ケイヒルが2発! オーストラリアがシリアとのPOを制し、北中米4位とのPOへ!《ロシアW杯アジアプレーオフ》2017.10.10 20:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジアプレーオフの第2戦、オーストラリア代表vsシリア代表が行われ、1-1で90分を終了。延長戦の末2-1で勝利したオーストラリアが、2戦合計3-2で勝利。北中米カリブ海予選4位との大陸間プレーオフに進出した。

▽第1戦を1-1のドローで終えた両チーム。オーストラリアはアウェイゴールを奪っての第2戦となった。

▽試合は6分、アウェイのシリアがスコアを動かす。ハーフウェイライン付近で横パスをカットすると、スルーパスに反応したアル・スマがボックス内左からシュートを沈めて、アウェイのシリアが先制する。

▽貴重なアウェイゴールを奪ったシリアだったが、オーストラリアも黙っていない。13分、右サイドを縦パス一本で崩すと、レッキーがアーリークロス。これをボックス内でケイヒルがヘッドで合わせて、オーストラリアが同点に追いつく。

▽19分には縦パスに抜けたトロイージがシュート。しかし、これはシリアのGKアルマがセーブする。

▽28分にもオーストラリアが決定機。左サイドを崩すとボックス内に侵入。最後はケイヒルが蹴り込むも、相手DFが身体を張ってブロックする。

▽その後もホームのオーストラリアが攻め込むが、決定力を欠き追加点を奪えず。前半は1-1で終了する。

▽後半に入っても、攻勢を掛けるのはオーストラリア。49分にはボックス手前で得たFKをムーイが直接狙うも、GKアルマがセーブする。

▽60分にはオーストラリアがCKのチャンス。ムーイがクロスを上げると、ニアでレッキーがヘッド。しかし、これはわずかに枠を外れる。

▽69分にはシリアが決定機。左サイドを崩してボックス内に侵入。しかし、ここはシュートを打てないで終わる。

▽スコアが動かないまま時間が経過。するとオーストラリアは89分に決定機。ボックス内からの落としをロギッチが豪快にシュート。しかし、これもシリアDFが身体を張って防ぎ、ゴールならず。1-1のまま延長戦に突入した。

▽延長に入ってもペースはオーストラリア。94分には、シリアのアルマワスが2度目の警告を受けて退場となる。

▽数的優位に立ったオーストラリアは、延長前半アディショナルタイムに決定機。右サイドからムーイがクロス。これをニアでルカビジャが合わせるも、シリアGKが好セーブで得点を許さない。

▽延長後半に入り、ついにスコアが動く。109分、ボックス内の浮き球に反応したクルーズがクロス。これをケイヒルが中央でヘッド。オーストラリアが逆転に成功する。

▽後がないシリアはここから猛攻。しかし、オーストラリアはミロシュ・デゲネクらが集中した守備で得点を許さない。結局そのまま逃げ切ったオーストラリアが2-1で勝利。アジアプレーオフを制し、北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに進出した。

コメント

関連ニュース

thumb

欧州予選プレーオフ最大の注目カードはスウェーデンvsイタリア《ロシアW杯欧州PO》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会を実施した。 ▽欧州予選の各グループ2位に入った9カ国の内、最下位のスロバキアを除いた8カ国が進むプレーオフ。勝利した4カ国がW杯出場権を獲得する。 ▽16日に発表されたFIFAランキングから、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)がシード。北アイルランド(23位)、スウェーデン(25位)、アイルランド(26位)、ギリシャ(47位)がノーシードとなった。 ▽プレーオフの再注目カードは、スウェーデンvsイタリア。スウェーデンは3大会ぶり、イタリアは15大会連続の出場を懸けて戦う。また、スイスは北アイルランド、クロアチアはギリシャ、デンマークはアイルランドと対戦する。 ▽1stレグは11月の9日〜11日、2ndレグは11月12日〜14日に行われる。対戦カードは以下のとおり。 ◆ロシアW杯欧州予選プレーオフ 北アイルランド vs スイス クロアチア vs ギリシャ デンマーク vs アイルランド スウェーデン vs イタリア ◆日程 1stレグ:11月9〜11日 2ndレグ:11月12日〜14日 2017.10.17 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

日本はポット4が濃厚…ポット3入りの条件は4つ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、10月のFIFAランキングを発表した。日本は前回より4つランクを下げ、44位となった。 ▽今回のFIFAランキングは、12月1日に行われる、ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会のポット分けに影響する。ポット分けはFIFAランキングの上位から8カ国ずつが4つ分類され、開催国であるロシア(65位)のみ、FIFAランキングに関係なくポット1に入る。 ▽現時点で出場32カ国中、出場が決定しているのは23カ国。ここに、アフリカ予選の残り3カ国、欧州予選のプレーオフを勝ち抜く4カ国、南米5位のペルーvsオセアニア王者のニュージーランド、北中米カリブ海4位のホンジュラスvsアジアPOを勝ち抜いたオーストラリアの勝者の9カ国が加わることとなる。 ▽今回発表されたランキングを元にポット分けを予想すると、日本は限りなくポット4に入ることとなるだろう。出場が確定している国で、日本よりFIFAランキングが低いのは、パナマ(49位)、韓国(62位)、サウジアラビア(63位)の3カ国のみ。また、アフリカ予選で同グループのモロッコ(48位)、コートジボワール(61位)は、どちらが出場となっても日本よりランキングは下となる。日本以下のW杯出場国(可能性がある国を含む)のランキングは以下の通り。 ◆FIFAランキング 44.日本 47.ギリシャ※1 48.モロッコ※2 49.パナマ 55.ブルキナファソ※3 61.コートジボワール※2 62.韓国 63.サウジアラビア 64.カーボベルデ※3 69.ホンジュラス※4 74.南アフリカ※3 122.ニュージーランド※5 ※1…欧州予選プレーオフ ※2…アフリカ予選で同グループ ※3…アフリカ予選で同グループ。32位のセネガルが首位 ※4…43位のオーストラリアとの大陸間プレーオフ ※5…10位のペルーとの大陸間プレーオフ ▽上記の通り、日本はギリギリでポット3に入る可能性が残されている。しかし、下記の4つの条件が揃わない限り、日本はポット4入りが決定する。 1.ギリシャが欧州予選プレーオフを勝ち抜く 2.ニュージーランドが大陸間プレーオフを勝ち抜く 3.ホンジュラスが大陸間プレーをオフを勝ち抜く 4.アフリカグループDでブルキナファソ or カーボベルデ or 南アフリカが首位 ▽欧州予選プレーオフギリシャの相手になるのは、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)の4カ国。いずれも強敵だ。 ▽ニュージーランドの大陸間プレーオフの相手は南米5位で、FIFAランキング10位のペルー。2010年の南アフリカW杯は、バーレーンとの大陸間プレーオフを制して、本大会出場を決めている。2014年のブラジルW杯はメキシコとの大陸間プレーオフに敗れて出場はならなかったが、今回はどうなるのか。 ▽ホンジュラスの相手は、日本とアジア予選を戦った43位のオーストラリアだ。どちらも連続でのW杯出場を目指している。拮抗した試合になる可能性が高い。 ▽そしてアフリカ予選グループDは、セネガルが2試合を残して勝ち点差2の首位。セネガルの残り2試合は最下位の南アフリカだが、南アフリカも連勝すれば逆転でのW杯出場の可能性がある。 ▽4つの条件を満たす可能性はゼロではないが、1つでも達成されなければポット4となる。果たしてどのような結果になるのか。11月のW杯予選、プレーオフで全てが決着する。 2017.10.16 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル、ロッベン、サンチェスら…豪華過ぎる“W杯で見られない”11名

▽来年開催のロシア・ワールドカップ(W杯)出場国32カ国中23カ国が、この10月の代表ウィークで決定した。イギリス『スカイ・スポーツ』は、予選で姿を消した国々の“W杯で見られない11名”をベストイレブン形式で紹介している。 ▽メンバーを見ると、MFガレス・ベイルやFWアリエン・ロッベン、GKヤン・オブラクを筆頭に錚々たる面々。あと9カ国の出場枠を懸けて、欧州予選プレーオフなども控えているだけに、今後もロシア行きを絶たれる名プレーヤーが出てきそうだ。 ▽なお、記載されたメンバーの他にも、MFミラレム・ピャニッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ユベントス)や、MFマレク・ハムシク(スロバキア/ナポリ)、FWクリスティアン・プリシッチ(アメリカ/ドルトムント)の不参加が確定している。 ◆“ロシアW杯で見られない”ベストイレブン GK ヤン・オブラク(スロベニア/アトレティコ・マドリー) DF アントニオ・バレンシア(エクアドル/マンチェスター・ユナイテッド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/サウサンプトン) ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン) MF ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア/マンチェスター・ユナイテッド) アルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン) アリエン・ロッベン(オランダ/バイエルン) リヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ) FW ガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー) アレクシス・サンチェス(チリ/アーセナル) ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント) 2017.10.14 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チリ代表がW杯出場逃したのは必然? 前指揮官サンパオリは2年前から警鐘

▽コパ・アメリカ・センテナリオ王者がワールドカップ(W杯)の出場権を逃したのは、必然だったのかもしれない。前指揮官であり、今はアルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリが過去に警鐘を鳴らしていた。スペイン『アス』が報じている。 ▽サンパオリ監督は、2012年にチリ代表の指揮官に就任し、2015年に行われたコパ・アメリカでは、大会初優勝に導いた。しかし2016年1月にチリサッカー連盟から契約の解消が発表され、同年6月にはセビージャの指揮官に就任。2017年からはアルゼンチン代表監督を務めている。 ▽サンパオリ監督が去った後もチリ代表は、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオで優勝を果たすなど結果を残してきた。しかし来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権がかかった南米予選の最終節でブラジル代表に0-3と完敗。この結果、前節まで3位だったものの最終節を終えて6位となり、W杯出場は叶わなかった。 ▽『アス』によると、チリ代表のこの事態は以前から予見できたという。アルゼンチン代表を率いてロシアW杯の出場権を獲得したサンパオリ監督は、2015年の時点でチーム内に蔓延する“気の緩み”を指摘していたようだ。 「アルトゥーロ・ビダルは医者を必要とするレベルだ。それほどお酒が大好きで、自己管理ができていない。以前にリマから戻る飛行機の中で、彼は私にビールを差し出して『飲むか?』と聞いてきた。私はそれを断ったが、彼はさらにウイスキーも手にしていた」 「ガリー・メデルは外出して楽しい時間を過ごしてきた。もうお酒は飲めないようだったね。エドゥアルド・バルガスは、チリに戻ってくるたびに酷い有様になっていた。マティアス・フェルナンデスは、もはや代表チームでプレーすべきレベルではなかった」 「マウリシオ・ピニージャに至っては、常にパーティーのことしか頭にない。アレクシス・サンチェスはヘッドホンを携帯し、食事の時ですら話をしない」 ▽さすがにこんな代表ではW杯出場を逃したとしても仕方ないだろう――。 2017.10.13 18:39 Fri
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレがロシアW杯での人種差別対策に名乗り「助けたい」

▽マンチェスター・シティの元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、FIFA(国際サッカー連盟)とロシア政府に対して提言。人種差別の抑制に協力したいとアピールした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ロシアサッカーは、2014年から2016年にかけて、人種差別や差別的な行為を100件以上も報告。長年にわたり、人種差別主義に悩まされ続けている。 ▽2018年にはワールドカップが開催されるが、多くの人種がロシアに集まることとなる。ヤヤ・トゥーレは、ロシアの現状に警鐘を鳴らし、人種差別抑止に協力すると名乗り上げた。 「みんながロシアについて話をしている。少し難しいことかもしれないが、僕はロシアが何かを素晴らしいものにするとトライし、みんなを驚かせてくれることを望んでいる」 「僕は西ヨーロッパに移籍する前、ウクライナやロシアでプレーしていた。ロシアは、第2の祖国のようだよ。僕はロシア語を上手に話せるからね」 「FIFAに言いたい。そして、ロシア政府にもだ。もし、僕を必要とするなら、助けられることはある。僕は話すだけに留まりたくない。僕は行動を起こし、人々を本当に助けたい」 「これらのことは、フットボールの将来に関してとても重要なことだ。僕たちは変化を見る必要がある。人々は話し合っているが、本当に何か世話をしたことはない。僕が何を意味するかが分かるはずだ」 「何人かの選手を関わらせることはとても重要なことであり、もし僕が関わるのであれば喜んでやるよ。僕はいつでも電話に出る準備はできている」 2017.10.13 12:30 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース