カンテが意外な資格を所持?2017.10.11 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが意外な資格を所持していることが判明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽先日に発表されたバロンドール候補30名に選出するなど、現在はサッカー界屈指のスタープレーヤーの1人として知られるカンテ。だが、10代後半までアマチュアリーグでプレーしていた同選手は、プロフットボーラーになれなかった場合を考慮して会計士の資格を取得していたことを明かした。

「ブローニュのセカンドチームに在籍していたとき、プレーしていたカテゴリーは6部や5部でプロではなかったんだ。だから、プロフットボーラーとして生計を立てていけるかわからなかった」

「僕が18歳のとき、僕は学士号を取得したんだ。その後、2年間会計士の勉強をしていた」

「結局、トップチームに昇格することが決まり、プロになることができて、勉強はそのときに止めたよ。最終的に会計士の資格を取得できたけど、今はフットボールの仕事に集中しているよ」

▽サッカー界のスーパースターたちは通常、代理人やマネジメント会社による専門家チームに税金対策など自身の金銭面のサポートをしてもらっており、無知から金銭トラブルに巻き込まれることが多い。しかし、会計士の資格を持つカンテは、きっちりと自身の金銭面のマネジメントを行っているはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ペドロ「サッリとグアルディオラは同じアイデアを持っている」

▽チェルシーのスペイン代表FWペドロが、今季のクラブやマウリツィオ・サッリ新監督について言及した。『TUTTOmercatoWEB』が伝えている。 ▽今季はサッリ監督の下、すでにリーグ戦3ゴールを挙げているペドロ。イギリス『ミラー』の取材で、昨季と今季のチームの変化を比べている。 「今のチームは昨季よりも強いよ。サッリは素晴らしいアイデアを持っている。彼は攻撃的で、試合を支配することを望む」 「僕たちはよく走ってるけど、それは昨季とは異なるものだ。僕たちはオフェンシブエリアでのプレーが多い。(アントニオ・)コンテ前監督の下ではよりコンパクトに守備をしていた」 ▽また、ペドロはサッリ監督についても言及。かつてバルセロナで指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)と「同じアイデアを持っている」として、次のように述べた。 「サッリはグアルディオラと同じアイデアを持っている。彼らはとても似ているんだ。同じ方法で攻撃するんだ」 2018.09.22 22:08 Sat
twitterfacebook
thumb

「YouTubeで何か盗もうと…」コバチッチ、ユナイテッドが誇るレジェンドを参考!?

▽チェルシーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドのプレーを参考にしていることを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が同国『サン』を引用して伝えている。 ▽今シーズンベルギー代表GKディボー・クルトワの契約の一部として、レアル・マドリーから1年間のレンタル移籍でチェルシーに加わったコバチッチ。ここまでプレミアリーグで4試合に出場しており、チームの首位キープに貢献している。 ▽現在フランス代表MFエンゴロ・カンテとイタリア代表MFジョルジーニョとの定位置争いの中にいるコバチッチだが、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏のプレーを見て学んでいるようだ。また、過去3シーズンにおいて8ゴールしか奪えていないことを課題に挙げている。 「僕にとってスコールズは最高の選手の1人なんだ」 「彼はすごいよ。僕は今でもYouTubeで時々彼の動画を観て楽しむんだ。何かを盗もうとね」 「現代のミッドフィルダーで全てを兼ね備えていた選手なんだ。ディフェンスもできて、ゴールも奪える。僕は誰かのコピーにもなるつもりなんてないけど、スコールズは好きなんだよ」 「プレーの幅を広げるために他の選手のプレーも観ているよ。ルカ・モドリッチやアンドレス・イニエスタもね」 「(自身の得点数について)それは僕の課題の一つだ。満足いくほどゴールを奪えていない。そこは改善しなくてはならない」 2018.09.22 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第6節プレビュー】チェルシーとリバプールが開幕6連勝を目指す! マンチェスター勢は昇格組と対戦

▽前節最大のビッグマッチ、トッテナムvsリバプールはリバプールに軍配。開幕5連勝を飾った。そしてそのリバプールと並び5連勝で首位に立つのがチェルシーだ。前節のカーディフ戦ではMFエデン・アザールの圧巻ハットトリックで昇格組を粉砕。エースとともにチームも絶好調だ。また、上記2チームと同じように5連勝が懸かっていたワトフォードはマンチェスター・ユナイテッドに力負け。終盤に攻勢を仕掛けたものの今季初黒星を喫した。第6節は、上位陣は比較的楽な相手となりそうだ。 ▽現在得失点差で首位に立つチェルシーは、ウェストハムのホーム、ロンドン・スタジアムに乗り込んでのロンドン・ダービーに臨む。ミッドウィークにPAOKとのヨーロッパリーグ(EL)を戦ったが、アザールやDFダビド・ルイスは遠征には帯同せずしっかり休養を取った。しかし、この試合でFWペドロが肩を負傷。欠場が見込まれている。対するウェストハムは、MFジャック・ウィルシャーがケガにより最大6週間の離脱。チェルシーとのリーグホーム戦ここ6試合で3勝を挙げているが果たして。なお、この試合でチェルシーが勝利すれば、マウリツィオ・サッリ監督はプレミアで指揮した最初の6試合で全勝した3人目の指揮官になる。過去にこの偉業を達成したのはカルロ・アンチェロッティとペップ・グアルディオラだけだ。 ▽2位のリバプールはDF吉田麻也所属のサウサンプトンと対戦。チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンに勝利した勢いそのままに、クラブ史上3度目のリーグ開幕6連勝を目指す。プレミアでのリバプール戦ここ4試合無得点のセインツは、ここまで3得点でチーム内得点王のFWダニー・イングスが規定によりリバプール戦は出場できない。 ▽リーグ戦ここまで無敗のマンチェスター・シティは先日のCLリヨン戦で今季初黒星。今節の相手カーディフとは、プレミアの舞台では3度目の対戦となる。2013-14シーズンのアウェイ戦は2-3で敗戦。それでも2015年3月のバーンリー戦以来、昇格組とは21試合負けなし。リヨン戦後にチームのパフォーマンスに不満を漏らしていたグアルディオラ監督を満足させることはできるだろうか。 ▽リバプールに敗れてリーグ2敗目を喫したトッテナムはアウェイでブライトンと対戦する。MFデレ・アリとMFムサ・シソコ復帰も、主将のGKウーゴ・ロリスは以前離脱中。CLではインテルに敗れ公式戦3連敗中と、悪い流れを断ち切りたいスパーズだが、ブライトンはホームでのリーグ戦ここ8試合負けなし。一筋縄ではいかないか。 ▽リーグ3連勝で7位に浮上したアーセナルは、ELでヴォルスクラに大勝し公式戦では4連勝。徐々に軌道に乗ってきたところでホームでエバートンと対戦する。リーグ戦ホームでのエバートン戦はここ24試合で20勝4分け。完全にお得意様としている相手にエバートン戦6ゴールのMFアーロン・ラムジーが襲いかかる。 ▽前節、ワトフォードの連勝に歯止めをかけたマンチェスター・ユナイテッドはホームでウルブスと対戦する。オールド・トラフォードでの同カードはユナイテッドが6連勝中。トッテナムをホームに迎えた第3節で敗れたユナイテッドだが、2014年3月以降ホームでは連敗はしておらず、ジョゼ・モウリーニョ監督もこれまでのキャリアで一度もホーム連敗をしたことはない。また、現在2連勝中のウルブスも1980年3月以降、3連勝を収めたことはない。 ▽FW武藤嘉紀のニューカッスルはアウェイでクリスタル・パレスと対戦。ニューカッスルはロンドン遠征ここ19試合で14敗。C・パレスはプレミア通算100勝目を目指す。FW岡崎慎司のレスター・シティはハダースフィールドをホームに迎え撃つ。レスターはここ9度の対戦で8勝。一方のハダースフィールドはプレミア直近15試合でわずか1勝だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第6節 ▽9/22(土) 《20:30》 フルアム vs ワトフォード 《23:00》 レスター・シティ vs ハダースフィールド クリスタル・パレス vs ニューカッスル カーディフ vs マンチェスター・シティ バーンリー vs ボーンマス マンチェスター・ユナイテッド vs ウォルバーハンプトン リバプール vs サウサンプトン 《25:30》 ブライトン vs トッテナム 09/23(日) 《21:30》 ウェストハム vs チェルシー 《24:00》 アーセナル vs エバートン 2018.09.22 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタよ、自信は己で掴むもの サッリが金言

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督がスペイン代表FWアルバロ・モラタに金言を残した。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽昨シーズンからチェルシーでプレーするモラタ。期待を裏切った昨年度からの再起を期する今シーズンだが、ここまで出場した公式戦6試合でわずか1得点にとどまっており、ストライカーぶりは依然として鳴りを潜める。 ▽そのモラタは、20日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ開幕節のPAOK戦に先発。チームとしては勝利したものの、個人としては不発に終わり、今後に課題を残した。サッリ監督は試合後、次のように語っている。 「彼は1、2点、いや3点ぐらい挙げて、自信を取り戻さないといけない。自信は、私から彼に与えられるものじゃない。今日の試合でもいくつかのチャンスがあったが、運もなかったね。私自身、彼をサポートすることはできる。だが、自信はゴールを挙げることでしか得られないものだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

まだ最高のアザールじゃない! ゾラがさらなるバケモノ化を予告

▽チェルシーでコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏がベルギー代表MFエデン・アザールについて「まだまだベストな彼じゃない」と語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏、レアル・マドリー行きが有力視されながら最終的にチェルシー残留を決めたアザール。その今シーズンのここまでプレミアリーグ5試合でチームトップの5得点を挙げ、マウリツィオ・サッリ新体制下でも異彩を放つ。 ▽だが、今シーズンから古巣チェルシーにコーチとして復帰したゾラ氏は、アザールの状態についてトップレベルにないと考えている。23日に行われるプレミアリーグ第6節のウェストハム戦を前に、次のように言及した。 「エデンはファンタスティックな選手だ。結果を残すことで、それがさらなる彼のクオリティの成熟につながる」 「知ってのとおり、彼はたくさんボールに触れることで、より存在感を放つことができるタイプ。ゴールに近いところでプレーすればするほど、エデンの良さが出てくる」 「彼はまだまだベストな彼じゃない。彼がこの先もプレーしていく中で、システムを理解していけば、より効果的な選手になるはずさ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 12:05 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース