レーティング:ポルトガル 2-0 スイス《ロシアW杯欧州予選》2017.10.11 05:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ポルトガル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 R・パトリシオ 5.5
枠内シュートは数える程だったが、ミスのないゴールキーピング

DF
21 セドリック 5.5
守備に専念

3 ペペ 6.0
さすがの安定感を発揮

6 フォンテ 5.5
セーフティーなプレーを続けた

19 エリセウ 6.0
鋭いクロスでオウンゴール誘発

(→アントゥネス 5.5)
守備に重きを置いたプレーぶり

MF
11 ベルナルド・シウバ 6.0
2点目をアシスト。キープ力の高さを随所に見せる

8 モウティーニョ 6.0
2点目を演出。急所を突いた

14 W・カルバーリョ 6.0
中盤で攻守に奔走

10 ジョアン・マリオ 6.0
推進力あるプレーを見せ、オウンゴール誘発

(→ダニーロ -)

FW
7 C・ロナウド 5.5
ゴールへの渇望は見せたが、決定的な仕事はできず

17 アンドレ・シウバ 6.0
2点目を挙げる。ストライカーの仕事を果たした

(→アンドレ・ゴメス -)

監督
サントス 6.0
堅実な試合運びで確実に勝利した

▽スイス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ゾンマー 5.5
C・ロナウドとの一対一を止める

DF
2 リヒトシュタイナー 5.5
概ね及第点だったが、1失点目は彼のサイドから

22 シェアー 5.5
大きなミスはなかった

20 ジュルー 5.0
2失点目の場面ではベルナルド・シウバのマークを外した

13 R・ロドリゲス 5.5
守備に追われて攻撃参加できず

MF
23 シャキリ 5.5
唯一の攻撃の起点

8 フロイラー 5.0
攻守に中途半端だった

(→ザカリア 5.5)
投入直後に存在感を示すもそれだけだった

15 ジェマイリ 5.0
セフェロビッチをサポートできず

(→エンボロ 5.0)
ノーインパクト

10 ジャカ 5.0
ゲームを作れず

18 メーメディ 5.0
ゴール前に入る得意の形を見せられず

(→ツバー -)

FW
9 セフェロビッチ 5.0
前線で孤立した

監督
ペトコビッチ 5.5
攻撃が機能しなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベルナルド・シウバ(ポルトガル)
▽堅い試合だったため、突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、2点目をアシストして勝負を決定付けたベルナルド・シウバを選出。

ポルトガル 2-0 スイス
【ポルトガル】
OG(前41)
アンドレ・シウバ(後12)
※ポルトガルの5大会連続7度目のW杯出場が決定!

コメント

関連ニュース

thumb

優勝候補ベルギー、6月にポルトガル、エジプト、コスタリカとの強化試合開催を発表!

▽ベルギーサッカー協会(KBVB)は21日、今夏に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた強化試合として、6月にポルトガル代表、エジプト代表、コスタリカ代表との対戦が決定したことを発表した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカクや、チェルシーMFエデン・アザール、マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネらを擁し、ロシアW杯の優勝候補の一角に挙げられるベルギー代表。 ▽イングランド代表やチュニジア代表、パナマ代表と同じグループGに所属するベルギー代表の初戦は、6月18日に行われるパナマ戦となるが、その直前の2日にポルトガル戦、6日にエジプト戦、11日にコスタリカ戦が行われることとなった。 ▽ベルギー代表とチェルシーの絶対的エースであるアザールは、来夏の移籍市場でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの所属するレアル・マドリー移籍の可能性が報じられており、チームメートとして前述の強化試合で対戦する可能性もある。 ▽また、エジプト代表とリバプールの絶対的なエースであるFWモハメド・サラーと、DFヴァンサン・コンパニやDFヤン・ヴェルトンゲン、DFトビー・アルデルヴァイレルトとプレミアリーグのビッグクラブに在籍するベルギー代表守備陣のマッチアップにも注目が集まるところだ。 2018.02.22 02:52 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが若手時代を回想「もはや、できないことが色々とある」

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が、自身の20代の頃との違いを語った。イタリア『GQ』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽母国ポルトガルの名門スポルティング・リスボンでキャリアをスタートさせたC・ロナウドは、2003年にアレックス・ファーガソン監督(現在は引退)に誘われる形でマンチェスター・ユナイテッドに加入して一気にスターダムにのし上がった。 ▽2009年にはレアル・マドリーに入団し、昨年には史上初のチャンピオンズリーグ連覇を達成。立役者としてバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並び史上最多タイとなる5度目のバロンドールを受賞した。 ▽さらに、2016年にはポルトガル代表として参加したユーロで初優勝を飾り悲願を成就。ワールドップ以外の主要タイトルをほぼ手にするサッカー人生となっている。 ▽クラブでの公式戦通算715試合544ゴール、代表での公式戦通算147試合79ゴールと圧倒的な得点力から“ゴールマシン”とも呼ばれるC・ロナウドが、『GQ』のインタビューに対応。若い頃とは違うと語り、人間らしい面を覗かせた。 「僕には野望がある。沢山の野望があるんだ」 「誰もが自身の夢を追うべきだと思う。僕は自分のを追いかけてきたし、それを持続し改善してより遠くに到達したい。個人レベルでは素晴らしい瞬間にある。僕の家族は成長していて、人生をとても幸福に感じるよ」 「プロフェッショナルとして、僕はとても良い2年間を過ごしてきた。クラブとナショナルチームでタイトルを獲得したね。そして今後の数年間も、自分を高いレベルで維持できると感じているよ」 「あらゆる観点から、人生というのは絶え間ない挑戦だ」 「とても興味深いよ。特にスポーツ選手にとってはね。僕は身体能力のレベルを最高に保とうと試みている。僕の職業にとって、とても重要なことだからね。僕は100%でなければならないし、とても真剣に取り組んでいる」 「今では、10年前と同じことはやっていない。このレベルで自己を維持するためには、犠牲を払わなければならない」 「もはや、できないことが色々とある。確かに、僕が20歳の頃にやったことはできないよ」 「僕らはいつだってバランスを保たなければならない。細かいディティールでさえ違いを生むんだ」 2018.02.08 02:04 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月26日は6カ国語を操る“スペシャル・ワン”

◆ジョゼ・モウリーニョ 【Profile】 国籍:ポルトガル 誕生日:1963/1/25 クラブ:マンチェスター・ユナイテッド ポジション:監督 身長:177㎝ 体重:74㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月26日はマンチェスター・ユナイテッドを指揮する世界的名将のジョゼ・モウリーニョだ。 ▽サー・ボビー・ロブソン監督の下でコーチ業を始め、バルセロナでもコーチを務めたことは有名だが、監督としては2000年にベンフィカでキャリアをスタート。2002年から就任したポルトで2003年に3冠を達成。2004年にはチャンピオンズリーグも制覇した。2004年にチェルシーの監督に就任すると、50年ぶりのリーグ優勝。チャンピオンズリーグも勝ち取ると、インテル、レアル・マドリー、再びチェルシーを率い、2016年からユナイテッドを指揮している。 ▽UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに4度選ばれる唯一の監督であり、チャンピオンズリーグは2回、ヨーロッパリーグ1回、その他国内リーグ、カップ戦など数多くのタイトルを指揮するチームにもたらしている。 ▽監督キャリアにも繋がった通訳としての仕事が表すように、モウリーニョは「6カ国語」を操る。母国のポルトガル語に始まり、スペイン語、カタルーニャ語、イタリア語、フランス語、そして英語だ。言葉を巧みに扱うことでも知られ、その言動はしばしばメディアに取り上げられる事態に。「私は自分が世界一の監督だとは思わない。しかし、私以上の監督がいるとも思わない」など自信家の一面も。「私はヨーロッパチャンピオンである。私はスペシャル・ワン(特別な存在)だ」とチェルシー監督就任時のコメントは今でも引用される。 ※誕生日が同じ主な著名人 所ジョージ(タレント) 村上信五(タレント/関ジャニ∞) 小柳ゆき(歌手) hitomi(歌手) 綾野剛(俳優) 金子達仁(スポーツライター、ノンフィクション作家) 長嶋一茂(元野球選手/ヤクルト、巨人) ビンス・カーター(バスケットボール選手/サクラメント・キングス) セバスティアン・ジョビンコ(サッカー選手/トロントFC) アレックス・サンドロ(サッカー選手/ユベントス) フロリアン・トヴァン(サッカー選手/マルセイユ) 2018.01.26 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ホテル「CR7」がマドリッド、ニューヨーク、マラケシュでもオープンへ

▽世界最高峰のサッカー選手でありながら、実業家の側面も持ち合わせるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。自身が手掛けるホテル「CR7」を3都市でもオープンさせるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽C・ロナウドは、ポルトガルのホテル運営会社、ペスターナ・ホテル・グループ(Pestana Hotel Group)と提携し、2016年に母国ポルトガルのリスボンと地元であるマデイラ諸島のフンシャルでオープンしている。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180125_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽今回新たにホテル「CR7」をオープンさせるのは、モロッコのマラケシュ、自身が所属するクラブのホームであるマドリッド、そしてアメリカのニューヨークとのこと。ホテル事業の拡大は2020年までに完了するとのことだ。 ▽最初にオープンするのは、フットボーラーがバカンスを楽しむことでも知られているマラケシュになる見込み。ペスターナ・ホテル・グループの開発責任者であるホセ・ロケットは、すでに作業が始まっており、164室の客室を準備する予定とのこと。18カ月以内にオープンする準備だという。 ▽なお、ホテルに関しては、C・ロナウドが50%、ペスターナ・ホテル・グループが50%出資している。 2018.01.25 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

トロフィーに囲まれたC・ロナウドがファンにメッセージ「これらのトロフィーはあなたたちのもの! 」

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ファンに対して感謝のメッセージを送った。自身のTwitterを更新し、伝えている。 ▽ポルトガルのマデイラ島で6歳の頃にサッカーを始めたC・ロナウドは、今となってはサッカー史上で最もタイトルに愛されている人物の1人だ。2003-04シーズンに入団したマンチェスター・ユナイテッドで伝統の背番号「7」を背負い世界中を魅了すると、2007-08シーズンには公式戦49試合42ゴールの活躍で、チャンピオンズリーグ(CL)、プレミアリーグでの優勝にクラブを導いた。そして同シーズン、自身初めてとなるバロンドールを獲得。FIFA最優秀選手賞との“ダブル受賞”も達成し、キャリアは輝かしいものとなっていく。 ▽2008年に“白い巨人”レアル・マドリーへの入団が発表されると、その得点能力により磨きがかかり、ここまでの公式戦通算416試合422ゴールを記録。昨シーズンには史上初のCL連覇も達成し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並ぶ、史上最多タイ5度目のバロンドールを獲得した。 ▽2日にTwitterを更新したC・ロナウドは、自身がこれまでに獲得したトロフィーを並べて写真を撮影。ファンに向けたメッセージとして、以下の内容に添付して投稿した。 「僕がマデイラのストリートでプレーしていて、フットボール界の頂点に立ちたいと夢見ていた頃には、こんな写真が撮れるようになるなんて想像もできなかったよ」 「家族や友人、チームメイト、僕に指導してくれたコーチたち、そしてクラブや代表チームで共に働いた人々にこの瞬間を捧げる」 「最後にファンには特別な“ありがとう”を言わないとね。これらのトロフィーはあなたたちのものでもあるんだ! 」 ※画像が掲載されているC・ロナウドのTwitterアカウントはコチラから⇒[ @Cristiano ] 2018.01.03 19:18 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース