“ズレ”を感じるMF小林祐希「自分の特徴のせいでプレーが遅いという人もいる」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.11 02:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。代表初先発となったハイチ戦を振り返り、自身の意図したプレーとチームとして求められる戦いに“ズレ”があると明かした。

◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
──試合中、どこか痛めたように見えたが
「腰を変なひねり方してプレーを止めちゃって、そのあとに失点したので、みんなに申し訳ない」

──スタートから起用された感想は
「気持ち的にはすごいリラックスして入れたけど、初スタメンでピッチの上で国歌を聞くと、『硬くなるもんだな』と少し感じた。それも経験」

──平常心ではなかったのか
「気持ち的にはいつもどおり。1失点目のときも無理に食いつかなくて良かったのに食いついて、トントンとワンタッチでかわされて後ろのスペースを使われたり、無駄な動きをしてしまった」

「自分のチームだと、『こういうときに行く、止まる』がはっきりしていてやりやすい部分があるけど、こうやって新しくやる選手が多いときに自分の判断、個人戦術で食い止めていくところを止めていかないといけない。それが自分の課題」

──プレーで心がけたことは
「ニュージーランド戦もその前も代表を見ていると、みんなが高い位置に入り過ぎてスペースがなくなると感じていたので、そこに入らずに(遠藤)航の脇や相手のサイドバックやサイドハーフ、ボランチの脇を使うことを意識した」

「(酒井)高徳くんや(杉本)健勇、(倉田)秋くんがフリーになれれば良いと思って、動きながらパスをテンポ良く捌いていた。前半はそれがうまくいって、スルーパスもあり、クサビもあり、良い形を何回か作れていた」

──テンポに変化を加えるプレーなど、自分の特徴を出せていたと思うが
「僕としては、それが特徴なのでそういう風に見てもらえると嬉しいけど、そのためのせいでプレーが遅いという人もいる」

「僕は意識的に遅らせたのに、監督が1つ遅れていると判断したら、それはズレになる。評価するのは監督。僕には何とも言えない」

「前半に関しては、そのズレを相手が嫌がっていると思っていたし、後半は『もうちょいダイナミックなプレーを増やそう』と思っていたところで交代になってしまったので残念」

「完璧ではなかったけど、サイドチェンジを含めて、特徴を出そうとした姿勢を見てくれている人は評価してくれるのかなと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

【日本代表コラム】勝って兜の緒を締めよ

▽ロシア・ワールドカップの初戦を19日に迎えた日本代表。コロンビア代表が有利と見られる中、2-1で勝利。歴史的な一勝を挙げた。大事な初戦で期待以上の勝ち点3を掴んだ日本。この上ない結果だが、決して満足してはいけないものだろう。 <span style="font-weight:700;">◆立ち上がりは上々</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キックオフ直前、FWラダメル・ファルカオがエンドの入れ替えを要求。コイントス時にファルカオが訴えていたが、審判団が忘れたのか、直前のタイミングで異例の交換となった。しかし、日本は立ち上がりからアグレッシブな入りを見せ、3分に決定的な瞬間が訪れた。 ▽ルーズなボールが入ると、FW大迫勇也が相手DFと競り合いながらボールをキープ。そのまま持ち込み、GKダビド・オスピナと一対一となりシュート。これは防がれたが、後方から走り込んだMF香川真司がダイレクトシュート。ここで、MFカルロス・サンチェスが腕を出してハンド。日本はPKを得るとともに、コロンビアは1人を退場し数的不利となった。 ▽このシーンは、大迫が身体の強さを見せたキープが生んだものではあるが、パスを出した香川のランも評価すべきだ。クリアボールをダイレクトで前に送ると、大迫にDFが集中する中追いかけ、PK獲得に繋がった。大迫のシュートがセーブされた跳ね返りをダイレクトで打ったことも大きい。キープし、崩すことを考えず、アグレッシブに押し切ったことがプラスに働いた。 <span style="font-weight:700;">◆リード時の戦いに不安も</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽しかし、1点リードしてからの戦い方には不安が残る。コロンビアは10人になったものの、ホセ・ペケルマン監督は交代カードを切らず。一方で、日本は数的優位ながらもコロンビアの選手を捕まえきれず、ボールを回される展開に。1人多い点を生かすことができず、後手を踏んだ。 ▽1人余ることで、本来であればリスクを冒して奪いに行って良いシーンでも、ディレイを優先するためにパスを繋がれてしまう。また、人数をかけてボールを奪いに行く場面でも、プレス回避を上手くされ、ボールを繋がれてしまっていた。 ▽当然、個人能力の高さがあるコロンビアだけに、そこまで上手く守備がハマるとは考えにくい。しかし、「チームとして守る」という西野朗監督の試合前のコメントを考えると、上手く機能していたとは言えないだろう。 ▽また、失点シーンに繋がったプレーも気になるところだ。自陣でのボールに対し、DF長友佑都がクリアミス。高く上がったボールを競り合ったファルカオが上手く倒れてボックス手前でFKを獲得した。リードしている状況、そして時間帯を考えれば、もっとセーフティなプレーを心がけても良かったはず。長友のクリアミスがなぜ生まれたのか、しっかりと分析してもらいたいところだ。 ▽FKに関しても、良い位置ではあったとはいえ、防げる余地はあったと言える。GK川島永嗣の立ち位置は、若干ファーに寄っていた。壁の下を抜かれたグラウンダーのシュートがわずかにラインを越えて得点を許したが、壁の上を越えていたとしても、ボールスピードを考えると枠に入っていては間に合わなかったのではないだろうか。キックの精度もあるが、川島の対応も気になるところだ。 <span style="font-weight:700;">◆良い流れからの決勝点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽決勝点の場面はCKから。左サイドからMF本田圭佑がクロスを上げると、ボックス中央で競り勝った大迫がヘディングで決めた。これまではMF柴崎岳がキッカーだったが、本田に代わって1本目のCK。アウトスイングになったこと、さらには球質が変わったことも影響しただろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽しかし、注目したいのはCKを得たプレー。右サイドを崩すと、ニアサイドに低いボールを入れ、大迫がキープ。この落としを走り込んだ酒井宏樹がシュートした。崩し方の問題を抱えていた日本にとって、コロンビア戦の終盤は良い崩しがいくつか見られた。 ▽コロンビアの疲労も影響し、日本がつけ入るスペースができていた。そこをしっかりと使えたことはプラスだが、ゴールという結果が生まれなかった。乾の惜しいシュートも、GKオスピナの好セーブに阻まれた。チャンスが多く訪れないことを考えると、いかに効率よく得点を奪うかが重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆勝って兜の緒を締めよ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦で勝ち点3を獲れたという結果は、これ以上ないものだ。3試合で決着がつくことを考えると、コロンビア、そしてポーランドと勝ち点3差を付けていることは大きい。 ▽しかし、相手が早々に10人になったことを考えると、試合内容は満足いくものとは言えない。11人が揃っていたら、この結果が生まれていなかったかもしれない。試合巧者とは言えない日本だけに、やはりピッチ内での決まり事をどこまで設定できるかが重要だ。 ▽日本には「勝って兜の緒を締めよ」ということわざがある。運も味方したことで勝ち点3を得られたこのチャンスを活かすためには、浮かれてばかりは居られない。特に、守備面でのプランニングは重要だ。少ない相手に対しての守り方をみても、どこかチーム全体でちぐはぐさが見える。サイドでの追い込み方、中盤での立ち位置、プレスの強度…さまざまな感覚が異なるアフリカ勢との対戦を考えると、整理する必要は出てくる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽次戦の相手は、ポーランドに勝利したセネガル。アフリカ人特有の優れたフィジカルに加え、整理された守備、破壊力抜群のカウンターを持っている。しっかりとプランを立て、ピッチ上で遂行することができるか。コロンビア戦の勝利に浮かれず、ここで得た課題を次戦までに振り返れば、グループ突破の可能性が見えてくるだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.20 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

コロンビア人サポーターの愚行にレジェンドが謝罪「代表していると思わないで」

▽コロンビア代表サポーターによる日本人サポーターへの侮辱行為に対して、コロンビア代表のレジェンドが謝罪した。 ▽19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア代表vs日本代表。戦前の予想とは異なり、日本が2-1でコロンビアに勝利。W杯で南米勢として初めてアジア勢に敗れることとなった。 ▽試合後、コロンビア人のサポーターが日本人の女性サポーターとの動画をSNSに投稿。スペイン語で「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結果を言わせた後、「ヨ・ソイ・ビエン・ペラ(私は良い売春婦です)」と発言させており、これが大きな問題となっていた。 ▽1人の人間による侮辱行為は動画とともに拡散され、大きな批判の的に。これに対し、かつてコロンビア代表として活躍したファウスティーノ・アスプリージャ氏が自身のツイッター(@TinoasprillaH)で謝罪した。 「世界中のすべての友人たち、特に全ての日本人の友人に向けて、これらの類の人間はコロンビアを代表していると思わないでもらいたい。我々は全ての文化を尊重している」 「我々の国を代表して、謝罪したい。どうか受け入れて欲しい。敬意と愛を持って」 ▽世界中が注目するワールドカップ。熱い対戦が続き、サポーター同士が熱くなることもあるが、基本的には友好的な関係が各国サポーター同士の間で見られる。1人の人間の愚かな行為で、国としての価値を下げることは、避けてもらいたいものだ。 2018.06.20 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.06.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

数的不利跳ね返せず黒星スタート…コロンビア代表指揮官「ポジティブなことがあるとすれば…」

▽コロンビア代表を率いるホセ・ペケルマン監督が、日本代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えている。 ▽2大会連続6回目のW杯出場となったコロンビアは19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節で日本と対戦。序盤から日本を押し込みたかったコロンビアだったが、試合開始早々の3分にボックス内でのハンドで決定機を阻止したカルロス・サンチェスにレッドカードが提示されてしまう。そのPKから先制点を許すと、39分にはキンテーロのFKで試合を振り出しに戻したが、73分に勝ち越しゴールを決められ、1-2で初戦を落とした。 ▽試合後、ぺケルマン監督は日本戦を回想。試合開始早々に数的不利の状況になりながらも1点を返したことについてポジティブに捉え、次戦に切り替えた。 「我々は全く違う結果を予想していた。勝利してスタートを切りたいと思っていた」 「ポジティブなことがあるとすれば、困難な状況に対応し、一度はなんとか試合を振り出しに戻せたことだ。そのことについてはとても良いリアクションであったと思う。これを示し続ければ、残りの試合で良い結果が残せるはずだ。これからの2試合で今回の敗戦を補うことができる」 「途中からピッチへ送り出した選手によって、私が守備的なスタイルを展開することを望んでいないことを示した。日本を苦しめるためにより前方へパスを送り、両サイドを使ってプレーしたかった」 2018.06.20 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカムサプライズ登場! 日本代表の歴史的勝利にお台場が歓喜! 《2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLZONE》

▽日本のフットボールを盛り上げるスポーツコミュニティパーク『ODAIBA FOOTBALLZONE 2018』は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦に臨む日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングを、アクアシティお台場で開催した。 ▽試合開始前には元日本代表の中田浩二氏とヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが登壇。日本が勝利するためには何が必要かと尋ねられたポドルスキは、「日本のスカウティング担当がどういう選手を使えばいいか、分かってくれているといいな」と2014年のブラジルW杯王者として独特の見解を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを着て登場したポドルスキは、日本代表に入る気はあるかと問われると「呼ばれればね。今からでもロシアに行くよ(笑)」とコメントし、会場を沸かせた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽そして、ハーフタイム中にはなんと元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏がシークレットゲストとして登場。「ポルトガルvsスペインなんかの物凄い試合が行われているけど、やっぱり今日の日本とコロンビアは注目。日本は物凄く若いチームではあるけど、一体となっている感じがする」と日本を評した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを中田氏から手渡され、「もの凄く素晴らしいユニフォームで色とデザインのセンスも抜群」と感想を述べたベッカム氏は、スタッフが用意したボールにサイン。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽MCからまだプレゼントの抽選方法が決まっていないがどうしたらいいか、と相談されると「キックかな」と返答。ボールを蹴り込む際にはスタジアムが大きな歓声に包まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽降壇する前に「日本に来るたびにすごく楽しいし家族も日本が大好きなんだ。後半もぜひ日本に頑張って欲しい」と日本にエールを送ったベッカム氏。その言葉の通り、日本が2-1で勝利を収めると2100人のサポーターが詰めかけたPV会場は歓喜の渦に巻き込まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽国中に希望をもたらした日本代表は、24日の24:00にセネガル代表との第2戦を迎える。 2018.06.20 14:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース