ザンクト・パウリ監督が長期離脱から復活を目指す宮市亮について異例のコメント…「彼は父親になった」2017.10.11 21:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザンクト・パウリのオラフ・ヤンセン監督が、FW宮市亮の状態について会見で語った。クラブが伝えている。

▽2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと完全移籍で加入した宮市は、加入直後のプレシーズンマッチで左ヒザの前十字じん帯を断裂し8カ月の離脱。その後復活を遂げるも、6月に右ヒザ前十字じん帯を断裂し、再び長期離脱となっていた。

▽チームとは2019年まで契約を延長するなど、嬉しいニュースも発表されていたが、ヤンセン監督が11日の会見で宮市について思わぬことを明かした。

「宮市亮は、父親になった。彼は順調に進んでいるよ」

▽ヤンセン監督は、ケガの状況を明かすとともに、宮市が父親になっていたことを発表するという意外な行動に。宮市は2015年5月に高校時代の同級生と結婚していた。

コメント

関連ニュース

thumb

中島フル出場のポルティモネンセが首位ポルトに大量5失点で惨敗…《プリメイラ・リーガ》

▽日本人MF中島翔哉が所属するポルティモネンセは25日、プリメイラ・リーガ第23節でポルトと対戦し、1-5で大敗した。中島はフル出場を果たしている。 ▽中島の1G1Aの活躍で前節のマリティモ戦を快勝した10位ポルティモネンセ(勝ち点27)が、ホームに首位のポルト(勝ち点61)を迎えた一戦。今冬に対戦相手であるポルト行きが噂されたMF中島は、今節もスタメンに名を連ねた。 ▽試合が動いたのは10分、オタビオのロングパスをバイタルエリア左で受けたソアレスがボックス左まで持ち上がりクロス。これをファーサイドでフリーのマレガが流し込み、ポルトが先制した。 ▽先制点で主導権を握ったポルトは、16分に追加点。左サイド深くまで侵入したマレガの折り返しからオタビオがゴールネットを揺らした。 ▽2点のリードを許したポルティモネンセは21分、スルーパスに抜け出した中島がボックス左から左足でシュートを放つも、これは枠を外す。その後もミドルレンジから積極的にシュートを狙うポルティモネンセだが、ポルトの守護神GKカシージャスの牙城を崩せない。 ▽するとポルトは44分、右サイドをオーバーラップしたマキシ・ペレイラのクロスをマレガが流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽後半はポルティモネンセが立ち上がりから積極的な入りを見せるも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いてシュートにつなげられない。するとポルトは59分、ジオゴ・ダロットの左クロスをソアレスが頭で叩き込み4点目。 ▽後半最初のチャンスで追加点に成功したポルトは、66分にも左サイドを持ち上がったジオゴ・ダロットの折り返しをブラヒミが流し込み、5点目を奪った。 ▽後半アディショナルタイムにポッシニョーロのゴールで1点を返したポルティモネンセだが、反撃もここまで。前半から失点の止まらなかったポルティモネンセは、首位ポルトに大量5失点と力の差を見せつけられた。 2018.02.26 07:07 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGがマルセイユとのダービーマッチで完勝もネイマールが負傷交代…先発の酒井は59分に交代《リーグ・アン》

▽25日にリーグ・アン第27節、パリ・サンジェルマンvsマルセイユのル・クラスィクがパルク・デ・プランスで行われ、3-0でPSGが勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は右サイドバックとして59分までプレーした。 ▽リーグ戦4連勝中と勢いに乗る首位のPSG(勝ち点68)とリーグ戦8戦無敗の3位・マルセイユ(勝ち点55)によるダービーマッチ。試合前にはPSGのゴール裏に、人気漫画ドラゴンボールの孫悟空がスーパーサイヤ人となった姿で登場するなどサポーターたちも試合を盛り上げた。 ▽試合は地力に勝るPSGが主導権を握るが、マルセイユも球際の強さと切り替えの早さで相手の自由を奪う。特にネイマールに対しては右サイドバックの酒井とトヴァンが挟み込んで上手く対応する。しかし10分、右サイドに膨れたムバッペがスルーパスを処理しきれなかったアマヴィからボールを奪ってそのままニアサイドにシュートをねじ込みPSGが先制した。 ▽勢いに乗るPSGは15分、右サイドからのクロスにネイマールが反応。ヘディングで合わせにいくが、酒井が身体を寄せたことでボールは枠外に飛ぶ。それでも27分にボックス左の深い位置まで侵入したラビオのクロスにネイマールが反応。最後はブロックに入ったロランドの足に当たってゴールネットを揺らし、PSGが追加点を奪った。 ▽2点差とされたマルセイユは38分にオカンポスを下げてサンソンを投入する早目の交際策に出た。しかし前半にゴールを奪うことはできずにハーフタイムを迎えた。 ▽後半もPSGがポゼッションを握り、マルセイユは高い位置からのプレスを狙っていく展開となった。迎えた55分、ネイマールがドリブルで左サイドの深い位置まで侵攻し、グラウンダーのパスをボックス内に配球。これを受けたカバーニが反転して右足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに突き刺さり、PSGが試合の大勢を決める3点目を奪った。 ▽マルセイユは58分、相手陣内の左サイドでFKを獲得。パイェが入れたボールの跳ね返りを拾ったグスタボがやや距離のある位置から狙う。しかしシュートは落ちきれずにクロスバーを越えた。直後の59分に、酒井を下げてB・サールを投入する。一方のPSGはムバッペとL・ディアラを下げてディ・マリアとモッタを送り出した。 ▽その後はお互いに感情をコントロールできずにヒートアップする場面が散見。その中で77分、ネイマールが相手選手を追う際に右の足首を負傷。ネイマールは立ちあがることができずにストレッチャーで運び出された。さらにPSGはすでに3枚の交代カードを使い切っていたため、1人少ない状況で残り時間を戦うことになった。 ▽しかしその後試合のスコアは動かずに終了のホイッスル。PSGがマルセイユとのダービーマッチに快勝するも、エース・ネイマールを失う後味の悪い試合となった。 2018.02.26 06:58 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫がブンデス100試合出場のケルン、CL権争うライプツィヒに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第24節、ライプツィヒvsケルンが25日に行われ、1-2でケルンが勝利した。ケルンのFW大迫勇也は82分までプレーしている。 ▽前節フランクフルトに敗れて5位に後退したライプツィヒ(勝ち点38)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリ戦を0-2と敗れたものの1stレグのアドバンテージを生かしてベスト16進出を決めた。そのナポリ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンがベンチスタートとなり、2トップはオギュスタンとルックマンが組んだ。 ▽一方、前節ハノーファー戦で大迫が先制ゴールを奪ったものの終了間際のピサーロの劇的弾がVARによりオフサイドと判定され、1-1の引き分けに終わった最下位ケルン(勝ち点14)は、大迫が2試合連続スタメンとなった。 ▽立ち上がりから仕掛けたライプツィヒは5分に先制する。左サイドをブルマが突破してクロスを上げると、ルックマンが右足で合わせる。シュートは右ポストに直撃したものの、ルーズボールをオギュスタンが押し込んだ。 ▽あっさり失点したケルンは9分に反撃。左サイドからの大迫のクロスにテローデがヘッド。シュートは枠を捉えていたが、GKグラーチのファインセーブに阻まれた。 ▽その後も敵陣でボールを保持したライプツィヒは20分にオギュスタンがゴールに迫ると、前半半ば以降もブルックマンやサビツァーが立て続けに惜しいシュートを浴びせていく。 ▽そして40分にも決定機。オギュスタンがポストプレーで落としたパスをペナルティアーク中央のフォルスベリが狙いすましてダイレクトシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽劣勢が続くケルンは45分、右CKから大迫がヘッドで合わせ、ゴール前のメレがヘディングで押し込むもオフサイドを取られ、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、ケルンが圧力を強めた中、劣勢のライプツィヒは59分にルックマンに代えてY・ポウルセンを投入。それでも、67分に途中出場のビッテンコートが際どいシュートを浴びせたケルンが、70分に同点に追いついた。ルーズボールを拾ったコジエロがペナルティアーク中央から左足を一閃。抑えの利いたシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽コジエロの移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻したケルンは、勢いそのままに77分、逆転に成功する。リッセが大迫のパスを受けて右サイドを突破。ボックスゴールライン際からグラウンダーのクロスを送り、ファーサイドのビッテンコートが蹴り込んだ。 ▽これが決勝点となってケルンが逆転勝利。5試合ぶりに白星を飾ったケルンは17位ハンブルガーSVに勝ち点で並び、残留プレーオフに回れる16位マインツとは7ポイント差に縮めている。一方、2試合連続逆転負けとなったライプツィヒは6位に後退している。 2018.02.26 03:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクが上位対決を逆転勝利で飾り首位を快走! 南野は87分からプレー《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽日本人MF南野拓実の所属するザルツブルクは25日、オーストリア・ブンデスリーガ第24節でシュトゥルム・グラーツと対戦し、4-2で勝利した。南野は87分からプレーしている。 ▽リーグ戦3連勝中の首位ザルツブルク(勝ち点52)が、2位シュトゥルム(勝ち点45)のホームに乗り込んだ天王山。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのレアル・ソシエダ戦に勝利し、ベスト16進出を決めたザルツブルクは、その試合から先発を4人変更。南野は公式戦2試合連続のベンチスタートとなった。 ▽試合が動いたのは37分、中盤でボールを受けたエゼがドリブルで左サイドを突破。ボックス左深くまで侵攻したエゼの折り返しをゴール前に走り込んだヒールレンダーに流し込まれ、シュトゥルム・グラーツに先制を許した。 ▽先制を許したザルツブルクは、45分に反撃。ライナーのマイナスのクロスをバイタルエリア中央で受けたベリシャがワントラップからゴール前へスルーパス。これに反応したグルブランドセンが相手GKを引きつけラストパスを供給すると、ゴール前のダブールが無人のゴールに流し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのはザルツブルク。57分、サマッセコウのスルーパスで抜け出したダブールが相手GKとの一対一を制し、追加点を。さらに73分にも、ヤボのパスでボックス右までオーバーラップしたライナーのクロスをグルブランドセンが流し込み、3点目を奪った。 ▽76分に1点を返されたザルツブルクだが、84分にヴォルフのパスに抜け出したグルブランドセンが再びゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目を奪取。ザルツブルクは、87分にグルブランドセンを下げて南野をピッチに投入。 ▽ザルツブルクはその後も危なげない試合運びを見せ、2位シュトゥルム・グラーツとの上位対決を逆転勝利で飾った。 2018.02.26 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡移籍後初ゴール含む2発! PKも獲得し4点に絡む活躍でアンデルレヒトを6戦ぶり白星に導く《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは25日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でムスクロンと対戦し、5-3で勝利。森岡はフル出場して2ゴールを決めた。 ▽リーグ5戦勝ちなしで連敗中と不調の3位アンデルレヒトが、ホームに13位のムスクロンを迎えた一戦。森岡は2試合ぶりにスタメンに復帰して2トップの一角に入った。 ▽試合の序盤からアンデルレヒトが押し込みつつ試合を進行していく。すると26分、スパシッチのフィードに反応したテオドルチクが、ボックス内右に頭でボールを落とす。ゲルケンスが滑り込みつつ中央に折り返し、待ち構えていた森岡が押し込んでネットを揺らした。森岡にとっては、待望の移籍後初ゴールとなっている。 ▽さらに前半終了間際の47分には、ボックス内でDFガリトシオスと交錯した森岡が転倒し、PKを獲得。キッカーのテオドルチクが勢いよくゴール右に蹴り込み、リードを広げていく。 ▽後半に入っても、アンデルレヒトのペースは続く。57分、森岡が左サイドに展開すると、そのまま縦に突破したサイエフがクロスを供給。テオドルチクが頭で合わせ、自身のこの日2ゴール目とした。 ▽そして続く61分にも、ゲルケンスの右サイドからのクロスにボックス内のテオドルチクがワントラップして左足を一閃。ハットトリックを達成した。 ▽しかし、70分にはロタリウがドリブル突破してボックス内にラストパス。アウォニーに一対一を制され1点を返されると、72分にも途中出場のファン・ドゥルマンの得点を許し、立て続けに失点を喫してしまう。 ▽さらに84分、右CKからDFメザゲにヘディングシュートを沈められ、一時4点あった点差は1点に。それでも、ムスクロンの反撃はここまで。93分にはカウンターの処理をミスしたGKバイリーからボールを奪った森岡が、この日2点目を決め切る。 ▽試合を決定付けるアンデルレヒトの5点目が決まったところでタイムアップ。森岡は、2ゴール、PK獲得、3点目の起点となるなど4得点に絡む活躍で、アンデルレヒトの6試合ぶりの勝利に貢献した。 2018.02.26 00:27 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース