セビージャ、主将DFパレハがそ径部手術で数週間の離脱…2017.10.12 03:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは11日、アルゼンチン代表DFニコラス・パレハがそ径部の手術を受けたことを発表した。

▽以前からスポーツヘルニアに悩まされていたパレハは、代表ウィーク前に行われたマラガ戦から戦列を離れていた。そして、ケガの完治を目指しバルセロナで手術を受診した。

▽なお、セビージャは今季ここまで公式戦6試合に出場している主将DFの離脱期間に関して、“数週間”と伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

ザザ5戦連発弾などでバレンシアがセビージャに快勝! リーガ5連勝で首位バルサ追走《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、バレンシアvsセビージャが21日にメスタージャで行われ、ホームのバレンシアが4-0で快勝した。 ▽直近のベティス戦で6-3の派手な打ち合いを演じ、4連勝で2位に浮上したバレンシアは、5連勝を目指す今節は、リーグ3位の堅守を誇る5位セビージャをホームに迎えた。注目の先発メンバーでは直近4連発中のザザと、ロドリゴ・モレノの好調2トップなどベストメンバーが起用された。 ▽対するセビージャは、懸念された代表ウィーク明けの前節でアスレティック・ビルバオに0-1で敗れると、直近のCLではスパルタク・モスクワ相手に1-5の大敗を喫するなど、ここまで順調な歩みを見せてきたベリッソ新体制で最初の山場を迎えた。苦手メスタージャでの一戦に向けては、大敗したスパルタク・モスクワ戦から先発3人を変更。クローン=デリ、サラビア、イェデルに代わって、ヘスス・ナバス、ムリエル、フランコ・バスケスを起用した。 ▽立ち上がりは拮抗した展開となったものの、時間の経過と共にコンディション面で勝るバレンシアが切り替えの速さを武器に試合の主導権を握る。ボールを奪っては2トップへのクサビ、ゴンサロ・グエデスの鋭いドリブル突破を起点に相手ゴールへ迫っていく。 ▽一方、連戦の疲れを感じるセビージャは序盤こそバネガやバスケスがフィニッシュに絡んだものの、以降は中盤で競り負ける場面が目立つ。さらに30分には序盤から足を気にしていたラングレが足を痛め、パレハやカリソに続きまたしてもセンターバックに離脱者が出てしまう。これを受けて、ベリッソ監督は右サイドバックのコルシアを投入し、メルカドがセンターバックにスライドした。 ▽押し込みながらもゴールが遠いバレンシアだったが、43分に絶好調のグエデスが魅せる。ショートカウンターで敵陣をドリブルで突破したグエデスはボックス内でDFケアーを冷静にシュートフェイントで外し、最後は強烈な右足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽バレンシアの1点リードで迎えた後半も試合展開に変化はなし。しかし51分、左サイドを起点とした攻めからボックス手前で前を向いたロドリゴが左足アウトを使ったスルーパス。これに抜け出したザザがDFケアーに寄せられながらも得意の左足のシュートをファーポストに流し込み、5試合連続となる今季8点目を奪った。 ▽痛恨の2失点目を喫したセビージャは、ノリートに代えてサラビア、ピサーロに代えてクローン=デリを続けてピッチに送り出し、反撃に出る。しかし、ボックス内までボールを運べるものの、ムリエルらのフィニッシュがなかなかうまくいかず、相手GKネトを脅かすことができない。 ▽一方、前がかりな相手に対して、グエデスやソレールらの推進力のある攻めが機能するバレンシアは、70分に殊勲のザザを下げてサンティ・ミナを投入。すると、この交代が試合を決定付ける3点目をもたらす。85分、カウンターから相手陣内を持ち上がったグエデスがボックス左に走り込む、サンティ・ミナに丁寧なラストパスを送ると、これをサンティ・ミナが冷静に流し込んだ。勢い付くバレンシアは試合終了間際にもコンドグビアのフィードに抜け出したグエデスがGKとの一対一を難なく制し、この試合自身2点目を決めて勝負あり。 ▽セビージャとの注目の強豪対決に完勝したバレンシアが、結果内容とも文句なしの5連勝を達成した。一方、公式戦3連敗のセビージャは思わぬ急失速となった。 2017.10.22 03:41 Sun
twitterfacebook
thumb

“時すでに遅し”のナスリ「僕にプロ意識があれば…」

▽アンタルヤシュポルに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが自身のキャリアを悔いた。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マルセイユ育成機関で育ち、若くして“ネクスト・ジダン”と評されるなど将来を嘱望されたナスリ。これまでアーセナルやマンチェスター・シティ、セビージャといった欧州の名クラブを渡り歩いてきたが、フランス代表から追放されるなど、プレー面よりも素行の悪さが先行している。 ▽今年6月に30歳の誕生日を迎えたナスリは、スペイン『Canal+』で自身のキャリアについて次のように振り返った。 「キャリアのある段階でプロ意識を欠いていなければ、もっと良い選手になっていただろうね。ピッチ上でいつも仕事に集中してきたけど、私生活のスタイルが良くなかった。それが僕のステップアップを妨げていたのかもしれない。タレント性は確かだったのにね」 2017.10.16 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャDFカリソが手術! 数週間離脱へ

▽セビージャは6日、ポルトガル代表DFダニエル・カリソが右大腿四頭筋腱損傷の手術を行い、数週間の離脱となることを発表した。 ▽カリソは今週前半のトレーニング中に負傷。その後、精密検査を受けた結果、右大腿四頭筋腱損傷と診断され、5日にバルセロナのラモン・クガート医師の下で手術を受けた。 ▽最終ラインの複数ポジションでプレー可能なカリソは、今シーズンここまでのリーグ戦3試合に出場していた。 2017.10.07 14:46 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 2-0 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが23日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170923_48_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 5.5 難しい枠内シュートは皆無。危なげなくゴールを守った DF 16 ヴルサリコ 6.5 攻撃の貢献がいまひとつも守備はソリッドだった 15 サビッチ 6.5 中盤のフィルターが効いていたこともあり、余裕を持って対応できた 19 リュカ 6.5 ゴディンの代役を無難にこなす。積極的な持ち上がりで攻撃に変化を加える試みもあった 3 フィリペ・ルイス 7.0 1アシストを記録。ポスト直撃の惜しいシュートを放つなど、カラスコとのコンビで攻め手に MF 6 コケ 6.0 攻守に仕事量が多くきっちり攻撃をけん引 14 ガビ 6.5 中盤で相手の起点をきっちり潰す。攻守のリズムを作った 8 サウール 6.5 守備面では球際の強さが光り、攻撃ではシンプルな捌きで貢献 10 カラスコ 7.0 相手のミスを見逃さず、貴重な先制点を奪取。サイドに開いてボールを引き出し、幾度か惜しい仕掛けを披露 (→ガメイロ -) FW 7 グリーズマン 6.5 前半は苦戦を強いられたが、献身的な守備とフィニッシュの精度を発揮し、新スタジアムで2戦連発 (→トーマス 5.5) 与えられた役目をきっちりこなした 17 ビエット 5.5 仕掛ける姿勢や背後を狙う意図は感じられたが、なかなかチャンスに絡めず (→コレア 5.5) 幾つかチャンスに顔を出した 監督 シメオネ 6.5 堅守同士の一戦できっちり勝ち切る。逃げ切りの安定感は抜群 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170923_48_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.5 自身に大きなミスはなかったが、結果的に2失点 DF 25 メルカド 6.0 前半は守備の局面で存在感を披露。球際の強さはさすが (→クローン=デリ -) 6 カリソ 5.5 後半は全体が前がかりな中でバランスを取ることに腐心 5 ラングレ 6.0 攻守にいつも通りの安定感 3 キャロル 5.5 難敵相手の一戦だったが、攻守に及第点の出来 MF 16 ヘスス・ナバス 5.5 献身的に守備はこなしたが、単独での局面打開には至らず 10 バネガ 6.0 課題の守備で奮闘しつつ、無難にボールを捌いた 15 エンゾンジ 5.0 不用意なバックパスで失点に絡み、試合の流れを大きく変えてしまった 22 フランコ・バスケス 5.5 要所で攻撃の起点となったが、最後の場面でもっとできるはず 17 サラビア 5.0 序盤にポスト直撃のシュートがあったが、その後は沈黙 (→コレア 5.5) 積極的な仕掛けで攻撃を活性化させた FW 20 ムリエル 5.0 良い形でボールを引き出せず、完全に消された (→イェデル 5.0) 目立った活躍を見せられず 監督 ベリッソ 5.5 最低限勝ち点1を持ち帰るプランを遂行できていたが、後半立ち上がりの失点が全てだった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カラスコ(アトレティコ・マドリー) ▽抜群のインテンシティを見せたドブレピボーテやフィリペ・ルイスの活躍も見事だったが、試合の流れを決める先制点を奪ったカラスコをMOMに選出。 アトレティコ・マドリー 2-0 セビージャ 【アトレティコ・マドリー】 カラスコ(後1) グリーズマン(後25) 2017.09.23 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

カラスコ&グリーズマン弾でセビージャ撃破のアトレティコが3連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが23日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 ▽前節、難所サン・マメスでビルバオと対戦したアトレティコは、2-1のスコアで接戦を制して今季初の2連勝を飾った。そして、勢いづくチームは前々節のマラガ戦で初陣を飾ったワンダ・メトロポリターノでセビージャを迎え撃った。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦を控える中、シメオネ監督は中2日での一戦に向けて先発5人を変更。ゴディンやフアンフラン、アンヘル・コレアらをベンチに置き、リュカやヴルサリコ、ビエットを先発で起用した。 ▽一方、4戦連続無失点で4連勝と快進撃が続くセビージャは、今季初の格上との対戦でワンダ・メトロポリターノ初攻略を目指した。来週ミッドウィークのCLでは格下マリボルと対戦するセビージャだが、新加入の左サイドバックのキャロルや、フランコ・バスケス、ムリエルを起用するなど、若干のメンバー変更を施した。 ▽今週にチェルシーからの移籍合意が発表されたジエゴ・コスタもスタンド観戦に訪れた注目のビッグマッチは、立ち上がりから拮抗した状況が続く。後方からショートパスを繋いで攻撃を組み立てるアウェイチームに対して、ホームチームは出足鋭い守備からカウンターで応戦する。12分にはボックス手前でサラビアが放った左足のシュートがゴール前のDFサビッチにディフレクトしてゴール左隅に向かうが、これはポストを叩いた。 ▽一方、受けに回る状況が続くアトレティコだが、18分にこの試合最初の決定機を作る。左サイドに張っていたカラスコへ大きく展開されると、ドリブルで切り込んだカラスコがマイナスの折り返しを送る。これをボックス中央のフィリペ・ルイスが左足ダイレクトで合わすが、これは枠の右上角を叩いた。 ▽互いに枠を叩く際どいシュートで決定機を作り合ったが、その後は中盤での潰し合いが目立ち、試合は完全に膠着状態に陥る。共にアタッキングサードまではボールを運べるものの、集中した守備陣を前にグリーズマンやムリエルらキープレーヤーがなかなか良い形で仕掛けに絡めず。38分にはロングフィードに抜け出したグリーズマンがボックス右でシュートを放つが、相手DFのブロックに遭う。結局、互いにやや見せ場を欠いた前半はゴールレスで終了した。 ▽停滞感漂う前半とは打って変わって、後半は開始早々にいきなりゴールが生まれる。46分、ハーフウェイライン付近の左サイドで味方のパスに反応したカラスコがエンゾンジの中途半端なGKへのバックパスを奪い、飛び出したGKセルヒオ・リコをかわして放ったシュートが無人のゴールへ吸い込まれた。 ▽相手の緩慢な入りを急襲して幸先良く先制に成功したアトレティコは、52分にもビエットがフィニッシュに絡むなど、気落ちした相手に畳みかける。57分にはやや精彩を欠いたビエットを下げて、アンヘル・コレアをピッチに送り込む。 ▽一方、後半に入ってなかなか攻撃の形を作れないセビージャは58分、サラビアを下げてホアキン・コレアを投入。63分にはバネガのFKの流れからゴール前に混戦が生まれ、ラングレらにシュートチャンスも打ち切れない。さらに68分にはムリエルを下げてイェデルを投入するが、この交代直後に決定的な2点目を奪われる。 ▽70分、ボックス右に抜け出したアンヘル・コレアの折り返しはグリーズマンの後方に流れるも、相手DFと競り合ったグリーズマンがスライディングで背後のフィリペ・ルイスに繋ぐと、すぐに立ち上がってフィリペ・ルイスのパスを受け直したグリーズマンがボックス左から左足のシュートを流し込んだ。 ▽この追加点で試合を決めたアトレティコは、来週のCLチェルシー戦を見据えてグリーズマンとカラスコを下げて、トーマスとガメイロをピッチに送り込み、試合を締めにかかる。その後、持ち味の堅守で相手の攻撃を難なく凌いだアトレティコが、難敵セビージャに今季初黒星を与えるとともに、リーグ3連勝を飾った。 2017.09.23 22:08 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース