レーティング:ポルトガル 2-0 スイス《ロシアW杯欧州予選》2017.10.11 05:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ポルトガル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 R・パトリシオ 5.5
枠内シュートは数える程だったが、ミスのないゴールキーピング

DF
21 セドリック 5.5
守備に専念

3 ペペ 6.0
さすがの安定感を発揮

6 フォンテ 5.5
セーフティーなプレーを続けた

19 エリセウ 6.0
鋭いクロスでオウンゴール誘発

(→アントゥネス 5.5)
守備に重きを置いたプレーぶり

MF
11 ベルナルド・シウバ 6.0
2点目をアシスト。キープ力の高さを随所に見せる

8 モウティーニョ 6.0
2点目を演出。急所を突いた

14 W・カルバーリョ 6.0
中盤で攻守に奔走

10 ジョアン・マリオ 6.0
推進力あるプレーを見せ、オウンゴール誘発

(→ダニーロ -)

FW
7 C・ロナウド 5.5
ゴールへの渇望は見せたが、決定的な仕事はできず

17 アンドレ・シウバ 6.0
2点目を挙げる。ストライカーの仕事を果たした

(→アンドレ・ゴメス -)

監督
サントス 6.0
堅実な試合運びで確実に勝利した

▽スイス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ゾンマー 5.5
C・ロナウドとの一対一を止める

DF
2 リヒトシュタイナー 5.5
概ね及第点だったが、1失点目は彼のサイドから

22 シェアー 5.5
大きなミスはなかった

20 ジュルー 5.0
2失点目の場面ではベルナルド・シウバのマークを外した

13 R・ロドリゲス 5.5
守備に追われて攻撃参加できず

MF
23 シャキリ 5.5
唯一の攻撃の起点

8 フロイラー 5.0
攻守に中途半端だった

(→ザカリア 5.5)
投入直後に存在感を示すもそれだけだった

15 ジェマイリ 5.0
セフェロビッチをサポートできず

(→エンボロ 5.0)
ノーインパクト

10 ジャカ 5.0
ゲームを作れず

18 メーメディ 5.0
ゴール前に入る得意の形を見せられず

(→ツバー -)

FW
9 セフェロビッチ 5.0
前線で孤立した

監督
ペトコビッチ 5.5
攻撃が機能しなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベルナルド・シウバ(ポルトガル)
▽堅い試合だったため、突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、2点目をアシストして勝負を決定付けたベルナルド・シウバを選出。

ポルトガル 2-0 スイス
【ポルトガル】
OG(前41)
アンドレ・シウバ(後12)
※ポルトガルの5大会連続7度目のW杯出場が決定!

コメント

関連ニュース

thumb

フィーゴがCR7退場判定に喝 「レッドカードは大げさ」

▽元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が同胞のユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定を不服とした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。 ▽この一件について問われたフィーゴ氏は、次のように言及。C・ロナウド擁護派の立場を取り、判定に苦言を呈した。 「レッドカードは大げさだ。彼が退場を命じられるほど何か悪いことをしたとは思えないからね」 「主審や追加副審が見たものが、テレビを通して見た私たちと何か違ったのかはわからない。ただ、理解し難いことだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

CR7不在も好パフォーマンスのポルトガルが大会初勝利! イタリアは守護神が孤軍奮闘もスコア以上の完敗…《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ3のポルトガル代表vsイタリア代表が10日に行われ、ホームのポルトガルが1-0で勝利した。 ▽今回の代表ウィークにエースのクリスティアーノ・ロナウドが招集を辞退したポルトガルは6日に行われたクロアチア代表との国際親善試合を1-1のドローで終えた。UNLの初陣となるイタリア戦に向けてはクロアチアと全く同じ11人を起用。GKにルイ・パトリシオ、4バックにカンセロ、ペペ、ルベン・ジアス、マリオ・ルイ。中盤はアンカーにネヴェス、インサイドハーフにピッツィ、ウィリアム・カルバーリョ。3トップはブルマとベルナルド・シウバの両翼にアンドレ・シウバという並びとなった。なお、ペペはこの試合で代表通算100キャップを達成した。 ▽一方、マンチーニ新体制の初陣となったポーランド代表との初戦を1-1のドローで終えたイタリアは、その試合からGKドンナルンマ、ジョルジーニョを除く全選手を変更。最終ラインは右からラッザーリ、カルダーラ、ロマニョーリ、クリーシト。中盤は右からキエーザ、クリスタンテ、ジョルジーニョ、ボナヴェントゥーラ。2トップにザザとインモービレが並んだ。 ▽立ち上がりからボールを握って相手を押し込むポルトガルは開始4分にネヴェスのFKをゴール前でフリーのカルバーリョが頭で合わすが、ここはオフサイドの判定。その後はプレスの連動性や距離感に問題を抱えるイタリアのまずい守備に対して、シンプルなダイレクトパスやブルマらのドリブルを使い、巧みにスペースを攻略していく。20分には見事なパス交換からベルナルド・シウバのパスをボックス付近で受けたアンドレ・シウバに決定機も元ミランFWのシュートはミラン守護神に阻まれる。 ▽その後はボールを支配するポルトガルと、単発的にシュートカウンターからペペらがフィニッシュに絡むイタリアという構図の下で試合が進んでいく。27分にはポルトガルの波状攻撃からボックス中央のベルナルド・シウバが無人のゴールへシュートを放つが、これは戻ったDFロマニョーリのゴールカバーに遭う。その直後にはボックス左に侵入したマリオ・ルイの高速クロスがDFに当たってゴールに向かうもクロスバーを叩く。さらに35分にはカルバーリョがボックス手前から強烈な左足のミドルシュートを放つが、これもわずかに枠の右に外れた。 ▽ポルトガルペースもゴールレスで折り返した試合は、後半立ち上がりにいきなり動く。48分、相手陣内左サイドでカルダーラからボールを奪ったブルマがそのままボックス内に持ち込んでボックス右のアンドレ・シウバにラストパス。これをアンドレ・シウバが内への切り返しからの左足シュートでゴール左隅に流し込んだ。 ▽ようやく先制に成功したポルトガルはここから完全にイタリアを圧倒。54分には右CKの場面でサインプレーからベルナルド・シウバが枠の左上隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGKドンナルンマのビッグセーブに阻まれる。だが、その後もブルマやベルナルド・シウバを起点としたカウンターが機能する。 ▽一方、守勢が続くイタリアはインモービレ、クリーシト、クリスタンテを下げてベラルディ、エメルソン・パルミエリ、ベロッティを続けてピッチに送り込む。だが、良い形でボールを繋ぐ場面は皆無でショートカウンターやセットプレー以外に攻め手がない。 ▽後半半ばから終盤にかけてもきっちり試合をコントロールするホームチームはピッツィやレナト・サンチェス、ジェウソン・マルティンスらに追加点のチャンスが訪れるものの、孤軍奮闘の相手守護神の再三のビッグセーブに阻まれた。それでも、メモリアルゲームのペペを中心に危なげなく相手の攻撃をクリーンシートで凌ぎ、スコア以上の内容で1-0の勝利を収めた。一方、大幅なメンバー変更、システム変更も実らず完敗のイタリアは今大会2戦未勝利となった。 2018.09.11 05:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ラファエウ・ゲレイロが大腿部の負傷でポルトガル代表を離脱…

▽ドルトムントは、ポルトガル代表に招集されていたDFラファエウ・ゲレイロが大腿部の負傷で同代表を離脱したことを発表した。 ▽ポルトガル『A Bola』によれば、ラファエウ・ゲレイロは6日に行われたクロアチア代表戦に向けたトレーニング中に負傷。チームを率いるフェルナンド・サントス監督は、同選手の回復を信じていたが検査の結果、大腿部の筋肉の負傷と診断されたという。 ▽なお、ポルトガルは10日にUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3第2節でイタリア代表と対戦する。 2018.09.09 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

セバージョス、レジェンドに失言…「“×××”ロナウド」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョスが、まずい発言をしてしまったようだ。スペイン『ラジオ・マルカ』での発言を、イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽セバージョスは、『ラジオ・マルカ』のインタビューの中で、今夏マドリーを去りユベントスに入団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについてコメント。しかし、その中でクラブのレジェンドを侮辱するような発言をしてしまったようだ。 「以前にもレアル・マドリーからは偉大な選手たちが去って行った、“ファット”ロナウド、カカ…」 「クリスティアーノ(・ロナウド)は去った。もうここには居ないけど、このチームは一丸となっている」 「チームは何よりも重要だ。個人レベルでは、カリム(・ベンゼマ)、マルコ(・アセンシオ)、そしてガレス・ベイルのようなスターが出現している。彼らは前に進み、背にチームを背負っているんだ」 「クリスティアーノの40ゴールはもう存在しないけど、僕らのフォワードの誰かがそれを達成できるだろう」 「今現在、僕らが彼を恋しく思うことはない。ユーベで最高であることを願っているよ」 ▽2002年から2007年までマドリーでプレーし、尊敬を持って“フェノーメノ”(=怪物)と称された元ブラジル代表のロナウド氏。同様に爆発的な活躍をしたC・ロナウドと混同しないよう、冠を付けて区別されることが多い。セバージョスの“ファット”(=太っちょ)という区別がどちらのレジェンドを指しているかは本人のみぞ知るところだが、いずれにせよやや問題アリかもしれない。 2018.09.07 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ先発のクロアチア、C・ロナウド不在のポルトガルにドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合のポルトガル代表vsクロアチア代表が6日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16敗退となったポルトガルは、C・ロナウドを招集外とした以外は、ペペやベルナルド・シウバ、アンドレ・シウバら主力がスタメンとなった。 ▽一方、ロシアW杯で史上最高位となる準優勝に輝いたクロアチアは、モドリッチやペリシッチ、ヴィダらがスタメンとなったものの、控えメンバー主体で臨んだ。 ▽立ち上がりから攻勢に出たのはポルトガル。10分、ブルマの突破からベルナルド・シウバが枠内シュートを浴びせると、16分にはネヴェスの直接FKが枠の左角を直撃。 ▽しかし19分に先制したのはクロアチア。ルーズボールをボックス中央のペリシッチが右足ボレーで豪快に蹴り込んだ。 ▽しかし32分、ポルトガルはCKの流れからピッツィの右クロスをペペがヘディングで合わせてネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 ▽35分にクロアチアは味方GKとの接触で負傷したヴィダに代えてイェドバイを投入せざるを得なくなった中、迎えた後半開始2分、CKからペリシッチのヘディングシュートでゴールに迫るもGKの正面を突く。 ▽55分にモドリッチをお役御免としたクロアチアに対し、ポルトガルが押し込む流れが続いたが、78分のマリオ・ルイのシュートは右ポストを掠め、決勝ゴールは生まれず。強豪国対決は引き分けに終わった。 ▽今後、ポルトガルは10日にUEFAネイションズリーグでイタリア代表とホームで戦い、クロアチアは11日にUNLでスペイン代表とアウェイで対戦する。 2018.09.07 06:19 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース