アーセナル、DFチャンバースとの契約延長発表!2017.10.12 02:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは11日、イングランド代表DFカラム・チャンバース(22)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2014年にサウサンプトンからアーセナルに5年契約で加入したチャンバースは、2019年までの現行契約をさらに2年間延長した。

▽チャンバースは、昨シーズンにミドルズブラに1年間のレンタル移籍で武者修行に出されたものの、これまでアーセナルのトップチームで公式戦60試合に出場。センターバックと右サイドバックを主戦場とする同選手は、今シーズンEFLカップ1試合に出場している。

▽また、ここ数年招集から遠ざかっているものの、イングランドのフル代表で通算3キャップを誇り、今後の成長次第で代表返り咲きの可能性は十分にある。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、モイーズ・ハマーズにゴールレスで3戦連続ドロー《プレミアリーグ》

▽アーセナルは13日、プレミアリーグ第17節でウェストハムのホームに乗り込み、ゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ2戦で勝利がない5位のアーセナル(勝ち点29)と、前節チェルシーに1-0で勝利した18位のウェストハム(勝ち点13)の一戦。アーセナルは1-1のドローとなった前節のサウサンプトン戦からスタメンを4名変更。メルテザッカー、ラムジー、コラシナツ、ラカゼットに代えて、ウィルシャー、ナイルズ、ジルー、イウォビを起用した。なお、ウィルシャーはアーセナル復帰後初のプレミア先発出場となった。 ▽序盤からアーセナルが押し込みつつ試合を進行したものの、なかなかチャンスには至らない。8分にはナイルズのクロスにジルーが飛び込んだが、シュートを放つことはできず。9分にはボックス左のサンチェスがシュートを放ったが、GKアドリアンにキャッチされた。 ▽23分、味方と連係しつつウィルシャーがボールを運び、サンチェスが再びシュートを放つ。しかし、相手DFにブロックされて得点とはならない。29分には、ショートカウンターからボックス内のイウォビがシュートを放ったが、ポストに阻まれた。 ▽39分にもナイルズのクロスに反応したジルーがダイレクトボレーで強襲したが、相手DFのブロックに遭いゴールには及ばず。試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入って最初のチャンスはウェストハムに訪れた。47分、味方のパスに反応したノーブルが、胸でディフェンスラインの裏にパスを供給。抜け出したアルナウトビッチがダイレクトで合わせたが、枠をわずかに外れていく。 ▽56分、サンチェスのシュートがこぼれると、ボックス内のエジルの下へ。エジルは素早くシュートを放ったが、枠に飛ばすことができない。59分にも自陣で巧みなボディフェイントからチェックに来た相手2人を剥がしたウィルシャーが、エジルと連係しつつボックス前に。しかし、最後の場面でジルーへのラストパスを合わせることができない。 ▽66分には、アーセナルがあわや失点という場面を迎えた。サバレタが右サイドからクロスを上げると、パンチングに出たGKチェフが手を滑らせてボールがアルナウトビッチに渡る。アルナウトビッチはキーパー不在のゴールに蹴り込んだが、ギリギリのところでDFモンレアルがかき出した。 ▽ペースを取り戻したいアーセナルは、73分にボックス手前からのFKを獲得。キッカーのサンチェスが右下隅の絶妙な位置を捉えたが、GKアドリアンが好守を発揮して得点を阻んだ。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、試合はゴールレスで終了。アーセナルはリーグ3戦連続での勝ちなしとなった。 2017.12.14 06:57 Thu
twitterfacebook
thumb

親日家ヴェンゲルが相撲について語る「勝者が感情を表さないのは驚いた」

▽ここ最近、連日話題に挙がっている日本の国技である相撲。様々なことが報じられているが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、その相撲の魅力について語っている。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽かつて、名古屋グランパスで指揮を執っていたヴェンゲル監督は、日本滞在中に相撲観戦をしたことがあるという。 ▽相撲以外にも日本の文化に多くの興味を持っているヴェンゲル監督は、相撲の魅力についてコメント。フットボール界では相撲界にある“リスペクト”の精神が再現できないと感じているようだ。 「勝者が敗者へのリスペクトから何の感情も見せなかった。それは我々全員を驚かせた」 「15日間毎日、そこには戦いがあり、最も多く勝利したものがトーナメント(場所)の勝者となる」 「トップ・オブ・トップである横綱になるには、6つの場所で最低でも2場所優勝する必要がある。とても興味深いのは、倫理的な判断を下すために(横綱審議)委員会に出向くことだ」 「たとえ場所で優勝をしたとしても、立ち振る舞いが悪ければ、横綱になることはできないんだ」 ▽日本ならではの慣習がある相撲。強者が上に立つという単純なヒエラルキーではなく、トップに立つ横綱になるためにも、尊厳が必要となり、礼儀や作法が重要な部分を握っていることに興味があるようだ。 ▽また、ヴェンゲル監督は江戸時代からその形式が変わっていないことにも触れ、「行司装束」に大きな興味を示している。 「1600年以来、中世以来変わっていない世界でも数少ないスポーツの1つだ。ルールや衣装(まわし)、レフェリー(行司)が着ているもの(行司装束)も同じだ。実際にその衣装を着て、我々のレフェリーに会いたいね」 2017.12.13 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

出場機会激減のジルー「W杯出場のためにもう一度考える」1月のアーセナル退団を示唆

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが1月にアーセナルから離れる可能性があるようだ。<br><br>現在、ベンチを温める機会が多くなっているジルー。しかし、10日のサウサンプトン戦では途中出場ながらチームを救う同点ゴールを奪うなど、重要な局面でその勝負強さを見せている。今夏、エヴァートンやマルセイユから獲得の打診があったものの、アーセナルに残ることを決断した同選手だが、来夏のロシア・ワールドカップに出場するためにもっと先発での出場機会が欲しいと感じているようだ。<br><br>ジルーは、フランス『レキップ』で「ワールドカップに出場することを毎週、毎日のように考えている。ピッチに立つときは常にワールドカップのためにより良いプレーをしようと思っている」とフランス代表としてロシアのピッチに立ちたいと強調。<br><br>続けて「出場機会があると思ったから、今夏ここから出て行かなかった。でも、1月にここから離れるべきかどうか、もう一度考えなくてはならない。もちろん正しい答えを見つけ、正しい決断をするのは簡単ではないが、出場機会を求めている」とスターターとして試合に出る環境を求めていると明かした。<br><br>また、フランス代表のディディエ・デシャン監督からもアーセナルから退団するよう助言を受けたと述べたジルーは「彼が言っていることは論理的で、もちろん理解できる。彼は僕にもっとプレーしてほしいと考えているようだ」と1月の退団を現実的に考えなくてはならないと話している。<br><br>今シーズン、アーセナルで通算100ゴールをマークしたジルーだが、プレミアリーグでの先発はなく、出場時間も252分に留まっている。同選手が今冬にどのような決断を下すのか注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 13:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハム再建へ…モイーズが“ガラスの天才”ウィルシャーへの興味を明かす

▽ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督は、アーセナルのジャック・ウィルシャー(25)の獲得に興味を持っていることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2008-09シーズンに16歳の若さでトップチームに昇格を果たしたウィルシャーは、その才能を高く評価されてきたが、負傷離脱を頻発。昨シーズンにはレンタル移籍でボーンマスに加わり、プレミアリーグで27試合に出場したが、シーズン終盤には腓骨骨折によりまたもケガに泣かされた。 ▽今シーズンはアーセナルに復帰するも、昨シーズンの負傷の影響から開幕に出遅れ、ここまで第16節を終えたプレミアリーグでの出場時間はわずか86分。この状況にウィルシャー自身は冬の移籍市場での退団をほのめかす発言をしていた。 ▽そんな中、11月にウェストハム指揮官に就任し、現在19位のチームの再建を託されるモイーズ監督は、ウィルシャーへの興味を明かしている。 「もしジャック・ウィルシャーの獲得が可能であるなら、我々はそれに目を向けなくてはいけないチームだ」 「ただ、短期間ではなく、長期的にクラブに居てくれるかどうかを確認したい。短期間での修正が必要であり、また、今シーズン終了時までどのように勝利を積み重ねていくのかのバランスは取れている」 2017.12.13 09:11 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアのポルトガル代表FWにユーベやアーセナルらビッククラブが熱視線

▽バレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)に対して、多くのビッククラブが興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にパリ・サンジェルマンからレンタル移籍でバレンシアに加入したゴンサロ・ゲデスは、リーガエスパニョーラで11試合に出場し3ゴールをマーク。バルセロナに次いで2位と健闘するチームの主力として活躍している。 ▽報道によるとバレンシア側はこの活躍を受けて、ゴンサロ・ゲデスを今後もクラブに留めたいと考えている模様。しかし同選手の活躍はすでに欧州全土に知れ渡っているようで、ユベントス、アーセナル、バイエルン、アトレティコ・マドリーと言ったビッグクラブが熱視線を送っているという。 ▽なお、所属元のパリ・サンジェルマンは今夏にベンフィカから3000万ユーロ(現在のレートで約40億円)で獲得している。そのため、『アス』はパリ・サンジェルマンが獲得にかかった費用よりも高い移籍金に設定するだろうとしている。しかし同メディアはそれでもゴンサロ・ゲデスをめぐった争奪戦となるだろうと報じている。 2017.12.12 09:39 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース