【ブンデス第8節プレビュー】ドルトムントvsライプツィヒ、武藤vs酒井高&伊藤、浅野vs大迫開催2017.10.13 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽代表ウィーク前に行われた前節ではアンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルンがヘルタ・ベルリンに引き分け、2試合勝利から見放される格好となった。一方でドルトムントは香川の今季2ゴール目が決勝点となって6勝目を挙げている。その他、マインツの武藤に今季3ゴール目が、ケルンの大迫に今季初ゴールが生まれている。迎える第8節では昨季3位のドルトムントvs2位ライプツィヒの好カードや、武藤マインツvs酒井高&伊藤HSVと浅野シュツットガルトvs大迫ケルンの日本人対決が開催される。

▽前節アウグスブルク戦を香川の芸術的ループ弾で2-1と競り勝った首位ドルトムント(勝ち点19)は、2連敗中で後のない必勝のチャンピオンズリーグ(CL)アポエル戦を火曜日に控える中、ライプツィヒ撃破にかかる。代表戦でピシュチェクが重傷を負い、サイドバックが人材難となったが、乗り切れるか。代表戦2試合に出場し、ハイチ戦では終了間際に同点ゴールを決めた香川は先発予想となっている。

▽一方、ケルンに2-1と勝利して4勝目を挙げた4位ライプツィヒ(勝ち点13)は、同じく火曜日に初勝利を目指すCLポルト戦を控える中、ドルトムントを止めて優勝争いに絡むための足がかりとできるか。めまいで代表戦を回避したヴェルナーはベンチスタート予想となっている。

▽土曜日にはマインツの武藤と酒井高&伊藤のハンブルガーSVによる日本人対決が行われる。前節ヴォルフスブルク戦で今季3ゴール目を決めてチームに勝ち点をもたらしたマインツの武藤は、代表戦ではニュージーランド戦で先発したものの、インパクトを残せずハイチ戦では終盤の出場でアピールするには至らなかった。そんな中チームに戻り、2試合連続ゴールで今季3勝目をチームにもたらせるか。

▽対する3試合連続スタメン出場中のHSV酒井高は、前節ブレーメンとのノルト・ダービー(0-0)では攻守に及第点のプレーを見せ、チームの連敗を4で止めた。その酒井高はハイチ戦ではフル出場し、終盤の同点弾を演出。良い流れのままチームに戻り、今季3勝目に貢献できるか。また、ダービーでスタメンデビューを果たし、キレ味鋭いドリブル突破で存在感を示して交代する際にスタンディングオベーションで見送られた伊藤は引き続きスタメン予想となっている。

▽金曜日には浅野シュツットガルトvs大迫ケルンが行われる。ベンチスタートが続き、前節フランクフルト戦では出場機会のなかった浅野は、代表戦でもインパクトを残せず消化不良でチームに戻る形となった。一方、前節ライプツィヒ戦で今季初ゴールを決めたものの、チームは今季6敗目を喫した大迫のケルンは2戦連発弾で今季初勝利をもたらしたい。

▽その他、2012-13シーズンにバイエルンを3冠に導いたハインケス監督を再招へいしたバイエルンは、フライブルクとのホーム戦で3試合ぶりの勝利を目指し、前節バイエルン戦で圧巻の3人抜きドリブルからのアシストを決めたヘルタ・ベルリンの原口は、シャルケとのホーム戦に臨む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第8節
▽10/13(金)
《27:30》
シュツットガルト vs ケルン

▽10/14(土)
《22:30》
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
ヘルタ・ベルリン vs シャルケ
ハノーファー vs フランクフルト
マインツ vs ハンブルガーSV
バイエルン vs フライブルク
《25:30》
ドルトムント vs ライプツィヒ

▽10/15(日)
《22:30》
レバークーゼン vs ヴォルフスブルク
《25:00》
ブレーメン vs ボルシアMG

コメント

関連ニュース

thumb

9戦ぶり勝利のドルトムントに朗報!! 前十字じん帯断裂のロイスがボールトレーニングに復帰!!

▽9戦ぶりの白星に沸くドルトムントにさらなる朗報が届いたようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽ピーター・ボス前監督を解任し、ペーター・シュティーガー新監督を迎えたドルトムントは、初陣となったブンデスリーガ第16節のマインツ戦を2-0で勝利。9試合ぶりの白星を飾った。 ▽最悪の状態から浮上を目指すチームに、さらに朗報が舞い込んできた。今年5月に行われたDFBポカール決勝のフランクフルト戦で、ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガを負ったドイツ代表MFマルコ・ロイスが、ボールを使ったトレーニングを行えるまでに回復しているようだ。 ▽リハビリを行い、ランニングを続けてきたロイスは、13日に行われたトレーニングで負傷後初めてとなるボールを使ったトレーニングに参加。問題なくメニューをこなしたようで、復帰に向けて一歩前進した。なお、『キッカー』によるとロイスの復帰時期は来年3月以降になるという。 2017.12.14 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過

▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。 ■グループH順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.トッテナム[16/5/1/0/11] 2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10] 3.ドルトムント[2/0/2/4/-6] 4.アポエル[2/0/2/4/-15] ◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。 ◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。 ◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。 ◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。 2017.12.13 18:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのシュテーガー新監督、公式戦10試合ぶり白星で「私にとっても久々の勝利」

ドルトムントのペーター・シュテーガー新監督は、就任後初勝利に喜びを示した。<br><br>ドルトムントは12日、マインツと対戦。シュテーガー監督にとっては新天地での初陣となった。試合は香川真司の活躍もあり、2-0と勝利してドルトムントが公式戦10試合ぶりの白星を挙げている。リーグ戦の勝利は第7節以来だった。<br><br>いまだリーグ戦で白星を挙げていないケルンを解任された直後にドルトムントへとやってきたシュテーガーは、試合後の記者会見で「ドルトムントにとっても私にとっても久々のリーグ戦勝利となった」と話し、勝ち点3に喜びを露わにした。<br><br>さらに続けて、「この勝利はピーター・ボスのものでもある。彼の幸運を祈っている」と前任者の名前を出すことも忘れなかった。<br><br>また、先制点を挙げたソクラティス・パパスタソプロスも「今夜の勝利は重要だ。これからの試合も、こういった状況を抜け出すために重要になるけどね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 11:04 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司、ブンデス公式でMOMに…シュテーガー新監督の初陣飾る活躍

ドルトムントのMF香川真司が、マインツ戦で見事な活躍を見せてドイツメディアで高い評価を獲得している。<br><br>ドルトムントは12日、ブンデスリーガ第16節でマインツと対戦。9試合勝利なしと不振に陥っていたドルトムントはピーター・ボス監督を解任し、ペーター・シュテーガー監督を招へいして初めての試合となった。<br><br>試合は後半にソクラティス・パパスタソプロスのゴールでドルトムントが先制すると、終了間際に香川のダメ押し弾が決まり、2-0で勝利。久々の勝利に貢献し、フル出場を果たした香川には賛辞が贈られている。<br><br>地元紙『ルールナハリヒテン』では、香川のパフォーマンスはソクラティス・パパスタソプロスと並び、チーム最高タイの「2.5」。評価記事を「香川が(ゲームを)整えた」と題しながら、「たくさん動き、常にボールを受けられる形をつくった。(78分)2-0を決めなければいけなかったが、幸いにも試合終了間際にそれができた」と寸評した。<br><br>そのほかほとんどの選手たちに「3」~「3.5」と及第点を与えた同紙だが、ラファエル・ゲレイロやアンドリ―・ヤルモレンコ、クリスチャン・プリシッチには最低タイとなる「4」と低めな評価を下している。<br><br>またブンデスリーガ公式ウェブサイトは香川をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。<br><br>プレーについては「香川はドルトムントが記録したシュート15本中4本に関与しており、自らチーム最多シュート数となる3本を放った。機敏な日本人選手はたくさん走り(12.6キロ)、競り合いにおいては47%とアタッカーにしては高めの勝率を記録している」と記された。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

シュティーガー初陣のドルトムント、香川が2ゴールに絡む活躍で9試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、マインツvsドルトムントが12日に行われ、0-2でドルトムントが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は欠場し、ドルトムントのMF香川真司はフル出場して今季3ゴール目を決めている。 ▽前節ライプツィヒ戦を2-2と引き分けた14位マインツ(勝ち点16)は、背中を痛めている武藤が4試合連続欠場となった。 ▽一方、香川がアシストを記録したものの、ブレーメンに1-2と競り負けた8位ドルトムント(勝ち点22)は、ボス監督をついに解任。ケルンを解任されたばかりのシュティーガー監督を招へいした中、香川は[4-3-3]の右インサイドMFで先発となった。 ▽3トップに右からヤルモレンコ、オーバメヤン、プリシッチと並べたドルトムントが立ち上がりから仕掛けていく。しかし7分にピンチ。セルダーのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽その後もハーフコートゲームを展開したドルトムントは、18分にCKの流れからオーバメヤンがボレーシュートに持ち込むと、32分には香川が左足ミドルでゴールを狙っていく。 ▽押し込みながらもやや攻めあぐねるドルトムントは41分に決定機。ロングフィードに抜け出したオーバメヤンがボックス中央からスライディングシュート。だが、枠の右へ外れた。さらに45分、ボックス手前左のラファエウ・ゲレイロがミドルシュートを狙うと、枠の右を捉えたがGKのファインセーブに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も攻め込んだドルトムントは51分にプリシッチがボックス内から可能性のあるシュートを浴びせると、55分に先制する。左サイドからの香川のFKをファーサイドのトプラクがヘッド。このシュートは右ポストに直撃したが、ルーズボールをボックス右のパパスタソプーロスがボレーで蹴り込んだ。 ▽58分にもヤルモレンコとの関係でボックス右に侵入したラファエウ・ゲレイロが枠内シュートを浴びせたドルトムントは、66分のハックのヘディングシュートをGKビュルキが好守で防ぎ、リードを保っていく。 ▽逃げ切りを図るドルトムントはプリシッチに代えてダフードを投入。香川は[4-2-3-1]のトップ下にポジションを移した。すると79分、その香川に決定機。香川のスルーパスでボックス右のスペースを突いたヤルモレンコの折り返しを、ゴール前でフリーとなった香川が右足で合わせる。しかし、GKゼントナーのファインセーブに阻まれた。 ▽そして89分、香川が勝負を決定付ける。香川のヘディングでのパスに抜け出したオーバメヤンがボックス内に侵入。GKと相手DFを引き付けてラストパスを出すと、ボックス右に走り込んだ香川がゴールに流し込んだ。このまま2-0で勝利したドルトムントがシュティーガー監督の初陣を勝利で飾り、9試合ぶりの白星を挙げている。 2017.12.13 06:37 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース