【ロシアW杯南米予選最終節プレビュー】崖っぷちアルゼンチン、生き残れるか2017.10.10 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の最終節が日本時間11日の早朝に行われる。4位までが本大会出場を果たせ、5位になるとオセアニア王者・ニュージーランド代表とのプレーオフに回ることになる南米予選。2年にわたる戦いが決着を迎える中、本稿では最終節の注目ポイントを紹介していく。

勝点/得点/失点
★ブラジル 38/38/11
2.ウルグアイ 28/28/18
3.チリ 26/26/24
4.コロンビア 26/20/18
5.ペルー 25/26/25
6.アルゼンチン 25/16/15
7.パラグアイ 24/19/24
8.エクアドル 20/25/26
9.ボリビア 14/14/34
10.ベネズエラ 9/18/35

◆最終節
▽10/11(水)
《8:30》
ブラジル vs チリ
エクアドル vs アルゼンチン
ペルー vs コロンビア
ウルグアイ vs ボリビア
パラグアイ vs ベネズエラ

▽日本時間6日に行われた前節では、アルゼンチン代表がペルー代表との上位対決に挑み、圧倒的に攻め込みながらも0-0の引き分けに終わってW杯出場圏外の6位に転落した。一方でチリ代表がエクアドル代表に2-1と競り勝ってW杯出場圏外から一気に3位に浮上している。迎える最終節では崖っぷちのアルゼンチンが、敗退の決まったエクアドル代表とのアウェイ戦で生き残りを懸けたサバイバルマッチを戦う。

▽前節ペルー戦ではイカルディとディバラをベンチスタートとした中、ガゴの負傷もあって彼らを起用できず、まさかのゴールレスドローに終わったアルゼンチン。再三の決定機を活かせず、1970年大会以来となる予選敗退の危機が現実味を帯びる中、最終戦の相手はエクアドルで、決戦の地は標高2800m越えの高地キト。16年勝利のない難所での戦いで、アルゼンチンは白星を掴み取れるか。

▽アルゼンチンに引き分けてプレーオフに回れる5位に留まったペルー(勝ち点25)は、パラグアイ代表に終盤の2失点でまさかの逆転負けを喫した4位コロンビア代表(勝ち点26)と対戦する。

▽1982年大会以来のW杯出場に近づくペルーとしては、勝ち点で並ぶアルゼンチン、1ポイント差に迫るパラグアイの存在があるだけに、勝利しなければ6位転落の可能性があるため、引き分けではなく勝利を手繰り寄せる必要がありそうだ。難しい試合運びが予想される中、格上コロンビアを攻略し、悲願達成となるか。

▽対するコロンビアは引き分け以上で5位以上は確保できる状況。ここ3試合勝利がなく、取りこぼしが目立つ予選終盤だが、完全アウェイのペルーの地ですっきりとW杯出場を決められるか。

▽6位から3位に浮上したチリ(勝ち点26)はブラジル代表とのアウェイ戦でW杯出場を目指す。敗れれば一気に7位転落の可能性があり、まだまだ予断を許さない状況だが、ビダルを出場停止で欠く中、既にW杯出場を決めているブラジルから勝ち点を持ち帰り3大会連続のW杯出場を果たせるか。

▽その他、最下位エクアドル代表にゴールレスドローに終わった2位のウルグアイ代表(勝ち点28)は、予選を敗退している9位のボリビア代表とのホーム戦でW杯出場を目指し、コロンビアに劇的逆転勝利した7位のパラグアイは、ベネズエラとのホーム戦で逆転でのW杯出場圏内浮上を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチン代表崩壊の真相…会議で「サンパオリを信用しない」と通達

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でのアルゼンチン代表の崩壊の様子が明らかにされている。アルゼンチンのジャーナリスト、アリエル・セノシアイン氏の著書『Mundial es Historias』の情報を基に、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ロシアW杯の決勝トーナメント1回戦でフランス代表に敗れ、姿を消したアルゼンチン代表。大会前からチーム内部で混乱が広がっていると囁かれていたが、グループステージ第2節でクロアチア代表に0-3の完敗を喫した際、ピークを迎えていたようだ。 ▽アリエル氏の『Mundial es Historias』によると、クロアチア戦後にFWリオネル・メッシとDFハビエル・マスチェラーノが、ホルヘ・サンパオリ監督とそのスタッフを呼びミーティングを開いたという。そのミーティングの目的は、選手たちがこれ以上サンパオリ監督を信用することはない、と伝えることだった。 ▽選手たちが「あなたが何を言おうと関係ない。僕らはこれ以上あなたを信じないし、こちらにも考えがある」と主張すると、サンパオリ監督は驚きつつも「どのような要望があるか」と質問。すると、選手たちは「全てだ」と返答したそうだ。 ▽また、過度な依存が疑問視されていたメッシ。当人も悩んでいたらしく、以下のようにサンパオリ監督に不満をぶつけた。 「どのプレーヤーを起用して欲しいか、どのプレーヤーがそうでないか、あなたは10回は僕に尋ねてきた。そして、僕は決して名前を挙げることはしなかった」 ▽異様な光景を目にしたアルゼンチンサッカー協会(AFA)のクラウディオ・タピア会長は、選手側の意見を汲み取り、サンパオリ監督には受け入れるべきだと伝えた模様。アシスタントコーチの一人であるセバスティアン・ベカセセ氏がこれを受けて辞任の意向を示したが、サンパオリ監督によってそうさせて貰えなかったことも伝えられている。 ▽なお、その後に行われた第3節のナイジェリア代表戦では、サンパオリ監督が「クン(セルヒオ・アグエロ)を投入しようか? 」とメッシに尋ねている様子がカメラに収められていたことが、『マルカ』に指摘されていた。 2018.07.21 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンの重鎮が協会に激昂! 「リボルバーで奴らを殺したい」

▽アルゼンチン代表に初のワールドカップ(W杯)優勝をもたらした指揮官であるセサル・ルイス・メノッティ氏が、アルゼンチンサッカー協会(AFA)に激怒している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナFWリオネル・メッシら攻撃的なタレントを多く擁しながらも、ロシアW杯でベスト16敗退に終わったアルゼンチン。AFAはただでさえ大きな批判に晒されているが、大会終了後にも火に油を注いでしまったようだ。 ▽AFAは、選手育成のためスペインのマルベリャにトレーニングセンターとレセプションセンターを設置すると発表。しかしこれが、アルゼンチン国内での環境整備もままならない内に、スペインの海岸沿い位置する観光名所の土地を購入しているとして、国民の神経を逆なですることとなった。 ▽メノッティ氏も不満を覚えている1人。メッセージアプリ『Whats App』に同氏が録音した音声の会話データが流出し、激昂している様子が漏れ伝えられている。 「信じることはできない」 「これを見ると気分が悪くなるんだ。リボルバーを握って奴らを殺したい」 「酷いことだ。私は恥ずかしい」 「私を地獄に行きたいと思わせた。ウルグアイでの生活を望ませたんだ」 「受け入れることはできない。奴らはマルベリャの不動産に金を使った」 「ロサリオの友人と話すと、そのクラブには水が無いと言われるよ。セントラル・コルドバなんて4人のギャングスタ―達の手の中だ」 「誰がこの豪邸を買ったんだ? 選手たちがここ(アルゼンチン)よりもあそこで練習すべきだと奴らが言うからだ」 ▽1978年に母国開催のW杯でアルゼンチン代表を率い、念願の初優勝に導いたメノッティ氏。様々な批判に晒されているAFAだが、同氏からのお叱りは特別応えるものとなるかもしれない。 2018.07.20 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

テベス「アルゼンチンにはメッシが必要」代表引退を引き留めへ

カルロス・テベスはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに代表引退をしないよう伝えたと『ESPN』に語った。<br><br>優勝候補として期待されて臨んだロシア・ワールドカップでは、グループステージ初戦でアイスランドに引き分け。クロアチアには0-3で完敗。最終節でなんとか決勝トーナメント進出を決めたものの、1回戦でフランスに敗れ、ベスト16で敗退した。<br><br>チームのエースであるメッシは、2016年のコパ・アメリカ後に一度は代表を引退。その後、W杯制覇のために復帰したものの、またもタイトル獲得はならなかった。<br><br>アルゼンチン代表として76試合に出場した経験を持つテベスは、アルゼンチンが誇るスターを支える環境が必要だと主張した。<br><br>「もし彼を満足させるようなプロジェクトが用意されていなければアルゼンチンを優勝に導くという責任を果たすのは難しいと思う」<br><br>「僕たちは彼を幸せにできず、目標達成のために彼をサポートすることもできず多くの時間を無駄にしてきた。彼に快適な環境を与えられなかったことは間違いだったと思っているよ」<br><br>そして、5度バロンドールを受賞しているエースは代表に残り、ピッチ上でその責任を果たす必要があると語った。<br><br>「選手としてもアルゼンチン国民としても、僕たちには彼が必要だということを彼に伝えるよ。アルゼンチンの魂である彼が必要なんだ。アルゼンチン最大のアイドルであり、その責任を取る必要がある」<br><br>「今は休養を取り、頭を冷やし冷静になって、回復に努めるように伝えるよ。そして、ピッチの上で責任を取ってほしい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン、次期監督にペケルマン招へいか

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)が、コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督(68)の招へいを画策しているようだ。アルゼンチン『Ole』が報じている。 ▽アルゼンチンは今回のロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16敗退。これを受けて、15日に、2017年6月から指揮を執っていたホルヘ・サンパオリ監督を解任した。後任にアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督らが候補に挙がる中、『Ole』はかつてアルゼンチン代表で指揮を執ったペケルマン監督を推している。 ▽アルゼンチン人のペケルマン監督はこれまでアルゼンチンやチリのクラブのユース世代を指揮した後、2004年にアルゼンチン代表監督に就任。2006年のW杯ドイツ大会ではベスト8に進出したものの、準々決勝でドイツ代表に敗れ辞任を表明。その後はメキシコのクラブを率いた後、2012年にコロンビア代表監督に就任した。2014年W杯ではベスト8、今回はベスト16に導いた。 ▽『Ole』はペケルマンを次期監督に推す理由の1つとして、FWリオネル・メッシとの「良好な関係」を挙げている。2006年のW杯でも共闘した両者。ペケルマンはメッシをA代表にデビューさせた監督であり、メッシも恩師である同監督を高く評価しているという。さらに、2006年のW杯メンバーで“ペケルマン・チルドレン”と呼ばれるパブロ・アイマール氏やディエゴ・プラセンテ氏、リオネル・スカローニ氏らがコーチとしてペケルマン監督の下につくことも見込んでいるようだ。 ▽また、記事によればAFAはペケルマン監督を協会のマネージャーとして招くプランも立てているようで、1998年以来となる入閣も視野に入れている模様。いずれにせよ、AFAはペケルマンに全幅の信頼を寄せ、全ての舵取りを任せることを考慮しているという。 2018.07.17 16:13 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯ベスト16敗退のアルゼンチン、サンパオリ監督を解任

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は15日、ホルヘ・サンパオリ監督(58)を解任した。 ▽2017年6月からアルゼンチン代表の指揮を執るサンパオリ監督。ロシア・ワールドカップ(W杯)で1986年大会以来の優勝を目指した。だが、蓋を開けてみれば、結果はベスト16敗退。国民の期待に応えることができなかった。 ▽2022年まで契約を残していたサンパオリ監督は続投に意欲的だったようだが、AFAは同監督の弁護士と交渉。その末、AFAが契約解除金200万ドル(約2億2000万円)を支払うことで合意したとのことだ。 ▽なお、再起を期するアルゼンチン代表の次期監督として、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督らが候補に挙がっている模様だ。 2018.07.16 05:17 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース