【会見全文】失望感を露わにしたハリル「監督になってから最悪の試合」、サポーターには「本当に謝罪したい」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.11 02:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見に出席。試合内容への失望感を強調し、怒りを覚えているとコメント。また、スタジアムに駆けつけた約4万8千人ものサポーターに対して謝罪した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
「我々はこのような試合を見せてしまって、分析するのが難しい試合になった。最も良くない試合の1つだと思う。本当に多くのチャンスを作って2-0にしたあと、選手たちの頭の中に何が起きたのかは分からない。得点を獲った後、全てが止まってしまった」

「今日はこれまでプレーしてこなかった選手にかなりのチャンスを与えた。それぞれが候補に入りたいから、それぞれが見せてくれたが、長年監督をしていて、こんなに内容の悪い試合は見たことがない。 本当に良くない現象が色々起きた」

「このような試合の後にワールドカップ本大会の話をすると、愚かな人間だと思われるような内容の試合だった。私も声を大にして、みなさん来てくださいと言ったにもかかわらず、こんな試合をしてしまったことに謝罪したい。多くのサポーターのみなさんが来てくれて、良い雰囲気を作ってくれた。良い試合をするための全てのコンディションは整っていた」

「ただ、このような試合をしてしまうと、説明がつかない。これは私の責任だ。フットボールでは、色々なことが言えるが、色々な面で受け入れがたいものを見た」

「これからしっかりトレーニングをし、批判を全て受け入れる。良くない状態の選手は選べないと言うことだ。色々な面でレベルの低いものを見せてしまったと思う」

「ハイチ代表は彼らなりのプレーをして、我々を苦しめたことは祝福したいと思う。3本のシュートで3点を獲った。今日は冷静になれないので、なかなか説明はし辛いが、私の就任からこんなに良くない試合をした。9人のフレッシュな選手を使ったからかは分からない。理解しがたいことで、説明がつかない」

「2-0にして、その他にもチャンスがあって、もっと得点が生まれるんじゃないかと思っていたが、1失点目でチームが存在しなくなった。ニュージーランド戦でも、似たようなことが起きていた。心理面、メンタル面で、何人かの選手は脆いのかなと感じた。本当にやらなくてはいけないことがたくさんある」

「次の対戦相手は、もっと障害がある。我々がこれからやる相手もかなりのレベルだ。我々の幻想が砕かれるだろう。11月の試合だ。世界でも有数の2カ国とやらなければいけない。全く違う対戦相手だ」

「このような試合を繰り返すと、本当にひどい状況になる。ここまでしっかりみんなで作ってきて、1試合、2試合でなかなかパワーを出し切れない。チームとして、まとまっていない。ここに対しては、しっかりと疑問を抱かなければいけない」

──ハーフタイムには選手にどのような事を要求したか
「まずは(長友)佑都のケガは惜しい。浅野も少しヒザに問題を抱えていて、そこまでプレーが良くなかった。ゲームコントロールの部分では、前半の入りの様なプレーをしてくれと要求した。3点目を獲ったら、全く違う内容の試合になったと思う」

「何人かの選手の弱さ、脆さに、ちょっとガッカリしている。対戦相手も、そこまで強豪国というわけではなかった。ナイーブになった面と、パニックになった面。色々な事を分析しなければいけない。私が選手を選んだわけで、こうなったのは選んだ私の責任でもある」

「前半の20分は、何回かチャンスがあって、4点、5点と簡単に獲ることもできたと思う。もしかしたら、我々の方が技術的に優位だと思い過ぎたのかもしれない。それで気が抜けたかもしれない。失点して、終わった。全く違うものになった。ニュージーランドでも起こった様な現象だった」

「しっかり色々な事を分析しなければいけない。何人かの選手には、日本代表でプレーするには、もう少し考えなければいけないと言わなければいけない。全く別のものを見せて欲しいなと思う」

「この1試合で決定的な意見が出るわけでもない。こういった試合をしてしまったことには、全員が疑問を抱かなければいけない。ブラジルとやっていたら、3点じゃなく、10点失点していたかもしれない。つまり、そういったことを意識していかなければいけない。色々なことだ」

「気が緩んだ選手、守備で帰らない選手、準備ができていない選手がいた。もっと違うことを要求していた。気の緩みや、相手の少しのラッキーもあって得点を獲って、その後追いつくのは大変だった」

──3失点は吉田の不在が大きかった様にも思う。CBに関しては、このメンバーで連携を上げるのか、新しい選手を考えるのか
「中盤と前を本格的に変えたつもりだ。もちろん、お互いが初めて連携をとったというのもあると思うが、結果だけを求めるのであれば、この様なメンバーはもちろん選ばない。ただ、トライさせなければいけない選手は沢山いた。色々な選手に可能性を与えなければいけない試合だった」

「将来、色々なケガ人が出てしまったら、我々がスターと呼んでいる選手がケガをしてしまったら、若い選手にもチャンスを与えておかなければ、自信がつかない」

「この2試合で20人を使った。2試合とも、ビッグマッチは期待していなかった。ただ、この2試合目に関してはおかしいなと」

「良い入りをして、2-0になって、良いアクションもあって、急にストップして切れて、精神面、メンタル面で脆さが見えた。定期的に出ていない選手だったとしても、言い訳はできない。もう少し違うものを見せて欲しかった」

「ディテールには入りたくないが、私が就任して28試合目だが、本当に最悪の試合だった。最も悪い試合だった。色々なことに関してだ」

「まず、私自身に怒りを感じている。いつも監督は第一の責任者だ。色々なディスカッションをして、ワールドカップマインドという話もして、2週間ではなく、ここからスタートなんだぞという準備の話をしたが、この内容だった」

「私がしっかり考えなければいけない。本大会の3試合は、かなりハイレベルな試合が続く。規律がなく、複雑なことをやってしまうのは良くない。特にメンタル面で脆さが見えたのが、一番ショックだった」

「トレーニングを続けるだけなので、みんなの前で恥をさらしてしまったが、ワールドカップ本大会に向けて準備ができていないということだ」

「最終予選で1位になり、得点も1番多く、失点も1番少ない、得失点差が多くても、この様な結果になる。ワールドカップ本大会の準備がまだできていない。みなさん、私が厳しいと思うかもしれないが、そうではない。全ての面でトレーニングしなければいけないことが、たくさんあるということだ。それを伸ばすのみだ」

「11月の試合は、本当に大きな大きなテストになるだろう。世界の現段階の2強の国だ。そこで色々な意見や考え方が導き出されるだろう」

──知らないチームと対戦したことはどう感じたか
「ハイチのことをたくさん知って試合に入ったわけではない。ただ試合は何試合か観た。色々なチーム構成で来ていることも話した。選手を変更してチームを作っているなと。フィジカル的なパワーがあり、スピードも持っていると話した。個人でなかなか良い選手も何人もいるなと。ナゾンの話もした。ナゾンは2点獲っている」

「本当に祝福したい。2-0から我々を懲らしめて、最後まで苦しめてリードしていた。戦う意識、良い結果を手繰り寄せたチームを祝福したい」

「初めて日本が3失点した。3失点したことはない。我々は彼らを目覚めさせてしまったかもしれない。ただ、我々も目覚めたので悪くはない。本当にハイチのチームは素晴らしかった」

──デュエルが今日の試合は見られなかった気がするが。また、今日のメンバーは今後のメンバー入りが厳しくなったということか
「最終的な23人は6月に発表するが、そこまでは色々なことが起こる。今回は10人を新しくした。色々な選手のクオリティを見なくてはいけなかったので、そうした。ただ、私も先に行ったが、代表としてチャンスを与えたのだから、もう少し違うものを見せて欲しかった。そこが失望しているところだ。なぜこんなにパニックになったのかなというのもある。何をすべきかがわからなくなった」

「23人に絞るまで時間がある。今日の23人が全員違う23人になるかもしれない。今日のようなパフォーマンスを見せ続けるなら、それはダメだ。今回の合宿はたくさんの選手を見るトライをしたということだ。見せるチャンスを与えた。ただ、結果だけを求めるのであれば、おそらく違うチーム構成にしたはずだ。これは私の責任だ。私をしっかりと批判してほしい。私も私の選手としっかりディスカッションして考えていきたい」

「就任してから一番良くない試合だった。私が監督をしていても、こんなに悪い試合はなかった。アグレッシブさやオーガナイズの仕方だ。各選手にはどうやってプレーする、どういった役割かは各自説明した。ただ、説明だけでは不十分で、しっかりとトレーニングしなくてはいけない」

「批判はしっかりと受け入れなければいけない。そしてトレーニングをするだけだ。フットボールも十分知っているので、色々な冒険を経て来た。1試合でそんな酷い話はしたくない。28試合目が本当にレベルの低い試合だった。ただ、我々がやって来たこと全てが台無しになったわけではない。私たちがここまでやって来た試合の道筋は自信を持っていいと思う。勝利も続けて、引き分けて、色々な数値も出ている。ただ、目を閉じてはいけない。特に今夜の試合はだ」

「ハイチは本当にリスペクトしているが、3失点してしまった。私が監督をして3失点は本当にない。今回はやられてしまった。とにかく私を批判することは受け入れるので、もっと批判してほしい。批判し続けてほしい。私はすべきことは分かっている。成功するかは別の話だ」

「最終予選はオーストラリアに勝って突破して、みんな熱狂的になったが、私は後ろでちょっと待てよとなっていた。ただ、今日の試合はまだ理解できていない。サポーターに私は呼びかけたし、私の名前で本当に謝罪したい。来て頂いて、良い試合を見せたかったが、心の奥から正直に謝りたい。駆け引きなしに謝りたい。申し訳なく思っている」

「デュエルに関して。私が言いたいことはわかっていると思う。まだ統計が出ていないが、たくさんのデュエルに負けたな。そんな感じだ。守備も少しナイーブだったかなと。ただ、相手はドリブルも仕掛けてくる、個人もうまい、パワーもある。ラッキーな面もあったが、試合にはラッキーなことは必ずある。我々のパフォーマンスが悪くやられた。ポゼッション率は高かったかもしれないが、ポゼッション率が高いからといって勝利に結びつくわけではなく、デュエルと得点数だ」

「今日もたくさんシュートを打ったが、でもゴールの外だった。それ以上言うことはできない。とにかく私を批判してほしい。失敗した試合だ。たくさんトレーニングして、次の試合に臨みたい。メンタル面、フィジカル、テクニック、タクティック…やることはたくさんある」

「みなさんには正直に接しているつもりだ。私自身に疑問を抱かなければいけない。私が監督になってから最悪の試合だったし、勝てたかもしれないが、そうだったとしても、なぜこんなことが起きたのかを考えなくてはいけない」

コメント

関連ニュース

thumb

INAC神戸GK武仲麗依が離脱…追加招集で浦和レディースGK松本真未子がなでしこジャパン初選出!《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンからINAC神戸レオネッサのGK武仲麗依がケガにより離脱することを発表した。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムで「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦を行う。キックオフは16時30分。 ▽また、武仲に代わり、浦和レディースに所属するGK松本真未子を追加招集することも併せて発表。松本は、2014年のU-17女子ワールドカップの優勝メンバー。これがなでしこジャパン初招集となる。 2017.10.19 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

“ハリルJ分析班”ボタフォゴ関係者に要注意、ブラジル各クラブが同国代表にW杯出場国の情報提供へ

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)のホスト国であるロシア代表を除き、出場を一番乗りで決めたブラジル代表。2002年大会以来の悲願成就を目指して、同国のクラブが力を集結することになったようだ。 ▽ブラジル『globo』によれば、5大会ぶりのW杯優勝を夢見るブラジルの各クラブが既に決定済みの23カ国の分析を分担。ブラジル代表を率いるチッチ監督をはじめとする同国サッカー連盟(CBF)に分析結果を提供するという。 ▽なお、気になる日本代表の分析を託されたのは、ボタフォゴ。フラメンゴを除く各クラブの分析担当者は、次のように割り当てられた国々を調査していくことになる。 ◆分析担当クラブ、振り分け一覧 アトレチコ・ゴイアニエンセ:フランス アトレチコ・ミネイロ:ロシア アトレチコ・パラナエンセ:アイスランド、韓国 アヴァイ:コスタリカ バイーア:イラン ボタフォゴ:日本、イタリアorスウェーデン シャペコエンセ:イングランド コリンチャンス:サウジアラビア、パナマ コリチーバ:ベルギー クルゼイロ:ポーランド、ギリシャorクロアチア フルミネンセ:メキシコ グレミオ:モロッコorコートジボワール、スイスor北アイルランド パルメイラス:チュニジアorDRコンゴ、アイルランドorデンマーク ポンチ・プレッタ:スペイン サントス:ポルトガル サンパウロ:ドイツ、オーストラリアorホンジュラス スポルチ:セルビア ヴァスコ・ダ・ガマ:ナイジェリア、エジプト ヴィトーリア:セネガルorブルキナファソorガーボベルデ 2017.10.19 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

U-18日本代表メンバーが発表!鹿島FW安部裕葵や鳥栖FW田川亨介、磐田U-18MF伊藤洋輝らが選出《AFC U-19選手権2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、AFC U-19選手権2018のグループ予選に臨むU-18日本代表メンバー23名を発表した。 ▽U-18日本代表は、11月4日~11月8日にかけて行われるグループ予選を戦う。日本が所属するグループIの試合はすべてモンゴルで行われ、11月4日にU-18モンゴル代表、同6日にU-18シンガポール代表、同8日にU-18タイ代表と対戦する。各グループ1位のチームと、グループ2位の成績上位5チーム、そこに開催国を加えた16チームが2018年10月18日から11月4日までの開催を予定している本大会に進出する。 ▽今回のメンバーには、JリーグからはFW安部裕葵(鹿島アントラーズ)やFW田川亨介(サガン鳥栖)、湘南ベルマーレからはDF石原広教とMF齊藤未月が選出。また、5月に行われたU-20ワールドカップ2017でトレーニングパートナーとして参加していたMF田中陸(柏レイソルU-18)やMF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)、DF橋岡大樹(浦和レッズユース)らも招集された。 ▽U-18日本代表を率いる影山雅永監督は、以下のように意気込みを語った。 「このチームは今年2月に結成され、スペイン遠征を皮切りに遠征や合宿を行いメンバー選考、チーム強化を行ってきたチームです。一方で数年前からいろいろな大会に参加し、強化されてきているチームでもあります」 「さまざまな方々に育てていただいたこの23人の選手たちと共に一戦一戦を戦い、来年行われる最終予選の突破という結果をしっかりと獲得するとともに、今後のオリンピックやワールドカップへ出来るだけ多く、そして早く加われるような成長をさせてあげられるように監督として努力したいと思います。タフで、アグレッシブな、相手から嫌がられるような試合をモンゴルで行います。皆様応援のほど、よろしくお願い申し上げます」 ▽U-18日本代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-18日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 23.<span style="font-weight:700;">中野小次郎</span>(法政大) 1.<span style="font-weight:700;">大迫敬介</span>(サンフレッチェ広島ユース) 12.<span style="font-weight:700;">若原智哉</span>(京都サンガF.C.U-18 <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">石原広教</span>(湘南ベルマーレ) 4.<span style="font-weight:700;">橋岡大樹</span>(浦和レッズユース) 2.<span style="font-weight:700;">杉山弾斗</span>(市立船橋高) 22.<span style="font-weight:700;">中村勇太</span>(鹿島アントラーズユース) 16.<span style="font-weight:700;">川井渉</span>(サンフレッチェ広島ユース) 5.<span style="font-weight:700;">阿部海大</span>(東福岡高) 21.<span style="font-weight:700;">谷口栄斗</span>(東京ヴェルディユース) 19.<span style="font-weight:700;">荻原拓也</span>(浦和レッズユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 10.<span style="font-weight:700;">齊藤未月</span>(湘南ベルマーレ) 13.<span style="font-weight:700;">堀研太</span>(横浜F・マリノスユース) 7.<span style="font-weight:700;">伊藤洋輝</span>(ジュビロ磐田U-18) 14.<span style="font-weight:700;">郷家友太</span>(青森山田高) 6.<span style="font-weight:700;">田中陸</span>(柏レイソルU-18) 8.<span style="font-weight:700;">藤本寛也</span>(東京ヴェルディユース) 17.<span style="font-weight:700;">川村拓夢</span>(サンフレッチェ広島ユース) 20.<span style="font-weight:700;">杉浦文哉</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">FW</span> 11.<span style="font-weight:700;">安部裕葵</span>(鹿島アントラーズ) 9.<span style="font-weight:700;">田川亨介</span>(サガン鳥栖) 15.<span style="font-weight:700;">原大智</span>(FC東京U-18) 18.<span style="font-weight:700;">安藤瑞季</span>(長崎総合科学大付高) 2017.10.18 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

強豪イングランドに善戦もPK負けでベスト16敗退《U-17W杯》

▽U-17日本代表は17日、インドで開催されているFIFA U-17ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でU-17イングランド代表と対戦し、0-0で終了した。しかし、90分を戦い終えて迎えたPK戦を3-5で敗れ、ベスト16敗退に終わっている。 ▽3日前に行われたU-17ニューカレドニア代表戦を1-1と引き分けてグループEを1勝1分け1敗の2位で通過した日本は、ニューカレドニア戦のスタメンから大幅に8選手を変更。MF中村敬斗、MF福岡慎平、DF鈴木冬一の3選手のみが引き続きスタメンとなった。 ▽グループFを全勝で首位通過したイングランドに対し、5-0と大勝した初戦のU-17ホンジュラス代表戦と同じスタメンで臨んだ日本は、フラットな[4-4-2]の布陣を採用。GKに谷晃生(G大阪ユース)、最終ラインは右から喜田陽(C大坂U-18)、菅原由勢(名古屋U-18)、小林友希(神戸ユース)、鈴木冬一(C大阪U-18)。中盤は右に中村敬斗(三菱養和SCユース)、左に上月壮一郎(京都U-18)、2ボランチに平川怜(FC東京U-18)と福岡慎平(京都U-18)を起用。2トップは久保建英(FC東京U-18)と宮代大聖(川崎F U-18)を配した。 ▽開始4分に左サイドからカットインした上月が枠内シュートを浴びせた日本だったが、イングランドのハイプレスの前に押し込まれる時間が続く。14分には平川のボールロストからブルースターに枠内シュートを浴びると、その後もフォーデンを筆頭に個人能力の高いイングランドに主導権を握られる。 ▽18分に久保がミドルシュートで牽制した日本だったが、イングランドの攻勢を受ける展開が続くと、27分にはボックス右への侵入を許したブルースターに右ポスト直撃のシュートを浴びせられてしまう。 ▽ハーフタイムにかけても一方的に押し込まれる中、カウンターに転じた日本は37分にチャンス。ボックス内から中村が放ったシュートのルーズボールをゴールエリア左の上月がシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。そのまま何とか耐えきった日本はゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれた日本は49分にピンチ。マクイークランのミドルシュートが枠を捉えたが、GK谷が横っ飛びのセーブで阻止した。劣勢が続く日本は54分に中村に代えて椿直起(横浜F・マリノスユース)を投入すると、オープンな展開に移行する。 ▽徐々に敵陣でプレーする時間を増やしていった日本は、69分に福岡とのパス交換から持ち上がった久保がミドルシュートを浴びせた。後半半ば以降も運動量の落ちたイングランド相手に押し込んだ日本は、76分に宮代がGKを強襲するミドルシュートを放つ。 ▽攻勢に出ていた日本だったが、84分にピンチ。自陣右サイドを突破され、最後はキルビーにシュートを許すも、菅原が身体を張った守備で防いだ。すると凌いだ日本は87分に決定機。ボックス右に侵入した椿の折り返しを宮代がダイレクトシュート。しかし、GKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽その後も久保がミドルシュートを浴びせるなど攻め立て日本だったが、90分をゴールレスで終了。決着はPK戦に委ねられた。そのPK戦では5人全員が決めたイングランドに対し、日本は3番手の喜田がGKに止められて3-5で敗戦。強豪イングランド相手に善戦しながらもPKで惜しくも敗退となった。 ◆PK戦 イングランド 5-3 日本 1.ブルースター 〇 〇 菅原 2.ハドソン=オドイ 〇 〇 宮代 3.フォーデン 〇 × 喜田 4.アンダーソン × 〇 上月 5.キルビー〇 2017.10.18 01:42 Wed
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表に追い風か? ドルトムントの要請でU-17イングランド代表からMFサンチョが離脱

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、FIFA U-17ワールドカップに出場しているU-17イングランド代表から、ドルトムントのMFジェイドン・サンチョ(17)が離脱することを発表した。公式サイトが伝えた。 ▽サンチョは、今夏マンチェスター・シティからドルトムントへと移籍。ブンデスリーガでの出場はここまでないものの、期待の若手として注目されている。 ▽U-17ワールドカップでも、グループステージの3試合に出場し3ゴールを記録。チームのラウンド16進出に貢献していたが、U-17日本代表戦を前にチームを離脱。ドルトムントへと戻っていた。 ▽クーパー・スティーブ監督は、大会中のサンチョの離脱について「ジェイドンは家に戻った。ドルトムントはドイツに戻ってくる様にリクエストしてきた」とコメント。「大会にとっては痛手だよ」と語り、この先のトーナメントに向けて、大きな戦力ダウンであると語った。 ▽イングランドは、日本と17日の23時30分から準々決勝進出をかけて対戦する。 2017.10.17 14:50 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース