カカが今季限りでのオーランド・シティ退団を発表! 引退については明言せず2017.10.12 04:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が11日、同クラブ主催の公式会見の場で今季限りでの退団を発表した。

▽カカは、今回の会見にオーランドのオーナーを務めるファビオ・アウグスト・ダ・シウバ氏、アレックス・ライタオCEO(最高経営責任者)と共に出席し、今季限りでクラブを去ることを明かした。

「僕はこの場を借りて、オーランド・シティとの契約を更新しないことを発表したい」

「それは今日発表したいすべてのことだ。そして、今シーズン終了までこのユニフォームに敬意を払ってプレーし続けたいと思っているよ」

▽また、カカは先日にブラジル『Globo esporte』で、「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと、回復は難しい」と、現役引退の可能性について言及したが、今回の会見ではその発言の一部を否定している。

「個人的に『Globo esporte』での発言に関して説明する機会を得たいと思っていたんだ。身体の痛みが今回の決断の背景にあるわけではないんだ。どんなプレーヤーに尋ねてみたとしても、痛みが全くないプレーヤーなんていないはずだからね」

「次に何が起きるかは僕にもわからない。ただ、現時点で僕自身が理解していることは次のシーズンはオーランド・シティのプレーヤーではないことだ。それだけが確かな事実だよ」

「僕には新たなチャレンジが必要だと感じているんだ」

▽これまでサンパウロやミラン、レアル・マドリーで活躍するなど、数々の栄誉を手にしてきたカカは、2014年からオーランド・シティに在籍。これまで公式戦77試合に出場し、25ゴール19アシストを記録している。

▽おそらく、MLSのシーズンが終了する12月頃に今後の去就に関して何らかの発表を行うと思われるが、母国や新たな国でキャリアを続けるのか、はたまた今季限りでスパイクを脱ぐことになるのか…。

コメント

関連ニュース

thumb

18歳のアルゼンチン人MFがMLSの移籍金記録を塗り替える…移籍金は16億円超

▽1人のアルゼンチン人の若手選手がメジャーリーグ・サッカー(MLS)の移籍金記録を塗り替えた。MLS公式サイトが伝えた。 ▽新シーズンに向け、選手獲得やドラフトが進んでいるMLS。アトランタ・ユナイテッドが、インデペンディエンテのU-20アルゼンチン代表MFエセキエル・バルコ(18)を若手指名選手として獲得。国際移籍証明書とP1ビザ(スポーツ選手や芸能人に必要なもの)が認められば、正式に選手登録される。 ▽これまでのMLSの移籍最高額は、2013年にトロントFCがローマからアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーを獲得する際に支払った1000万ドル(当時のレートで約10億5000万円)。バルコは、それを上回る1500万ドル(約16億6000万円)の移籍金でアトランタへと加入するようだ。 ▽なお『ESPN』によると、今回の契約には、今後バルコが移籍する際の移籍金の30%がインデペンディエンテへと支払われることが盛り込まれ、期限は2019年12月までとなっている。また、その後に移籍した場合は10%が支払われる条項があるようだ。 ▽バルコは、インデペンディエンテの下部組織出身で、昨シーズンのアルゼンチンリーグでは8試合に出場し1ゴール2アシストを記録。U-20アルゼンチン代表にも選出されており、2017年に行われたU-20南米選手権では8試合に出場していた。なお、U-20ワールドカップはメンバー外となっていた。 2018.01.20 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

シュバインシュタイガー、シカゴ・ファイヤーと契約延長「契約延長できて嬉しい」

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のシカゴ・ファイヤーは17日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(33)と2018シーズンの新契約を締結したことを発表した。 ▽2017年3月21日にシカゴ・ファイヤー入りしたシュバインシュタイガーは昨シーズン、24試合に出場して3ゴール6アシストを記録。シュバインシュタイガーは公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「シカゴ・ファイヤーと契約延長できて、とても嬉しい。昨シーズンは僕のキャリアでも特別な瞬間だった。でもタイトルを獲得できなかったことで完璧とは感じられなかったね。それでも、偉大なファンと共に忘れがたい次のシーズンを送れることができると、僕たちは思っている」 「僕はこの街とフットボール、そして勝利することが好きだ。もう一段階、上のレベルでシカゴ・ファイヤーと成功できることを願っている」 2018.01.18 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がオレンジ・カウンティとの若手育成に関するパートナーシップ発表会見に登場「とても興奮している」

▽パチューカの日本代表MF本田圭佑は29日、自身がプロデューサーを務めるSOLTILO FCとオレンジ・カウンティSCとのパートナーシップ発表会に出席した。オレンジ・カウンティが発表した。 ▽先日、パートナーシップを結ぶことが発表されていたが、今回の発表会見で詳細が明かされ、アメリカにおける優れたユース年代育成コミュニティにオレンジ・カウンティを定着させること、オレンジ・カウンティだけでなく、その周辺の地域のアジア系アメリカ人コミュニティへ焦点を当てることが目的とのことだ。 ▽オレンジ・カウンティは、南カリフォルニアのSOLTILO FCのネットワークでユース選手を提供すること。また、USLでプロとしてプレーするための直接的な経路を、5つのユースアカデミーに提供するとしている。 ▽オレンジ・カウンティのGMであり、副会長のオリバー・ヴィース氏は「南カリフォルニアは、歴史的に観て、アメリカ代表とメジャーリーグ・サッカーの両方にとって最大の選手供給元だ」とコメント。「我々2つの組織は、約1200万人の人口を誇る地域で、ユース年代のタレントのための磁石となる。おそらくアメリカ国内のユース年代の選手の多くは、次のクリスチャン・プリシッチ、ランドン・ドノバン、本田圭佑を目指すだろう」と語った。 ▽また、オレンジ・カウンティとSOLTILO FCは、プロとユースの両面でビジネスチャンスを得るため、日本企業やアジア企業との商業的なパートナシップを結成。さらに、毎年本田が参加するクリニックとユース年代のクラブトーナメントを開催。オレンジ・カウンティの本拠地である、グレートパークで開催される。第1回目の大会は、2018年7月15日、16日に予定されている。 ▽会見に出席した本田も今回のパートナーシップ締結についてコメント。良いパートナーになると語った。 「オレンジ・カウンティのサッカー、そして今回のパートナーシップについてとても興奮している。僕たちは長い間、価値を共有できる正しいパートナーを探していた。そして、若い男女がピッチ内外でポテンシャルを最大限発揮できるような、サッカーが持つ力の共通のビジョンにコミットしている」 「今年の夏、僕はここに来てトレーニングをした。僕は、オレンジ・カウンティSCが完璧に一致することを見つけました」 ▽なお、オレンジ・カウンティのテクニカルディレクターを務めるフランツ・ホーク氏は、ルイス・ファン・ハール監督のコーチングスタッフの1人として、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、アヤックス、オランダ代表でGKコーチを務めており、SOLTILO FCのユースチームは、ホーク氏が開発したオレンジ・カウンティと同じ戦術的なアプローチを採用することとなる。 2017.12.30 11:53 Sat
twitterfacebook
thumb

かつてマルセイユで活躍したフランス人MFシェイルが現役引退!

▽かつてマルセイユで活躍したフランス人MFブノワ・シェイル(36)が現役を引退した。同選手が所属するメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCが発表した。 ▽元フランス代表MFブルーノ・シェイル(39)を実兄に持つシェイルは、1999年にリールでプロデビュー。その後、2004年に加入したオセールで3シーズン主力を担うと、2007年にはフランス屈指の名門、マルセイユに完全移籍。卓越した戦術眼と高精度の左足のキックを武器に、中盤のバランサー役として7シーズンに渡って同クラブの主力として活躍した同選手は、2009-10シーズンにはディディエ・デシャン監督の下でリーグ・アン制覇を達成した。 ▽その後、2015年1月に加入したMLSのトロントFCでは加入2年目以降、ベンチを温める日々が続いたものの、今シーズンはMLSカップ優勝を果たして有終の美を飾っている。 ▽なお、トロントFCの伝えるところによれば、シェイルは数カ月の休暇を経た後、同クラブのユースチームかリザーブチームの監督を務める予定だ。 2017.12.23 02:54 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がアメリカ2部オレンジ・カウンティの経営に参加「若手育成の国際的な拠点にしたい」

▽アメリカのユナイテッド・サッカーリーグ(2部)のオレンジ・カウンティは20日、パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑のHONDA ESTILO株式会社が経営参加することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽オーナーグループの1つとして参画するHONDA ESTILOは、若手選手の育成や大会やキャンプの開催、交換留学のプログラムなど、幅広い数多くのプロジェクトに取り組む包括的なパートナーシップの第一歩を歩み始めたとのこと。29日には、カリフォルニア州アーバインのグレートパークにて記者会見が行われ、今後、詳細が発表されるとのことだ。 ▽本田は、オレンジ・カウンティを通じてコメント。経営参加の目的などを語った。 「我々の組織とオレンジ・カウンティの新たなパートナーシップについてとても興奮している。僕は頻繁に“なぜアメリカなのか?”や“なぜ今なのか?”と尋ねられますが、その答えははっきりしています」 「まず、アメリカの子供たちは、先進的なサッカー選手よりも潜在的な可能性が高いです。アメリカはサッカーの強国になるでしょう。第二に、アメリカは残念ながらワールドカップでプレーする機会を逃し、次のチャンスは2022年になります。この状況を楽観的に捉え、オレンジ・カウンティのユースシステムを発展させるチャンスを見ています」 「最初のステップとして達成したい2つのプロジェクトがあります。まず、才能を見出し、成長させるために、グレート・パークで国際大会を実施したいと考えています。また、オレンジ・カウンティで国際交流とインターンシッププログラムを作成したいと考えています。我々はオレンジ・カウンティを若手育成の国際的な拠点とすることを楽しみにしています。」 2017.12.21 18:35 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース