ビルバオ、司令塔MFベニャトと2020年までの新契約締結!2017.10.11 23:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは11日、元スペイン代表MFベニャト・エチェバリア(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ビルバオの下部組織出身のベニャトは、2006年にトップチームデビュー。だが、その後は思うように出場機会を与えられず、2009年にベティスへ完全移籍した。そのベティスでは優れた戦術眼と高精度の右足から繰り出される正確なパスやプレースキックを武器に、絶対的な主力に成長。2012年にはスペイン代表デビューも飾った。

▽そして、2013年には800万ユーロ(約10億6000万円)の移籍金で古巣ビルバオに復帰を果たすと、以降は4シーズンに渡って主力として活躍している。なお、今シーズンここまでは公式戦9試合に出場し1アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場ガメイロが1G1A! 堅守アトレティコ、リーガ4戦連続無失点勝利《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ第24節のビルバオ戦をワンダ・メトロポリターノで行い、2ー0で勝利した。 ▽リーガ3戦連続無失点勝利で6戦負けのない2位アトレティコ(勝ち点52)が、リーガ5戦勝ちなしの13位ビルバオ(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。 ▽アトレティコは、4-1で勝利した直近の試合であるヨーロッパリーグ(EL)のコペンハーゲン戦からスタメンを4名変更。モジャ、ゴディン、フアンフラン、ガメイロに代えて、オブラク、ヴルサリコ、フィリペ・ルイス、ジエゴ・コスタを起用した。 ▽試合はお互いに堅い入りとなり、チャンスの生まれ辛い展開が続く。ジエゴ・コスタをターゲットとするアトレティコがやや優勢に運んで危険なエリアに勝負をしかけていくが、決定機には至らない。 ▽14分、相手陣内中央付近でFKを獲得すると、キッカーのグリーズマンが合わせるボールを供給する。しかしボックス内右で反応したホセ・ヒメネスが右足で中央に折り返したボールは、味方には合わず。先制点とはならなかった。 ▽さらに33分、右サイド深い位置でボールを持ったコレアが、ドリブルで突破。ボックス内右に侵攻してグラウンダーのクロスを入れたが、中央のコケ、ジエゴ・コスタに合わせることはできない。好機を逸することとなった。 ▽アトレティコは、42分に右CKを獲得。キッカーのコケがジエゴ・コスタに合わせるも、DF2人の激しいマークに遭い頭を振り抜くことができない。こぼれ球にグリーズマンが詰めていくが、これもクリアされてシュートを放つことができない。 ▽試合はチャンスの少ない展開のまま、ゴールレスで折り返しに。アトレティコは、ハーフタイム中に選手交代を敢行。リュカに代えてゴディンを投入した。 ▽後半に入っても、試合はややアトレティコが優勢に。51分、FKから相手陣内やや右のトーマスにボールが渡る。トーマスがボックス内にボールを放り込むと、ボックス内左のジエゴ・コスタが右足のボレーシュートで狙っていく。GKケパにキャッチされたものの、ビルバオゴールを脅かすシーンとなった。 ▽さらに56分、オーバーラップしたフィリペ・ルイスがグリーズマンのスルーパスを受けて左サイドに抜け出す。クロスを入れると、ニアのコケが頭でフリック。ファーのジエゴ・コスタがヘディングシュートを放ったが、これもネットを揺らすことはできない。 ▽奪い切りたいアトレティコは、59分にコケに代えてガメイロを投入。攻撃の枚数を増やし、攻勢をかけていく。すると67分、ショートカウンターからボックス手前中央でボールを持ったグリーズマンが、ボックス内右のガメイロにパスを送る。ガメイロが右足を振り抜いてグラウンダーのシュートを放ち、監督の起用に応える得点を決めた。 ▽リードを得たアトレティコは、直後の70分にコレアに代えてガビを起用。ジエゴ・コスタとガメイロのみを前線に残す[4-4-2]でカウンターに狙いを絞る戦い方へとシフトしていく。 ▽すると80分、カウンターからガメイロのラストパスに抜け出したジエゴ・コスタが、ボックス内左に侵攻。そのまま右足でGKケパのニアを抜き、リードを2点に広げた。 ▽その後、ビルバオが堅守を発揮するアトレティコの牙城を崩すことは叶わず。試合は2-0のスコアで終了し、ホームチームが危なげなく勝利することとなった。この結果、アトレティコはリーガ4戦連続無失点勝利で7戦負けなしに。対するビルバオは、リーガ6戦連続で勝ちなしとなった。 2018.02.19 02:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、MFアケチェとの契約解消! MLS移籍へ

▽アスレティック・ビルバオは16日、スペイン人MFアヘル・アケチェ(24)との契約を解消したことを発表した。また、同選手がアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するクラブに加入する予定だと伝えている。 ▽ビルバオの下部組織出身の攻撃的MFのアケチェは2014年にトップチームデビュー。U-20スペイン代表でのプレー経験もある同選手は、ビルバオで公式戦34試合に出場し1ゴールを記録。また、昨シーズンの途中にはスペイン2部のカディスに半年間のレンタルで加わり、18試合5ゴールの数字を残していた。 ▽今シーズンはここまで公式戦12試合に出場していたアケチェだが、MLS移籍を望み2018年6月までとなっていた現行契約を解消することになった。 ▽なお、『ESPN』の伝えるところによれば、アケチェの新天地はトロントFCとなる模様だ。 2018.02.18 06:20 Sun
twitterfacebook
thumb

2度の精巣ガン乗り越えたビルバオDFジェライが9ケ月ぶりの復帰! 「人生で最も幸せな瞬間」

▽2度に渡る精巣ガンを乗り越えたアスレティック・ビルバオのスペイン人DFジェライ・アルバレスが4日に行われたジローナ戦で9ケ月ぶりの戦列復帰を果たした。同試合後、ジェライはスペイン『カデナ・セル』で喜びのコメントを残した。 ▽ジェライは2016年12月に精巣ガンの摘出手術を受けて、一度は戦列に復帰しながらも、再発の疑いがあり昨年6月から化学療法での治療をスタートしていた。その後、同年9月に化学療法の治療が完了し、そこから復帰に向けた調整を続けていた。 ▽そして、ジェライは4日に行われたリーガエスパニョーラ第22節のジローナ戦で先発フル出場し、9ケ月ぶりの戦列復帰を果たした。惜しくも試合は0-2の敗戦に終わったものの、ジェライは再びサッカーをできる喜びを噛みしめている。 「僕の人生において最も幸せな瞬間だった」 「日曜の試合(ジローナ戦)は僕にとってアスレティックでプレーした最後の試合から260日後の特別な試合だった。だから、個人的にデビュー戦を繰り返すような緊張感があったんだ」 「僕だけでなく家族にとっても厳しい時期を過ごしてきた。とくに、両親にとって22歳の息子が再びガンを患ったことを確認したのはとても恐ろしいことだったと思うよ」 ▽また、ジェライは昨年7月に化学療法をスタートした際、治療の副作用で毛髪が抜ける自身を励ますため、全員が坊主になるなど支え続けてくれたチームメートへの感謝を口にしている。 「チームメートが頭を剃った姿をみたときは、本当に素晴らしい気分だったよ。厳しい時期を通して、彼らはいつも僕の支えになってくれたんだ」 ▽2度に渡る精巣ガンを乗り越えて三度ピッチに舞い戻った不死鳥のようなジェライには、自身を支え続けてきた周囲の人たち、同じ病気を患う人たちのためにもピッチ上で躍動する姿を見せ続けてほしい。 2018.02.07 03:36 Wed
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、MFミケル・リコと2019年まで契約延長

▽アスレティック・ビルバオは2日、スペイン人MFミケル・リコ(33)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。契約解除金は3500万ユーロ(約48億円)に設定されている。 ▽セントラルMFを本職とするミケル・リコは、2013年8月にグラナダからビルバオに加入。これまでビルバオでは公式戦161試合に出場して13ゴール6アシストを記録。今季はここまでリーガエスパニョーラ10試合に、ヨーロッパリーグ3試合に出場し、準主力として活躍している。 2018.02.03 01:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、“禁断の移籍”のDFイニゴ・マルティネスのシャツを無償で取り換え

▽今冬にレアル・ソシエダからアスレティック・ビルバオへの“禁断の移籍”が発表となったスペイン代表DFイニゴ・マルティネス。ファンの胸中を察するソシエダが、異例の対応を行っている。 ▽ソシエダの生え抜き選手だったイニゴ・マルティネスは、本職をセンターバックとするDFだ。2011-12シーズンにトップチームに昇格すると、20歳でレギュラーに定着。スペイン代表レフティは、左サイドバックでもプレー可能で、今シーズンのリーガエスパニョーラ第17節のセビージャ戦では左SBとしてフル出場し、1ゴール1アシストを記録した。 ▽主力としてソシエダを支え続けていたイニゴ・マルティネスは、1月30日にビルバオに電撃移籍。同日にマンチェスター・シティ移籍が発表となったフランス代表DFアイメリック・ラポルテの後釜として、同じバスク地方に本拠地を置くライバルクラブのシャツを着ることを選択した。 ▽宿敵とも表現できるクラブへの移籍を選んだイニゴ・マルティネスに対して、ソシエダのジョキン・アペリバイ会長は不快感を隠さず。30日に行われた会見では「我々はラ・レアル(ソシエダ)のユニフォームに袖を通すことを誇りに思っている。そのユニフォームを着たくない者は、退団するのがベストだ」と語り、激しく批判していた。 ▽そうしたイニゴ・マルティネスへのバッシングが飛び交う中、ソシエダはファンの気持ちを慮った対応を公式サイト上で発表。「マルティネスのネームと(同選手の着けていた)背番号6が刻まれたユニフォームを無料で他のユニフォームと交換する」とのことだ。 ▽また、その発表の記載されたページには『これは既に歴史』というタイトルが題されており、ファンやサポーターのショックの大きさを表す内容となっている。 2018.02.02 05:25 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース