レーティング:ポルトガル 2-0 スイス《ロシアW杯欧州予選》2017.10.11 05:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ポルトガル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 R・パトリシオ 5.5
枠内シュートは数える程だったが、ミスのないゴールキーピング

DF
21 セドリック 5.5
守備に専念

3 ペペ 6.0
さすがの安定感を発揮

6 フォンテ 5.5
セーフティーなプレーを続けた

19 エリセウ 6.0
鋭いクロスでオウンゴール誘発

(→アントゥネス 5.5)
守備に重きを置いたプレーぶり

MF
11 ベルナルド・シウバ 6.0
2点目をアシスト。キープ力の高さを随所に見せる

8 モウティーニョ 6.0
2点目を演出。急所を突いた

14 W・カルバーリョ 6.0
中盤で攻守に奔走

10 ジョアン・マリオ 6.0
推進力あるプレーを見せ、オウンゴール誘発

(→ダニーロ -)

FW
7 C・ロナウド 5.5
ゴールへの渇望は見せたが、決定的な仕事はできず

17 アンドレ・シウバ 6.0
2点目を挙げる。ストライカーの仕事を果たした

(→アンドレ・ゴメス -)

監督
サントス 6.0
堅実な試合運びで確実に勝利した

▽スイス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ゾンマー 5.5
C・ロナウドとの一対一を止める

DF
2 リヒトシュタイナー 5.5
概ね及第点だったが、1失点目は彼のサイドから

22 シェアー 5.5
大きなミスはなかった

20 ジュルー 5.0
2失点目の場面ではベルナルド・シウバのマークを外した

13 R・ロドリゲス 5.5
守備に追われて攻撃参加できず

MF
23 シャキリ 5.5
唯一の攻撃の起点

8 フロイラー 5.0
攻守に中途半端だった

(→ザカリア 5.5)
投入直後に存在感を示すもそれだけだった

15 ジェマイリ 5.0
セフェロビッチをサポートできず

(→エンボロ 5.0)
ノーインパクト

10 ジャカ 5.0
ゲームを作れず

18 メーメディ 5.0
ゴール前に入る得意の形を見せられず

(→ツバー -)

FW
9 セフェロビッチ 5.0
前線で孤立した

監督
ペトコビッチ 5.5
攻撃が機能しなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベルナルド・シウバ(ポルトガル)
▽堅い試合だったため、突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、2点目をアシストして勝負を決定付けたベルナルド・シウバを選出。

ポルトガル 2-0 スイス
【ポルトガル】
OG(前41)
アンドレ・シウバ(後12)
※ポルトガルの5大会連続7度目のW杯出場が決定!

コメント

関連ニュース

thumb

言っちゃう! C・ロナウドが宣言 「僕は歴史上NO.1の選手だ」

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が、自身について、「フットボール史上でNO.1の選手」と断言した。 ▽昨シーズンにレアル・マドリーのリーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)連覇、史上初のCL5年連続得点王に輝いたC・ロナウドは7日、2年連続でバロンドールを受賞。バルセロナFWリオネル・メッシと並んで史上最多5度目の“世界最高選手”の栄誉に輝いた。 ▽C・ロナウドは、バロンドール主催の『フランス・フットボール』に対し、以下のようなコメントを残した。イギリス『インデペンデント』などがコメントを伝えている。 「僕より良い選手を見たことがない」 「僕より完璧な選手はいない。僕は歴史上で最高の選手だ。いいときもあれば悪いときもあるね」 2017.12.08 22:13 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMが元ポルトガル代表指揮官に興味か

▽監督の椅子が空いている横浜F・マリノスが、元ポルトガル代表監督であるパウロ・ベント氏(48)の招へいに興味を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 ▽現役時代はベンフィカやスポルティング・リスボンなどでプレーし、ポルトガル代表としても2000年のユーロや2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、35キャップを記録しているベント氏。 ▽現役引退後はスポルティング・リスボンやポルトガル代表、クルゼイロなどで指揮を執り、今年3月にオリンピアコスの監督を解任されてからはフリーとなっていた。 ▽そんなベント氏には、日本と中国のクラブからの関心があるとのこと。そのクラブは横浜FMであるとのことだ。 ▽横浜FMは、エリク・モンバエルツ監督が退任し、元オーストラリア代表監督のアンジ・ポステコグルー氏を招へいするとの話も浮上している。 ▽ベント氏への中国からのオファーは金銭的に魅力的とのことだが、果たしてどのチームで指揮を執るのだろうか。 2017.12.05 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが招集外となったポルトガル代表、初招集4人を含む24名のメンバーを発表《国際親善試合》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は3日、11月に行われる国際親善試合に臨むポルトガル代表メンバー24名を発表した。 ▽フェルナンド・サントス監督は今回、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)やMFウィリアム・カルバーリョ(スポルティング・リスボン)、MFジョアン・モウティーニョ(モナコ)といった主力を外し、新戦力を求めて初招集、もしくは出場経験のない選手を多く招集した。DFリカルド・フェレイラ(ブラガ)や、DFエドガル・イエ(ポルト)、DFケヴィン・ロドリゲス(ソシエダ)、FWロニー・ロペス(モナコ)といった選手が初招集となった。 ▽ポルトガル代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループBを首位突破。5大会連続7度目の本戦出場を決めている。同代表は11月10日にサウジアラビアと、11月14日にアメリカと親善試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ポルトガル代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョゼ・サ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">アントニー・ロペス</span>(リヨン) <span style="font-weight:700;">ベト</span>(ギョズテペSK/トルコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">リカルド・フェレイラ</span>(ブラガ) <span style="font-weight:700;">リカルド・ペレイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">ペペ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ルイス・ネト</span>(フェネルバフチェ/トルコ) <span style="font-weight:700;">エドガル・イエ</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">ジョアン・カンセロ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ケヴィン・ロドリゲス</span>(ソシエダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ビトリーノ・アントゥネス</span>(ヘタフェ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ネルソン・セメド</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ダニーロ・ペレイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">マヌエル・フェルナンデス</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・フェルナンデス</span>(スポルティング・リスボン) <span style="font-weight:700;">ジョアン・マリオ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ルベン・ネーゼス</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ベルナルド・シウバ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ゴンサロ・ゲデス</span>(バレンシア/スペイン) <span style="font-weight:700;">アンドレ・シウバ</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">ロニー・ロペス</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">ブルマ</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジェウソン・マルティンス</span>(スポルティング・リスボン) <span style="font-weight:700;">エデル </span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) 2017.11.03 23:51 Fri
twitterfacebook
thumb

“白豹”フィーゴ氏、UEFAフットボール・アドバイザー就任「サッカーに何かを返せることが楽しみ」

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、かつてレアル・マドリーやバルセロナで活躍した元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏をフットボール・アドバイザーに任命したことを発表した。 ▽フィーゴ氏は、アレクサンデル・チェフェリン会長と共に試合の技術面やルールの改善、スポーツ全体の魅力の向上に向けて取り組むとのことだ。フィーゴ氏の任命についてチェフリン会長は、以下のように説明している。 「ルイス・フィーゴ氏は、ピッチ内外で模範となる振る舞いをとっていた素晴らしい選手だ。ゲームの中でも非常に尊敬される人物であり、彼が我々のチームに加わってくれることに満足してる。特にフットボールでの経験は、UEFAにとって非常に貴重な財産になるだろう」 ▽また、フィーゴ氏は、フットボール・アドバイザーに就任について以下のように喜びを露わにしている。 「豊富な経験を積むことができて幸運です。私が自分の知識を伝えることでポジティブな影響を与えることができると信じています。サッカーは常に進化します。UEFAに関われることを名誉に思っています。そして、その機会を与えてくれたチェフェリン会長には感謝しています」 「サッカーから多くのことを学びました。今はサッカーに何かを返せることを本当に楽しみにしています。私が1990年にプロキャリアをスタートさせたとき、UEFAに加わり、世界最高のサッカーマインドを持つこの組織の会長と共に働くなんて想像もしていませんでした」 ▽1989年にスポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートさせたフィーゴは、バルセロナ、レアル・マドリー、インテルなどでプレー。バルセロナからレアル・マドリーへの禁断の移籍を果たした際には、バルセロナサポーターから激しい非難も浴びた。一方で、キャリア通算では、4度のリーガエスパニョーラとセリエAの優勝、そして、UEFAチャンピオンズリーグ制覇と輝かしい功績を残した。 ▽また、ポルトガル代表では通算120試合に出場。2度のワールドカップと3度のユーロに出場し、ドイツワールドカップではポルトガル代表の40年ぶりとなるベスト4進出に貢献した。 2017.10.12 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スイスとの天王山を制したポルトガルが5大会連続7度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。 ▽3日前に行われた前節アンドラ代表戦を途中出場のC・ロナウドが2点に絡む活躍で2-0と勝利した2位ポルトガル(勝ち点24)と、ハンガリー代表に5-2と快勝した首位スイス(勝ち点27)によるW杯出場を懸けた天王山。 ▽勝利すれば得失点差でスイスを上回っていることからW杯出場を決められるポルトガルは、アンドラ戦のスタメンから4選手を変更。クアレスマやダニーロらがベンチスタートとなってC・ロナウドやフォンテ、W・カルバーリョらが先発となった。 ▽一方、引き分けでW杯出場となるスイスはハンガリー戦のスタメンから3選手を変更。ツバー、F・フライ、ムバンジェに代えてR・ロドリゲス、メーメディ、ジェマイリを起用した。 ▽立ち上がりから仕掛けたのはポルトガル。2トップのC・ロナウドとアンドレ・シウバにボールを集めて打開を図った。しかし、スイス守備陣の前にシュートに持ち込むことはできない。 ▽序盤以降、膠着状態が続いた中、32分にようやくポルトガルに決定機。モウティーニョのパスを受けたボックス左のベルナルド・シウバがGKゾンマーを強襲するシュートを浴びせた。 ▽ハーフタイムにかけてもポルトガルが押し気味に試合を進めると、41分に待望の先制ゴールが生まれた。左サイドのエリセウの鋭いクロスにジョアン・マリオが飛び込むと、混戦となってルーズとなったボールがジュルーに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半、1点を追うスイスはフロイラーに代えてザカリアを投入。重心を前にかけていくと、51分にシャキリが直接FKで枠内シュートをマークした。 ▽それでも57分、スイスの反撃を凌いだポルトガルが追加点を奪う。モウティーニョのパスをボックス右で受けたベルナルド・シウバの丁寧なクロスを、アンドレ・シウバが受けて押し込んだ。 ▽2失点目を受けてスイスは66分に2枚代えを敢行する。メーメディに代えてエンボロを、ジェマイリに代えてツバーを投入した。すると直後、シャキリのミドルシュートをゴール前のセフェロビッチが右足で合わせる決定機を演出するも、枠を捉えきれない。 ▽ここからは引き続きポルトガルがペースを握る。79分にはC・ロナウドがディフェンスライン裏を取って独走。GKと一対一となったが、ゾンマーに止められてシュートを打てなかった。それでもスイスの反撃を許さずに2-0のままシャットアウト。ポルトガルが5大会連続7度目のW杯出場を決めた。一方、敗れたスイスはプレーオフに回ることとなった。 2017.10.11 05:44 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース