ビルバオ、司令塔MFベニャトと2020年までの新契約締結!2017.10.11 23:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは11日、元スペイン代表MFベニャト・エチェバリア(30)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ビルバオの下部組織出身のベニャトは、2006年にトップチームデビュー。だが、その後は思うように出場機会を与えられず、2009年にベティスへ完全移籍した。そのベティスでは優れた戦術眼と高精度の右足から繰り出される正確なパスやプレースキックを武器に、絶対的な主力に成長。2012年にはスペイン代表デビューも飾った。

▽そして、2013年には800万ユーロ(約10億6000万円)の移籍金で古巣ビルバオに復帰を果たすと、以降は4シーズンに渡って主力として活躍している。なお、今シーズンここまでは公式戦9試合に出場し1アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

悲劇…ムニアイン、2度目のACL断裂で長期離脱へ

▽ビルバオは29日、同クラブの元スペイン代表FWイケル・ムニアイン(24)が右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを発表した。 ▽ムニアインは28日に行われたヨーロッパリーグのグループステージ第2節、ホームでのゾリャ戦で試合終了間際に負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂が確認された。 ▽ムニアインは過去、2015年4月にも左ヒザ前十字じん帯を損傷し、252日にわたる長期離脱を余儀なくされた。スペイン『マルカ』によれば、今回も前回と同様に最大8カ月程度の長期離脱を強いられるとみられる。 2017.09.30 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

精巣ガンを患っていたビルバオDFジェライの治療が完了…復帰に向けたプログラムへ

▽アスレティック・ビルバオは21日、精巣ガンを患っていたU-21スペイン代表DFジェライ・アルバレスに関して、化学療法での治療が完了したと発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽昨年12月に精巣ガンの摘出手術を受けて、一度は戦列に復帰したジェライだったが、再発の疑いがあり6月から化学療法での治療をスタートしていた。 ▽チームメイトや他クラブからも支援のメッセージなどが送られていたジェライだが、無事に治療が完了。数日中に退院し、経過を見守ることとなるようだ。また、チームへ復帰するためのリハビリも開始されるという。 ▽ジェライは、ビルバオの下部組織出身で2016年7月にトップチームへ昇格。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで26試合に出場、ヨーロッパリーグでも8試合に出場していた。また、U-21スペイン代表としてもプレーしている。 2017.09.21 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

守護神オブラクのPKストップにエース2点演出のアトレティコがビルバオ撃破!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ビルバオvsアトレティコ・マドリーが20日にサン・マメス・バリアで行われ、アウェイのアトレティコが2-1で勝利した。 ▽前節、今季4戦目で初のホームゲームとなったアトレティコは、ワンダ・メトロポリターノでのマラガとの初陣をエースFWグリーズマンのゴールでしぶとく勝ち切り、新ホームで幸先の良いスタートを切った。その勢いに乗って連勝を目指す今節は、前節今季初黒星を喫したビルバオとのタフなアウェイゲームに臨んだ。前節からはリュカ、フアンフラン、ガビに代えてホセ・ヒメネス、サビッチ、ガイタンを起用。2トップは引き続きコレアとグリーズマンのコンビとなった。 ▽立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せるホームのビルバオが主導権を握ると、レクエや古巣対戦のラウール・ガルシアがGKオブラクを脅かす。さらに26分にはアドゥリスが際どい枠内シュートを放つが、先制点には至らず。 ▽一方、守勢が続くアトレティコは、30分を過ぎてようやく攻撃の形を作り始めると、35分にはボックス左へ抜け出したガイタンが右ポスト直撃のシュートを放つと、その後もグリーズマンが続けて決定機に顔を出す。 ▽一進一退の攻防が続く中、40分に試合が動く。ボックス付近で仕掛けたアドゥリスがDFフィリペ・ルイスと交錯すると、やや厳しい判定ながらビルバオにPKが与えられる。これをアドゥリスがゴール左へ狙うが、GKオブラクが完璧な読みで弾き出し、前半はゴールレスで終了した。 ▽守護神オブラクの圧巻のPKストップで難を逃れたアトレティコは、ややショックが残るビルバオを後半立ち上がりから押し込むと、55分に先制点を奪う。バイタルエリア中央のグリーズマンからボックス右に走り込むコケにスルーパスが通ると、コケからの折り返しをゴール前に飛び込んだコレアがワンタッチで流し込んだ。 ▽失点直後にイニャキ・ウィリアムズ、ベニャトを投入して攻勢を強めるビルバオに対して、完全に流れを掴んだアトレティコはグリーズマンがオフサイドにかかったものの、あわや追加点という場面を作るなど、畳みかける攻めを見せる。 ▽その後、カラスコを投入して攻勢を強めるアトレティコは73分、グリーズマンからの絶妙なフィードに反応したカラスコがボックス右で巧みなファーストタッチでGKをつり出し、最後はゴール右隅に流し込み、貴重な2点目を奪った。 ▽2点リードで逃げ切りを図るアトレティコは、ガビと負傷したフィリペ・ルイスに代えてリュカを投入。試合終了間際にはゴール前の混戦からラウール・ガルシアに恩返し弾を許すも、敵地で2-1の勝利。敵地で難敵ビルバオを破ったアトレティコが、今季初の連勝を飾った。 2017.09.21 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、デ・ヘア撤退で狙うは22歳のスペイン代表GKケパ

▽レアル・マドリーが、ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリザバガラ(22)の獲得を考慮しているようだ。19日付のスペイン『マルカ』が一面で報じた。 ▽レアル・マドリーは、かねてから関心を寄せていたマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアとの関連が今夏も伝えられていたが、最終的に移籍の動きはなし。報道によれば、GKケイロル・ナバスに全幅の信頼を寄せているジネディーヌ・ジダン監督がデ・ヘア獲得の動きをブロックしたとのことだ。 ▽しかし、ケイロル・ナバスは今年で31歳となるため、クラブとしては後釜となる選手を見据えておかなければならない。そこで白羽の矢が立ったのが、ビルバオでハイパフォーマンスを見せており、フレン・ロペテギ監督率いるスペイン代表にも招集されている22歳のケパとのことだ。 ▽さらにマドリーにとって好材料なのが、ケパとビルバオの契約が今季限りとなっていることだ。契約更新がなければ、マドリーは来夏にフリーで有望なGKを手にできる可能性がある。なお、ケパの契約解除金は現在、1000万ユーロ(約13億3000万円)となっているが、ビルバオはこれを6500万ユーロ(約87億円)に引き上げたいとの思いがあるという。 2017.09.20 10:19 Wed
twitterfacebook
thumb

原口終盤出場のヘルタvsビルバオは譲らずドロー決着《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループJ第1節、ヘルタ・ベルリンvsビルバオが14日に行われ、0-0で引き分けた。ヘルタのMF原口元気は85分から出場している。 ▽昨季ブンデスリーガ6位のヘルタとリーガエスパニョーラ7位ビルバオの一戦。試合は開始2分、ボックス左に抜け出したアドゥリスがGKヤルシュテインを強襲するシュートを浴びせる。 ▽その後も仕掛けるビルバは9分、ムニアインがミドルシュートでゴールに迫るも、ここもGKヤルシュテインに阻まれた。続く17分には決定機を演出し、ボックス内でDFを交わしたムニアインが左足でシュート。しかし、わずかに枠を捉えきれなかった。 ▽ハーフタイムにかけては守備に徹するヘルタがビルバオを押さえ込んでペースを握り返すと、前半終了間際にチャンス。ダリダがボレーシュートでゴールに迫ったが、わずかに枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後判、前から圧力をかける入りを見せたヘルタは48分にプラッテンハールトがGKイアゴ・エレリンを強襲するシュートを浴びせると、続く52分にはイビセビッチもイアゴ・エレリンを強襲するシュートを放っていく。 ▽その後半はヘルタが攻勢に出ると、75分にカルーがボックス左からシュート。しかし、ここもGKイアゴ・エレリンに阻まれた。 ▽あと一歩でゴールを奪えないヘルタは85分に原口を投入。そして89分にはロングボールに抜け出した原口がボックス左まで進入してシュートに持ち込んだが、並走していたDFにブロックされ、0-0のままタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2017.09.15 06:16 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース