【リーガエスパニョーラ第8節プレビュー】FIFAウイルス蔓延の中、アトレティコvsバルサ開催!2017.10.13 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インターナショナルウィーク前に行われた第7節では、首位バルセロナが開幕7連勝を飾り、レアル・マドリーが4戦目にしてホーム初白星を飾った。その一方で、レガネスとのオトラ・ダービーに臨んだアトレティコ・マドリーは痛恨のゴールレスドローとなった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会出場を懸けた熾烈な各予選(来月のプレーオフ除く)を終えた各国代表選手を抱えるクラブにとって、FIFAウイルスが懸念される代表ウィーク明けの今節。先月の代表ウィーク明けの第3節では、バルセロナがダービーで快勝した一方、マドリッドの2強はいずれもドローで勝ち点をとりこぼしていた。

▽その第8節最大の注目カードは、4位アトレティコと首位バルセロナが対峙する今季最初のビッグ3同士の一戦。共に移動距離が長い南米予選帰りの主力が多いうえ、来週ミッドウィークにはチャンピオンズリーグ(CL)も控えており、コンディション面が一番の懸念材料だ。

▽前節、レガネスとの敵地でのダービーで引き分けたアトレティコは、公式戦2戦未勝利と波に乗り切れない序盤戦となっている。とりわけ、新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの直近のCLチェルシー戦では試合終了間際の痛恨逆転負けで同スタジアムでの初黒星を喫しただけに、バルセロナをホームに迎える今回の一戦では勝ち点3が求められる。今回の一戦に向けてはリーガ最少失点のバルセロナに対して、FWグリーズマンやFWコレア、MFカラスコなど迫力不足も指摘される課題の攻撃陣が、いかにチャンスを作れるかがカギとなる。また、クラブでも代表でも絶好調な相手のエースFWメッシを封じ込めるかが、同じく重要なポイントだ。

▽一方、リーガ全勝キープに加え、公式戦10連勝が懸かるバルセロナにとって、先日のCLユベントス戦に続き真価が試される今回のアトレティコ戦。ここまでは絶好調のメッシを全面に押し出した[4-4-2]の新布陣を活かした攻撃、守護神テア・シュテーゲンにけん引される守備と、攻守にバランスの良さが光る。ただ、どの試合でも完全に試合を掌握できておらず、アトレティコとの一戦でもタフな戦いが予想される。堅守アトレティコに対しては、代表戦帰りの疲労を抱えるメッシとFWスアレスの2大エースのパフォーマンス、主将MFイニエスタ不在の中盤の出来が重要になりそうだ。

▽ライバルの躓きを期待しつつ代表明けの一戦に臨むレアル・マドリーは、マドリッド第3のクラブである昇格組ヘタフェとのダービーに臨む。前述の2強が来週のCLで格下と対戦する一方、トッテナムという気が抜けない相手との対戦が控えるレアル・マドリーとしては、一部主力を温存したいところだ。幸い、DFマルセロやFWベンゼマといった主力が代表ウィーク中に復帰を果たしており、少しずつ選手層の問題が改善されている。ただ、FIFAウイルスの影響で負傷したGKケイロル・ナバスの欠場が濃厚となり、前回の代表ウィーク明けの出場で勝ち点3を逃した控えGKカシージャの奮起が期待される。なお、鹿島時代のFIFAクラブ・ワールドカップでレアル・マドリー相手に2ゴールを決めたヘタフェのMF柴崎岳はケガのため、残念ながらこのビッグマッチを欠場する。

▽ビッグ3と同様にミッドウィークにCLスパルタク・モスクワ戦を控える2位セビージャは、同じくミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)の戦いを控えるビルバオと対戦する。主力に数人のアルゼンチン代表を控えるセビージャに対して、バスク純血主義の影響で代表ウィークに主力がほぼ離脱せず、盤石の状態を整えてきたビルバオは、コンディション面のアドバンテージが大きい。さらに、開幕からの不振脱却に向けて並々ならぬモチベーションで挑んでくることが予想されるだけに、セビージャとしてはベリッソ監督の用兵や戦術的柔軟性が試される試合になりそうだ。

▽また、日本代表帰りのMF乾貴士を擁するエイバルは、デポルティボとのホームゲームに挑む。直近3試合で13失点3連敗と絶不調のエイバルは、そろそろメンディリバル監督の去就問題に発展しそうな厳しい状況だ。幸い、代表ウィーク突入によって一旦は負の流れを払拭できただけに、今節からの巻き返しが期待される。まずはチームの哲学であるハードワークを基本とした堅守構築に立ち返り、乾ら個人技に優れる前線のアタッカーを活かしたカウンターで接戦をモノにしたい。

▽その他の注目カードは、共に新指揮官の下で内容も伴った快進撃を見せている6位ベティスと3位バレンシアの上位対決。直近2試合で4ゴールずつを奪うなど、破壊力のある攻撃陣が売りのベティスでは若きエースFWサナブリアに注目。一方、マルセリーノ仕込みの組織的なカウンターが猛威を振るうバレンシアでは、共に好調を継続するFWザザとFWロドリゴ・モレノの2トップの活躍が期待される。

《リーガエスパニョーラ第8節》

▽10/13(金)
《28:00》
エスパニョール vs レバンテ

▽10/14(土)
《20:00》
ビルバオ vs セビージャ
《23:15》
ヘタフェ vs レアル・マドリー
《25:30》
アラベス vs レアル・ソシエダ
《27:45》
アトレティコ・マドリー vs バルセロナ

▽10/15(日)
《19:00》
エイバル vs デポルティボ
《23:15》
ジローナ vs ビジャレアル
《25:30》
マラガ vs レガネス
《27:45》
ベティス vs バレンシア

▽10/16(月)
《28:00》
ラス・パルマス vs セルタ

コメント

関連ニュース

thumb

【プレミアリーグ第6節プレビュー】チェルシーとリバプールが開幕6連勝を目指す! マンチェスター勢は昇格組と対戦

▽前節最大のビッグマッチ、トッテナムvsリバプールはリバプールに軍配。開幕5連勝を飾った。そしてそのリバプールと並び5連勝で首位に立つのがチェルシーだ。前節のカーディフ戦ではMFエデン・アザールの圧巻ハットトリックで昇格組を粉砕。エースとともにチームも絶好調だ。また、上記2チームと同じように5連勝が懸かっていたワトフォードはマンチェスター・ユナイテッドに力負け。終盤に攻勢を仕掛けたものの今季初黒星を喫した。第6節は、上位陣は比較的楽な相手となりそうだ。 ▽現在得失点差で首位に立つチェルシーは、ウェストハムのホーム、ロンドン・スタジアムに乗り込んでのロンドン・ダービーに臨む。ミッドウィークにPAOKとのヨーロッパリーグ(EL)を戦ったが、アザールやDFダビド・ルイスは遠征には帯同せずしっかり休養を取った。しかし、この試合でFWペドロが肩を負傷。欠場が見込まれている。対するウェストハムは、MFジャック・ウィルシャーがケガにより最大6週間の離脱。チェルシーとのリーグホーム戦ここ6試合で3勝を挙げているが果たして。なお、この試合でチェルシーが勝利すれば、マウリツィオ・サッリ監督はプレミアで指揮した最初の6試合で全勝した3人目の指揮官になる。過去にこの偉業を達成したのはカルロ・アンチェロッティとペップ・グアルディオラだけだ。 ▽2位のリバプールはDF吉田麻也所属のサウサンプトンと対戦。チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンに勝利した勢いそのままに、クラブ史上3度目のリーグ開幕6連勝を目指す。プレミアでのリバプール戦ここ4試合無得点のセインツは、ここまで3得点でチーム内得点王のFWダニー・イングスが規定によりリバプール戦は出場できない。 ▽リーグ戦ここまで無敗のマンチェスター・シティは先日のCLリヨン戦で今季初黒星。今節の相手カーディフとは、プレミアの舞台では3度目の対戦となる。2013-14シーズンのアウェイ戦は2-3で敗戦。それでも2015年3月のバーンリー戦以来、昇格組とは21試合負けなし。リヨン戦後にチームのパフォーマンスに不満を漏らしていたグアルディオラ監督を満足させることはできるだろうか。 ▽リバプールに敗れてリーグ2敗目を喫したトッテナムはアウェイでブライトンと対戦する。MFデレ・アリとMFムサ・シソコ復帰も、主将のGKウーゴ・ロリスは以前離脱中。CLではインテルに敗れ公式戦3連敗中と、悪い流れを断ち切りたいスパーズだが、ブライトンはホームでのリーグ戦ここ8試合負けなし。一筋縄ではいかないか。 ▽リーグ3連勝で7位に浮上したアーセナルは、ELでヴォルスクラに大勝し公式戦では4連勝。徐々に軌道に乗ってきたところでホームでエバートンと対戦する。リーグ戦ホームでのエバートン戦はここ24試合で20勝4分け。完全にお得意様としている相手にエバートン戦6ゴールのMFアーロン・ラムジーが襲いかかる。 ▽前節、ワトフォードの連勝に歯止めをかけたマンチェスター・ユナイテッドはホームでウルブスと対戦する。オールド・トラフォードでの同カードはユナイテッドが6連勝中。トッテナムをホームに迎えた第3節で敗れたユナイテッドだが、2014年3月以降ホームでは連敗はしておらず、ジョゼ・モウリーニョ監督もこれまでのキャリアで一度もホーム連敗をしたことはない。また、現在2連勝中のウルブスも1980年3月以降、3連勝を収めたことはない。 ▽FW武藤嘉紀のニューカッスルはアウェイでクリスタル・パレスと対戦。ニューカッスルはロンドン遠征ここ19試合で14敗。C・パレスはプレミア通算100勝目を目指す。FW岡崎慎司のレスター・シティはハダースフィールドをホームに迎え撃つ。レスターはここ9度の対戦で8勝。一方のハダースフィールドはプレミア直近15試合でわずか1勝だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第6節 ▽9/22(土) 《20:30》 フルアム vs ワトフォード 《23:00》 レスター・シティ vs ハダースフィールド クリスタル・パレス vs ニューカッスル カーディフ vs マンチェスター・シティ バーンリー vs ボーンマス マンチェスター・ユナイテッド vs ウォルバーハンプトン リバプール vs サウサンプトン 《25:30》 ブライトン vs トッテナム 09/23(日) 《21:30》 ウェストハム vs チェルシー 《24:00》 アーセナル vs エバートン 2018.09.22 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第5節プレビュー】連戦の中でマドリード&バレンシアの自治州ダービー!

▽先週末に行われた第4節では鬼門アノエタを攻略したバルセロナが開幕4連勝。一方、同じくバスクの地に乗り込んだレアル・マドリーはサン・マメスでドローに終わり、開幕からの連勝がストップ。また、不調が続くアトレティコ・マドリーとバレンシアはいずれもドローゲームを演じている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ開幕に加え、来週はリーガがミッドウィーク開催で行われる連戦の中で行われる今節。注目カードはヘタフェvsアトレティコと、ビジャレアルvsバレンシアのマドリードとバレンシアの自治州ダービーだ。 ▽ミッドウィークに行われたCL初戦のモナコ戦を2-1で制し、ヨーロッパの舞台では好スタートを切ったアトレティコだが、国内リーグでは1勝1敗2分けの苦しい船出に。直近のエイバル戦では後半ラストプレーの場面で若手FWボルハ・ガルセスのデビュー弾で辛くも勝ち点1を拾う結果となった。前述のモナコ戦でもピリッとしない戦いぶりが目立っており、今回のダービーでも厳しい戦いとなりそうだ。 ▽一方、開幕戦のレアル・マドリー戦こそ敗戦に終わったが、前節セビージャを2-0で破るなど直近3戦負けなしと好調を維持するヘタフェ。現在、3試合連続クリーンシート中の今季も自慢の堅守は健在だ。なお、前節途中出場を果たしたMF柴崎岳だが、W杯で見せたような攻守両面での躍動感は陰を潜めており、今回のダービーでは何とか見せ場を作りたい。 ▽ビジャレアルとバレンシアによるバレンシア自治州ダービーは互いに浮上のキッカケを探る一戦になりそうだ。前節、今季初勝利を挙げたビジャレアルだが深刻な得点力不足の影響によって1勝2敗1分けの下位に低迷。また、直近のELではジェラード新監督率いるレンジャーズ相手に2度のリードを守り切れず、ホームでドローという結果に終わっている。 ▽対するバレンシアはここまで1敗3分けの未勝利とビジャレアル以上に厳しい序盤戦となっている。昨季同様に[4-4-2]のシステムを軸とした堅守速攻はある程度機能しているものの、最後の精度や勝負強さという部分で物足りない。直近のCLでは物議を醸したFWクリスティアーノ・ロナウドの退場で前半に数的優位を得るも、2つのPKを献上した挙句、MFパレホがPKを失敗するなどホームで0-2の敗戦を喫している。FWロドリゴやFWゲデスとタレントは一級品だけに個の力で苦境を脱したいところだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽昨季王者のバルセロナは昨季に続いて鬼門アノエタの攻略に成功し唯一の開幕4連勝チームに。また、ミッドウィークのCL初戦でもPSV相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍などできっちり勝ちきって開幕5連勝を達成している。連勝街道を突き進むチームはジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに挑む。昨季の2度の対戦では3-0、6-1と圧勝しているカタルーニャの盟主だが、今季のジローナは開幕2勝1敗1分けと好調を継続する侮れない相手だ。絶好調のメッシやMFデンベレを軸に全力で叩き潰したい。 ▽また、リーガ開幕連勝ストップも4連覇を目指すCLでは昨季ベスト4のローマを相手に3-0の圧倒的な内容で勝利しバウンスバックを果たしたレアル・マドリー。リーガでの白星奪還を目指す今節は開幕から好調を維持する4位エスパニョールと対戦する。昨季は宿敵バルセロナを始めカタルーニャ勢に苦戦したレアル・マドリーだが、今季はジローナ相手に4-1の勝利を収めて苦手意識を払しょく。今節ではエスパニョールを破り、今後のクラシコに向けて弾みを付けたい。個人としてはローマ戦で復帰後初ゴールを記録したFWマリアーノのリーガ復帰弾にも期待したい。 ▽その他では共に木曜日にELを戦ったアンダルシア勢に注目。リーグ戦では不調も得意のELではスタンダール・リエージュ相手に5-1で圧勝したセビージャは、今回のレバンテ戦でリーガでの連敗ストップが求められる。一方、10人のオリンピアコス相手のアウェイゲームで勝ち点1獲得にとどまったベティスは前節レアル・マドリー相手に引き分けた難敵アスレティック・ビルバオを相手に公式戦3試合ぶりの白星を目指す。なお、オリンピアコス戦で試合終盤に途中出場したMF乾貴士は先発復帰が濃厚だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第5節》 ▽9/21(金) 《28:00》 ウエスカ vs レアル・ソシエダ ▽9/22(土) 《20:00》 ラージョ vs アラベス 《23:15》 セルタ vs バジャドリー エイバル vs レガネス 《25:30》 ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 レアル・マドリー vs エスパニョール ▽9/23(日) 《19:00》 レバンテ vs セビージャ 《23:15》 ビジャレアル vs バレンシア 《25:30》 ベティス vs ビルバオ 《27:45》 バルセロナ vs ジローナ<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】優勝戦線に影響甚大! 堅守同士の上位対決《広島vsFC東京》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のサンフレッチェ広島vsFC東京が、22日にエディオンスタジアム広島で行われる。首位・広島(勝ち点55)と3位・FC東京(勝ち点42)による、白熱必死の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆今季の借りは今季の内に</span>~サンフレッチェ広島~ ▽6位・セレッソ大阪戦、7位・鹿島アントラーズ戦を連勝で乗り切ったものの、前節の15位・サガン鳥栖戦を0-1で落とした広島。リーグテーブルでは2位・川崎フロンターレ(勝ち点49/1試未消化)に6ポイントの差を付けているものの、じりじりと近付かれているのが現状だ。 ▽城福浩監督の古巣でもあるFC東京は、広島にとって今シーズン初めて敗北した相手でもある。味の素スタジアムでの第10節では、前半の立ち上がりにFWディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑に立て続けにネットを揺らされ、頼みのFWパトリックも沈黙。MF稲垣祥が一矢報いたものの、1-3の完敗を喫していた。優勝を目指す上で、今シーズンの借りは今シーズン中に返さなくてはならない。 <span style="font-weight:700;">◆首位からダブルで上昇へ</span>~FC東京~ ▽前節の4位・ベガルタ仙台戦を0-1で落とし、直近のリーグ6試合を2分け4敗と大不振に陥っているFC東京。順位はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位は確保しているものの、このまま取りこぼしが続けばあっという間に中位転落…ということも考えられる。また、タイトルレースにおいても残り8試合で13ポイント以上を詰める必要があり、かなり厳しい状況だ。 ▽試合巧者ぶりを発揮し勝ち点を積み上げていた時期は過ぎ去り、チームに漂うのは決定力不足という暗雲か。特に、ここ3試合は多くのチャンスを作りながらも無得点で試合を終えている。嫌な流れを断ち切りもう一度上を向くためには、首位を相手にダブルを達成する劇的な勝利が必要だ。今度は広島に今シーズン初の連敗を与えるべく、敵地での奮起が求められる。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div><span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩<hr>▽左第3、4中手骨骨折で手術を行ったMF森島が引き続き離脱。出場停止者はおらず、ベストメンバーの起用を予想した。 <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:小川諒也、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽日本代表DF室屋が警告の累積により1試合の出場停止。その右サイドには、古巣対戦となるDF丹羽の起用も考えられるが、サイドバックを本職とするDF小川の先発が濃厚だ。また、負傷者に関しては伝えられていない。 【注目選手】 ◆MF稲垣祥(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島の注目プレーヤーは、チームにダイナミズムを注入するMF稲垣祥だ。中学年代にFC東京の下部組織に在籍していた稲垣は、その古巣に好相性を示している。昨シーズンのJ1第33節FC東京戦では、残留を手繰り寄せる決勝点を記録。また、今シーズン前半でもネットを揺らし、対FC東京戦では2戦連続ゴール中だ。勝てば優勝争いのライバルに大打撃を与えられる今節、再びクラブのヒーローになれるのだろうか。 ◆MF髙萩洋次郎(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽FC東京の注目プレーヤーは、中盤をけん引するMF髙萩洋次郎だ。2012年、2013年と、かつて広島でJ1リーグ連覇を経験した高萩。閉塞感漂うFC東京の攻撃陣に奮起を促すためには、“ファンタジスタ”のお膳立てが不可欠だ。再びタイトルに手をかけようとしている古巣の本拠地に、今度は敵として立ちはだかる。 <span style="font-weight:700;">◆堅守vs堅守</span> ▽1試合平均0.7失点で最も守備の堅い広島と、平均0.9失点で3番目に失点の少ないFC東京。粘り強い守備、中盤の攻勢、最前線に強力な助っ人を置いている点で両クラブの戦い方は酷似している。となれば、力と力のぶつかり合いになることが予想される今回のカード。相手を真っ向からねじ伏せるのはどちらか、広島vsFC東京は22日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第4節プレビュー】久保vs浅野&原口、シャルケvsバイエルン開催

▽前節はバイエルンがレバークーゼンを撃破して開幕3連勝とし、大迫と久保の日本人対決はドロー決着に終わった。迎える第4節は久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決やシャルケvsバイエルン、ホッフェンハイムvsドルトムントのCL出場チーム対決が行われる。 ▽まずは日本人対決から。大迫ブレーメンとの日本人対決を後半追加タイム弾で追いついてドローに持ち込んだ久保のニュルンベルクだが、今季未勝利が続く。開幕3試合連続フル出場中の久保だが、ブレーメン戦ではチームが押し込まれたこともあり、見せ場は作れなかった。そろそろ目に見える結果が欲しいところだが、浅野&原口の代表の先輩の前で移籍後初弾となるか。 ▽一方、ヴェルナーの2発でライプツィヒに打ち負けたハノーファーも未勝利となっている。開幕3試合連続スタメン中の浅野はライプツィヒ戦では幾つかゴールに迫るシーンがあったが決め切れず。前節途中出場の原口は見せ場を作れなかった。こちらもそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、久保の前でゴールとなるか。 ▽続いてシャルケvsバイエルン。前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、CLポルト戦では2つのPK献上がありながら1-1で引き分けた。なかなか浮上のキッカケを見出せない中、バイエルンから勝ち点をもぎ取ることはできるか。古巣対決となるルディにも注目だ。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、不調の相手を叩いて開幕からの連勝を4に伸ばしたい。こちらは古巣対決となるゴレツカに注目だ。 ▽そして、ホッフェンハイムvsドルトムント。前節はデュッセルドルフに敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCLに臨んだシャフタール戦では逃げ切れず2-2で引き分けた。ドルトムントに勝利して戦績を五分に戻せるか。 ▽一方、アルカセルの移籍後初ゴールなどでフランクフルトに快勝したドルトムントは、CLクラブ・ブルージュ戦では終盤の幸運弾で辛勝した。クラブ・ブルージュ戦で今季初出場を果たした香川は試合の流れを好転させる働きを見せ、ファブレ監督へのアピールに成功している。戦力外に近い形から這い上がりつつある香川だが、ホッフェンハイム戦でも出場のチャンスを得られるか。 ▽その他、2戦連発はならなかったブレーメンの大迫はアウグスブルクとのアウェイ戦を、リーグ戦ではスタメン落ちが続いているものの、ELではDFLスーパーカップ以来となるフル出場を果たしたフランクフルトの長谷部はライプツィヒとのホーム戦を、前節今季初のベンチ入りを果たしたデュッセルドルフの宇佐美はシュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第4節 ▽9/21(金) 《27:30》 シュツットガルト vs デュッセルドルフ ▽9/22(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク アウグスブルク vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ホッフェンハイム vs ドルトムント ニュルンベルク vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs バイエルン ▽9/23(日) 《22:30》 レバークーゼン vs マインツ 《25:00》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ユベントス開幕5連勝なるか

▽チャンピオンズリーグ(CL)前の前節、強豪勢は格下と対戦したが、ユベントス、ナポリ、ラツィオが順当に勝利した一方、インテルが敗戦し、ローマとミランは引き分けた。迎える第5節、CL明けの強豪は再び格下との対戦が組まれている。 ▽C・ロナウドの移籍後初ゴールを含むドッピエッタでサッスオーロを下し、開幕4連勝スタートとしたユベントスは、日曜のナイトゲームにフロジノーネとアウェイで対戦する。水曜に行われたCLバレンシア戦ではC・ロナウドが退場するアクシデントに見舞われた中、ピャニッチのPK2本で白星発進とした。悔しい退場となったC・ロナウドの発奮で、今季未勝利の相手を下し、開幕5連勝となるか。 ▽インシーニェの終盤弾で難敵フィオレンティーナを下して今季3勝目を挙げたナポリは、日曜のランチタイムにトリノとのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦を痛恨のゴールレスドローで終えてしまった中、気持ちを切り替えてユベントス追走となるか。 ▽レンタル移籍中のディ・マルコに強烈ミドル弾を浴びてまさかの敗戦となったインテルは、土曜のナイトゲームにサンプドリアとのアウェイ戦に臨む。早くも今季2敗目を喫した中、CLではトッテナム相手にイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続し、今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスで勝利を収められるか。 ▽キエーボに2点差を追いつかれる痛恨のドローを喫したローマは、ボローニャとのアウェイ戦に臨む。開幕以来勝利から見放されているチームは、CLレアル・マドリー戦では0-3と完敗。ここで勝利を逃せばディ・フランチェスコ監督の進退が危うくなってくるだけに必勝を期したい。 ▽イグアインに移籍後初ゴールが生まれたものの、カリアリに勝ち切れなかったミランは、アタランタとのホーム戦に臨む。ELではイグアインに2試合連続ゴールが生まれて辛勝した中、引き続き新エースの活躍に期待が懸かる。 ▽エンポリに1-0で辛勝し、2試合連続ウノゼロでの勝利を収めて2勝2敗の戦績としたラツィオは、ジェノアとのホーム戦に臨む。 ELでは主力を温存した中、格下にしっかりと勝利して公式戦3連勝とした。良好なチーム状態を維持している中、リーグ戦3連勝となるか。 ◆セリエA第5節 ▽9/21(金) 《27:30》 サッスオーロ vs エンポリ ▽9/22(土) 《22:00》 パルマ vs カリアリ 《25:00》 フィオレンティーナ vs SPAL 《27:30》 サンプドリア vs インテル ▽9/23(日) 《19:30》 トリノ vs ナポリ 《22:00》 ボローニャ vs ローマ ラツィオ vs ジェノア キエーボ vs ウディネーゼ 《25:00》 ミラン vs アタランタ 《27:30》 フロジノーネ vs ユベントス 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース