グリーズマンの1G1Aで辛勝のフランスが6大会連続15度目のW杯出場決定!《ロシアW杯欧州予選》2017.10.11 05:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表は10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA最終節のベラルーシ代表戦に臨み、2-1で勝利。この結果、6大会連続15度目のW杯出場を決めた。

▽前節、4位のブルガリア代表に辛勝した首位フランス(勝ち点20)は、自力での本大会出場が懸かるスタッド・ド・フランスでの最終節で5位ベラルーシ(勝ち点5)と対戦した。デシャン監督は、ブルガリア戦から先発3人を変更。負傷のカンテやラカゼット、ムバッペに代えて、コマン、ジルー、レマルを起用。ジルーとグリーズマンを縦関係の2トップに配した[4-4-1-1]の布陣を採用した。

▽立ち上がりからやや硬さの見えるフランスは、右サイドのコマンやグリーズマンの個人技を軸に前線に張るジルーをターゲットにしたクロスでゴールチャンスを窺う。流れの中からは思うようにチャンスを作れないホームチームだったが、18分にセットプレーの流れからトリッソのクロスをゴール前で競り勝ったヴァランが頭で合わすが、これは相手GKの好守に遭う。続く20分にもセットプレーの流れからジルーがヘディングシュートも今度はクロスバーを叩く。

▽徐々に決定機を作り始めたフランスは27分、バイタルエリアでトリッソから足元にパスを受けたマテュイディがボックス左に走り込むグリーズマンに正確なスルーパスを通す。最後は頼れるエースが相手GKの股間を抜くシュートを流し込み、待望の先制点を奪った。

▽グリーズマンのゴールでようやく重圧から解き放たれたフランスは33分、高い位置で相手DFのパスをカットしたグリーズマンがボックス内に走り込むジルーにラストパス。これを受けたジルーがDFとGKに囲まれながらも泥臭く左足で流し込み、貴重な2点目を奪った。

▽その後も危なげなく試合を運ぶフランスだったが、前半終了間際の44分には自陣左サイドで与えたスローインの流れからDFディーニュが簡単にクロスを上げさせてしまい、DFヴァランの前に飛び込んだサロカにワンタッチで流し込まれ、1点を返されて前半を終えた。

▽やや嫌な形で試合を折り返したフランスは、後半も主導権を握るもののなかなか決定機を作れない。この状況に業を煮やすデシャン監督は、61分にコマンを下げてムバッペを投入。しかし、この交代直後に再び左サイドを崩されてサロカにあわや同点ゴールという決定機を許すなど、なかなか流れを掴み切れない。

▽後半半ばを過ぎると、やや疲れの見えるベラルーシに対して、フランスがムバッペの個人技からジルーらに決定機が訪れるも、ムバッペがボックス内でGKに倒された場面でPKが与えられないなど、3点目が遠い。

▽その後、2位スウェーデンが負けているという状況も考慮してエースのグリーズマン、レマルを続けて下げ、ムサ・シッソコ、パイエの投入で逃げ切り態勢に入ったフランスは、きっちり前半のリードを守り切って2-1の勝利。予選を通して苦しい戦いを強いられたものの、貫録の首位通過で6大会連続15度目のW杯本大会出場を決めた。

◆ロシアW杯欧州予選グループA最終順位
(勝ち点、得点、失点、得失点差)
1.フランス 23pts 18得点 6失点 +12
2.スウェーデン 19pts 26得点 9失点 +17
3.オランダ 19pts 21得点 12失点 +9
4.ブルガリア 13pts 14得点 19失点 -5
5.ルクセンブルク 6pts 8得点 26失点 -18
6.ベラルーシ 5pts 6得点 21失点 -15

コメント

関連ニュース

thumb

問題行為が続くコロンビアサポーター、日本戦で酒の持ち込みが発覚…同国外務省が自制を促す

19日に行われたW杯グループH第1節コロンビア対日本の試合中、コロンビアサポーターのグループがスタジアムへの持ち込みを禁止されているアルコール飲料を持ち込んでいたことが判明した。『サン』が報じている。<br><br>コロンビアサポーターは日本代表との試合後、日本人女性サポーターに侮辱的な言葉を口にさせていたことが判明。コロンビア政府が声明を発表し、かつての英雄、ファウスティーノ・アスプリージャ氏も謝罪する騒動に発展している。コロンビア国内でもこの行為が恥ずべきだと批判が挙がる中、別のサポーターが投稿した動画で新たな問題行為が発覚した。<br><br>動画には本来スタジアムに持ち込みが禁止されているアルコール飲料を双眼鏡の中に隠し、スタンドで飲酒しているコロンビアサポーターの映像が撮されていた。<br><br>イギリス人ジャーナリスト、カール・ウォースウィック氏によると、これらの問題行動を受け、コロンビア外務省は自国サポーターに節度ある行動を求めたという。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】大和撫子が圧倒し断トツ首位に!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループH第1節の結果発表です。 ▽今回はついに日本が登場。そして、超WSのツイッターアカウントでユーザーの皆様に向けてアンケートを行ったところ、1988票というこれまでで一番多くの投票がされました。皆様ありがとうございます。そしてグループH第1節の1位はなんと日本で70%、2位に22%の票数を獲得したコロンビアとなっています。以下、ポーランドが3位で5%、セネガルが4位で3%という結果になりました。 ▽本大会でコロンビアに2-1の大勝利を収めた日本がこちらでも躍動。1391票という大量の票数を経てトップに経ちました。続くコロンビアは首位・日本に大きく離される形となりましたがなんとか2位に。ポーランドとセネガルは残り2試合が残されていますが、首位突破は難しい展開になっております…。 ◆超WS美女ワールドカップ・グループH第1節結果 1.日本 70% 2.コロンビア 22% 3.ポーランド 5% 4.セネガル 3% 投票数:1988 ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.06.21 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【W杯グループD第2節プレビュー】苦境アルゼンチンはクロアチアとの大一番! アイスランドは歴史的初勝利目指す

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節が21日、22日に開催する。21日の27:00からは初戦ドロースタートのアルゼンチンが快勝発進のクロアチアとの大一番に臨み、22日の24:00からは共に初勝利を目指すナイジェリアとアイスランドが対戦する。 ◆チーム情報:好対照の2チーム ▽まずはアルゼンチンvsクロアチアから。前大会準優勝チームとしてグループ本命に挙げられたアルゼンチンだが、格下アイスランドとの初戦では相手の予想外の健闘やエースFWメッシのPK失敗の影響もあり、まさかの1-1のドロースタートとなった。また、結果以上に批判を浴びたのはメッシ依存が顕著だったサンパオリ監督の采配とチームメートの体たらく。そのため、必勝が求められるクロアチア戦ではシステム変更やスタメンの選定などドラスティックな変化が求められる。 ▽一方、接戦も予想されたナイジェリアとの初戦では得点の形こそオウンゴールとMFモドリッチのPKだったが、試合全体を通して安定した試合運びで快勝したクロアチア。同試合では途中交代を拒否したFWカリニッチの代表追放というアクシデントがあったものの、チーム状態は良好だ。難敵相手に連勝を目指す今回の一戦では基本的に初戦からの継続路線で問題はないものの、相手の攻撃力を考慮して中盤により守備的なMFバデリやMFコバチッチを配するなどマイナーチェンジも予想される。 ◆注目選手:メッシを孤立させるな! ▽アルゼンチンの注目選手はアイスランド戦で酷評されたMFディ・マリア。屈強な相手守備陣にプレースペースを消されたというエクズキューズはあったものの、オフ・ザ・ボールでの動き出しの少なさは看過できないものだった。もちろん、メッシに頼りきりだったのはチーム全体の責任だが、アグエロと共に攻撃をけん引する立場にあるディ・マリアの責任は重い。今回の一戦ではメッシを孤立させないサポートの動きと共に個での打開を期待したい。 ▽クロアチアの注目選手は今大会のラッキーボーイ候補の1人、FWレビッチだ。ナイジェリアとの初戦ではMFペリシッチとポジションを入れ替えながらチームの攻撃に推進力と高さ、強さを加えた24歳の突貫FW。アルゼンチンにシステム変更の可能性はあるものの、本職ウイングのサルビオや経験の浅いタグリアフィコの両サイドバックはクロアチアにとって攻めどころの1つだ。そこで持ち味のパワフルなプレーで起点となり、FWマンジュキッチらにゴールチャンスを供給したいところだ。 ◆アルゼンチン予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupD2_03_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆クロアチア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupD2_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupD2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆チーム情報:共に初勝利を狙う中、環境面も懸念材料 ▽クロアチアとの初戦では試合の入りこそ悪くなかったものの、FWモーゼスやFWイウォビらの強引なプレーが散見されるなど、チームとしてのまとまりを欠いた印象のナイジェリア。また、経験不足が指摘される守備陣が不用意なファウルでPKを与えるなど今回の一戦に向けて修正点は多い。百戦錬磨のMFミケルを中心にゾーンごとにやるべきプレー、やってはいけないプレーを整理しつつ、若手の積極的な仕掛けに期待したい。 ▽一方、記念すべきW杯初陣でアルゼンチンと対戦したアイスランドだが、気後れも気負いも見られず、ユーロ2016同様に自分たちのやるべき仕事を完遂して歴史的な勝ち点1奪取に成功した。グループリーグ突破に向けて勝利が求められる今回の一戦ではアルゼンチン戦同様に堅守速攻がベースとなるが、展開次第では自分たちからアクションを起こしてゴールを奪いに行くプレーも必要となる。 ▽また、今回の一戦はユスリカなど小虫の大量発生、気温差など厳しいコンディションが予想されるヴォルゴグラードでの試合となるため、環境への適応という部分も重要となる。 ◆注目選手:勝敗のカギを握るオーガナイザー ▽ナイジェリアの注目選手はキャプテンのミケルだ。クロアチアとの初戦ではトップ下のポジションで攻守に無難なプレーにとどまり、混乱していたチームをうまくオーガナイズするまでには至らなかった。今回の一戦では自身のパフォーマンスと共にイウォビやイヘアナチョといった脆さの見え隠れする若手をリードする仕事、セットプレー時などの声掛けなどチームを掌握する仕事が求められる。 ▽一方、アイスランドの注目選手もキャプテンのMFグンナルソンだ。コンディション面に不安を抱えるグンナルソンだが、アルゼンチンとの初戦では武器のひとつであるロングスローと球際の強さを生かして攻守に存在感を示した。さらに、守勢を強いられた中でチームを鼓舞するような気迫のこもったプレーを随所に披露し歴史的な勝ち点奪取に貢献した。ナイジェリアとは異なり、各選手がやるべき仕事を理解しているアイスランドだが、歴史的な勝利を掴むうえではチームをけん引するオーガナイザーの活躍が必須だ。 ◆ナイジェリア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupD2_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆アイスランド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupD2_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/21 《27:00》 アルゼンチン vs クロアチア ▽6/22 《24:00》 ナイジェリア vs アイスランド 2018.06.21 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クロアチア監督、メッシ相手にも恐れはなし「自分たちのサッカーを貫く」

クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督は、次節で対戦するアルゼンチン相手にも自分たちのスタイルを変えることはないと語った。<br><br>クロアチアは16日、ロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でナイジェリアと対戦。2-0で勝利し、最高のスタートを切った。一方、21日に対戦を控えるアルゼンチンは、アイスランド相手にまさかの1-1の引き分けに終わった。<br><br>それでもバルセロナFWリオネル・メッシを擁し、今大会の優勝候補であるアルゼンチンだが、クロアチアの指揮官は真っ向勝負を挑む考えを明かした。<br><br>「すべての対戦を相手を尊敬している。アルゼンチンは特にだ。しかし彼らに合わせることはしない」<br><br>「アルゼンチンと対戦するとき、多少の調整は加えるが、勝ち点を計算するようなことはしない。我々のサッカーをする。抽選の後にも言ったが、アルゼンチン戦が最も簡単な試合になると思う。世界最高のチームと対戦するのは楽しいに違いない」<br><br>そして、W杯初戦を無事に勝利で終えたクロアチアだが、気持ちはすでに次節のアルゼンチン戦に切り替えていると語った。<br><br>「最高のプレーをする必要があるし、アルゼンチンを最大限分析をした。ナイジェリア戦はもう終わった。アルゼンチンをリスペクトしてはいるが、自分たちのスタイル貫くだけだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 17:31 Thu
twitterfacebook
thumb

【W杯グループC第2節プレビュー】初戦勝利のフランスとデンマークが連勝で突破決めるか?

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第2節が21日に開催する。21:00からは初戦を制したデンマークと初戦を落としたオーストラリア、24:00からは初戦を制した優勝候補フランスとペルーが対戦する。なお、今節でデンマーク、フランスが連勝した場合、最終節を前に突破チームが決定する。 ◆チーム情報:結果、内容共に真逆の両者 ▽まずはフランスvsペルーから。グループ本命として臨んだオーストラリア戦だったが、デシャン体制で課題とされる流動的な攻撃や複数人が絡む連動的な崩しという形をなかなか出せず、格下相手に大苦戦。それでも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)とゴールラインテクノロジー(GLT)を駆使し、エースFWグリーズマンのPKとオウンゴールで辛くも競り勝ち白星スタートを切った。連勝を目指す今節に向けては中盤や前線の組み合わせも含めて攻撃面の改善が求められるところだ。 ▽一方、MFクエバのPK失敗や決定力不足が響きデンマークとの初戦に競り負けたペルーだが、試合を通して組織的な守備やカウンター、遅攻とやりたいことは見せられただけにその質をいかに突き詰めていけるかが重要となる。グループリーグ突破に向けて勝ち点3奪取が求められる今回の一戦だが、相手の強力なカウンターを封じるためのリスクマネジメントにも気を配りたい。 ◆注目選手:攻撃の軸となれるか ▽フランスの注目選手はジョーカー起用が見込まれるFWフェキルだ。卓越した左足の技術とその他のプレーヤーと異なるビジョンを持つフェキルは、フィジカル重視のデシャンのチームの中で唯一流れを変えられる存在だ。直近のテストマッチでの好アピールに加え、オーストラリア戦でも途中投入でまずまずの働きを見せており、得意のプレースキックを含めチームの攻撃が停滞した場合には重要な役割を担うはずだ。 ▽一方、ペルーの注目選手はエースストライカーのゲレーロだ。試合勘やコンディションの問題で初戦のデンマーク戦では途中出場となったものの、ストライカーらしい駆け引きや前線で起点となるプレーをみせ、チームの攻撃を活性化させた。今回の一戦では先発か途中投入かは微妙な状況だが、要所で緩さを見せるフランス守備陣を狡猾なプレーで打ち破りたい。 ◆フランス予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupC2_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆ペルー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupC2_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupC2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆チーム情報:デンマーク優位も接戦を予想 ▽ペルーとの初戦を1-0で競り勝ったデンマークだが、主力MFクヴィストの負傷交代というアクシデントに加え、相手のPK失敗、守護神シュマイケルの躍動に助けられるなど、試合内容はいまひとつ。それでも、チームとしての一体感を感じさせる戦いぶりだった。最終節にフランスとの直接対決を控えるため、今節で勝っておきたいデンマークはペルー戦で出た連係面やサイドバックの攻撃参加といった攻撃面の課題を修正したい。 ▽一方、フランス相手に善戦しながらもやや不運な判定で競り負けたオーストラリアだが、球際での粘りや走り切るというハードワークの部分など見るべきものは多くあった。ただ、全体的にフィニッシュの局面でクオリティーを欠く場面が散見されており、フランスほどではないもののタレント力で格上のデンマークに対してはより完璧な仕事が求められる。 ◆注目選手:勝負度胸満点のドリブラーに注目 ▽デンマークの注目選手はペルー戦でやや空回りに終わったMFシストだ。高い身体能力とテクニックを武器に積極的な仕掛け、意表を突くラストパスで多くの好機を演出するチャンスメーカーのシストだが、球離れの悪さや仕掛ける位置の判断に課題を抱えており、ペルー戦ではそれが悪い方向に出ていた。それでも、その鋭い仕掛けはチームのストロングポイントの1つであり、やや小回りの利かない印象もあるオーストラリア守備陣攻略に向けては重要な存在となるはずだ。 ▽オーストラリアの注目選手は右ウイングのレッキーだ。抜群の加速力やタイミングの良い飛び出しを武器にフランス戦でも積極的な仕掛けを見せたレッキーだが、相手の堅守を前に思うようなプレーはできずに終わった。しかし、FWユリッチがコンディションに問題を抱えFWナバウトもいまひとつフィットし切れていない最前線の迫力不足を考えれば、右サイドから積極的に縦に仕掛けられる同選手の存在は重要だ。 ◆デンマーク予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupC2_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆オーストラリア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupC2_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/21 《21:00》 デンマーク vs オーストラリア 《24:00》 フランス vs ペルー 2018.06.21 17:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース