レーティング:ポルトガル 2-0 スイス《ロシアW杯欧州予選》2017.10.11 05:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ポルトガル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 R・パトリシオ 5.5
枠内シュートは数える程だったが、ミスのないゴールキーピング

DF
21 セドリック 5.5
守備に専念

3 ペペ 6.0
さすがの安定感を発揮

6 フォンテ 5.5
セーフティーなプレーを続けた

19 エリセウ 6.0
鋭いクロスでオウンゴール誘発

(→アントゥネス 5.5)
守備に重きを置いたプレーぶり

MF
11 ベルナルド・シウバ 6.0
2点目をアシスト。キープ力の高さを随所に見せる

8 モウティーニョ 6.0
2点目を演出。急所を突いた

14 W・カルバーリョ 6.0
中盤で攻守に奔走

10 ジョアン・マリオ 6.0
推進力あるプレーを見せ、オウンゴール誘発

(→ダニーロ -)

FW
7 C・ロナウド 5.5
ゴールへの渇望は見せたが、決定的な仕事はできず

17 アンドレ・シウバ 6.0
2点目を挙げる。ストライカーの仕事を果たした

(→アンドレ・ゴメス -)

監督
サントス 6.0
堅実な試合運びで確実に勝利した

▽スイス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ゾンマー 5.5
C・ロナウドとの一対一を止める

DF
2 リヒトシュタイナー 5.5
概ね及第点だったが、1失点目は彼のサイドから

22 シェアー 5.5
大きなミスはなかった

20 ジュルー 5.0
2失点目の場面ではベルナルド・シウバのマークを外した

13 R・ロドリゲス 5.5
守備に追われて攻撃参加できず

MF
23 シャキリ 5.5
唯一の攻撃の起点

8 フロイラー 5.0
攻守に中途半端だった

(→ザカリア 5.5)
投入直後に存在感を示すもそれだけだった

15 ジェマイリ 5.0
セフェロビッチをサポートできず

(→エンボロ 5.0)
ノーインパクト

10 ジャカ 5.0
ゲームを作れず

18 メーメディ 5.0
ゴール前に入る得意の形を見せられず

(→ツバー -)

FW
9 セフェロビッチ 5.0
前線で孤立した

監督
ペトコビッチ 5.5
攻撃が機能しなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベルナルド・シウバ(ポルトガル)
▽堅い試合だったため、突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、2点目をアシストして勝負を決定付けたベルナルド・シウバを選出。

ポルトガル 2-0 スイス
【ポルトガル】
OG(前41)
アンドレ・シウバ(後12)
※ポルトガルの5大会連続7度目のW杯出場が決定!

コメント

関連ニュース

thumb

アムラバトがポルトガル贔屓?の判定に激昂 「主審はペペにユニフォームをもらおうとしていた」

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。この結果、最終節を前にモロッコのグループリーグ敗退が決定した。同試合後、モロッコ代表FWノルディン・アムラバトが主審を務めたアメリカ人レフェリーのマーク・ガイガーを痛烈に批判した。 ▽試合は終始モロッコペースで進んだものの、開始4分にMFジョアン・モウティーニョのクロスからFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたヘディングでのゴールによって、ポルトガルの勝利に終わった。 ▽しかし、同試合ではポルトガルの選手が比較的簡単にファウルを貰う一方、モロッコの選手へのファウルは比較的流されるなど、ややポルトガル寄りに見える判定が続き、キャプテンのDFマディ・ベナティアを中心にモロッコ陣営が盛んに抗議する場面が目立った。 ▽そして、アムラバトはオランダ『NOS』でガイガー主審の判定が公平ではなかったと痛烈に非難した。 「僕は彼(ガイガー主審)が普段どんな感じなのかはよく知らない。だけど、彼はクリスティアーノ・ロナウドに対してとても感銘を覚えているような感じだった」 「それにペペから聞いたんだけど、彼(ガイガー主審)は前半終了時にペペに対してユニフォームをもらえないかと頼んでいたようだ」 「僕たちは何のことについて話しているんだ? ワールドカップ? ここはサーカスじゃないんだ」 ▽ガイガー主審がペペにユニフォームを求めたというアムラバトの主張の真偽は定かではないが、仮にこれが事実であれば、公平性が求められるレフェリーとして相応しくない行いと言えるだろう。 2018.06.21 06:17 Thu
twitterfacebook
thumb

MOMはもちろんC・ロナウド!2試合4ゴールも結果の重要性を強調「最も大事なのは勝利」

ロシア・ワールドカップは20日グループB第2節が行われ、ポルトガルはモロッコに1-0と勝利した。マン・オブ・ザ・マッチには、決勝点を挙げたクリスティアーノ・ロナウドが輝いている。<br><br>ポルトガルは、第1節でスペインとの壮絶な打ち合いの末3-3で引き分けており、グループ突破のためには、勝利が欲しい状態でモロッコとの一戦に臨んだ。開始4分に、C・ロナウドがCKからヘディングを突き刺すと、負ければ敗退が決まるモロッコが必死の攻撃を仕掛ける中、この1点を守りきってなんとか勝利を収めた。<br><br>この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたC・ロナウド。ハットトリックを達成した前節に続くゴールで、チームをけん引した。試合後、勝利を喜んでいる。<br><br>「本当に幸せだよ。最も大事なことは試合に勝ったこと、3ポイントをとれたということだ。負ければ敗退の可能性があったこともわかっていたし、モロッコが必死なのも知っていた。開始直後に彼らが自由を得ていたことは驚きだったけど、ゴールを奪い、勝ち点3をとれたね」<br><br>「グループリーグで自分たちの戦いを続けていくことが期待されていて、もう少しのところまできた。ゴールは1試合1試合重ねるべきだと思う。最初の試合では引き分けたけど、2試合目で勝てたんだ」<br><br>この結果、ポルトガルは勝ち点4でグループB暫定首位に。最終節では、イランと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.21 00:33 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、モロッコ戦で欧州歴代最多得点記録の85ゴール!

▽ポルトガル代表は20日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のモロッコ戦を1-0で勝利した。同試合で決勝点を記録したFWクリスティアーノ・ロナウドはまたひとつ偉大な記録を樹立した。サッカーデータ会社『Opta joe』が伝えている。 ▽スペイン代表との初戦をC・ロナウドのハットトリックで3-3のドローに持ち込んだポルトガルは、今大会初勝利を目指してモロッコ戦に臨んだ。試合は終始モロッコペースで進んだものの、開始4分にMFジョアン・モウティーニョのクロスからC・ロナウドが決めたヘディングでのゴールによって1-0の勝利を収めた。 ▽『Opta joe』が伝えるところによれば、今回のモロッコ戦でのC・ロナウドのゴールは自身の代表通算85点目となり、元ハンガリー代表FWフェレンツ・プスカシュ氏と並んでいたヨーロッパ歴代最多得点(84点)を抜き、歴代最多記録となった。 ▽なお、代表戦における歴代最多ゴール記録は元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の109得点となり、歴代単独2位に浮上したC・ロナウドの今後の記録更新が期待される。 ▽また、2006年ドイツ大会から3大会連続でW杯出場のC・ロナウドは、これまで1大会につき1ゴールずつを記録し通算3得点となっていたが、今大会ではすでに4得点を記録しており、わずか2試合で自身の通算得点数を更新した。 ▽さらに、今大会では右足で2点、左足で1点、頭で1点を記録しているC・ロナウドだが、これは1966年イングランド大会でジョゼ・トーレス氏が記録して以来、ポルトガル人として2人目の記録となった。 2018.06.21 00:29 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルトガル 1-0 モロッコ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルトガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 R・パトリシオ 6.5 ベナティアとベルアンダの決定的なヘディングシュートをビッグセーブで阻止するなど押し込まれたチームを救った DF 21 セドリック 6.0 守備に奔走。ジイェフらに懸命に食らいついた 3 ペペ 6.5 中盤の守備がルーズな中で最終ラインの防波堤となり続けた。最後にはジイェフの決定的なシュートをブロック 6 フォンテ6.5 サイドが崩された中、クロスへの対応が抜群。ボックス内での繊細な対応も光った 5 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 アムラバトとの肉弾戦で完敗。それでも、最後の場面では粘り強く対応していた MF 11 ベルナルド・シウバ 5.5 苦手の肉弾戦に持ち込まれたことで思うような活躍はできず (→ジェルソン・マルティンス 5.0) 今大会初出場もうまく試合に入り切れず、不用意なボールロストが散見 14 W・カルバーリョ 5.5 最終ラインの前で身体を張ったもののセカンドボールへの反応やチームを落ち着かせるボール捌きには課題 8 モウティーニョ 6.0 決勝点をアシスト。献身的な守備を見せつつ、要所で良い展開を見せた (→アドリエン・シウバ -) 10 ジョアン・マリオ 5.5 攻守に最低限の仕事はこなしたものの、自身の特長が分かりにくいプレーぶりに (→ブルーノ・フェルナンデス 5.5) 守備では身体を張ったが、カウンターの局面で判断ミスもあった FW 17 ゴンサロ・ゲデス 5.5 守備ではスピードを生かした切り替えが効いていたが、攻撃面では決定力やシュート精度を欠いた 7 C・ロナウド 6.5 卓越した決定力で2試合連続となる今大会4点目。ゲデスが決めていれば、アシストも付いたはずだった 監督 サントス 5.5 交代選手も機能せず、内容では負けていてもおかしくない出来。エースと守護神らに助けられた ▽モロッコ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 ムニル 5.5 失点はノーチャンス。ゲデスの決定機を阻止した以外に難しい対応はなかった DF 17 ディラール 5.0 攻撃面を期待された中、やや守備を気にし過ぎて効果的な攻め上がりは皆無だった 5 ベナティア 6.0 C・ロナウドへのタイトなチェックなど攻守に気迫は見せた。惜しむらくはシュートチャンスのいずれかを決めたかった 4 ダ・コスタ 5.0 失点場面ではC・ロナウドに付き切れず、それ以外は奮闘していたものの大きな代償に 2 アクラフ・ハキミ 5.0 守備はチームが押し込んだ中で無難にこなしたが、攻撃面の精度を著しく欠いた MF 10 ベルアンダ 6.0 再三の決定機を決め切れなかったが、持ち味の攻撃センスでチームの優勢な試合運びに貢献 (→カルセラ=ゴンサレス 5.0) 積極性は見せたがややから回ってしまった 8 エル・アハマディ 5.5 中盤でうまくバランスを取っていたが、展開を考えればもう少し攻撃の貢献がほしかった (→ファイル -) 14 ブスファ 6.0 セカンドボールへの反応や味方へのサポートなど及第点以上の出来 FW 16 アムラバト 6.5 屈強なフィジカルを武器に対面のゲレイロを圧倒。欲を言えば、フィニッシュに絡む仕事がほしかった 13 ブタイブ 5.5 前線で利他的なプレーを見せて起点にはなったが、やや怖さが足りなかった 7 ジイェフ 6.5 イラン戦の右サイドから左サイドに移ったことで持ち味の左足が生きた。プレースキックで再三の決定機も創出 監督 ルナール 6.0 2試合連続で善戦も決定力を欠いてグループリーグ敗退。サイドバックの攻撃参加など、よりリスクを冒す指示も必要だったか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルイ・パトリシオ(ポルトガル) ▽前後半に2度のビッグセーブを見せるなど、劣勢を強いられたチームを救った頼れる守護神をMOMに選出。とりわけ、ベルアンダのヘディングシュートを阻んだセービングは非常にレベルが高かった。 ポルトガル 1-0 モロッコ 【ポルトガル】 C・ロナウド(前4) 2018.06.20 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド2戦連発のポルトガルが耐えに耐えて初勝利! 2戦連続善戦も連敗のモロッコがGL敗退…《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。 ▽ポルトガルは第1節屈指の好カードとなったスペインとのイベリア半島ダービーを、エースFWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックの活躍で3-3のドローで終えた。今大会初勝利を目指すこの一戦ではそのスペイン戦と同じスタメンを採用した。 ▽一方、一進一退の攻防となったイランとの初戦では試合終盤にやや不用意な形で与えたFKから悲劇的なオウンゴールで敗戦を喫したモロッコ。今節で敗戦を喫した場合、最終節を待たずに敗退となる重要な一戦に向けて先発3人を変更。サイスとアリ、エル・カービに代わってダ・コスタ、ブダイブ、ディラールを起用。3トップはアムラバト、ブダイブ、ジイェフが並んだ。 ▽立ち上がりからアグレッシブにボールを取りに行くモロッコは開始2分にブダイブのヘディングシュートでファーストシュートを放つなど、良い入りを見せる。しかし、モロッコペースに傾きそうな流れをポルトガルのエースがワンプレーで変える。 ▽4分、右CKの場面でショートコーナーからモウティーニョが浮き球のクロスを上げると絶妙な動き出しでDFダ・コスタを振り切ったC・ロナウドがダイビングヘッドをゴール右隅に突き刺し、2試合連続となる今大会4点目を奪った。さらに9分には屈強なフィジカルを生かしてボックス右でシュートコースを作って右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽先制点を許したモロッコだが、11分にジイェフの左CKからベナティアがドンピシャのヘディングシュートを放つなどその後も可能性を感じさせる仕掛けを続ける。とりわけ、強さを見せるアムラバトの右サイド、巧さのジイェフの左サイドで数的優位を作りながらサイドの深い位置を取っては際どいクロスを浴びせていく。さらに23分にはジイェフのミドルシュートで相手GKを脅かす。 ▽一方、リードこそ手にしているものの相手に押し込まれる状況が続くポルトガルだが、判定にイラ立つ相手に対してファウルでプレーを切りながら流れに乗らせない。39分にはボックス手前でボールを持ったC・ロナウドの絶妙な浮き球パスに抜け出したゴンサロ・ゲデスがGKと一対一を迎えるが、やや当たり損ねのシュートはGKムニルのワンハンドセーブに阻まれ、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半もモロッコペースで試合が進んでいくが、最初の決定機はポルトガルに。51分、素早いリスタートからジョアン・マリオ、ゲデスとボックス内で繋いでC・ロナウドがボックス手前から豪快に右足を振り抜くが、これは枠の上に大きく外れた。 ▽後半もボールを保持してサイドを起点に良い形の攻撃を続けるモロッコは55分と57分にアムラバト、ジイェフのクロスからゴール前のベルアンダに決定機も相手GKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれ、あと一歩で同点ゴールとはならない。その後もジイェフやベルアンダ、アムラバトを起点に幾度も決定機を作るが、最後の場面で決め切れない。 ▽何とか逃げ切りたいポルトガルはベルナルド・シウバ、ジョアン・マリオを続けて下げてジェウソン・マルティンス、ブルーノ・フェルナンデスを投入。C・ロナウドを最前線に残した[4-2-3-1]に布陣変更し、中盤の守備を厚くする。一方、あと一押しが欲しいモロッコはエル・カービ、カルセラ=ゴンサレスと攻撃的なカードを切っていく。 ▽試合終盤にかけてもモロッコが猛攻を仕掛ける展開が続く中、ボックス内でジイェフやベナティアに幾度もチャンスが訪れるもDFペペらの決死のシュートブロックに阻まれ続けて最後までゴールをこじ開けることはできなかった。そして、C・ロナウドの序盤のゴールを守り切ったポルトガルが今大会初勝利で暫定首位に浮上。一方、2試合連続で善戦も惜敗となったモロッコは最終節を残してグループリーグ敗退が決定した。 ▽なお、ポルトガルはグループリーグ突破を懸けた最終節でイランと対戦し、モロッコは大会初勝利を懸けてスペイン戦に臨む。 2018.06.20 23:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース