ドルトムントに痛手…今季公式戦全試合フル出場のピシュチェクが右ヒザ負傷で年内絶望か2017.10.11 01:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが、右ヒザのケガで年内の復帰が絶望的となったようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

▽ピシュチェクは、8日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE最終節のモンテネグロ代表戦に先発出場したが、前半終盤に味方のGKヴォイチェフ・シュチェスニーと接触した際に右ヒザを負傷。一度はプレーに復帰したものの、前半だけでピッチを退いていた。

▽『キッカー』の伝えるところによれば、ピシュチェクは右ヒザ外側側副じん帯を損傷しており、年内の復帰が絶望的な状況だという。

▽ピシュチェクは、今シーズンここまでの公式戦11試合すべてでフル出場を果たし、1アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

在籍15年の元守護神GKヴァイデンフェラーが今季限りでドルトムントを退団へ

▽ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラー(37)がシーズン終了後に退団することになると明かした。ドイツ『スカイ』が伝えた。 ▽カイザースラウテルンの下部組織で育ったヴァイデンフェラーは、2002年7月にドルトムントへ加入。守護神として公式戦450試合に出場している。 ▽しかし、トーマス・トゥヘル前監督がチームを率いてからは出場機会が激減。今シーズンはここまで出場機会がない状態が続いている。 ▽ツォルクSDは、『スカイ』に対し「ロマン・ヴァイデンフェラーが最後のシーズンであることは確かだ。我々は新たな第2GKを探していると言える」とコメント。ヴァイデンフェラーの退団を明かした。 ▽ヴァンデンフェラーは2010-11、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献。さらに、2度のDFPポカール優勝にも貢献していた。在籍15年の元守護神GKヴァンイデンフェーラが今季限りでドルトムントを退団へ ▽ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラー(37)がシーズン終了後に退団することになると明かした。ドイツ『スカイ』が伝えた。 ▽カイザースラウテルンの下部組織で育ったヴァイデンフェラーは、2002年7月にドルトムントへ加入。守護神として公式戦450試合に出場している。 ▽しかし、トーマス・トゥヘル前監督がチームを率いてからは出場機会が激減。スイス代表GKロマン・ビュルキにポジションを奪われ、今シーズンはここまで出場機会がない状態が続いている。 ▽ツォルクSDは、『スカイ』に対し「ロマン・ヴァイデンフェラーが最後のシーズンであることは確かだ。我々は新たな第2GKを探していると言える」とコメント。ヴァイデンフェラーの退団を明かした。 ▽ヴァンデンフェラーは2010-11、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献。さらに、2度のDFPポカール優勝にも貢献していた。 2017.10.22 21:53 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、2点差を追いつき香川途中出場のドルトムントにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第9節、フランクフルトvsドルトムントが21日に行われ、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。ドルトムントのMF香川真司は58分から出場している。 ▽前節ハノーファー戦を2-1と競り勝って2連勝とした7位フランクフルト(勝ち点13)は、長谷部が前節に続き3バックの中央で先発となった。 ▽一方、パパスタソプーロスの退場などもあってライプツィヒに2-3と競り負けて今季初黒星を喫した首位ドルトムント(勝ち点19)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦を1-1と引き分け、グループステージ突破が厳しい状況となった。そのアポエル戦のスタメンから5選手を変更。バー直撃のミドルシュートを放った香川はベンチに戻り、M・フィリップやシャヒン、カストロらが先発に戻ってスボティッチが今季初スタメンとなった。 ▽ヴァイグルがスボティッチとセンターバックを組む[4-3-3]で臨んだドルトムントが徐々に攻勢を強める流れとなると、19分に先制する。ボックス手前右からバルトラの放ったミドルシュートは枠を外れていたが、長谷部の背後にポジションを取っていたシャヒンがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽良い流れで先制したドルトムントだったが、これ以降はフランクフルトの反撃に遭う。レビッチがディフェンスライン裏に走って走力に難のあるドルトムント守備陣をけん制すると、31分に決定機。ヴォルフが背後に抜け出しGKビュルキと一対一になりかけたが、ビュルキの好飛び出しで身体に当てられた。続く33分にもレビッチが抜け出してチャンスを作ったフランクフルトだったが、35分にチャンドラーが右ヒザを負傷して交代を強いられる。 ▽ハーフタイムにかけて攻勢に転じたドルトムントは42分、クリアボールに反応したボックス中央のオーバメヤンがボレーシュート。決定的だったが、わずかに枠の左に外れ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、オープンな展開で推移する中、51分にドルトムントに決定機。ゲッツェのラストパスを受けたボックス右のオーバメヤンがシュート。しかし枠の上に外してしまった。続く53分にはオーバメヤンがボックス左に抜け出してシュートもGKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 ▽それでも57分、ゲッツェのパスを受けたM・フィリップがドリブルで持ち上がり、ボックス左に侵入。左足で放ったグラウンダーのシュートがゴール右隅に決まってリードを広げた。 ▽2点をリードしたドルトムントは香川を投入。しかし、ここからフランクフルトの反撃が始まる。まずは63分、カウンターに転じたフランクフルトは、ガシノビッチのフィードをボックス左で受けたレビッチがGKビュルキに倒され、PKを獲得。これをアラーが決めて1点差に詰め寄った。 ▽さらに68分、ヴォルフがガシノビッチのパスを受けてボックス右へ侵入。ゴール左へシュートを流し込んで試合を振り出しに戻した。続く70分にはガシノビッチがヘディングシュートを、78分にはアラーがゴール至近距離からボレーシュートを浴びせるも、いずれもGKビュルキにセーブされてしまう。 ▽劣勢のドルトムントは84分、U-17ワールドカップから急遽呼び戻したサンチョを左ウイングに投入。すると90分、トルヤンのフィードでゴールエリア左に侵入したサンチョが胸トラップからシュート。しかし、GKの好守に阻まれてしまう。さらにルーズボールをシャヒンがボレーシュートで狙うも、ゴールライン上の長谷部が好クリアを見せてゴールを許さなかった。 ▽このまま白熱の一戦は2-2でドロー。ドルトムントはリーグ戦2試合勝利から見話され、フランクフルトは3戦負けなしとした。 2017.10.22 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

最多出場の長谷部vs最多得点の香川、データで紐解くフランクフルトvsドルトムント

▽ブンデスリーガ第9節のフランクフルトvsドルトムントが21日の22時30分から開催される。日本代表MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントの一戦。両チームの一戦を、データで紐解いてみる。 <span style="font-weight:700;">◆好調維持のフランクフルトvs絶好調のドルトムント</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171021hase_kagawa_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ホームのフランクフルトは、ここまで4勝1分け3敗の勝ち点13で7位に位置。現在はシュツットガルト(2-1)、ハノーファー(2-1)と連勝中だ。 ▽対するドルトムントは、ここまで6勝1分け1敗の勝ち点19で首位。開幕7試合を終えて無敗を継続していたが、前節はRBライプツィヒに2-3で敗れ、リーグ戦初黒星を喫していた。 <span style="font-weight:700;">◆ドルトムントにとってはお得意様のフランクフルト</span> ▽長きにわたりブンデスリーガで戦う両チーム。通算成績はフランクフルトの30勝、ドルトムントの42勝、16の引き分け。数字上は大きな差がないように見えるが、実はこの2チームには大きな差がある。 ▽フランクフルトは、ドルトムントがブンデスリーガ内で2番目に敗戦数が多いチームであり、大の苦手に。一方で、ドルトムントにとってのフランクフルトは最も勝利を記録し、得意な相手と言える。 <span style="font-weight:700;">◆直近の対戦成績は五分</span> ▽香川がマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに復帰した2014-15シーズン以降の両チームの対戦成績は、6試合で3勝3分けの五分。その間、長谷部は5試合にフル出場し1アシスト、香川は5試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 ▽しかし、両選手が最後にピッチ上で相見えたのは2016年5月が最後。互いにフル出場し、試合はホームのフランクフルトが1-0で勝利していた。 <span style="font-weight:700;">◆ポジションを確保の長谷部、苦境の香川</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171021hase_kagawa_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽長谷部と香川の日本代表対決という点でも注目される一戦。しかし、両選手の立ち位置は大きな差がある。 ▽長谷部は、ニコ・コバチ監督が採用する3バックシステムにおいて重役を担っており、リベロとして今シーズンもプレー。ここまで6試合に出場し、全試合フル出場している。 ▽一方の香川は、ピーター・ボス監督の下、苦しい状況が続いている。特にリーグ戦では、5試合に出場も先発は2試合。それでも2ゴールを奪い、9月30日のアウグスルブルク戦で決めたループシュートは、ファンが選ぶ9月のブンデスリーガ月間ベストゴールに選ばれている。結果を残し、ポジションを掴みたいところだろう。 <span style="font-weight:700;">◆最多出場の長谷部vs最多得点の香川</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171021hase_kagawa_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽長谷部は、ブンデスリーガで通算242試合に出場し、歴代日本人最多出場記録を更新中だ。一方の香川は132試合に出場し、歴代5位となっている。 ▽しかし、香川は日本人としてブンデスリーガ最多となる38ゴールを記録。岡崎慎司(現レスター・シティ)の記録を「1」上回っている。 ▽長谷部はポジション柄ゴールを挙げる機会が少ないが、意外にもアシストは日本人で3番目に多い「21」を記録。1位は清武弘嗣(現セレッソ大阪)の「29」で、2位は香川の「27」となっている。 ▽守備の要としてチームを支える長谷部、そして攻撃の1ピースとしてチームに貢献する香川。直接対決は実現なるのか。フランクフルトvsドルトムントは、22時30分からDAZNにて独占ライブ中継される。 [データ提供:Opta] 2017.10.21 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの守護神ビュルキが2021年まで契約延長

▽ドルトムントは20日、スイス代表GKロマン・ビュルキ(26)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2015年夏にフライブルクから加入したビュルキは、これまで公式戦95試合に出場。2017年にはDFBポカールで優勝を果たしていた。 ▽先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦では2度の大きなミスにより失点を許し、厳しい批判にさらされているビュルキは、クラブの公式サイトで契約延長について次のように語った。 「ドルトムントがこの厳しい時期に示してくれたこの信頼をとてもうれしく思う。この素晴らしいクラブのゴールマウスに立てることを嬉しく、そして誇りにも思っているよ」 ▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っている。 「ロマンはプレーの面でも人間性でも、ドルトムントにとてもマッチしている。我々は彼のプレースタイルを好んでいるし、大きな伸び代をもっていると考えているよ。そしてまたコンスタントにパフォーマンスを発揮するはずだ」 2017.10.20 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとアーセナルがロイス獲得を目論む

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス(28)に注目しているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽今年5月のDFBポカール決勝のフランクフルト戦で前十字じん帯を負傷して以降、長期離脱が続いているロイス。現在もリハビリ中だが、国内外からまだまだ高い評価を得ているようで、『サン』が伝えるところによれば、ユナイテッドとアーセナルのイングランドの名門が獲得を狙っているという。 ▽ユナイテッドとアーセナルはそれぞれ左ウイングの強化を目指しており、前者は今夏にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(28)の獲得に動いていた模様。一方、後者はチリ代表アレクシス・サンチェス(28)の去就が不透明なため、新たな左ウイングを探しているとみられている。 ▽ドルトムントとの現行契約を2019年までとしているロイスだが、クラブのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツ『キッカー』に対して、「我々はロイスを長期的な目で見ている」と話していることから、地元出身のアイドルを手放す可能性は低いように思える。 2017.10.20 21:19 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース