JFAが株式会社ビームスとアパレルプロバイダー契約を締結! なでしこジャパンにスーツの提供で支援2017.10.11 20:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は11日、株式会社ビームスと日本代表アパレルプロバイダー契約を締結したことを発表した。株式会社ビームスは、なでしこジャパン(日本女子代表)をオフィシャルスーツの提供を通じて支援していくとのことだ。

▽今回の製作したスーツは、しなやかでありながら芯の強さを感じさせる女性像をイメージして作られており、日本が世界に誇る藍染をモチーフにした印象的な色をベースになでしこジャパンのイメージカラーであるピンクをアクセントとして取り入れてある。

▽この発表会見にはJFAの事務総長を務める岩上和道氏と、株式会社ビームス 第一事業本部 ビームス二部統括ディレクターの吉田周平氏が登壇。本契約の締結について説明を行った。

◆岩上和道氏(日本サッカー協会 事務総長)
(C)CWS Brains,LTD.
「この度、日本サッカー協会は株式会社ビームス様とオフィシャルプロバイダーの契約を締結致しました。これにより、ビームス様のスーツを選手たち及び役員等に提供して頂くことになりました。まずはこのようなオフィシャルスーツを提供して頂くことになりましたビームス様に感謝を申し上げたいと思います」

「このオフィシャルスーツに関しては、来週に長野で行われる「MS&ADカップ2017」で着用することになります。なでしこジャパンに関してはご存知の通り、昨年から高倉麻子監督を迎えまして、新しいチームを再建しているところでございます。公式戦としてはこれから12月に行われるEAFF E-1 東アジアサッカー選手権2017(E-1サッカー選手権)で初お披露目することになります」

「もちろん、ユニフォームはなでしこジャパンにとって大切なモノではありますけど、オフィシャルスーツを着ることによって、また新しい文化を作り出せると考えております。このスーツは非常に軽快でスポーティ、なおかつ女性らしさが出ています。新生なでしこジャパンに相応しいものだと思います。このような機会を与えて頂き、ビームス様に本当に感謝しております。最後にはなりますが、株式会社ビームスの設樂洋社長にも御礼を申し上げたいと思います」

◆吉田周平氏(株式会社ビームス 第一事業本部 ビームス二部統括ディレクター)
(C)CWS Brains,LTD.
「この度、なでしこジャパンのオフィシャルプロバイダーというお話を頂きまして、私どもも皆様にハッピーを伝えられるようにファッションや文化だったりというところでお仕事をさせて頂いておりました。今回はこのような形でお声掛け頂き、非常に光栄に思っております」

(C)CWS Brains,LTD.
▽説明終了後、なでしこジャパンの高倉麻子監督、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がビームスのオフィシャルスーツを着用して登壇。吉田周平氏とともにメディア陣による質疑に応対し、着用してみての感想やこれまでとのスーツの違いについてコメントした。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
(C)CWS Brains,LTD.
「新しいスーツを先ほど初めて着ました。これ、選手たちは可愛らしいですけど、私は似合っているかちょっと心配なんですけど大丈夫ですかね…(笑) 大丈夫ですと言ってくださったんですけど、本当かなって(笑) ただ、非常に軽くて動きやすいなと思っています。グラウンド上ではユニフォームが勝負服ですけど、移動の時はこれからこのスーツを着ますし、ある意味これも勝負服だと思います。これを身につけてたくさんの勝負に挑むことになりますけど、非常に明るい色ですし、素敵なスーツを作っていただけたなと思っています。心機一転、また頑張っていかなくてはいけないなと思いました」

◆池田咲紀子(浦和レッズレディース)
(C)CWS Brains,LTD.
「初めてこのスーツを着た時は、とてもお洒落だなという印象で、デニム生地のような感じでとても着心地も良いです。移動の際にはいつもこの服を着るので、とてもリラックスして移動できるかなと思いました」

◆長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
(C)CWS Brains,LTD.
「見た目もとてもかっこよくて良いですけど、一番は動きやすさかなと思います。このスーツで移動することが多いので、今回来てみてリラックスできるなと感じたので良いなと思います」

――どういった経緯で今回の契約が実現したのか
吉田氏「経緯に関しましては、いろいろな方面からお話を頂いたという流れにはなりますけど、ビームスとしては世の中にハッピーを表現していく会社であり、なでしこジャパンに関しましても、試合を通して皆様にハッピーや勇気を与えています。そこに共感を受けて引き受けさせて頂いたという形になります。契約年数に関しては、これからいろいろな部分を詰めていかなくてはいけないですけど、年間契約というところを基本にして進めていく形になります」

――どういった点にこだわったか
吉田氏「一番は動きやすさです。動きやすさにも様々な要素があり、素材や形、どのような動きをするのかという3つのポイントになります。その3つのポイントを優先して選びました。生地に関しては、伸縮性の強いもの。スタイルに関しても大きすぎず、小さすぎずという部分です。ファッションの部分では、今細いものが流行っており、その流れとは違う部分はありますけど、少しゆとりをもたせております。そのスーツでスポーツをする訳ではないので、移動時にストレスを感じないようなスタイルでお作りさせて頂きました」

実際に着用してみて、これまでのスーツとの違いは
池田「スーツの生地の部分で伸縮性があって、移動の時はゆったりしている方が苦しくないので、その部分は今までのスーツとは違うかなと思います」

長谷川「今歩いたり、ヒザを高く上げても窮屈さがないですし、楽に歩くことができます。スーツで走ることはないですけど、走れるんじゃないかというくらい動きやすいです」

高倉麻子監督「軽いです(笑)」

――サッカーでアパレル展開するメリットについてと、ビームスはイメージカラーがオレンジでなでしこジャパンは青とピンクだがどのようにビームスらしさを入れ込んだか
◆吉田氏「なでしこジャパンの仕事に関わる点については、他のスポーツと同様ではありますけど、今回で言えば女子ということがポイントになります。日本はもちろん、世界で活躍する女性を応援したいという気持ちもありまして、お受けさせていただきました」

「色に関しては、確かにオレンジがビームスのカンパニーカラーになりますけど、今回に関しては日本の代表するチームということで、ファッションの観点で言うと素材の中に日本を代表する藍染があります。その藍染という部分を一つのヒントにしてスーツに落とし込んだということです。あとはいろいろな色を使ったファッションというよりは、できるだけ色数を絞ってしなやかな動きと信頼感を得られるような形でこの色味に決定しました」

コメント

関連ニュース

thumb

MF長野風花らワールドカップに臨むU-20日本女子代表が発表!《U-20女子W杯》

▽日本サッカー協会は17日、フランスで行われるFIFA U-20女子ワールドカップ2018に臨むU-20日本女子代表メンバーを発表した。 ▽前回大会を3位で終えている日本は、21名を招集。韓国でプレーするMF長野風花らが招集されている。 ▽大会は8月5日から24日にかけてフランスで開催。日本は、グループCに入り、U-20アメリカ女子代表(8/6)、U-20スペイン女子代表(8/9)、U-20パラグアイ女子代表(8/13)と対戦する。今回発表されたU-20日本女子代表は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-20日本女子代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">鈴木あぐり</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 18.<span style="font-weight:700;">スタンボー華</span>(INAC神戸レオネッサ) 21.<span style="font-weight:700;">福田まい</span>(日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">小野奈菜</span>(神奈川大) 3.<span style="font-weight:700;">高平美憂</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 4.<span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) 5.<span style="font-weight:700;">牛島理子</span>(INAC神戸レオネッサ) 6.<span style="font-weight:700;">高橋はな</span>(浦和レッズレディース) 13.<span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) 17.<span style="font-weight:700;">北村菜々美</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.<span style="font-weight:700;">林穂之香</span>(セレッソ大阪堺レディース) 8.<span style="font-weight:700;">福田ゆい</span>(INAC神戸レオネッサ) 9.<span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(日テレ・ベレーザ) 10.<span style="font-weight:700;">長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) 12.<span style="font-weight:700;">今井裕里奈</span>(日体大FIELDS横浜) 15.<span style="font-weight:700;">佐藤瑞夏</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 11.<span style="font-weight:700;">宝田沙織</span>(セレッソ大阪堺レディース) 14.<span style="font-weight:700;">村岡真実</span>(オルカ鴨川FC) 16.<span style="font-weight:700;">鈴木陽</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 19.<span style="font-weight:700;">植木理子</span>(日テレ・ベレーザ) 2018.07.17 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、メンバー発表 21歳の国武愛美を初招集《アメリカ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、今月下旬から行われるなでしこジャパンのアメリカ遠征メンバー23名を発表した。 ▽21歳のDF国武愛美(ノジマステラ神奈川相模原)が初招集。SCフライブルクに移籍したMF猶本光もメンバー入りを果たしている。 ▽なでしこジャパンは23日に出発し、8月4日まで遠征。アメリカで『2018 Tournament Nations』に参戦する。 ▽初戦は、27日に行われるアメリカ女子代表戦。29日にブラジル女子代表、8月2日にオーストラリア女子代表と対戦する。 ▽なお、DF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、FW川澄奈穂美(同)、MF猶本光(SCフライブルク)は23日に現地で合流する。 ◆なでしこジャパンメンバー GK 1.池田咲紀子(浦和レッズレディース) 18.山下杏也加(日テレ・ベレーザ) 21.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 3.鮫島彩(INAC神戸レオネッサ) 6.有吉佐織(日テレ・ベレーザ) 2.宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ) 4.三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 22.清水梨紗(日テレ・ベレーザ) 23.國武愛美(ノジマステラ神奈川相模原) 5.市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース) MF 7.中島依美(INAC神戸レオネッサ) 15.阪口萌乃(アルビレックス新潟レディース) 12.猶本光(SCフライブルク/ドイツ) 19.増矢理花(INAC神戸レオネッサ) 16.隅田凜(日テレ・ベレーザ) 17.籾木結花(日テレ・ベレーザ) 14.長谷川唯(日テレ・ベレーザ) 24.三浦成美(日テレ・ベレーザ) FW 9.川澄奈穂美(シアトル・レインFC/アメリカ) 13.菅澤優衣香(浦和レッズレディース) 8.岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ) 20.横山久美(AC長野パルセイロ・レディース) 11.田中美南(日テレ・ベレーザ) 2018.07.13 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス・フェミニーナ所属のなでしこGK山根恵里奈、乾貴士にアドバイス 「暑いけど住みやすい街」

▽ベティスは12日、在日スペイン大使館で日本代表MF乾貴士のベティス入団会見を行った。 ▽この会見冒頭、ベティス・フェミニーナでプレーするなでしこジャパンGK山根恵里奈がトークセッションに登場。セビージャの街並みや乾に対するアドバイスを送った。 ◆GK山根恵里奈(ベティス・フェミニーナ/スペイン) ──日本とスペイン女子サッカーの違い 「サッカーに関して、差はそこまでない。戦術や選手の特徴こそ違いがあるけど、サッカーに対する思いや、姿勢の部分に変わりはない」 「日本のロッカールームは静か。でも、スペインだと、試合前なのに音楽がかかっていて、踊っている選手がいる。最初は慣れなくて戸惑いもあったけど、今は行ってよかったと思っている」 ──セビージャという街について 「ベティスのサッカーが好きな人が多い。公園をジョギングしていても、散歩しているおじさんや、街ですれ違った人からフランクに暖かい言葉をかけられる。ちょっと暑いけど、住みやすい街」 ──乾貴士へのアドバイス 「本当にセビージャは暑いので、水分補給だけはこまめに(笑) それ以外は素敵な街なので、是非とも早く来ていただきたい」 2018.07.12 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア競技大会の組み合わせ決定 8月にインドネシアで開幕

▽アジアサッカー連盟(AFC)は5日、8月にインドネシアで開幕する第18回アジア競技大会男女サッカーの組み合わせ抽選を行った。 ▽U-23歳以下の選手で挑む男子は、ベトナム代表、パキスタン代表、ネパール代表と同じグループDに。フル代表で参戦する女子は、3カ国同居のグループCに入り、ベトナム代表、タイ代表と対戦する。 ▽スケジュールは男子が8月14日〜9月1日まで。女子は8月16日〜31日までとなる。 【グループステージ組み合わせ】 ◆男子 ▽グループA インドネシア、香港、ラオス、チャイニーズタイペイ ▽グループB タイ、ウズベキスタン、バングラデシュ、カタール ▽グループC イラク、中国、東ティモール、シリア ▽グループD 日本、ベトナム、パキスタン、ネパール ▽グループE 韓国、キルギス、マレーシア、バーレーン ▽グループF 北朝鮮、サウジアラビア、イラン、ミャンマー ◆女子 ▽グループA インドネシア、韓国、チャイニーズタイペイ、モルディブ ▽グループB 北朝鮮、中国、香港、タジキスタン ▽グループC 日本、ベトナム、タイ 2018.07.06 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和レディースの日本女子代表MF猶本光がドイツ1部フライブルクへ完全移籍「やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できた」

▽浦和レッズレディースは10日、日本女子代表MF猶本光(24)がドイツ1部のフライブルクに完全移籍することを発表した。 ▽福岡県出身の猶本は、2012年に福岡J・アンクラスから浦和レッズレディースに加入。浦和レッズレディースでは在籍6年半でリーグ戦137試合に出場し、9得点を記録。また、各年代の日本女子代表に選出されてきた猶本は、2014年5月になでしこジャパンに初招集されると、これまで18試合に出場していた。猶本はクラブを通じてコメントしている。 「7月から女子ブンデスリーガ1部のSCフライブルクに移籍することになりました。レッズレディースでは2012シーズンから6年半の長い期間、お世話になりました」 「レッズの環境、クラブの大きさ、ファン・サポーターの数、熱い応援、すべてに圧倒され、こんなクラブでプレーできるのか、とすごくワクワクしたのを覚えています。地元福岡から出て、初めての1人暮らし、初めての移籍、初めての大学生活など、新しい環境に慣れることは大変でした。そんな1年目から今まで、たくさんの方に支えられてきました。日本一熱いファン・サポーターの方々はどんな時も温かく見守ってくれました」 「クラブスタッフ、監督、コーチ、そしてチームメートたちと過ごした時間は本当に大切な宝物です。色々な経験をさせてもらい、多くのことを学びました。もちろんうまくいくことばかりではなかったですが、みんなで乗り越えてきた経験は私の大きな財産です。練習したことを試合で発揮し、結果が出た時の、みんなで成し遂げることができたといううれしさは格別でした。本当にみんなに感謝しています。そして、1つみんなでご褒美を掴みとりました。2014シーズンなでしこリーグ優勝。レッズレディースのユニフォームに星を1つ刻めたこと、すごくうれしく思います」 「2012年U-20女子ワールドカップでドイツと対戦した時、世界とのレベルの差に衝撃を受けました。その時のことを忘れることなく、今までトレーニングや試合に臨んできました。そして6年半経った今、やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できたので、このタイミングで移籍を決断しました。しかし、世界と戦える選手になるためには、まだまだ成長しなくてはならないことに変わりありません。新天地から良いニュースを日本に届けることができるよう、がんばってきます。そして、更に成長した姿を、みなさんにお見せできる日が来ることを楽しみにしています」 「レッズレディースの選手としてプレーできる試合がまだ残っています。残りの試合もチームの勝利のために精一杯プレーしますので、今までと変わらず応援よろしくお願いします」 ▽なお、猶本の浦和でのラストマッチは7月8日に行われる2018プレナスなでしこリーグカップ1部Aグループ第9節の日テレ・ベレーザ戦になることを併せて発表している。 2018.06.12 00:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース