ビルバオ、司令塔MFベニャトと2020年までの新契約締結!2017.10.11 23:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは11日、元スペイン代表MFベニャト・エチェバリア(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ビルバオの下部組織出身のベニャトは、2006年にトップチームデビュー。だが、その後は思うように出場機会を与えられず、2009年にベティスへ完全移籍した。そのベティスでは優れた戦術眼と高精度の右足から繰り出される正確なパスやプレースキックを武器に、絶対的な主力に成長。2012年にはスペイン代表デビューも飾った。

▽そして、2013年には800万ユーロ(約10億6000万円)の移籍金で古巣ビルバオに復帰を果たすと、以降は4シーズンに渡って主力として活躍している。なお、今シーズンここまでは公式戦9試合に出場し1アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ケパがレアル・マドリー移籍で合意の模様…年俸250万ユーロで6年契約を結ぶ見込み

レアル・マドリーがアスレティック・ビルバオGKケパ・アリサバラガの獲得を決めたようだ。11日付のスペイン『マルカ』が1面で報じている。<br><br>レアル・マドリーはケパと移籍に関して合意に達しており、この冬の移籍市場が開くと同時に戦力に加える意向。契約期間は6年で、年俸は250万ユーロとなる見込みだ。<br><br>ケパとアスレティックの契約は今季限りとなっており、契約解除金は2000万ユーロに設定されている。アスレティックとの契約を延長する意思がないケパは、同クラブで出場機会を失い、スペイン代表としてロシア・ワールドカップに出場する可能性が絶たれる可能性を危惧して、この冬にレアル・マドリーに加わることを決断した模様だ。<br><br>なおレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長とアスレティックのホス・ウルティア会長の関係は冷え切っているが、ペレス会長はアスレティックに対して契約解除金以上の額となる2500万ユーロを支払うことを提案して、円満移籍の実現を目指すとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、冬の移籍市場での補強を決定…GKケパ、FWイカルディorヴェルナー、さらにCBも獲得?

レアル・マドリーが、この冬の移籍市場で補強に動くことを決定したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>リーガエスパニョーラで首位バルセロナに勝ち点8差をつけられるなど、勢いがないレアル・マドリー。クラブ首脳陣はこの状況を受け、冬の補強に動くことを決定した様子だ。<br><br>『マルカ』曰く、フロレンティーノ・ペレス会長は4日にホセ・アンヘル・サンチェスGD(ゼネラルディレクター)と話し合いの場を持ち、ジネディーヌ・ジダン監督の意見も加味して補強を決めたという。同会長らは冬の移籍市場で補強に動けば、夏よりも移籍金が高くなることを考慮しながらも、そのリスクも受け入れて陣容を厚くする考えとみられる。<br><br>レアル・マドリーが確実に補強するとみられているポジションは、GKとFW。前者はアスレティック・ビルバオGKケパ・アリサバラガの獲得が濃厚で、後者は第一候補がチャンピオンズリーグに出場可能なインテルFWマウロ・イカルディ、第二候補がRBライプツィヒFWティモ・ヴェルナーとされている。さらに、CBを獲得する可能性もあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.05 07:53 Tue
twitterfacebook
thumb

復帰のS・ラモスが退場…10人のレアル・マドリーがサンマメスで痛恨ゴールレス《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第14節、アスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが2日にサンマメス・バリアで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、ベンゼマとクリスティアーノ・ロナウドがゴールを挙げるも、格下マラガに2度のリードを追いつかれる辛勝となった4位のレアル・マドリー(勝ち点27)は、16位に低迷するビルバオ(勝ち点13)とのアウェイゲームで連勝を目指す。ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイでは主力を温存し、3部のフエンラブラダ相手にホームで引き分ける失態を演じ、その試合で戦列復帰し2点に絡んだベイルがふくらはぎのケガで再離脱を強いられた。 ▽それでも、すでにチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージを突破しているマドリーは、フェイスガード着用で鼻骨骨折から復帰したセルヒオ・ラモスを含め、現状のベストメンバーを起用して難所攻略に臨んだ。 ▽互いに攻守の切り替えを意識した中、立ち上がりから目まぐるしく攻守が入れ替わるオープンな展開が続く。開始8分にはマドリーのカウンターから左サイド深くでイスコが浮き球で入れたクロスを、ファーで胸トラップしたベンゼマが左足のボレーシュートを放つが、これは左ポストを叩く。 ▽一方、アドゥリス、ラウール・ガルシアの高さ、イニャキ・ウィリアムズのスピードを活かしたシンプルな攻撃でチャンスを窺うホームチームは13分、右サイドでデ・マルコスが入れたクロスをニアに飛び込んだアドゥリスが頭で合わすが、これはGKケイロル・ナバスの好守に遭う。さらに28分には右サイドでのスローインからダイレクトパスでボックス右に抜け出したウィリアムズが右足を振り抜くが、ここはナバスが再び触ってゴールを許さない。 ▽拮抗した展開が続く中、36分にはC・ロナウドに絶好機。マルセロからの浮き球の左クロスをファーで収めたC・ロナウドがすかさずシュートを狙うが、これを枠の右に外す。その後、39分には足を痛めたイトゥラスペに代わってサン・ホセが投入されるアクシデントもあったものの、マドリーの強力な攻撃を水際で防いだビルバオがゴールレスのまま前半を終わらせた。 ▽後半に入って攻勢を強めるマドリーはボール支配率を高めて遅攻よりの攻撃で相手守備の攻略を図る。だが、リトリートの場面で冷静な対応を見せるホームチームの守備を崩し切れない。 ▽後半半ばから終盤にかけては完全にマドリーペースとなる。72分にはボックス内でイスコの浮き球パスを受けたC・ロナウドが右足のボレーシュートを放つが、これは右ポストを掠めて枠の右に外れる。 ▽その後、イスコ、ベンゼマを下げてコバチッチ、マジョラルをピッチに送り出し、攻撃に変化を付けようと腐心する。だが、86分には前半に1枚カードをもらっていたセルヒオ・ラモスが競り合いの場面でアドゥリスの顔面にヒジを入れてしまい、この試合2枚目のカードをもらい、痛恨の退場に。そして、数的不利を背負ったマドリーは、終盤のビルバオの反撃を凌ぐのが精一杯となり、試合は0-0のままタイムアップ。 ▽下位に低迷するビルバオ相手に痛恨の勝ち点逸となったマドリーは、さらに退場したセルヒオ・ラモスに加えてカゼミロ、カルバハルが今季5枚目の警告を受けて次節のセビージャ戦の出場停止が決定。多くの主力不在の中でビッグマッチに臨むことになった。 2017.12.03 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

原口ベンチ外のヘルタ、ビルバオに逆転負けで敗退《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第5節ビルバオvsヘルタ・ベルリンが23日に行われ、3-2でビルバオが勝利した。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りしなかった。 ▽前節エステルンド戦で初勝利を挙げた3位ビルバオ(勝ち点5)と、前節ゾリャ戦で初勝利を挙げた最下位ヘルタ(勝ち点4)の下位対決。 ▽決勝トーナメント進出に向けて互いに勝ち点3が欲しい試合は開始4分、ヘルタがミッテルシュタッドのグラウンダークロスにレッキーが合わせる決定機を演出。しかし、GKエレリンの好守に阻まれた。 ▽良い入りを見せたヘルタがボールを持つ展開で立ち上がっていくと、12分にもチャンス。ヴァイザーのパスを受けてボックス左に侵入したゼルケがシュート。しかし、飛び出したGKにここもセーブされた。 ▽その後もヘルタが流れを引き寄せると、26分に先制する。左サイドからのミッテルシュタッドの鋭いクロスをレッキーが頭で押し込んだ。 ▽失点後、ビルバオがポゼッションを高めて反撃に転じると33分、ボックス中央のイニャキ・ウィリアムズが反転した際にラングカンプに倒されてPKを獲得。これをアドゥリスが決めて同点とした。 ▽しかし直後の36分、ゴールキックの流れから、ボックス右に侵入したラザロのクロスをゼルケがヘディングで叩き込み、ヘルタがすかさず勝ち越しに成功した。 ▽迎えた後半、スサエタとイトゥラスペを投入したビルバオは開始4分、右CKからアドゥリスがヘディングシュートを浴びせて攻勢に出る展開が続くと、65分にこの試合2つ目のPKを獲得。スサエタの右クロスをボックス内のラングカンプがハンドを犯した。これをアドゥリスが再び決めて、試合を振り出しに戻した。 ▽2-2として勢い付くビルバオは、83分に逆転に成功する。ロングカウンターに転じると、左サイドのバレンシアガのクロスをイニャキ・ウィリアムズが詰めた。 ▽このまま3-2でヘルタを退けたビルバオは最終節、ゾリャ(勝ち点6)に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。 ▽グループJもう一試合のエステルンドvsゾリャは2-0でエステルンド(勝ち点10)が勝利し、決勝トーナメント進出を決めている。 2017.11.24 05:16 Fri
twitterfacebook
thumb

PK失敗のトリゲロスが先制弾もビジャレアル、アドゥリス弾でビルバオにドロー《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは19日、リーガエスパニョーラ第12節でビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節マラガ戦を2-0と勝利してリーガ5戦負けなしとした5位ビジャレアル(勝ち点20)が、リーガ3連敗中の15位ビルバオ(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合はビルバオがアグレッシブな入りを見せると、9分にアドゥリスが可能性を感じさせるヘディングシュートを浴びせる。 ▽しかし18分、ビジャレアルがPKを獲得する。ジャウメ・コスタがボックス左に侵入したところでイトゥラスペに倒された。しかし、キッカーのトリゲロスが枠の左を狙ったシュートはGKケパに止められてしまった。 ▽それでも28分、右サイドからのガスパールのグラウンダークロスをペナルティアーク中央のトリゲロスがゴール右隅に蹴り込んでビジャレアルが先制する。 ▽トリゲロスが自らのPK失敗を払しょくするゴールで先手を取ったビジャレアルは、37分に左クロスを受けたバッカがトラップから反転ボレー。枠の左上を捉えていたシュートだったが、GKケパの好セーブに阻まれ、前半を1点のリードで終了した。 ▽迎えた後半はビジャレアルがポゼッションを高めてビルバオをいなしていく。敵陣で試合を進めるビジャレアルが試合をコントロールしていたが、70分に右CKからヌニェスにボレーでゴールを脅かされると、77分に追いつかれた。 ▽バレンシアガの左クロスをアドゥリスにヘディングシュートで決められた。 ▽終盤にかけては勢いに乗るビルバオの攻勢が強まったが、ビジャレアルが水際で耐えて1-1で終了。勝ち点1を持ち帰っている。 2017.11.20 06:36 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース