【ブンデス第8節プレビュー】ドルトムントvsライプツィヒ、武藤vs酒井高&伊藤、浅野vs大迫開催2017.10.13 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽代表ウィーク前に行われた前節ではアンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルンがヘルタ・ベルリンに引き分け、2試合勝利から見放される格好となった。一方でドルトムントは香川の今季2ゴール目が決勝点となって6勝目を挙げている。その他、マインツの武藤に今季3ゴール目が、ケルンの大迫に今季初ゴールが生まれている。迎える第8節では昨季3位のドルトムントvs2位ライプツィヒの好カードや、武藤マインツvs酒井高&伊藤HSVと浅野シュツットガルトvs大迫ケルンの日本人対決が開催される。

▽前節アウグスブルク戦を香川の芸術的ループ弾で2-1と競り勝った首位ドルトムント(勝ち点19)は、2連敗中で後のない必勝のチャンピオンズリーグ(CL)アポエル戦を火曜日に控える中、ライプツィヒ撃破にかかる。代表戦でピシュチェクが重傷を負い、サイドバックが人材難となったが、乗り切れるか。代表戦2試合に出場し、ハイチ戦では終了間際に同点ゴールを決めた香川は先発予想となっている。

▽一方、ケルンに2-1と勝利して4勝目を挙げた4位ライプツィヒ(勝ち点13)は、同じく火曜日に初勝利を目指すCLポルト戦を控える中、ドルトムントを止めて優勝争いに絡むための足がかりとできるか。めまいで代表戦を回避したヴェルナーはベンチスタート予想となっている。

▽土曜日にはマインツの武藤と酒井高&伊藤のハンブルガーSVによる日本人対決が行われる。前節ヴォルフスブルク戦で今季3ゴール目を決めてチームに勝ち点をもたらしたマインツの武藤は、代表戦ではニュージーランド戦で先発したものの、インパクトを残せずハイチ戦では終盤の出場でアピールするには至らなかった。そんな中チームに戻り、2試合連続ゴールで今季3勝目をチームにもたらせるか。

▽対する3試合連続スタメン出場中のHSV酒井高は、前節ブレーメンとのノルト・ダービー(0-0)では攻守に及第点のプレーを見せ、チームの連敗を4で止めた。その酒井高はハイチ戦ではフル出場し、終盤の同点弾を演出。良い流れのままチームに戻り、今季3勝目に貢献できるか。また、ダービーでスタメンデビューを果たし、キレ味鋭いドリブル突破で存在感を示して交代する際にスタンディングオベーションで見送られた伊藤は引き続きスタメン予想となっている。

▽金曜日には浅野シュツットガルトvs大迫ケルンが行われる。ベンチスタートが続き、前節フランクフルト戦では出場機会のなかった浅野は、代表戦でもインパクトを残せず消化不良でチームに戻る形となった。一方、前節ライプツィヒ戦で今季初ゴールを決めたものの、チームは今季6敗目を喫した大迫のケルンは2戦連発弾で今季初勝利をもたらしたい。

▽その他、2012-13シーズンにバイエルンを3冠に導いたハインケス監督を再招へいしたバイエルンは、フライブルクとのホーム戦で3試合ぶりの勝利を目指し、前節バイエルン戦で圧巻の3人抜きドリブルからのアシストを決めたヘルタ・ベルリンの原口は、シャルケとのホーム戦に臨む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第8節
▽10/13(金)
《27:30》
シュツットガルト vs ケルン

▽10/14(土)
《22:30》
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
ヘルタ・ベルリン vs シャルケ
ハノーファー vs フランクフルト
マインツ vs ハンブルガーSV
バイエルン vs フライブルク
《25:30》
ドルトムント vs ライプツィヒ

▽10/15(日)
《22:30》
レバークーゼン vs ヴォルフスブルク
《25:00》
ブレーメン vs ボルシアMG

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司、次節でのベンチ入りが決定的に!戦遠征に帯同、ライバルのゲッツェはメンバー外に

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、ついに今季リーグ戦初出場を迎えることになるかもしれない。遠征メンバーの一員として21日、ホッフェンハイムへと向かった。<br><br>ルシアン・ファーヴレ新監督の下ではDFBポカール1回戦に続きリーグ戦開幕3試合もメンバーに含まれず、苦境に立たされていた香川。18日に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦には途中出場を果たすも、今後の起用については不透明のままとなっていた。<br><br>だが、香川はどうやらこの一戦で見せたプレーでファーヴル監督へのアピールに成功したようだ。ここに来て、現地時間22日のブンデスリーガ第4節ホッフェンハイム戦に向けたメンバー入りが濃厚となった。試合前日にドルトムント空港でスタッフやほかのチームメートとともに搭乗口に向かう姿を見せている。<br><br>なお、ドイツ『ルールナハリヒテン』『キッカー』など複数メディアによると、これまでリーグ戦ではベンチ入りしていたMFマリオ・ゲッツェ、そしてユリアン・ヴァイグルはメンバーから外れたとのこと。CL戦は筋肉系の問題で欠場していた新加入FWパコ・アルカセルも帯同せず。その一方で、MFトーマス・デラネイはメンバーに復帰したという。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.22 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

好きな選手は「香川!」と即答…“兄貴分”がSNSで言及、リヴァプール移籍消滅の逸話も

ドイツ3部、KFCユルディンゲン05に所属する元ドイツ代表ケビン・グロスクロイツのSNSに注目が集まっている。<br><br>グロスクロイツは21日、ドルトムント在籍経験のあるレジェンドたちとの写真を『Instagram』に投稿し「ブラジル人たちと香川真司」というメッセージを添えている。そこにはグロスクロイツ本人のほか、かつてドルトムントで得点王のタイトルを獲得したマルシオ・アモローゾ、ボランチのチンガ、長年サイドバックとしてチームを支えたDFデデといったブラジル人メンバー数人に、香川真司が加わっている写真だった。<br><br>また、この投稿の前には、グロスクロイツはファンからの質問にSNSを通して返すという一幕も。<br><br>同選手は&ldquo;(恩師ユルゲン・クロップの率いる)リバプールからオファーがあったの?&rdquo;という質問に対して、『Instagram』のストーリー機能を使用し「オファーは確かにあった」と返信。プレミアリーグへの移籍が実現しなかったことを明かしている。<br><br>また、グロスクロイツはドルトムントファンからの送られた多数の質問にも答えており&ldquo;好きな選手は?&rdquo;というお題には「カガワだ! アイツのInstagramは謎めいているよね」と、香川であると答えている。<br><br>1988年生まれ、現在30歳のグロスクロイツは地元ドルトムントの下部組織育ちで、アーレン在籍期間を経てドルトムント復帰後はトップチームの主軸に定着。2010年からドルトムントに在籍している香川を弟のように可愛がり、現在に至るまで香川とは密に連絡を取り合っている&ldquo;兄貴分&rdquo;としても知られる。<br><br>グロスクロイツは2016年からガラタサライ、シュトゥットガルト、ダルムシュタットを渡り歩き、現在はドイツ3部のKFCユルディンゲン05に在籍している。同選手はドルトムントへの愛を公言しており、退団後も度々シグナル・イドゥナ・パルクへと足を運んでいた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.21 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント監督、CL白星スタートに満足…注目のゲッツェや香川のプレーには触れず

ドルトムントは18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループAのクラブ・ブルージュ戦で、苦しみながらも1-0と勝利した。ルシアン・ファブレ監督は敵地での勝利に満足を示すも、MFマリオ・ゲッツェや香川真司については言及しなかった。<br><br>この試合には4-2-3-1を採用したファブレ監督だが、これまでリーグ戦での起用を見送っていたゲッツェをトップ下に配置。前線にマルコ・ロイスを置き、負傷明けのユリアン・ヴァイグルをアクセル・ヴィツェルと組ませたが、上手く機能せず。特に前半は相手に複数のチャンスを許すなど苦戦を強いられた。<br><br>この展開に、62分には香川をゲッツェの代わりに投入。するとファイナルサードでのプレーがよりスムーズに。そして同じく途中出場のクリスチャン・プリシッチが85分に挙げたゴールが決勝点となり、ドルトムントはCLで白星スタートを切っている。<br><br>試合後、勝利を収めたことには「満足している」と切り出したスイス人指揮官は「オーケーだったが、素晴らしくはなかった」とコメント。ドイツ『シュポルト1』が伝えたコメントによれば、マハムド・ダフードを称賛したようだ。<br><br>「動きが少な過ぎた。なかなか解決策を見出せなかったため、チャンスをあまりつくり出せなかった。我々のゴールは少しばかりラッキーだったが、モー・ダフード(マハムド・ダフード)は正しい瞬間にパスを出している。こういうプレーでこのような結果を呼び込むこともあるんだ。勝利を収めたのは大きいが、過度な期待を寄せるのは避けたい。我々のチームは若いからね」<br><br>ファブレ監督はこの試合に関してドイツで特に騒がれているゲッツェについては言及せず。自身の下で公式戦初出場を迎えた香川のプレーに触れることもなかったが、ポジション上のライバルと見られる2人の今後の扱いに注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがモナコに順当勝利で白星発進《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節、モナコvsアトレティコ・マドリーが18日に行われ、1-2でアトレティコが逆転勝利した。 ▽ドルトムント、クラブ・ブルージュが同居するグループの本命と見られるアトレティコは、昨季は悔しいグループステージ敗退に終わったものの、ヨーロッパリーグ優勝を果たした。そのアトレティコは今夏、レマルやロドリゴ・エルナンデス、ジェウソン・マルティンスにカリニッチらを獲得したものの、リーガエスパニョーラでは1勝2分け1敗スタートとまさかの躓きを見せた。CLで流れを変えたい中、1-1で辛くも引き分けた直近のエイバル戦のスタメンから2選手を変更。古巣対戦となるレマルはベンチスタートとなった。 ▽一方、レマルの他、ファビーニョ、ケイタにモウティーニョを失ったモナコはリーグ・アンでは1勝2分け2敗と苦戦。そのモナコは古巣対戦となるファルカオが先発となった他、シャドリやヘンリクスといった新戦力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持したアトレティコは6分、浮き球パスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス右から決定的なシュートを浴びせるも、わずかに枠の左に外れてしまう。 ▽すると18分、クロスボールの処理にかかったサウールからファルカオがボールを奪ってボックス右からクロスを送ると、ルーズとなったボールをグランサーが押し込み、モナコが先制した。 ▽失点後、攻撃が停滞していたアトレティコだったが、31分に同点とする。グリーズマンのダイレクトパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス中央に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽さらに追加タイム1分、コケの右CKからホセ・ヒメネスが強烈なヘディングシュートを叩き込んで前半のうちに逆転に成功した。 ▽2点をリードした後半もアトレティコがボールを保持して試合をコントロールする中、モナコは58分にシャドリを諦めてムブラを投入。 ▽それでも流れは変わらず、アトレティコが主導権を握ると、70分にコレアに代えてレマルを投入した。 ▽終盤にかけてもアトレティコが試合をコントロールしてモナコに何もさせず2-1で逃げ切り。順当な勝利で白星発進としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のドルトムント、終盤の幸運弾でクラブ・ブルージュに辛勝《CL》

▽ドルトムントは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司は62分からプレーしている。 ▽アトレティコ・マドリー、モナコが同居するグループA。昨季はレアル・マドリー、トッテナムの前にグループステージ敗退に終わったドルトムントは、知将ファブレ監督を招へいした中、ヴィツェルやアルカセル、デラネイら堅実な補強を敢行し、リーグ戦では2勝1分けとまずまずの滑り出しを見せた。そのドルトムントは3-1で勝利した直近のフランクフルト戦のスタメンから4選手を変更。リーグ戦開幕以降ベンチ外が続いていた香川がついにベンチ入りした。 ▽グループ最弱と見られる必勝のベルギー王者クラブ・ブルージュに対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にロイス、2列目に右からヴォルフ、ゲッツェ、サンチョと並べた。 戦前の予想とは違い、引くことなく真っ向勝負を挑んできた相手に対し、ドルトムントは20分にピンチを迎え、ヴォッセンにオンターゲットのシュートを許すも、ロイスのゴールライン前での好クリアで凌いだ。続く23分にはダンジュマのミドルシュートがゴールを襲ったが、ここはGKビュルキが好守で凌ぐ。 ▽格下相手に全くチャンスを作れないドルトムントは38分にもピンチ。デンスウィルのミドルシュートでゴールを脅かされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽選手交代なく迎えた後半も、チャンスを作れないドルトムントは62分にゲッツェに代えて香川を投入。その香川がバイタルエリア中央でボールを受けてアクセントを付けにかかる中、さらにサンチョに代えてプリシッチを投入して攻勢を強めていった。 ▽そのドルトムントは83分のピンチをGKビュルキが凌ぐと、85分に幸運なゴールで先制する。ダフードのスルーパスはロイスに渡らなったものの、ルーズボールをクリアにかかったDFのキックをプリシッチが足に当てると、ふわりと浮いたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽これが決勝点となってドルトムントが辛勝。格下相手に薄氷の勝利を手にし、白星スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 05:59 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース