アルジェリア代表、アルカラス監督を解任…就任後3連敗でW杯出場逃す2017.10.12 01:29 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルジェリアサッカー連盟(FAF)は11日、アルジェリア代表を率いるルーカス・アルカラス監督(50)の解任を発表した。

▽今年1月に行われたアフリカネーションズカップ2017でのグループステージ敗退を受け、ジョルジュ・レーケンス前監督を解任したアルジェリアは、4月にアルカラス監督を新監督に招へい。

▽だが、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でナイジェリア代表、カメルーン代表、ザンビア代表と同じグループBに属するアルジェリアを第3節から引き継いだ同監督は、就任3試合で全敗を喫し、逆転でのW杯本大会出場に導くことはできなかった。

▽なお、アルジェリアは来月に予選最終節のナイジェリア戦を残しているが、すでに敗退が決定しているため、正指揮官不在の中で同試合を戦う見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

アルジェリア代表が元カタール代表監督のベルマディ氏を招へい

▽アルジェリアサッカー協会(FAF)は2日、新指揮官にジャメル・ベルマディ氏(42)が就任することで合意したと発表した。 ▽ベルマディ氏は、パリ・サンジェルマンでプロキャリアをスタート。マルセイユやカーン、セルタ、マンチェスター・シティ、アル・ワフダ、サウサンプトン、ヴァランシエンヌでプレー。2009年7月に現役を引退していた。 ▽引退後の2010年7月からカタールのアル・ドゥハイル(かつてのレフウィヤSC)で監督としてのキャリアをスタート。2014年3月から2015年1月まではカタール代表監督を務め、その後はアル・ドゥハイルで再び監督を務めていた。 ▽今シーズンは、AFCチャンピオンズリーグに出場し、チームを準々決勝に導いていたが、7月に退任していた。 ▽アルジェリア代表は、ロシア・ワールドカップの出場を逃し、ラバー・マジェール監督を6月に解任していた。 2018.08.02 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「接触があることは認めるが…」ハリル、アルジェリア代表監督就任合意報道を否定!

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が、アルジェリア代表監督就任合意の報道について否定している。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽2015年3月から2018年4月まで日本代表監督を務めていたハリルホジッチ氏は、これまでアルジェリア代表や韓国代表の新指揮官候補として名前が挙がっていた。アルジェリアメディアは最近同氏がアルジェリア代表監督就任にすでに合意しており、月給12万ユーロ(約1500万円)から15万ユーロ(約1900万円)になるとも伝えていた。 ▽ところが今回伝えられるところによると、ハリルホジッチ氏はこの報道について否定。それでも接触があることについては認めている。 「接触があることは認めるが、まだ何も起こっていない」 「これは真実ではない。それはしっかりと否定する」 ▽ハリルホジッチ氏は、2011年から3年間アルジェリア代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップでは同国をW杯史上初のベスト16に導いていた。 2018.07.10 08:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ハリル、アルジェリア代表監督復帰に合意!? 同国メディアが報じる

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督のアルジェリア代表監督就任が濃厚となっているようだ。アルジェリア『TSA』が伝えている。 ▽最近韓国サッカー協会(KFA)が、新たな同国代表指揮官候補としてとしてリストアップされたことが報じられたハリルホジッチ氏。ところが今回伝えられるところによると、ハリルホジッチ氏はすでにアルジェリア代表監督就任に合意。アルジェリアサッカー連盟(FAF)のケイレディン・ザッチ会長と再度会うことで、契約の詳細を確定するとのこと。給与は一部政府が負担し、月給12万ユーロ(約1500万円)から15万ユーロ(約1900万円)になるようだ。 ▽2015年3月から2018年4月まで日本代表監督を務めていたハリルホジッチ氏は、2011年から3年間アルジェリア代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップでは同国をW杯史上初のベスト16に導いていた。 2018.07.09 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド合流のポルトガル、W杯初戦のスペイン戦前に快勝《国際親善試合》

▽ポルトガル代表は7日、国際親善試合でアルジェリア代表とホームで対戦し、3-0で快勝した。 ▽ロシア・ワールドカップ前最後の調整試合となったポルトガルは、5日前に行われ0-0で引き分けたベルギー代表戦のスタメンから4選手を変更。チャンピオンズリーグ決勝に出場していたことで合流が遅れていたC・ロナウドがスタメンとなった。 ▽マフレズやスリマニ、ブラヒミらがスタメンとなったアルジェリアに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだポルトガルはGKにルイ・パトリシオ、4バックに右からセドリック、ペペ、ブルーノ・アウベス、ラファエウ・ゲレイロ、中盤に右からベルナウド・シウバ、モウティーニョ、W・カルバーリョ、ブルーノ・フェルナンデス、2トップにゴンサロ・ゲデスとC・ロナウドを並べた。 ▽そのポルトガルがC・ロナウドを軸に攻め立てると、9分にC・ロナウドがスルーパスを受けてネットを揺らしたが、オフサイドを取られてノーゴールとなった。 ▽それでも17分に先制する。ロングボールをベルナルド・シウバが頭で落とし、ボックス中央に侵入したゴンサロ・ゲデスがボレーで蹴り込んだ。 ▽先制後もハーフコートゲームを展開したポルトガルは37分に突き放す。左サイドをC・ロナウドが突いて左足でクロス。ゴール前でフリーとなっていたブルーノ・フェルナンデスがヘッドで叩き込んだ。 ▽後半も攻勢に出たポルトガルは52分にC・ロナウドが直接FKでGKを強襲すると、55分に3点目を奪った。左サイドのスペースをラファエウ・ゲレイロが突いてゴールライン際からクロスを上げると、ゴンサロ・ゲデスがヘッドで叩き込んだ。 ▽アルジェリア相手に気持ちよく試合を進めるポルトガルは、主力選手を交代させていき、75分にはC・ロナウドをお役御免とした。 ▽82分にはジョアン・マリオがボレーで4点目を決めたかに思われたポルトガルだったが、その前にゴンサロ・ゲデスがハンドを取られてノーゴールに。 ▽それでも3-0でポルトガルが快勝。15日に行われるW杯初戦のスペイン代表戦に向けて順調な仕上がりを見せている。 2018.06.08 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アルジェリア代表、グラナダ解任のアルカラス氏を新監督に招へい!

▽アルジェリアサッカー連盟(FAF)は13日、ルーカス・アルカラス氏(50)をアルジェリア代表の新監督に招へいしたことを発表した。契約に関する詳細は、数日後に予定される正式契約後に明かされる見込みだ。 ▽アルジェリア代表は、昨年10月にミロバン・ライェバツ監督の後任として、ベルギー人指揮官のジョルジュ・レーケンス前監督と3年契約を結んでいた。しかし、今年1月に行われたアフリカネーションズカップ2017でのグループステージ敗退を受け、レーケンス前監督が辞任。その後、同ポストは空位のままとなっていたが、今月10日にグラナダを解任されたばかりのアルカラス氏が新指揮官に就任することになった。 ▽なお、アルジェリア代表は、2018年ロシア・ワールドカップアフリカ最終予選でナイジェリア代表、カメルーン代表、ザンビア代表と同じグループBに所属しており、第2節終了時点で1敗1分けのグループ最下位に低迷している。 2017.04.13 23:31 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース