みんなの想いを代弁? チェルシー若手MFムソンダがクラブの若手への扱いに不満爆発2017.10.11 03:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するU-21ベルギー代表MFチャーリー・ムソンダ(20)が、若手の青田買いを繰り返しながらもトップチームでのチャンスが与えられないクラブの現状に対して、自身の『インスタグラム』で痛烈な批判を行った。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽2012年に母国アンデルレヒトのユースからチェルシーのアカデミーに引き抜かれたムソンダだが、トップチームでの出場機会は与えられず、2015-16シーズンにレンタルで放出されたベティスでプロデビュー。その後、2016年12月にベティスから呼び戻されたものの、2016-17シーズン終了まで出場機会は与えられず、先月行われた今シーズンのEFLカップ、ノッティンガム・フォレスト戦でようやくトップチームデビューを果たすことになった。

▽また、ムソンダには今年に入ってローマなど、多くのクラブへの移籍の可能性があったものの、アントニオ・コンテ監督との話し合いの中で定期的な出場機会を与えると言われたことから今夏の残留を決断。しかし、一向にその約束が守られていないことに憤った同選手は、自身の『インスタグラム』で一面真っ黒な画像と共に痛烈なクラブ批判を展開した。

「(クラブで出場機会を得るために)自分を犠牲にし、一生懸命に仕事に励み、よりハードに努力を続ける。そして、時に自分ができる以上のものを捧げる。それはそうすることが好きであり、そうしなければならないと思っているからだ」

「それに対して、(クラブから)何の見返りがあると思うか? それは文字通り、何もない」

「だけど、僕はこのフットボールという素晴らしいゲームのために今後も同じだけの献身、コミットメントを捧げ続けるつもりだ」

▽チェルシーは、今シーズンもU-21イングランド代表FWタミー・エイブラハムやフランス代表DFクルト・ズマを筆頭に34人もの所属選手を各国のクラブへレンタルで放出している。また、UEFAユースリーグ2連覇やFAユースカップ4連覇など、世界屈指のユースを誇る一方で、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールらライバルクラブに比べ、トップチームに生え抜きの選手が定着していないことが、以前から問題視されている。

▽SNSでクラブを批判するムソンダの対応は褒められたものではなく今後のペナルティも濃厚な状況だが、クラブの若手選手に対する信頼に欠けた扱いに対する不満は、ある意味で若手選手全員の総意と言えるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルOB、ライバルに助言「チェルシーにとってジルーは最高のオプション」

かつてアーセナルでプレーしていた元イングランド代表レイ・パーラー氏は、FWオリヴィエ・ジルーこそがチェルシーのストライカー不足解消の最善策だと考えているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>チェルシーは今シーズン開幕前にレアル・マドリーからFWアルバロ・モラタを獲得。しかし、ケガや疲労による欠場が多く見られ、FWの補強が急がれる。ここまではウェスト・ハムFWアンディ・キャロルやストーク・シティFWピーター・クラウチの名前が候補として挙がっている。<br><br>一方、2012年にアーセナルに加入して以来、エースストライカーとして活躍してきたジルー。しかし、今季はクラブ史上最高額の移籍金で加入したアレクサンドル・ラカゼットにポジションを奪われている。さらにクラブはボルシア・ドルトムントFWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得もうわさされており、その補償の一部としてジルーのレンタル移籍が含まれているとも言われている。<br><br>そこでFWの補強を目指す昨季プレミアリーグ王者にとって、ガナーズでの居場所を失ったフランス代表FWこそが最高の選択肢だと、アーセナルOBであるレイ・パーラーが提案した。<br><br>「ジルーこそ最高のオプションだ。アーセナルがまたライバルチームに選手を提供するかが問題だが、チェルシーが十分な額を提示すれば可能性はあるだろう。なにより、ジルーにとってはロンドンに留まることができるという大きなメリットがある。ペトル・チェフのケースと同じようにね」<br><br>アーセナルはすでにテオ・ウォルコットを放出し、アレクシス・サンチェスも移籍は決定的と見られている。ガナーズがさらにFWを減らすことはあるのだろうか。アーセナルで150試合以上の出場を誇る元エースストライカーの去就に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 22:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ジリ貧チェルシー、ストライカー獲得交渉難航で今度はバーンリーFWバーンズに関心

▽今冬のストライカー獲得を目指すチェルシーがバーンリーに所属するイングランド人FWアシュリー・バーンズ(28)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽予てよりセンターフォワードの選手層に問題を抱えているチェルシーは、今冬の移籍市場でストライカーの獲得を目指している。ここまではウェストハムFWアンディ・キャロル、ストーク・シティFWピーター・クラウチ、ローマFWエディン・ゼコの名前が挙がってきた。とりわけ、ゼコに関してはイタリアメディアを中心に合意間近との報道も出ていた。 ▽しかし、『スカイ・スポーツ』は21日、チェルシーが新たな獲得候補としてバーンズ獲得に関心を示していると報道。今回の報道が事実であれば、チェルシーはゼコを含め前述の獲得候補との交渉が難航しており、バーンズにターゲット変更を行った可能性が高いようだ。 ▽これまでプリマスやブライトン・ホーヴ・アルビオンなど、イングランド下部カテゴリーを渡り歩いてきた苦労人のバーンズは、2014年にバーンリーに加入。これまでプレミアリーグで通算3シーズンをプレーしている中で2桁ゴールを達成したことはないが、186cmの長身に加えてイングランド人ストライカーらしい献身性と闘争心に長けたプレースタイルは、アントニオ・コンテ監督が好むタイプかもしれない。なお、今季はリーグ戦23試合に出場し3ゴールを記録している。 2018.01.22 02:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ゼコのチェルシー行きはなし? トッティが移籍話でゼコをイジる

▽今冬のチェルシー移籍が報じられるローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)だが、移籍の可能性は低いのかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』がゼコとクラブ幹部のフランチェスコ・トッティ氏のやり取りを伝えている。 ▽今冬の移籍市場でストライカーの獲得を目指しているといわれるチェルシーは、そのメインターゲットとして昨季セリエA得点王のゼコをリストアップ。先日にはイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が、ゼコと左サイドバックをブラジル人DFエメルソン・パルミエリ(23)のセットでの獲得を目指し、ローマの要求する5000万ユーロ(約67億7000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億5000万円)前後の金額で交渉を進めていると報じていた。さらに、チェルシーとゼコ本人の間ではすでに合意に至っているとも伝えられている。 ▽この緊迫感のある状況で21日のセリエA第21節、インテルとのアウェイゲームに臨むローマ一行は、20日に長距離列車に乗ってミラノへ向かった。ここでチームと共に遠征に同行しているトッティ氏は、テレビカメラを前にして渦中のゼコに対して強烈なイジリを敢行した。 ▽トッティ氏はミラノ行きの列車に乗り込もうとしたゼコに対して、「この列車はロンドン(チェルシー)行きじゃないよな?」とイジリをかますと、ゼコはニヤリと笑いながら「まだね」と返答。チェルシー移籍の噂を冗談に変えた。 ▽現在、幾らエキセントリックな性格のトッティ氏といえど、モンチSD(スポーツ・ディレクター)の右腕を務めている現在の立場で移籍成立間近の選手にかます冗談ではないため、今回のやり取りから判断すれば、ゼコのチェルシー行きの可能性は低いのかもしれない。 ▽なお、今回の移籍交渉の主役を担うモンチSDは同日、ゼコのチェルシー行きを完全否定しなかったものの、「ローマを弱体化させる交渉はしない」と語っていた。 2018.01.21 05:07 Sun
twitterfacebook
thumb

苦戦も終わってみれば4発快勝のチェルシーが2018年プレミア初勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsチェルシーが20日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが4-0で快勝した。 ▽公式戦4戦連続引き分けとドロースパイラルに巻き込まれた3位のチェルシー(勝ち点47)は、ミッドウィークに行われたFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦でも120分で決着を付けられず、記録上は公式戦5戦連続ドロー。それでも、PK戦を制して白星を取り戻した。 ▽だが、同試合ではペドロとモラタが退場処分となり、16位のブライトン(勝ち点23)のホームに乗り込んだこの一戦を共に欠場。さらに、負傷を抱えるセスクやケイヒル、GKクルトワも欠場を強いられ、この試合ではGKカバジェロが今季リーグ初先発を飾ったほか、前線はウィリアン、バチュアイ、アザールの3トップとなった。また、今冬エバートンから加入のバークリーが移籍後初のベンチ入りを果たした。 ▽ホームながら5バックを敷く守備的な入りを見せたブライトンに対して、チェルシーが立ち上がりから攻勢を仕掛けると、あっさりとゴールをこじ開ける。開始3分、右サイド深くで仕掛けたモーゼスの低いクロスがDFにディフレクトしてボックス中央のアザールの足元に渡る。ここで短いステップで右に持ち出したアザールが右足を鋭く振り抜いてゴールネットに突き刺した。 ▽さらに6分には中盤でのカンテのボール奪取からアザールとバチュアイと細かいパス交換を見せたウィリアンがボックス中央で右足を振り抜くと、ややアウトにかかった鋭いシュートが右隅に決まった。 ▽ここ最近の決定力不足が嘘のように電光石火の連続得点で一気にリードを2点に広げたチェルシーだが、ここからペースを落とすとホームチームの反撃に晒される。16分にはやや飛び出しが遅れてパンチングに距離が出なかったGKカバジェロがこぼれ球を拾ったスケロットを倒してしまうが、ここは主審がPKを取らず。直後のCKでは再びカバジェロの判断ミスからピンチを招くも、ここは相手のファウルによって事なきを得る。 ▽バタつくGKカバジェロのパフォーマンスに不安を感じるチェルシーは、早い時間帯に試合を終わらせようと、果敢に3点目を狙いに行く。この流れの中でバカヨコ、ウィリアン、バチュアイと続けて枠内シュートを放っていくが、ここは相手GKライアンの好守に阻まれる。 ▽その後は再び相手の攻勢に晒されると、30分にはグロスの右クロスをダフィに頭で合わせられるが、これはGKカバジェロが汚名返上のビッグセーブ。35分にはボックス内でルーズボールに反応したスケロットをバカヨコが後方から倒すが、ここでも主審はPKを取らず、事なきを得た。 ▽幸先良く2点を奪いながらもチグハグな形で前半を終えたチェルシーは、後半も立ち上がりの50分にグロスの右クロスをゴール右のプレパーに頭で合わせられてポストに救われるなど、ピリッとしない入りとなる。 ▽さらに58分にはセットプレーの守備で後頭部を打ったクリステンセンが一度はプレーに復帰も続行不可能となり、ダビド・ルイスの緊急投入を余儀なくされる。そのD・ルイス投入直後にはボックス手前中央で得たFKをキッカーのウィリアンが直接狙うが、壁を越えて右隅を捉えたシュートはGKライアンに触られてポストを叩く。 ▽単発的にチャンスを作るものの流れが悪いチェルシーは最終ラインと中盤の距離感の悪さに加え、セカンドボールへの反応の鈍さから苦しい展開が続く。65分にはボックス内でセカンドボールを拾ったスケロットにゴール前に抜け出されるが、ここはGKカバジェロが何とか身体に当てて失点を許さない。 ▽その後もホームチームペースが続く中、チェルシーの頼れるエースが試合を決める。77分、自陣左サイドでのスローインから攻撃を仕掛けたチェルシーは相手陣内を持ち上がったアザールがバチュアイのフリーランをオトリに左サイドから切り込んでペナルティアーク付近から右足のシュート。これがゴール左隅に決まった。 ▽アザールのこの試合2点目でようやく試合を決めたチェルシーは、試合終了間際の89分にも途中出場ムソンダのフィードに抜け出したモーゼスが4点目を奪取。試合を通して苦しみながらも課題の決定力を見事に改善し、2018年リーグ戦初白星となるリーグ3戦ぶりの勝利を手にした。 2018.01.20 23:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ゼコと合意か

▽チェルシーが、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)と個人合意に至っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でFWアンディ・キャロルやFWピーター・クラウチなど大型FW獲得の噂が伝えられてきたチェルシー。どうやら本命はゼコの模様で、既に本人の合意を取り付けている。 ▽報道によれば現在、チェルシーはローマとの合意に関してポジティブに交渉を進展させており、ゼコに加えて左サイドバックを主戦場とするMFエメルソン・パルミエリ(23)をセットで獲得することを目指している模様。ローマの要求額は5000万ユーロ(約67億7000万円)+ボーナス1000万(約13億5000万円)だとのことだ。 ▽なお、ゼコは昨シーズン、ローマでリーグ戦37試合に出場して29得点を記録。今シーズンはここまでリーグ戦19試合で9得点を挙げている。また、エメルソン・パルミエリは、昨シーズンにリーグ戦25試合に出場したが、今シーズンは昨シーズン終盤に左ヒザ前十字じん帯を損傷した影響で出遅れ、DFアレクサンダル・コラロフにポジションを奪われる形でリーグ戦出場が1試合にとどまっている。 2018.01.20 18:43 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース