浦和レッズレディースGK池田咲紀子、強いフィジカルを持つスイス代表相手に「相手が引くくらいの強さを見せたい」《MS&ADカップ2017》2017.10.11 22:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。

▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。代表定着に向けて取り組んでいることやアピールしたいことについて言及した。また、スイス代表戦に向けて、ファーストコンタクトの部分で強さを見せていきたいと意気込みを語った。

◆GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)
――今回の代表での立ち位置は
「あまり自分が立ち位置かというのはわかってないですし、召集された最初の頃と変わらないです。確立されているポジションでもないですし、一つの枠しかないポジションなので、ボジション争いが激しい中で自分のできることを毎日やってアピールしながら、チームが勝てるようにという部分を意識していきたいです」

――コンディション面で意識していることは
「ケガをしない体づくりはもちろんですけど、世界の選手とぶつかっても負けないパワーの部分で体づくりを意識しています。現に体重も目に見えて少しずつ増えて生きているので、そこは意識して取り組んでいます」

――今一番代表に貢献できると思う部分は
「試合の中ではやはりコーチングの部分で貢献できると思っています。それは自分の強みとしている部分でもありますし、自信があります」

――スイス女子代表の印象は
「私自身、まだ試合を観ていないのでなんとも言えないですけど、フィジカルが強いというのは情報として聞いています。力強いシュートも飛んでくると思います。ただ、ファーストコンタクトの部分で、自分が相手の選手とぶつかる場面があれば、相手が引くくらい一回目に強さを見せられたらと思います」

――国内で試合をする時の楽しさは
「チームで戦っている時に応援してくださっている方々がスタジアムに来てくださったり、友人や家族も観に来れるので、たくさんの方が応援に来てくれるところが楽しみです」

――高倉監督の求めるGK像の一つにビルドアップを挙げているが、そのことについてどう思うか
「前回、出場した試合の前にも私が攻撃の起点になるつもりで後ろから組み立てて欲しいとは高倉監督に言われましたし、そこは自分の特徴で一番求められている部分だと思っています。そこは積極的にやりながら、他のGKとは違う部分をアピールしていきたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパンから日テレ・ベレーザGK山下杏也加が負傷離脱《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、EAFF E-1サッカー選手権に出場するなでしこジャパンからGK山下杏也加(日テレ・ベレーザ)が離脱することを発表した。 ▽山下は、ケガのため離脱するとのこと。今大会の韓国女子代表戦、中国女子代表戦には出場していなかった。 ▽なでしこジャパンは、既にMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が負傷離脱しており、山下で2人目の離脱者となった。なお、ここまで2連勝のなでしこジャパンは、15日(金)に同じく2連勝中の北朝鮮女子代表と優勝を懸けて対戦する。 2017.12.13 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

チームの危機を救った好守を回想するGK池田咲紀子、「良い準備をすることを意識していた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、チームの危機を救った好守について回想。前回の試合の反省が生きたことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆GK池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">──ラインを高く保てていたと思うが</span> 「チームとしても私を含めてどういうタイミングでラインを上下するかというのを全員で確認したことが大きいです。意識付けを試合前にしたことでみんなと意識して取り組むことができました」 <span style="font-weight:700;">──相手のシュートがディフレクションしながらも止めたシーンがあったが</span> 「ブラインドになったシュートも試合中ありましたし、シュートのスピードもいつもとは違うので、難しい状況でした。この前の試合の反省から最後までしっかりと食らいついていく部分や良い準備をすることを意識していました」 <span style="font-weight:700;">──ボックス内でのシュートを左足で止めたシーンもあったが</span> 「もう少し速いシュートが来るかなと思って先に動いてしまった感じはありました。なんとか残せて結果的に止めることができたのいうのは、ポジティブに捉えたいです。もう試合は終わったのでもっとこだわってキャッチできるようになるとかはこれからやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──次戦の北朝鮮には強力な選手がいるが</span> 「自分一人で守るという意識ではなく、ディフェンスラインを中心に守備で連携して最後は自分が止めるんだくらいの気持ちでやれればと思います」 2017.12.12 01:03 Tue
twitterfacebook
thumb

MF阪口夢穂、試合運びに反省「相手と同じペースでサッカーをやってしまった」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、「相手と同じペースでサッカーをやってしまった」と自分たちの良さを発揮できなかったことを主張した。 <span style="font-weight:700;">◆MF阪口夢穂</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">──新システムを用いたが、どういうイメージで臨んだか</span> 「今日はトップ下のような感じで、もっと前に出たかったです。少し後ろのことも気になってしまい、ポジショニングが低くなってしまいました。それはチームとしては良いですけど、もう少しボールを持てそうなのに、相手と同じペースでサッカーをやってしまったり、そういう判断がよくなかったです」 <span style="font-weight:700;">──前回の試合と比べての変化は</span> 「顔ぶれも相手も違うので、一概にここが悪かった良かったは言えないですけど、誰が出ても同じパフォーマンスができないといけないと思います。次の試合のDPR(北朝鮮女子代表)も厳しい試合になると思います。中3日あるので、修正できる部分は修正してチャレンジしたと思います」 2017.12.12 01:02 Tue
twitterfacebook
thumb

2戦連発のFW田中美南、代表初選出の4年前と比較して「今は自分がチームを引っ張るという気持ちがある」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、2試合連続ゴールのFW田中美南(日テレ・ベレーザ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、ボールロストが多かったことを反省した。また、代表に初選出された4年前と比較して「今は自分がチームを引っ張るという気持ちを持っている」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">──2試合連続ゴールだが</span> 「(中島)依美さんが良いタイミングで良いパスをくれたので流し込むだけでした」 <span style="font-weight:700;">──試合について</span> 「今日はしんどかったです。守備がハマらなかったというのもありますし、ボールを失わなくても良い場面で失ってしまいました。奪われると相手もカウンターが早いですし、それでピンチを招いていました。そういうミスをチームとしても個人としても減らしていかなくてはいけないです」 <span style="font-weight:700;">──ボールロストが多い要因は</span> 「パスを受けた時のキープはできましたけど、その次のパスで相手に引っかかってしまうことが多かったです」 「中国の選手たちは勢いよくプレスをかけてくるので、それを利用して交わしたかったです。少しバタバタしてしてしまい、落ち着けなかったことを反省しています」 <span style="font-weight:700;">──4年前から成長を感じる部分は</span> 「4年前は上の人に頼って頼ってでしたけど、今は自分がチームを引っ張るという気持ちを持っています。自信もありますし、そういう部分は成長できたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日のようにシステムを変えて戦うことも必要になってくると思うが</span> 「今日は初めてトライしましたけど、初めからうまくいくとは思っていないです。そこは次やった時に今日の反省を生かして、次は今日よりも良いものができればと思います」 2017.12.12 01:01 Tue
twitterfacebook
thumb

MF猶本光、初めてのシステムにも意欲「引き出しを増やしていきたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、MF猶本光(浦和レッズレディース)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、初めての[4-1-4-1]のシステムにも「引き出しを増やしていきたい」と意欲。ハーフタイムでの交代に悔しさを滲ませながら守備の部分では最低限のことはできたと主張した。 <span style="font-weight:700;">◆MF猶本光</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">──今後に向けてやっていかなくてはいけないことは</span> 「4-1-4-1はあまりやったことがないので、ポジショニングが難しいです。ただ、そういうところで引き出しを増やしながら、コンディションは良いので続けていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──4-1-4-1はこれまでやったことはあるか</span> 「初めてです」 <span style="font-weight:700;">──ハーフタイムでの交代はケガか</span> 「違いますね」 <span style="font-weight:700;">──前半プレーしていて下げられるなというのはあったか</span> 「もちろんそうですね。前半勝負だなとは思っていましたけど、守備の部分では追い込んだりということはできていたと思います」 2017.12.12 01:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース