チリ代表MFビダルが代表引退発表から数時間後にまさかの撤回!2017.10.12 06:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(30)が11日、数時間前に発表したチリ代表からの引退を撤回した。同選手が再び自身の公式ツイッターを通じて明かした。

▽チリ代表は10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終節のブラジル代表戦を0-3で落とし、今予選を最終的に6位で終え、来年6月から開催される本大会出場を逃した。

▽そして、ビダルはチリ代表の敗退を受けた翌日に自身のSNSを通じて、「ありがとう、仲間たち。これまで共に過ごしてきた数年の間で多くのことを共有し、僕に多くのことを教えてくれ、この国の代表として努力と懸命に仕事に取り組めば、人生においてすべてが可能だということを示すことができた。そのすべてに感謝しているよ。僕の心は破壊されたけど、同じ時を過ごした仲間とテクニカルスタッフを誇りに思うよ」と、2007年から10年間に渡ってプレーした同国代表から引退することを発表した。

▽だが、ビダルはその代表引退発表から数時間後に自身のSNSを通じて、今後も代表でプレーを続ける意向を発表した。

「自分が求められるならば、そのときはいつでも自分の代表チームのために戦うつもりだ」

「チリ代表は戦士たちの集団だ。僕はこのグループに所属できていることに誇りを感じている。僕はそこから途中で抜けるつもりはないし、僕たちは最後まで共に戦い続けるつもりだ」

「僕たちは必ず共に強くなって戻ってくるつもりだ。僕たちは死ぬまで諦めないし、僕たちはチリの戦士たちなんだ」

▽今年8月に行われたロシアW杯南米予選のパラグアイ代表戦でオウンゴールを犯し、これを自国サポーターから非難された際に、突発的に代表引退の意向を発表するなど、前科があるビダルだが、さすがに数時間後の引退撤回に呆れた自国サポーターも多いかもしれない。

▽それでも、代表通算97試合23ゴールを誇る頼れる万能型MFの翻意は、今後コパ・アメリカ3連覇、2022年カタールW杯出場を目指すチームにとって、大きな後押しとなるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レヴァンドフスキが驚愕ミドル弾もポーランドが主力不在のチリに2点差追いつかれるドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合のポーランド代表vsチリ代表が8日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会で日本代表と同じグループHに属するポーランドは、ここまでナイジェリア代表と韓国代表とのテストマッチを1勝1敗で終えている。W杯不出場のチリとの対戦となった今回の一戦に向けてはGKにシュチェスニー、最終ラインにピシュチェク、ベドナレク、パズダン、リブスを起用。中盤はクリホヴィアクとリネティの2センターに2列目は右からブワシュチコフスキ、ジエリンスキ、グロシツキと並び最前線にレヴァンドフスキが起用された。 ▽ビダルやサンチェスなどヨーロッパでプレーする主力不在のチリが予想外に激しいプレーを見せたことで、やや押し込まれる入りとなったポーランド。18分には相手のセットプレーからJ・フェルナンデスのヘディングシュートでネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定。 ▽時間の経過と共に相手を押し返していくポーランドは30分にエースが圧巻の一撃でゴールをこじ開ける。ボックス手前中央でクリホヴィアクからフリーでパスを受けたレヴァンドフスキが左足を振り抜くと、DFの股間を抜けた弾丸シュートがゴール左上隅に突き刺さった。 ▽エースの驚愕弾で先手を奪ったポーランドは直後の34分に追加点。左サイドでの競り合いでDFと入れ替わったグロシツキが、そのままボックス左に持ち込んでゴール前にフリーで走り込むジエリンスキにプレゼントパス。これをジエリンスキが難なく流し込んだ。 ▽幸先良く2点のリードを手にしたポーランドだが、課題の守備陣が粘れない。38分、左サイドのサガルにフリーでクロスを上げさせてしまうと、センターバック2枚の間に走り込んだディエゴ・バルデスに頭で合わせられ、1点を返されてしまう。 ▽迎えた後半、シュチェスニーとリネティ、ピシュチェクを下げてファビアンスキ、チアゴ・ランジェウ、ミリクをハーフタイム明けに投入したポーランド。しかし、56分には相手CKの二次攻撃からボックス手前でクリアボールを拾ったアルボルノスに強烈な左足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺され同点に追いつかれる。 ▽後半に入ってなかなか攻撃にリズムが出ないポーランドはクリホヴィアクの豪快な突破から決定機を作るも、勝ち越し点とはならない。74分にはレヴァンドフスキを下げてテオドルチクを投入すると、この交代が決定機をもたらす。75分、テオドルチクとのパス交換でゴール左に抜け出したミリクがGKと一対一の絶好機を迎える。だが、左足で放ったループシュートはわずかに枠の左に外れ、勝ち越しのチャンスを逸した。 ▽そして、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、レヴァンドフスキとジエリンスキと主力に2試合連続ゴールが生まれたポーランドだったが、2点リードを追いつかれるまずい試合運びとなった。 2018.06.09 05:44 Sat
twitterfacebook
thumb

スウェーデンがW杯不出場のチリに終盤被弾で敗戦《国際親善試合》

▽スウェーデン代表は24日、国際親善試合でチリ代表をホームに迎え、1-2で敗れた。 ▽イタリア代表とのプレーオフを制してロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めたスウェーデンは、フォルスベリやリンデロフ、ベリらを先発で起用。一方、W杯出場を逃したチリはサンチェスやビダル、アランギスらを先発で起用した。 ▽フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて待ち構えるスウェーデンに対し、仕掛けていったチリが23分に先制する。左CKの流れからルーズボールをボックス中央のビダルがジャンピングボレー。これがゴール左上に決まった。 ▽しかし直後、スウェーデンがすかさず追いつく。フォルスベリを起点にボールを動かし、クラーソンの落としに反応したボックス中央のトイヴォネンがダイレクトシュート。これがゴール右に決まった。 ▽ハーフタイムにかけてはチリが引き続き押し込む展開としたものの、チャンスを生み出すには至らず1-1で前半を終えた。 ▽後半もサンチェスのミドルシュートなどでゴールに迫ったチリが流れを引き寄せる展開とする。61分には2枚代えを敢行し、攻撃に変化を付けると、終盤にかけてもチリが攻勢を続ける状況が続いた。 ▽そして終了間際の90分、チリが押し切る。カスティージョの浮き球パスに抜け出したボックス左のサンチェスのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールを途中出場のバルデスが蹴り込んだ。これが決勝点となってチリが勝利している。勝利したチリは27日にデンマーク代表と、敗れたスウェーデンはルーマニア代表と対戦する。 スウェーデン 1-2 チリ 【スウェーデン】 トイヴォネン(前24) 【チリ】 ビダル(前22) ディエゴ・バルデス(後45) 2018.03.25 04:01 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェスが心理的疲労を吐露「…それでも笑顔で続けなければ」

▽マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、心理的に疲労していることを認めた。同選手のインスタグラム(alexis_officia1)上の投稿を、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽アーセナルの中心選手であったサンチェスは、1月にユナイテッドに移籍。新天地でもチームのキーマンとしての働きが求められたが、ここまで公式戦10試合1ゴール2アシストと結果を残せておらず。直近のFAカップ準々決勝ブライトン戦では、ベンチスタートとなり、出場機会を与えられなかった。 ▽失意の中にあるサンチェスは、報道によると24日に行われるスウェーデン代表との親善試合で欠場することを申し出たものの、認められず。インスタグラムを更新し、休息を必要としていることをほのめかした。 「疲れているのがわかる。心理的にも感情的にも疲弊しているんだ。それでも、笑顔でやり続けなければいけない」 ▽また、サンチェスは先日、チリのメディアに「1月に移籍したのは初めてで、多くのことが困難だった」、「スウェーデンに来ることも躊躇した」とコメント。クラブでの適応に苦しむ最中、代表戦に集中することの難しさを語っていた。 2018.03.23 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯出場権を逃した南米王者・チリが2度W杯出場のルエダ氏を新監督に招へい

▽2016年のコパ・アメリカ王者ながら、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したチリ代表。新指揮官に、コロンビア人指揮官のレイナルド・ルエダ氏(60)が就任することを発表した。契約は2022年のカタール・ワールドカップに向けた南米予選終了までとなる。 ▽ルエダ氏は、コロンビア代表やホンジュラス代表、エクアドル代表を指揮した経験があり、ホンジュラス代表を率いて2010年の南アフリカ・ワールドカップ、エクアドル代表を率いて2014年のブラジル・ワールドカップに出場。その後は、2015年6月から2017年6月までアトレティコ・ナシオナル、2017年8月からフラメンゴを率いていた。 ▽2015年には日本代表監督候補にも名前が挙がったこともあるルエダ氏。チリを復活されることはできるだろうか。 2018.01.09 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月19日は、今冬を賑わしそうなアーセナルの馬力抜群ストライカー

◆アレクシス・サンチェス 【Profile】 国籍:チリ 誕生日:1988/12/19 クラブチーム:アーセナル ポジション:FW 身長:169㎝ 体重:62㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月19日はチリ代表FWアレクシス・サンチェスだ。 ▽サンチェスは、2006〜2011年まで所属したウディネーゼでブレイクすると、2011年夏のバルセロナ移籍を経て、2014年夏にアーセナル入り。小さいサイズながら筋骨隆々のボディバランスや、馬力を生かした推進力、高い決定力を誇り、ドイツ代表MFメスト・エジルと共2枚看板の一角として不動の地位を確立する。 ▽だが、近年はよりタイトルに近いクラブ移籍を希望しているとの噂が後を絶えず、来年1月のアーセナル退団報道が加熱中。有力な移籍先として、マンチェスター・シティの名前が取り沙汰されている。また、私生活でも元恋人とのゴシップがスクープされるなどお騒がせな一面も。一挙手一投足が見逃せない選手でも有名だ。 ※誕生日が同じ主な著名人 カリム・ベンゼマ(サッカー選手/レアル・マドリー) イケル・ムニアイン(サッカー選手/アスレティック・ビルバオ) ギャリー・ケイヒル(サッカー選手/チェルシー) 李忠成(サッカー選手/浦和レッズ) 佐藤江梨子(女優、タレント) YU-KI(歌手/TRF) 反町隆史(俳優) 三浦皇成(騎手) 岩尾望(芸人/フットボールアワー) 2017.12.19 07:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース