JFAが株式会社ビームスとアパレルプロバイダー契約を締結! なでしこジャパンにスーツの提供で支援2017.10.11 20:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は11日、株式会社ビームスと日本代表アパレルプロバイダー契約を締結したことを発表した。株式会社ビームスは、なでしこジャパン(日本女子代表)をオフィシャルスーツの提供を通じて支援していくとのことだ。

▽今回の製作したスーツは、しなやかでありながら芯の強さを感じさせる女性像をイメージして作られており、日本が世界に誇る藍染をモチーフにした印象的な色をベースになでしこジャパンのイメージカラーであるピンクをアクセントとして取り入れてある。

▽この発表会見にはJFAの事務総長を務める岩上和道氏と、株式会社ビームス 第一事業本部 ビームス二部統括ディレクターの吉田周平氏が登壇。本契約の締結について説明を行った。

◆岩上和道氏(日本サッカー協会 事務総長)
(C)CWS Brains,LTD.
「この度、日本サッカー協会は株式会社ビームス様とオフィシャルプロバイダーの契約を締結致しました。これにより、ビームス様のスーツを選手たち及び役員等に提供して頂くことになりました。まずはこのようなオフィシャルスーツを提供して頂くことになりましたビームス様に感謝を申し上げたいと思います」

「このオフィシャルスーツに関しては、来週に長野で行われる「MS&ADカップ2017」で着用することになります。なでしこジャパンに関してはご存知の通り、昨年から高倉麻子監督を迎えまして、新しいチームを再建しているところでございます。公式戦としてはこれから12月に行われるEAFF E-1 東アジアサッカー選手権2017(E-1サッカー選手権)で初お披露目することになります」

「もちろん、ユニフォームはなでしこジャパンにとって大切なモノではありますけど、オフィシャルスーツを着ることによって、また新しい文化を作り出せると考えております。このスーツは非常に軽快でスポーティ、なおかつ女性らしさが出ています。新生なでしこジャパンに相応しいものだと思います。このような機会を与えて頂き、ビームス様に本当に感謝しております。最後にはなりますが、株式会社ビームスの設樂洋社長にも御礼を申し上げたいと思います」

◆吉田周平氏(株式会社ビームス 第一事業本部 ビームス二部統括ディレクター)
(C)CWS Brains,LTD.
「この度、なでしこジャパンのオフィシャルプロバイダーというお話を頂きまして、私どもも皆様にハッピーを伝えられるようにファッションや文化だったりというところでお仕事をさせて頂いておりました。今回はこのような形でお声掛け頂き、非常に光栄に思っております」

(C)CWS Brains,LTD.
▽説明終了後、なでしこジャパンの高倉麻子監督、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がビームスのオフィシャルスーツを着用して登壇。吉田周平氏とともにメディア陣による質疑に応対し、着用してみての感想やこれまでとのスーツの違いについてコメントした。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
(C)CWS Brains,LTD.
「新しいスーツを先ほど初めて着ました。これ、選手たちは可愛らしいですけど、私は似合っているかちょっと心配なんですけど大丈夫ですかね…(笑) 大丈夫ですと言ってくださったんですけど、本当かなって(笑) ただ、非常に軽くて動きやすいなと思っています。グラウンド上ではユニフォームが勝負服ですけど、移動の時はこれからこのスーツを着ますし、ある意味これも勝負服だと思います。これを身につけてたくさんの勝負に挑むことになりますけど、非常に明るい色ですし、素敵なスーツを作っていただけたなと思っています。心機一転、また頑張っていかなくてはいけないなと思いました」

◆池田咲紀子(浦和レッズレディース)
(C)CWS Brains,LTD.
「初めてこのスーツを着た時は、とてもお洒落だなという印象で、デニム生地のような感じでとても着心地も良いです。移動の際にはいつもこの服を着るので、とてもリラックスして移動できるかなと思いました」

◆長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
(C)CWS Brains,LTD.
「見た目もとてもかっこよくて良いですけど、一番は動きやすさかなと思います。このスーツで移動することが多いので、今回来てみてリラックスできるなと感じたので良いなと思います」

――どういった経緯で今回の契約が実現したのか
吉田氏「経緯に関しましては、いろいろな方面からお話を頂いたという流れにはなりますけど、ビームスとしては世の中にハッピーを表現していく会社であり、なでしこジャパンに関しましても、試合を通して皆様にハッピーや勇気を与えています。そこに共感を受けて引き受けさせて頂いたという形になります。契約年数に関しては、これからいろいろな部分を詰めていかなくてはいけないですけど、年間契約というところを基本にして進めていく形になります」

――どういった点にこだわったか
吉田氏「一番は動きやすさです。動きやすさにも様々な要素があり、素材や形、どのような動きをするのかという3つのポイントになります。その3つのポイントを優先して選びました。生地に関しては、伸縮性の強いもの。スタイルに関しても大きすぎず、小さすぎずという部分です。ファッションの部分では、今細いものが流行っており、その流れとは違う部分はありますけど、少しゆとりをもたせております。そのスーツでスポーツをする訳ではないので、移動時にストレスを感じないようなスタイルでお作りさせて頂きました」

実際に着用してみて、これまでのスーツとの違いは
池田「スーツの生地の部分で伸縮性があって、移動の時はゆったりしている方が苦しくないので、その部分は今までのスーツとは違うかなと思います」

長谷川「今歩いたり、ヒザを高く上げても窮屈さがないですし、楽に歩くことができます。スーツで走ることはないですけど、走れるんじゃないかというくらい動きやすいです」

高倉麻子監督「軽いです(笑)」

――サッカーでアパレル展開するメリットについてと、ビームスはイメージカラーがオレンジでなでしこジャパンは青とピンクだがどのようにビームスらしさを入れ込んだか
◆吉田氏「なでしこジャパンの仕事に関わる点については、他のスポーツと同様ではありますけど、今回で言えば女子ということがポイントになります。日本はもちろん、世界で活躍する女性を応援したいという気持ちもありまして、お受けさせていただきました」

「色に関しては、確かにオレンジがビームスのカンパニーカラーになりますけど、今回に関しては日本の代表するチームということで、ファッションの観点で言うと素材の中に日本を代表する藍染があります。その藍染という部分を一つのヒントにしてスーツに落とし込んだということです。あとはいろいろな色を使ったファッションというよりは、できるだけ色数を絞ってしなやかな動きと信頼感を得られるような形でこの色味に決定しました」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパンから日テレ・ベレーザGK山下杏也加が負傷離脱《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、EAFF E-1サッカー選手権に出場するなでしこジャパンからGK山下杏也加(日テレ・ベレーザ)が離脱することを発表した。 ▽山下は、ケガのため離脱するとのこと。今大会の韓国女子代表戦、中国女子代表戦には出場していなかった。 ▽なでしこジャパンは、既にMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が負傷離脱しており、山下で2人目の離脱者となった。なお、ここまで2連勝のなでしこジャパンは、15日(金)に同じく2連勝中の北朝鮮女子代表と優勝を懸けて対戦する。 2017.12.13 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

チームの危機を救った好守を回想するGK池田咲紀子、「良い準備をすることを意識していた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、チームの危機を救った好守について回想。前回の試合の反省が生きたことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆GK池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">──ラインを高く保てていたと思うが</span> 「チームとしても私を含めてどういうタイミングでラインを上下するかというのを全員で確認したことが大きいです。意識付けを試合前にしたことでみんなと意識して取り組むことができました」 <span style="font-weight:700;">──相手のシュートがディフレクションしながらも止めたシーンがあったが</span> 「ブラインドになったシュートも試合中ありましたし、シュートのスピードもいつもとは違うので、難しい状況でした。この前の試合の反省から最後までしっかりと食らいついていく部分や良い準備をすることを意識していました」 <span style="font-weight:700;">──ボックス内でのシュートを左足で止めたシーンもあったが</span> 「もう少し速いシュートが来るかなと思って先に動いてしまった感じはありました。なんとか残せて結果的に止めることができたのいうのは、ポジティブに捉えたいです。もう試合は終わったのでもっとこだわってキャッチできるようになるとかはこれからやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──次戦の北朝鮮には強力な選手がいるが</span> 「自分一人で守るという意識ではなく、ディフェンスラインを中心に守備で連携して最後は自分が止めるんだくらいの気持ちでやれればと思います」 2017.12.12 01:03 Tue
twitterfacebook
thumb

MF阪口夢穂、試合運びに反省「相手と同じペースでサッカーをやってしまった」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、「相手と同じペースでサッカーをやってしまった」と自分たちの良さを発揮できなかったことを主張した。 <span style="font-weight:700;">◆MF阪口夢穂</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">──新システムを用いたが、どういうイメージで臨んだか</span> 「今日はトップ下のような感じで、もっと前に出たかったです。少し後ろのことも気になってしまい、ポジショニングが低くなってしまいました。それはチームとしては良いですけど、もう少しボールを持てそうなのに、相手と同じペースでサッカーをやってしまったり、そういう判断がよくなかったです」 <span style="font-weight:700;">──前回の試合と比べての変化は</span> 「顔ぶれも相手も違うので、一概にここが悪かった良かったは言えないですけど、誰が出ても同じパフォーマンスができないといけないと思います。次の試合のDPR(北朝鮮女子代表)も厳しい試合になると思います。中3日あるので、修正できる部分は修正してチャレンジしたと思います」 2017.12.12 01:02 Tue
twitterfacebook
thumb

2戦連発のFW田中美南、代表初選出の4年前と比較して「今は自分がチームを引っ張るという気持ちがある」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、2試合連続ゴールのFW田中美南(日テレ・ベレーザ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、ボールロストが多かったことを反省した。また、代表に初選出された4年前と比較して「今は自分がチームを引っ張るという気持ちを持っている」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">──2試合連続ゴールだが</span> 「(中島)依美さんが良いタイミングで良いパスをくれたので流し込むだけでした」 <span style="font-weight:700;">──試合について</span> 「今日はしんどかったです。守備がハマらなかったというのもありますし、ボールを失わなくても良い場面で失ってしまいました。奪われると相手もカウンターが早いですし、それでピンチを招いていました。そういうミスをチームとしても個人としても減らしていかなくてはいけないです」 <span style="font-weight:700;">──ボールロストが多い要因は</span> 「パスを受けた時のキープはできましたけど、その次のパスで相手に引っかかってしまうことが多かったです」 「中国の選手たちは勢いよくプレスをかけてくるので、それを利用して交わしたかったです。少しバタバタしてしてしまい、落ち着けなかったことを反省しています」 <span style="font-weight:700;">──4年前から成長を感じる部分は</span> 「4年前は上の人に頼って頼ってでしたけど、今は自分がチームを引っ張るという気持ちを持っています。自信もありますし、そういう部分は成長できたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日のようにシステムを変えて戦うことも必要になってくると思うが</span> 「今日は初めてトライしましたけど、初めからうまくいくとは思っていないです。そこは次やった時に今日の反省を生かして、次は今日よりも良いものができればと思います」 2017.12.12 01:01 Tue
twitterfacebook
thumb

MF猶本光、初めてのシステムにも意欲「引き出しを増やしていきたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽試合後、MF猶本光(浦和レッズレディース)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、初めての[4-1-4-1]のシステムにも「引き出しを増やしていきたい」と意欲。ハーフタイムでの交代に悔しさを滲ませながら守備の部分では最低限のことはできたと主張した。 <span style="font-weight:700;">◆MF猶本光</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">──今後に向けてやっていかなくてはいけないことは</span> 「4-1-4-1はあまりやったことがないので、ポジショニングが難しいです。ただ、そういうところで引き出しを増やしながら、コンディションは良いので続けていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──4-1-4-1はこれまでやったことはあるか</span> 「初めてです」 <span style="font-weight:700;">──ハーフタイムでの交代はケガか</span> 「違いますね」 <span style="font-weight:700;">──前半プレーしていて下げられるなというのはあったか</span> 「もちろんそうですね。前半勝負だなとは思っていましたけど、守備の部分では追い込んだりということはできていたと思います」 2017.12.12 01:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース