倉田、小林、杉本らハイチ戦のスタメン発表《キリンチャレンジカップ》2017.10.10 18:37 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽本日10日の19時30分から日産スタジアムでキックオフを迎えるキリンチャレンジカップ2017、日本代表vsハイチ代表のスターティングメンバーが発表された。

▽6日のキリンチャレンジカップ、ニュージーランド代表戦を2-1で制した日本。引き続きロシア・ワールドカップに向けたテストマッチとなる今回のハイチ戦、チームを率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、ニュージーランド戦から槙野智章と長友佑都以外の先発9名を変更した。

【スタメン】
GK:東口順昭
DF:酒井高徳、槙野智章、昌子源、長友佑都
MF:遠藤航、倉田秋、小林祐希
FW:浅野拓磨、杉本健勇、乾貴士

コメント

関連ニュース

thumb

【アンケート結果】決勝弾の“半端ない男”に最高点! 一方、試合内容には厳しい声も

▽超WS有料版で実施していた19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、コロンビア代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽W杯初戦となったコロンビア戦。1勝もできなかった前回大会の雪辱、そしてコロンビアへのリベンジを晴らすべく臨んだ試合は開始3分にボックス内で相手のハンドを誘いPKを獲得。さらにカルロス・サンチェスが一発退場となり、数的有利に。このPKをMF香川真司が決めて幸先良いスタートを切った日本でしたが、39分に壁の下を抜く意表を突いたFKでコロンビアに追いつかれてしまいます。それでも73分にMF本田圭佑の左CKを中央のFW大迫勇也が頭で合わせて勝ち越し。このゴールを死守した日本が2-1で勝利。2010年の南アフリカW杯以来の勝利を手にしました。 ▽この勝利に、ユーザーの皆様からは一定の評価が。最高点は決勝ゴールを挙げた“半端ない男”FW大迫の【7.0】。次点でMF柴崎岳の【6.2】と高評価を得ました。ファンの皆様からも勝ち点3を獲得できたことに対して選手たちを称えるコメントが。しかし、数的有利にも関わらず、押し込むことができなかった試合内容に対して「冷静に見ると反省点も多い」「ミスを減らさないと11人相手には難しい」との声も上がっています。次戦のセネガル戦に勝てばグループステージ突破に大きく近づくだけに、より熱いプレーを見せてくれることを期待しましょう。 ◆コロンビア戦のユーザー採点結果 GK 川島永嗣 4.4 DF 酒井宏樹 5.7 吉田麻也 5.7 昌子源 6.0 長友佑都 5.9 MF 柴崎岳 6.2 →山口蛍 - 長谷部誠 5.6 原口元気 6.0 香川真司 6.0 →本田圭佑 5.1 乾貴士 5.6 FW 大迫勇也 7.0 →岡崎慎司 - 監督 西野朗 6.0 ◆皆様の声(一部) ・メンバー全員の勝利 ・不撓不屈の精神とはこのこと ・乾の守備と柴崎の回し良かった! ・情熱的に戦う気持ちと冷静な状況判断も出来ていたと思う ・幸先の良いスタートでこのままグループステージ突破して欲しい ・日本人としては嬉しさ爆発の勝利。しかし、冷静に見ると反省点も多かった ・熱い気持ちを持ち、セネガル戦も戦ってほしい。 ・相手に救われた勝利。浮かれると2連敗はありうる ・退場に助けられた。ミスも減らさないと11人相手には難しい。 ・次のセネガルはそうやすやすと勝ちを譲ってくれるチームじゃないので、気をひきしめて頑張ってほしい ・まずは勝てた事を喜びたい。しかし内容は決して良かったとは言えない ・連係面を再度確認して不用意なパスミス等を極力減らさないと今後もっと厳しくなる 2018.06.21 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

前日本代表指揮官のハリル、“金星”のコロンビア戦は「見ていない」

前日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、日本代表のロシア・ワールドカップ初戦のコロンビア戦について、「見ていない」と話した。<br><br>日本は19日に行われたコロンビア戦を2-1で勝利し、下馬評を覆すサプライズを披露した。本大会2カ月前という状況で日本代表指揮官を解任されたハリルホジッチ監督は、『Goal』クロアチア版に対して、「私が何かをコメントすることは意味がないよ。私は試合を見ていない」とし、具体的な言及を避けた。<br><br>コロンビア戦の前、『Goal』に対して、「日本のロシアでの幸運を願っている。彼らが夢の舞台で素晴らしい結果を手にするよう祈っている」と語ってくれたハリルホジッチ氏。複雑な感情を抱えている中であることが推測されるが、同氏の思いも胸に、選手だけでなくサポーター、メディア共に日本代表を精一杯サポートしていきたいところだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

森下駐コロンビア大使が日本人女性への侮辱問題で声明…謝罪を「受け入れます」

コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導した問題で、駐コロンビア日本国大使の森下敬一郎氏がコメントを発表した。『RCN Radio』が伝えた。<br><br>19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後にコロンビア人男性グループが、日本人と思われる女性にスペイン語で「私はかなりの売春婦です」、続けて「とてもいやらしい」と言わせた動画をSNSにアップ。コロンビア国内で恥ずべきものとして拡散され、批判が殺到している。<br><br>この問題にコロンビア政府は、「我々は悪しき振る舞いを拒絶します。そのような人々は、私たちの文化、言語、人種を代表する存在ではない」という緊急声明を発表。同国サッカーレジェンドであるファウスティーノ・アスプリージャ氏も「世界の友人たち、特に日本の友人たちに、このような類の人間がコロンビア人を代表するとは思わないでほしい。私たちは、すべての文化を尊重している。コロンビア人を代表して謝罪したい。どうか受け入れてほしい」と謝罪する事態となっている。<br><br>これを受けて駐コロンビア日本国大使の森下敬一郎氏は「この動画は本当に残念に思いますし、コロンビアの人々からこの行動について謝罪を受けています」とコメントし、何百人ものコロンビア市民から謝罪を受けたことコメントを発表している。<br><br>また、この動画をSNSにアップした男性から謝罪を受けたとし「悲しいことですが、コロンビア人男性からのこのビデオの公開についての謝罪を受け入れます」と明かしている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

サポートを終えて帰国…浅野拓磨「あの時があったから今がある、今に繋がっていると思えるように」

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表にバックアップメンバーとして参加していたハノーファーのFW浅野拓磨が帰国後、自身のインスタグラム(@asatakugram)で心境を明かしている。 ▽ロシアW杯最終登録メンバーから落選した浅野はこれまでバックアップメンバーとしてチームに帯同。19日に行われたグループH第1戦のコロンビア代表戦の開催地・サランスクにも同行し、日本代表を支えてきた。 ▽バックアップメンバーとしての役目を果たした浅野は、現在の胸中を吐露。日本のコロンビア戦勝利への喜び、自身が出場できなかった悔しさなどを語り、今回の経験を今後に生かしていくことを誓った。 「これまでバックアップメンバーとしてロシアワールドカップの日本代表に帯同してきましたが今日でチームを離れる事になりました。僕にとってのロシアワールドカップに向けた挑戦はここで終わりますがこれまで日本代表の皆さんと一緒にワールドカップに向けた準備をしてこれたことは絶対に自分にとっていい経験となり力になると思います」 「コロンビア戦での勝利はチーム、日本が1つになって掴めたものだと思います。凄く嬉しかった。ただ正直、それと同時に込み上げてくる悔しさもあります。この悔しさ、この経験を無駄にせず未来の自分がいつか、あの時があったから今がある、今に繋がっていると思えるようにまたここから全力で頑張りたいと思います」 「日本代表の皆さんには責任やプレッシャーも感じると思いますが何よりも自信をもって残りの試合を頑張って欲しいです! 僕は全力で応援します! 日本を1つに共に戦いましょう! 『感謝。』」 #日本代表 #ロシアワールドカップ #勝利の笑みを君と #感謝。 2018.06.21 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】勝って兜の緒を締めよ

▽ロシア・ワールドカップの初戦を19日に迎えた日本代表。コロンビア代表が有利と見られる中、2-1で勝利。歴史的な一勝を挙げた。大事な初戦で期待以上の勝ち点3を掴んだ日本。この上ない結果だが、決して満足してはいけないものだろう。 <span style="font-weight:700;">◆立ち上がりは上々</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キックオフ直前、FWラダメル・ファルカオがエンドの入れ替えを要求。コイントス時にファルカオが訴えていたが、審判団が忘れたのか、直前のタイミングで異例の交換となった。しかし、日本は立ち上がりからアグレッシブな入りを見せ、3分に決定的な瞬間が訪れた。 ▽ルーズなボールが入ると、FW大迫勇也が相手DFと競り合いながらボールをキープ。そのまま持ち込み、GKダビド・オスピナと一対一となりシュート。これは防がれたが、後方から走り込んだMF香川真司がダイレクトシュート。ここで、MFカルロス・サンチェスが腕を出してハンド。日本はPKを得るとともに、コロンビアは1人を退場し数的不利となった。 ▽このシーンは、大迫が身体の強さを見せたキープが生んだものではあるが、パスを出した香川のランも評価すべきだ。クリアボールをダイレクトで前に送ると、大迫にDFが集中する中追いかけ、PK獲得に繋がった。大迫のシュートがセーブされた跳ね返りをダイレクトで打ったことも大きい。キープし、崩すことを考えず、アグレッシブに押し切ったことがプラスに働いた。 <span style="font-weight:700;">◆リード時の戦いに不安も</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽しかし、1点リードしてからの戦い方には不安が残る。コロンビアは10人になったものの、ホセ・ペケルマン監督は交代カードを切らず。一方で、日本は数的優位ながらもコロンビアの選手を捕まえきれず、ボールを回される展開に。1人多い点を生かすことができず、後手を踏んだ。 ▽1人余ることで、本来であればリスクを冒して奪いに行って良いシーンでも、ディレイを優先するためにパスを繋がれてしまう。また、人数をかけてボールを奪いに行く場面でも、プレス回避を上手くされ、ボールを繋がれてしまっていた。 ▽当然、個人能力の高さがあるコロンビアだけに、そこまで上手く守備がハマるとは考えにくい。しかし、「チームとして守る」という西野朗監督の試合前のコメントを考えると、上手く機能していたとは言えないだろう。 ▽また、失点シーンに繋がったプレーも気になるところだ。自陣でのボールに対し、DF長友佑都がクリアミス。高く上がったボールを競り合ったファルカオが上手く倒れてボックス手前でFKを獲得した。リードしている状況、そして時間帯を考えれば、もっとセーフティなプレーを心がけても良かったはず。長友のクリアミスがなぜ生まれたのか、しっかりと分析してもらいたいところだ。 ▽FKに関しても、良い位置ではあったとはいえ、防げる余地はあったと言える。GK川島永嗣の立ち位置は、若干ファーに寄っていた。壁の下を抜かれたグラウンダーのシュートがわずかにラインを越えて得点を許したが、壁の上を越えていたとしても、ボールスピードを考えると枠に入っていては間に合わなかったのではないだろうか。キックの精度もあるが、川島の対応も気になるところだ。 <span style="font-weight:700;">◆良い流れからの決勝点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽決勝点の場面はCKから。左サイドからMF本田圭佑がクロスを上げると、ボックス中央で競り勝った大迫がヘディングで決めた。これまではMF柴崎岳がキッカーだったが、本田に代わって1本目のCK。アウトスイングになったこと、さらには球質が変わったことも影響しただろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽しかし、注目したいのはCKを得たプレー。右サイドを崩すと、ニアサイドに低いボールを入れ、大迫がキープ。この落としを走り込んだ酒井宏樹がシュートした。崩し方の問題を抱えていた日本にとって、コロンビア戦の終盤は良い崩しがいくつか見られた。 ▽コロンビアの疲労も影響し、日本がつけ入るスペースができていた。そこをしっかりと使えたことはプラスだが、ゴールという結果が生まれなかった。乾の惜しいシュートも、GKオスピナの好セーブに阻まれた。チャンスが多く訪れないことを考えると、いかに効率よく得点を奪うかが重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆勝って兜の緒を締めよ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦で勝ち点3を獲れたという結果は、これ以上ないものだ。3試合で決着がつくことを考えると、コロンビア、そしてポーランドと勝ち点3差を付けていることは大きい。 ▽しかし、相手が早々に10人になったことを考えると、試合内容は満足いくものとは言えない。11人が揃っていたら、この結果が生まれていなかったかもしれない。試合巧者とは言えない日本だけに、やはりピッチ内での決まり事をどこまで設定できるかが重要だ。 ▽日本には「勝って兜の緒を締めよ」ということわざがある。運も味方したことで勝ち点3を得られたこのチャンスを活かすためには、浮かれてばかりは居られない。特に、守備面でのプランニングは重要だ。少ない相手に対しての守り方をみても、どこかチーム全体でちぐはぐさが見える。サイドでの追い込み方、中盤での立ち位置、プレスの強度…さまざまな感覚が異なるアフリカ勢との対戦を考えると、整理する必要は出てくる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽次戦の相手は、ポーランドに勝利したセネガル。アフリカ人特有の優れたフィジカルに加え、整理された守備、破壊力抜群のカウンターを持っている。しっかりとプランを立て、ピッチ上で遂行することができるか。コロンビア戦の勝利に浮かれず、ここで得た課題を次戦までに振り返れば、グループ突破の可能性が見えてくるだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.20 23:25 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース