【会見全文】失望感を露わにしたハリル「監督になってから最悪の試合」、サポーターには「本当に謝罪したい」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.11 02:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見に出席。試合内容への失望感を強調し、怒りを覚えているとコメント。また、スタジアムに駆けつけた約4万8千人ものサポーターに対して謝罪した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
「我々はこのような試合を見せてしまって、分析するのが難しい試合になった。最も良くない試合の1つだと思う。本当に多くのチャンスを作って2-0にしたあと、選手たちの頭の中に何が起きたのかは分からない。得点を獲った後、全てが止まってしまった」

「今日はこれまでプレーしてこなかった選手にかなりのチャンスを与えた。それぞれが候補に入りたいから、それぞれが見せてくれたが、長年監督をしていて、こんなに内容の悪い試合は見たことがない。 本当に良くない現象が色々起きた」

「このような試合の後にワールドカップ本大会の話をすると、愚かな人間だと思われるような内容の試合だった。私も声を大にして、みなさん来てくださいと言ったにもかかわらず、こんな試合をしてしまったことに謝罪したい。多くのサポーターのみなさんが来てくれて、良い雰囲気を作ってくれた。良い試合をするための全てのコンディションは整っていた」

「ただ、このような試合をしてしまうと、説明がつかない。これは私の責任だ。フットボールでは、色々なことが言えるが、色々な面で受け入れがたいものを見た」

「これからしっかりトレーニングをし、批判を全て受け入れる。良くない状態の選手は選べないと言うことだ。色々な面でレベルの低いものを見せてしまったと思う」

「ハイチ代表は彼らなりのプレーをして、我々を苦しめたことは祝福したいと思う。3本のシュートで3点を獲った。今日は冷静になれないので、なかなか説明はし辛いが、私の就任からこんなに良くない試合をした。9人のフレッシュな選手を使ったからかは分からない。理解しがたいことで、説明がつかない」

「2-0にして、その他にもチャンスがあって、もっと得点が生まれるんじゃないかと思っていたが、1失点目でチームが存在しなくなった。ニュージーランド戦でも、似たようなことが起きていた。心理面、メンタル面で、何人かの選手は脆いのかなと感じた。本当にやらなくてはいけないことがたくさんある」

「次の対戦相手は、もっと障害がある。我々がこれからやる相手もかなりのレベルだ。我々の幻想が砕かれるだろう。11月の試合だ。世界でも有数の2カ国とやらなければいけない。全く違う対戦相手だ」

「このような試合を繰り返すと、本当にひどい状況になる。ここまでしっかりみんなで作ってきて、1試合、2試合でなかなかパワーを出し切れない。チームとして、まとまっていない。ここに対しては、しっかりと疑問を抱かなければいけない」

──ハーフタイムには選手にどのような事を要求したか
「まずは(長友)佑都のケガは惜しい。浅野も少しヒザに問題を抱えていて、そこまでプレーが良くなかった。ゲームコントロールの部分では、前半の入りの様なプレーをしてくれと要求した。3点目を獲ったら、全く違う内容の試合になったと思う」

「何人かの選手の弱さ、脆さに、ちょっとガッカリしている。対戦相手も、そこまで強豪国というわけではなかった。ナイーブになった面と、パニックになった面。色々な事を分析しなければいけない。私が選手を選んだわけで、こうなったのは選んだ私の責任でもある」

「前半の20分は、何回かチャンスがあって、4点、5点と簡単に獲ることもできたと思う。もしかしたら、我々の方が技術的に優位だと思い過ぎたのかもしれない。それで気が抜けたかもしれない。失点して、終わった。全く違うものになった。ニュージーランドでも起こった様な現象だった」

「しっかり色々な事を分析しなければいけない。何人かの選手には、日本代表でプレーするには、もう少し考えなければいけないと言わなければいけない。全く別のものを見せて欲しいなと思う」

「この1試合で決定的な意見が出るわけでもない。こういった試合をしてしまったことには、全員が疑問を抱かなければいけない。ブラジルとやっていたら、3点じゃなく、10点失点していたかもしれない。つまり、そういったことを意識していかなければいけない。色々なことだ」

「気が緩んだ選手、守備で帰らない選手、準備ができていない選手がいた。もっと違うことを要求していた。気の緩みや、相手の少しのラッキーもあって得点を獲って、その後追いつくのは大変だった」

──3失点は吉田の不在が大きかった様にも思う。CBに関しては、このメンバーで連携を上げるのか、新しい選手を考えるのか
「中盤と前を本格的に変えたつもりだ。もちろん、お互いが初めて連携をとったというのもあると思うが、結果だけを求めるのであれば、この様なメンバーはもちろん選ばない。ただ、トライさせなければいけない選手は沢山いた。色々な選手に可能性を与えなければいけない試合だった」

「将来、色々なケガ人が出てしまったら、我々がスターと呼んでいる選手がケガをしてしまったら、若い選手にもチャンスを与えておかなければ、自信がつかない」

「この2試合で20人を使った。2試合とも、ビッグマッチは期待していなかった。ただ、この2試合目に関してはおかしいなと」

「良い入りをして、2-0になって、良いアクションもあって、急にストップして切れて、精神面、メンタル面で脆さが見えた。定期的に出ていない選手だったとしても、言い訳はできない。もう少し違うものを見せて欲しかった」

「ディテールには入りたくないが、私が就任して28試合目だが、本当に最悪の試合だった。最も悪い試合だった。色々なことに関してだ」

「まず、私自身に怒りを感じている。いつも監督は第一の責任者だ。色々なディスカッションをして、ワールドカップマインドという話もして、2週間ではなく、ここからスタートなんだぞという準備の話をしたが、この内容だった」

「私がしっかり考えなければいけない。本大会の3試合は、かなりハイレベルな試合が続く。規律がなく、複雑なことをやってしまうのは良くない。特にメンタル面で脆さが見えたのが、一番ショックだった」

「トレーニングを続けるだけなので、みんなの前で恥をさらしてしまったが、ワールドカップ本大会に向けて準備ができていないということだ」

「最終予選で1位になり、得点も1番多く、失点も1番少ない、得失点差が多くても、この様な結果になる。ワールドカップ本大会の準備がまだできていない。みなさん、私が厳しいと思うかもしれないが、そうではない。全ての面でトレーニングしなければいけないことが、たくさんあるということだ。それを伸ばすのみだ」

「11月の試合は、本当に大きな大きなテストになるだろう。世界の現段階の2強の国だ。そこで色々な意見や考え方が導き出されるだろう」

──知らないチームと対戦したことはどう感じたか
「ハイチのことをたくさん知って試合に入ったわけではない。ただ試合は何試合か観た。色々なチーム構成で来ていることも話した。選手を変更してチームを作っているなと。フィジカル的なパワーがあり、スピードも持っていると話した。個人でなかなか良い選手も何人もいるなと。ナゾンの話もした。ナゾンは2点獲っている」

「本当に祝福したい。2-0から我々を懲らしめて、最後まで苦しめてリードしていた。戦う意識、良い結果を手繰り寄せたチームを祝福したい」

「初めて日本が3失点した。3失点したことはない。我々は彼らを目覚めさせてしまったかもしれない。ただ、我々も目覚めたので悪くはない。本当にハイチのチームは素晴らしかった」

──デュエルが今日の試合は見られなかった気がするが。また、今日のメンバーは今後のメンバー入りが厳しくなったということか
「最終的な23人は6月に発表するが、そこまでは色々なことが起こる。今回は10人を新しくした。色々な選手のクオリティを見なくてはいけなかったので、そうした。ただ、私も先に行ったが、代表としてチャンスを与えたのだから、もう少し違うものを見せて欲しかった。そこが失望しているところだ。なぜこんなにパニックになったのかなというのもある。何をすべきかがわからなくなった」

「23人に絞るまで時間がある。今日の23人が全員違う23人になるかもしれない。今日のようなパフォーマンスを見せ続けるなら、それはダメだ。今回の合宿はたくさんの選手を見るトライをしたということだ。見せるチャンスを与えた。ただ、結果だけを求めるのであれば、おそらく違うチーム構成にしたはずだ。これは私の責任だ。私をしっかりと批判してほしい。私も私の選手としっかりディスカッションして考えていきたい」

「就任してから一番良くない試合だった。私が監督をしていても、こんなに悪い試合はなかった。アグレッシブさやオーガナイズの仕方だ。各選手にはどうやってプレーする、どういった役割かは各自説明した。ただ、説明だけでは不十分で、しっかりとトレーニングしなくてはいけない」

「批判はしっかりと受け入れなければいけない。そしてトレーニングをするだけだ。フットボールも十分知っているので、色々な冒険を経て来た。1試合でそんな酷い話はしたくない。28試合目が本当にレベルの低い試合だった。ただ、我々がやって来たこと全てが台無しになったわけではない。私たちがここまでやって来た試合の道筋は自信を持っていいと思う。勝利も続けて、引き分けて、色々な数値も出ている。ただ、目を閉じてはいけない。特に今夜の試合はだ」

「ハイチは本当にリスペクトしているが、3失点してしまった。私が監督をして3失点は本当にない。今回はやられてしまった。とにかく私を批判することは受け入れるので、もっと批判してほしい。批判し続けてほしい。私はすべきことは分かっている。成功するかは別の話だ」

「最終予選はオーストラリアに勝って突破して、みんな熱狂的になったが、私は後ろでちょっと待てよとなっていた。ただ、今日の試合はまだ理解できていない。サポーターに私は呼びかけたし、私の名前で本当に謝罪したい。来て頂いて、良い試合を見せたかったが、心の奥から正直に謝りたい。駆け引きなしに謝りたい。申し訳なく思っている」

「デュエルに関して。私が言いたいことはわかっていると思う。まだ統計が出ていないが、たくさんのデュエルに負けたな。そんな感じだ。守備も少しナイーブだったかなと。ただ、相手はドリブルも仕掛けてくる、個人もうまい、パワーもある。ラッキーな面もあったが、試合にはラッキーなことは必ずある。我々のパフォーマンスが悪くやられた。ポゼッション率は高かったかもしれないが、ポゼッション率が高いからといって勝利に結びつくわけではなく、デュエルと得点数だ」

「今日もたくさんシュートを打ったが、でもゴールの外だった。それ以上言うことはできない。とにかく私を批判してほしい。失敗した試合だ。たくさんトレーニングして、次の試合に臨みたい。メンタル面、フィジカル、テクニック、タクティック…やることはたくさんある」

「みなさんには正直に接しているつもりだ。私自身に疑問を抱かなければいけない。私が監督になってから最悪の試合だったし、勝てたかもしれないが、そうだったとしても、なぜこんなことが起きたのかを考えなくてはいけない」

コメント

関連ニュース

thumb

【倉井史也のJリーグ】逆境のまっただ中にいるんだぜ日本代表は?! の巻

▽CWC終わって寂しいぜ! いや、終わってないけど、浦和が負けて寂しいぜ! まぁ、去年も地元リーグ優勝チームが準優勝まで行ってるわけですから、どこぞのチャンピオンズリーグの意義とか価値とかいろいろぶっ飛ばしてしまう要素はたっぷりあるわけですしね。本田圭佑も決勝行けなかったし、あーなんか、年末の楽しみがちょっと早めに終わっちゃった……って、E-1選手権、ごめんね。 ▽か、考えようによっちゃですよ、いつもは入手の難しい日本代表戦が、当日券でも手に入っちゃうわけですよ。急いで行って席取りしなくてもいいし。特に第一試合やってるときなんて、売店もトイレも悠々なわけです。……ここまでは。16日はどうかな? きっと違うよね。だって優勝を賭けて宿敵韓国との大一番ですよ。しかもここまで北朝鮮戦では90+3分に決勝ゴール、中国戦では84分に小林悠、88分に昌子源がともに劇的なゴールを奪って、90+3分に失点したけど勝利したって、すごいドラマあるじゃないですか。 ▽何? なぜみんなそんなに冷めてるの? 寒いから? 海外組がいないから? Jリーグが終わっても燃え尽きた後だから? ▽かつては東アジアサッカー選手権、2013年以降は東アジアカップ、そして今回はE-1選手権と、いずれ分裂するかもしれないACLの東半分の結束を図ってる感じのするこの大会でも、日本と韓国は激闘を演じてきたのですよ。 2003年:0-0の引き分け 2005年:1-0で日本の勝ち [得点者:中澤佑二] 2008年:1-1の引き分け [得点者は山瀬功治] 2010年:1-3とぼろ負け [得点者:遠藤保仁] 2013年:2-1と雪辱 [得点者は柿谷曜一朗の2ゴール] 2015年:1-1の引き分け [得点者は山口蛍] ▽とE-1選手権での韓国との勝敗は2勝1敗3引き分けと日本のリード。ところが6得点6失点と、得失点はプラスマイナスゼロなのでした。 ▽今回の対戦は、韓国が勝点4なのに対して日本は勝点6。引き分けでもこの大会のチャンピオンになるっつー条件なので、日本が有利。でもね、たくさんの韓国メディアも詰めかけてますし、記者室もなかなかの緊張感があるんですよね。すごいライバル心剥き出しだろうし、そうでなくっちゃ韓国人選手もワールドカップメンバーには入れないだろうし、これに負けちゃう日本人選手もワールドカップには行けないだろうし。 ▽で、韓国人の記者に聞いたんです。ワールドカップの組み合わせは大変だねって。そうすると「お互い様だよね」「うちは逆境に強いからね」というお返事でした。確かに今、日本代表は逆境のまっただ中。16日は2万人は超えてほしいなぁ。あ、逆境ってそこじゃない?<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.12.15 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キミの理想の日本代表を指揮することが可能に!?

▽2018年、4年に一度のサッカーの祭典がロシアで行われる。6大会連続での出場を決めた我らが日本代表。各選手たちは、本大会に臨む23名に選ばれるべく、しのぎを削っている。 ▽現在行われているEAFF E-1サッカー選手権2017には、23名の国内組選手が日本代表として選出。これまで日本代表にあまり招集されていない選手も多く、今シーズンの活躍を受けて初招集となった選手も多数いる。 ▽日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとっても、今大会で多くの選手が結果を残すこととなれば、選手選考に頭を悩ませる可能性もあるだろう。 ▽もちろん、日本代表を応援する人にとっても、悩ましい状況のはず。お気に入りの選手がメンバーに入るのかどうか。選手のコンディションやパフォーマンスの好不調など、見極めたい方もいるはずだ。 ▽誰しもが1度は考えたことがあるであろう、自分が選出したスペシャルな日本代表。5月末の本大会に向けた発表の前には、必ず23名を選んでみるはずだ。自分が選んだ日本代表を戦わせたら…という妄想もするに違いない。 ▽「高さが欲しい」「スピードが欲しい」「良いキッカーが欲しい」。様々な思いがみなさんあるはずだ。そして、理想のチームを指揮してみたいとも思うはずだ。 ▽理想の日本代表を指揮してみたいというサッカー好きの思い…そんな夢が叶うのが、『BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~』(以下、『BFB チャンピオンズ 2.0』)だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">★</span>『BFBチャンピンズ2.0』で日本代表を指揮!<span style="color:#ff0000;">★</span> <a href="https://goo.gl/4YVuiZ" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> ▽『BFB チャンピオンズ 2.0』では、日本代表登場キャンペーンを実施。現在は総勢32名の日本代表選手がゲーム内に登場している。 ▽BFBの選手はポジション適性や14種類の能力値、スキルなどで特徴付けされており、フォーメーションやキッカーの選択などと組み合わせることで、手軽に深い戦略性を楽しむことができる。さらに、選手がレベルアップする度に好きな能力値に割り振れるポイントがもらえるため、自分だけの日本代表を作り上げることも可能だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_3_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> ▽日本代表でキャプテンを務める長谷部誠や守護神を務める川島永嗣、守備の要として君臨する吉田麻也や不動の左サイドバックである長友佑都、ハードワークが身上の原口元気や1トップを務める大迫勇也も登場する。最近は日本代表から離れている本田圭佑や香川真司、岡崎慎司ももちろん登場するぞ。 ▽さらに、新たに追加された9名の選手には、センターバック争いに名乗りを上げた昌子源、目覚ましい飛躍を見せる井手口陽介、今シーズンブレイクした杉本健勇も登場。また、スペインで活躍する乾貴士、柴崎岳も追加されている。 ▽さらに、1月16日までの期間限定で、日本代表ログインボーナスを実施中。最高レアリティ★7 の日本代表選手が必ず獲得できる「マイ★7 以上確定日本代表スカウトチケット」や、「日本代表スカウト」に必要な「マイ日本代表スカウトチケット」など、日本代表選手が獲得できるスカウトチケット各種をログインする毎に15日ログインするまでゲットできるぞ。 ▽ちなみに、筆者がスカウトを行ったところ、「マイ★7 以上確定日本代表スカウトチケット」では遠藤航、「マイ★6以上確定日本代表スカウトチケット」では川島永嗣をゲットした。日本代表の守護神をゲットできたことは、非常に大きいぞ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_5_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> ▽ぜひこの機会に、BFBで監督デビューしてみてはいかがだろうか? <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">★</span>『BFBチャンピンズ2.0』で日本代表を指揮!<span style="color:#ff0000;">★</span> <a href="https://goo.gl/qZrdWV" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> 2017.12.15 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表のロシアW杯キャンプ地がカザンに決定…西野朗技術委員長「施設が充実」「全会場の中心にある」

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表のキャンプ地がカザンに決定したことを発表した。西野朗技術委員長が明かした。 ▽カザンは、首都のモスクワから東へ800kmに位置する都市。ロシア国内でも十指に入る大都市で、世界遺産に登録されている城塞カザン・クレムリンがある。 ▽西野技術委員長はキャンプ地の決定について、ルビン・カザンの施設を使うことを明言。施設面の充実や移動のしやすさなどが理由であると語った。 <span style="font-weight:700;">◆西野技術委員長</span> 「ロシア・ワールドカップも抽選会が終わり、マッチスケジュールと会場もまとまりました。それに向けて代表チームのベースキャンプがルビン・カザンのトップチームが使っている施設を利用させてもらうことに決定しましたので、ご報告させていただきます」 <span style="font-weight:700;">──理由は</span> 「まずチームの視点から宿舎とトレーニング環境が同じ施設内にあり、プラスして施設が充実しています。日々のトレーニングの環境を第一に考えた時に整っているということと、全会場の中心にあることで各会場への移動がスムーズで負担が軽くなるという立地面が理由です」 <span style="font-weight:700;">──試合会場から遠い位置を選んだブラジル・ワールドカップでの反省を生かした結果か</span> 「前回は私が携わっていないですが、決してロケーションの問題だけではないです」 <span style="font-weight:700;">──試合が終わる度にカザンに戻る形か</span> 「そうなると思います」 <span style="font-weight:700;">──カザンに入るまでは近隣のヨーロッパの国でトレーニングするのか</span> 「今はまだご報告はできません。違うキャンプ地でやってから入ることになるとは思いますけど、そこでの活動や場所についてはまだ調整中です。カザンに入る期間もまだお伝えはできません」 ▽カザンは、ロシアW杯の試合も開催され、グループステージではフランスvsオーストラリア、イランvsスペイン、ポーランドvsコロンビア、韓国vsドイツが行われる。 ▽地元のクラブは、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも出場するルビン・カザンがあり、2008年、2009年はロシア・プレミアリーグを連覇している。 2017.12.14 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

プレー経験もある韓国攻略法を語るFC東京MF高萩洋次郎「ボールを速く動かして縦にも出し入れできれば」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF高萩洋次郎(FC東京)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。FCソウルでプレーした経験のある高萩は、次戦に激突する韓国代表の印象と攻略法を語り、「ゴールに絡めるようにしたい」とアピールを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF高萩洋次郎</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──韓国の印象は</span> 「相変わらず球際が厳しいし、チームとしてもまとまっているなと思います」 <span style="font-weight:700;">──そこを打開するポイントは</span> 「ボールを早く動かして縦にも出し入れできれば、相手もボールに食いついてくると思うので、そこをかわすことができればチャンスになると思います」 <span style="font-weight:700;">──中国戦では初戦よりも良かった印象だが</span> 「初戦の反省を生かすことができてたと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦に出場した時のイメージは</span> 「ゴールに絡めるようにしたいです」 2017.12.14 22:26 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪のMF井手口陽介、韓国を“強さ・巧さ・速さ”兼備と警戒も「3連勝で終われたら」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF井手口陽介(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。韓国代表の印象について「強さ・巧さ・速さ」を兼ね備えていると警戒するも、3連勝で2大会ぶり2度目の東アジア制覇へ意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF井手口陽介</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──コンディションは</span> 「大丈夫だと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「しっかりと(パスを)つないできてフィジカルもしっかりしています。技術もしっかりしている印象ですね」 <span style="font-weight:700;">──引き分けでも優勝という状況だが</span> 「連勝してここまできたので、3連勝して終われたら一番良いです」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦については</span> 「日韓戦に限らず、韓国はACLとかでもフィジカルは強かったですし、速くて技術もあるので、個人としてもチームとしても負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップまで半年だが、そこに向けて気持ちは強くなっているか</span> 「行きたいという気持ちはありますけど、今回の合宿も含めて競争も激しいので、負けないようにより一層頑張らなくてはいけないです」 2017.12.14 22:23 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース