ブラジル代表としても活躍。50試合で29ゴールを記録していた。

▽現在は無所属であり、2016年7月にはブラジルでも最も危険とされるファベーラでの生活も報じられたアドリアーノ。しかし、紆余曲折あったが、フットボール界に戻る計画を明かした。

「僕は新たなプロジェクトに向け、自分自身の準備を始める。僕は1月にトレーニングを再開する。クラブが無くともね」

「キャリアをストップさせてからずっと、自分の体をキープすることに成功した。これは望んでいたことだし、持続しなければいけないと分かっている」

「僕は自分自身のためにしたいし、自分の限界を見せたいと思っている。そして、プレーできるかどうかも伝えられるだろう」

「まだキャリアを完全に終えたとは思っていない。何かが起こり、サッカーから僕は遠ざけられた。僕はキャリアが半分で止まったと言いたいね」

▽アドリアーノは、母国の名門フラメンゴでキャリアをスタートさせると、2001年のワールドユース(U-20ワールドカップ)での活躍により2001年夏にインテルへと移籍。冬にフィオレンティーナへとレンタル移籍すると、2002年夏には当時中田英寿も所属していたパルマへと移籍した。

▽中田、アドリアン・ムトゥとのトリオで攻撃をけん引しゴールを量産。ブラジル代表でもポジションを確立すると、2004年1月にインテルに復帰した。その後はサンパウロやフラメンゴ、ローマ、コリンチャンスなどクラブを転々。メディカルチェックの不合格や、監督らとの不仲、ピッチ外での問題行動などもあり無所属状態が続いていた。

▽2016年1月にNPSL(アメリカ4部)のマイアミ・ユナイテッドFCと契約。しかし、5月に退団し無所属となっていた。

▽強烈な左足のキックは未だ健在なのか?身体はどれほどのキレを取り戻しているのか。“皇帝”とも言われたアドリアーノの去就に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディの将来のカギを握るのはネイマール!?

▽イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、インテルFWマウロ・イカルディの去就が意外なスターに影響されるとした。 ▽そのスターとは、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールだ。 ▽記事によると、インテルはイカルディの残留を願っている。妻で代理人のワンダ・ナラが反対の見解を述べることはあるとしても、拒否できないオファーがない限りは残留するとした。 ▽その否定できないオファーがあるとすれば、レアル・マドリーからである。チャンピオンズリーグ3連覇を達成したスペインの白い巨人は、以前からネイマールの獲得が噂されている。これが実現すれば、インテルのエースに手を出す可能性は消えるという考えだ。 ▽インテルの主将は、今後もイタリアでプレーするのか。今後の動向に注目だ。 2018.06.18 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ムサ・デンベレ獲得へポルトガル代表MFを差し出す?

▽インテルがトッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(30)の獲得に向けてポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)を差し出すことを考慮しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽対人プレーと推進力が魅力のムサ・デンベレは、2012年夏からトッテナムでプレー。2014年からトッテナムの指揮を執るポチェッティーノ監督から重宝されており、今シーズンもここまで公式戦39試合の出場をマークしていた。 ▽来シーズンで契約満了となるデンベレに対して、トッテナムは以前から契約延長交渉を行っていたが、この交渉が難航。そのため移籍金が見込める今夏での売却を検討していた。 ▽これを受けてインテルは、1000万ユーロ(約13億円)のオファーをトッテナム側に提示したが、トッテナムはムサ・デンベレの移籍金を少なくとも3000万ユーロ(約38億6000万円)と見込んでおり、これを拒否。 ▽しかし、ムサ・デンベレの獲得を諦めていないインテルは、ジョアン・マリオを交渉の一部に加えることで移籍金の引き下げを目論んでいると同メディアは主張している。 ▽2016年の夏にスポルティングからインテルに加入したジョアン・マリオ。加入初年度こそ公式戦33試合に出場したものの、今シーズンはなかなかパフォーマンスが上がらず、今冬にウェストハムへレンタル移籍。 ▽ウェストハムでは、プレミアリーグ13試合に出場して2ゴールを記録。一定の結果を残したジョアン・マリオは、来季もイングランドでプレーを続けることを熱望しており、今夏でのインテルの退団を希望していた。 2018.06.18 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ブラジル期待のアタッカー獲得目前か

▽ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)のインテル加入が現実味を帯びてきた。イタリア『レプッブリカ』が伝えている。 ▽これまでの報道によると、インテルとボルドーは完全移籍を前提としたレンタルで交渉を続けていたとされてきたが、最新の情報では完全移籍オプション付きのレンタルとなるとのこと。その金額は4000万ユーロ(約52億円)になるそうだ。 ▽インテルはすでに21歳のマウコムと交渉しており、5年契約を交わす方向で話は進んでいる模様。ブラジル期待の若手がインテル加入に近づいている。 2018.06.17 05:05 Sun
twitterfacebook
thumb

長友佑都の移籍交渉は難航…「合意はまだ」とガラタサライが発表

▽日本代表DF長友佑都の移籍の話が進んでいないようだ。現地時間16日、ガラタサライがクラブ公式SNSを更新した。 ▽2017/18シーズン後半戦、インテルからのレンタルでガラタサライに加わった長友は、新天地で定位置を獲得。現在は完全移籍についての話し合いが続いているが、金額面でなかなか合意に達していない。 ▽トルコメディアは先日、長友の移籍交渉が頓挫した模様だと報じたが、状況は確かに良くないようだ。 ▽ガラタサライは16日、「長友佑都についての合意はまだありません。選手、そしてクラブと合意に達した際は、クラブの公式サイトで発表します」とSNSに記し、取引が進んでいないことを伝えた。 ▽最終的にはガラタサライへ行くものとみられていた長友だが、交渉の難航は深刻なのかもしれない。 2018.06.17 04:40 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、CL出場権獲得弾のヴェシーノの移籍を容認? 来季は構想外か

▽インテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(26)に対して複数のプレミアクラブが獲得に動いているようだ。イタリア『トゥットスポルト』やイギリス『サン』が報じている。 ▽昨夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したヴェシーノは、今シーズンのセリエAで29試合に出場し、3ゴールを記録。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権のかかる最終節のラツィオ戦では、81分に値千金の勝ち越しゴールを決めるなど、一定の結果を残した。 ▽しかし、今回の報道によれば、インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督は、ヴェシーノを来季の構想に含んでおらず、インテルも移籍を容認する構えのようだ。 ▽『トゥットスポルト』や『サン』によると、現在ヴェシーノにはトッテナムやエバートンなどプレミアリーグのクラブが獲得に興味を示している模様。さらにナポリを退任したマウリツィオ・サッリ氏がチェルシーの指揮官に就任すれば、この獲得レースに参戦すると同紙は予想している。 ▽なお、インテルはヴェシーノの移籍金として昨夏にフィオレンティーナから獲得した際の2400万ユーロ(当時レート:約31億2700万円)を上回る3000万ユーロ(約38億5700万円) に設定しているようだ。 2018.06.17 04:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース