岡山、東福岡DF阿部海大の来季加入内定を発表2017.10.11 13:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は11日、東福岡高校に所属するDF阿部海大(18)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。

▽大分県出身の阿部は、スマイス・セレソンから東福岡高校に進学。今年には全国高校総体の優秀選手、U-18日本代表、日本高校選抜に選出されていた。

▽岡山への加入が内定した阿部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「プロサッカー選手のスタートが、ファジアーノ岡山で踏み出せることをとても嬉しく思います。今まで自分のサッカー人生に関わってくださった多くの人に感謝し、1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう頑張っていきます」

コメント

関連ニュース

thumb

名優・大杉漣さんの突然の訃報に…徳島、25日の岡山戦での記帳所設置を発表

▽徳島ヴォルティスは22日、明治安田生命J2リーグ第1節のファジアーノ岡山戦(2月25日14:00キックオフ)にて、急性心不全のためご逝去された俳優の大杉漣さんの記帳所を設置することを発表した。 ▽訃報が届いたのは21日。俳優の大杉漣さんが21日の午前3時53分に急性心不全のため亡くなったことが知らされた。66歳だった。 ▽徳島県出身の大杉さんは地元の徳島ヴォルティスの熱烈なサポーターとして知られていた。クラブの前身である大塚製薬サッカー部時代から応援しており、スタジアムで応援する姿が度々見かけられていた。 ▽徳島の発表によると、25日の岡山戦では、記帳所設置のほかキックオフ前の黙とう、徳島ヴォルティス選手および関係者の喪章の着用が実施されるようだ。 ▽名俳優の突然の訃報に、徳島ヴォルティスは追悼の言葉を添えた。 「大杉漣さんにはクラブの前身である大塚製薬サッカー部時代から、地元のクラブである徳島ヴォルティスに熱い想いを寄せて応援していただいておりましたことに深く感謝申し上げます」 「昨シーズンのFC岐阜戦では、初めてピッチレベルで両チーム・主審に花束を贈呈いただきました。この日もお仕事ではなくオフを利用してスタジアムにお越しいただき『サポーターを代表して』とおっしゃっていたお姿に徳島ヴォルティス、そしてサッカーへの愛を感じるところでありました。今シーズンへの期待もしていただいており、これからも共に歩みを進めることが出来ると思っておりました」 「俳優としてのご活躍やサッカーを楽しまれているところでの突然のことに、本当に驚いております。ご家族のお悲しみは、計り知れないものとお察しします。また我々をはじめ徳島ヴォルティスに関わる人々、そしてサッカーを愛する人々も深い悲しみに襲われています」 「謹んで哀悼の意を捧げるとともに、大杉漣さんの徳島ヴォルティスへの熱い気持ちを胸に、今週末に開幕する2018シーズンを徳島ヴォルティスに関わる全ての皆さんと一丸となって戦い、シーズン終了後には良いご報告が出来るように全力を尽くす所存です」 「慎んでご冥福をお祈り申し上げます」 2018.02.22 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和や岡山でプレーしたDF近藤徹志が現役引退を発表!「岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが…」

▽ファジアーノ岡山は14日、昨シーズン限りで契約満了となったDF近藤徹志(31)が現役引退することを発表した。 ▽東福岡高校出身の近藤は、2005年に浦和レッズへ入団。同年6月に行われたナビスコカップ(現ルヴァンカップ)の大宮アルディージャ戦でプロデビューを飾ったが、開始5分で左ヒザ十字じん帯断裂の重傷を負った。復帰後は出場機会を求め愛媛FCにレンタル移籍で加入すると守備の要として活躍。 ▽愛媛での活躍を認められ、2008年に浦和に復帰した近藤だったが、浦和では出場機会に恵まれず、2010年に岡山へ完全移籍。昨シーズンはカターレ富山にレンタルで加入したが、契約満了に伴い、退団が決まっていた。 ▽キャリア通算はJ2リーグ148試合6ゴール、J3リーグ4試合、天皇杯9試合1ゴールを記録。12年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した近藤は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「このたび、2017シーズンで現役を引退することを決めました。育成年代で、わかばFC、東福岡高校。プロになってからは浦和レッズ、愛媛FC、ファジアーノ岡山、カターレ富山に在籍させてもらいました。若い頃から怪我が多く、サッカーができない時間は悔しく、本当に苦しいものでした。それでも周りのたくさんの方々の支えで、なんとか13年間プレーすることができました。全てのクラブに共通して、素晴らしい監督、コーチ、チームスタッフ、選手、サポーター、クラブスタッフ、その他クラブに関わる多くの皆さんがいて、その方々の期待を背負ってプレーすることは、何ものにも代え難いものでした」 「在籍した全てのクラブに感謝の気持ちでいっぱいですが、中でも2010年から7年半在籍したファジアーノ岡山には特別な思いがあります。加入当時は、まだJリーグ加盟2年目でクラブハウスもなく下位争いをしていましたが、多くの皆さんの力で成績、クラブの規模が年々大きくなっていく中でクラブと共に成長させていただきました。そして影山監督、長澤監督という2人の監督の下でプレーできたことも素晴らしい経験になりました。この先、間違いなくさらに大きくなっていくファジアーノの歴史の一部になれたことが何より嬉しいです」 「今後についても、ありがたいことにファジアーノ岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが、サッカー選手以外、社会人としての経験が無い自分自身がクラブに対して御恩をお返しできることは現状何も無いのではないかと思い、地元福岡の一般企業に就職することを決めました。アルバイトもしたことの無い自分に何ができるか、不安でいっぱいですが、これまでの経験を糧に一から学んで、またいつの日かクラブに貢献できる人間になりたいと思っていますので、また何かの形でみなさんにお会いできる日を楽しみしています。13年間、本当にありがとうございました」 2018.02.14 16:57 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山がベルギーのシント=トロイデンと業務提携を発表

▽ファジアーノ岡山は1月31日、ベルギー・ジュピラーリーグのシント=トロイデンVVとの業務提携を発表した。 ▽クラブの発表によると、今回の業務提携の目的はアカデミー年代を含めた「国際経験の更なる充実」とのこと。また、選手育成や指導者・スタッフの人材交流が目的とのことだ。 「アカデミー年代を含めた国際経験の更なる充実は、クラブを取り巻く現状・選手の育成にとっても、重要な機会と考えており、これまでも海外チームとの積極的な交流の機会を検討・実施してきました」 「このたび、海外に拠点となる提携クラブを持つことで、トップチームの選手を含めた弊クラブの選手育成における選択肢を広げることができるだけでなく、指導者や運営スタッフを含めた人材交流により、クラブ全体の総合力の向上につなげてまいりたいと考えています」 ▽提携内容としては、「選手・指導者・ビジネススタッフの人的交流」、「クラブ相互の国際交流」、「双方の国内外におけるスカウト活動、およびビジネス関連における情報交換」、「選手・指導者の受け入れ、研修への参加」、「スタジアムテクノロジー、試合運営、マーチャンダイジング、ファンサービス等々のノウハウの提供」とのことだ。 ▽シント=トロイデンVVは、2017年11月にDMMグループが経営権を取得。2015年にはFW小野裕二(現サガン鳥栖)が在籍し、2018年1月からはDF冨安健洋がアビスパ福岡から加入した。 2018.02.02 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が京都FWイ・ヨンジェを完全移籍で獲得「最善を尽くします」

▽ファジアーノ岡山は30日、京都サンガF.C.の韓国人FWイ・ヨンジェ(26)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽イ・ヨンジェは、ワトフォードやナントなどでプレー。2014年にフランスのレッドスター93からV・ファーレン長崎に加入。2016年から京都でプレーしていた。今シーズンは明治安田生命J2リーグで30試合に出場し4得点を記録している。イ・ヨンジェは岡山を通じてコメントしている。 「このたびファジアーノ岡山でプレーすることになりました、イ ヨンジェです。岡山のスタジアムでの熱い声援には、サポーターの方々の強い想いをこれまでも感じていました。いつも全力で応援してくださるサポーターの方々に喜んでいただける試合と結果をお見せできるよう、最善を尽くします」 ▽京都では、2シーズン在籍しJ2で63試合出場し11得点を記録していた。イ・ヨンジェは京都を通じてもコメントしている。 「2年間本当にありがとうございました。どんな時も共に戦い熱く応援してくれたファン、サポーターの皆様のことを絶対に忘れません。もっと成長した姿を見せられるように頑張ります」 2017.12.30 11:09 Sat
twitterfacebook
thumb

セレッソ大阪DF椋原健太が岡山へ完全移籍…今季は広島でプレー

▽ファジアーノ岡山は29日、DF椋原健太(28)がセレッソ大阪から完全移籍で加入することを発表した。 ▽FC東京のユース出身の椋原は2008年にトップチームに昇格。2013年にC大阪への期限付き移籍を経験したあと、2015年に完全移籍を果たす。今シーズンはC大阪で4シーズン目を迎えるものの、出場機会がなく8月にサンフレッチェ広島へ期限付き移籍した。 ▽この度、C大阪から岡山への移籍が決まった椋原は両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「岡山のサポーターの皆さん、初めまして椋原健太です。皆さんと一緒に闘い、J1昇格に向けて全力プレーしたいと思います。よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソサポーターのみなさんお久しぶりです。まず、はじめに、初タイトルおめでとうございます。選手、コーチ、スタッフ、サポーターの皆さんの笑顔を見ることができて、自分のことのように嬉しかったです。セレッソでは悔しい思いもたくさんしましたが、その経験を生かしてこれからのサッカー人生を歩んでいきたいと思います。本当にありがとうございました」 ▽また、今季は夏の移籍で加入した広島では明治安田生命J1リーグで8試合に出場。クラブのJ1残留に貢献した椋原は公式サイトで次のようにコメントを残している。 ◆サンフレッチェ広島 「残留することができ、本当によかったです。そのひとことに尽きます。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2017.12.29 15:01 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース