デポルティボが32歳左SBルイジーニョと2020年まで契約延長2017.10.10 00:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デポルティボは9日、ポルトガル人DFルイジーニョ(32)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽2013年夏にベンフィカからデポルティボに加入した左サイドバックのルイジーニョは、これまでデポルティボで公式戦128試合に出場して5ゴール11アシストをマーク。今季はリーガエスパニョーラ全7試合にフル出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブライトン、リーガ2部降格のデポルティボからルーマニア代表FWを獲得

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、デポルティボからルーマニア代表FWフロリン・アンドネ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は2023年6月までの5年間。移籍金は明かされていないが、ルーマニア『DigiSport』は、600万ユーロ(約7億7000万円)と推定している。 ▽ルーマニア人ながら2011年にスペインのカステジョンでプロキャリアをスタートしたアンドネは、ビジャレアルを経て2014年にコルドバに加入。2015-16シーズンは、セグンダA(スペイン2部)で36試合に出場し、21ゴールを挙げる大活躍を披露し、ストライカーとしての才能を一気に開花させた。 ▽この活躍が認められ2016年7月にデポルティボに移籍すると、加入初年度からレギュラーとして活躍。在籍2年間で公式戦69試合に出場し18ゴール6アシストをマークしていた。 ▽また、2015年にデビューしたルーマニア代表では、ここまで通算21キャップを記録している。 2018.05.26 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

降格のデポルティボ、セードルフ監督退任を発表

▽デポルティボは22日、クラレンス・セードルフ監督(42)の今季限りでの退任を発表した。 ▽現役引退後、古巣ミランや中国の深センで指揮を執ったセードルフ監督は、今年2月5日にデポルティボに就任。このたび契約満了を以って退任が発表された同監督は、およそ4カ月間の日々を以下のように振り返っている。 「デポルティボのような歴史あるクラブのカラーを守ることができたのは本当に名誉なことだった。ここ数か月間のデポルティボでの仕事とスタッフたちに感謝している」 「我々を最後までサポートしてくれたファンに感謝したい。彼らはより競争的なチームでいられるよう努めてくれた。デポルティボには可能な限り早く1部に戻ってきてほしい。それが値するチームだ」 ▽降格圏に沈むデポルティボの舵取りを任されたセードルフ監督だったが、就任から8試合白星を挙げることが出来なかった。その後の2連勝も後が続かず、結局リーグ後半戦の16試合で2勝のみ。チームを残留に導くことは叶わなかった。 2018.05.23 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

得点力不足に悩むジェノア、アーセナルのFWルーカス・ペレス獲得に興味か

▽ジェノアが、アーセナルからデポルティボへレンタル移籍で加入しているFWルーカス・ペレス(29)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Primocanale』が伝えている。 ▽ジェノアは、昨夏にミランからレンタルでイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ、今冬に元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシをフリーで獲得したものの、なかなか攻撃面の改善が見られず、今季はここまでリーグ36試合で32ゴールにとどまっていた。 ▽すでにセリエA残留を決めているジェノアは、来季の攻撃の核として古巣で輝きを取り戻しつつあるルーカス・ペレスの獲得に興味を示しているようだ。 ▽2016年にデポルティボからアーセナルに加入したルーカス・ペレスだが、昨シーズンのプレミアリーグではわずか11試合の出場で1ゴールと期待された活躍を見せられず。しかし、昨夏からレンタルで加入したデポルティボでリーグ戦33試合に出場し7ゴール5アシストを記録するなど、一定の存在感を披露していた。 2018.05.10 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

優勝を決めたのはやはりこの男! メッシ、圧巻ハットトリックでバルサが2シーズンぶり優勝!! 一方デポルティボは5シーズンぶり2部降格…《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは29日、リーガエスパニョーラ第35節でデポルティボとリアソールで対戦し、4-2で勝利した。 ▽バルセロナの引き分け以上で、バルセロナの優勝とデポルティボの降格が決定する今節最注目の一戦。21日のコパ・デル・レイ決勝ではセビージャに5発快勝で大会4連覇を達成したバルセロナは、その試合から3選手を変更。GKシレッセン、セルジ・ロベルト、イニエスタを代えて、テア・シュテーゲン、N・セメド、デンベレを先発に起用した。 ▽まずは久しぶりの先発起用となったデンベレが監督の期待に応える。7分、メッシからのパスを受けたデンベレはボックス右で溜めを作って、中央に折り返す。これをコウチーニョがダイレクトで狙うと、見事左隅に決まりバルセロナが早々に先制点を奪った。 ▽出鼻を挫かれたデポルティボだが17分、右CK味方のヘディングシュートがGKに弾かれたところをルーカス・ペレスが押し込んでネットを揺らしたが直前にオフサイドの判定を取られゴールは取り消しとなった。 ▽30分のメッシのFKはGKルベン・マルティネスがファインセーブ。そのCKの流れからコウチーニョは鋭いシュートを放つが枠も右へずれる。34分にはデポルティボも応戦。右サイドのギジェルメのクロスを、CKで残っていたシェアーがヘディングシュート。デポルティボもチャンスを作るが、次にネットを揺らしたのもバルセロナだった。 ▽38分、カウンターからスアレスがボックス右へ持ち込むと、右足アウトサイドでクロスを供給。そこに飛び込んだのはメッシ。右足インサイドでダイレクトで蹴り込み、追加点を挙げた。 ▽しかし、デポルティボはすぐさま1点を返す。40分、味方のパスで左サイドを抜け出したボルハ・バレのクロスをL・ペレスがジョルディ・アルバと競り合いながらも左足で押し込み1-2とした。 ▽後半もバルセロナペースで入るものの、デポルティボも何とか食らいつく。すると64分、クローン=デリのスルーパスで右サイドを抜け出したボルハ・バレがボックス右からファーサイドのボルジェスへ。ボルジェスはこれをダイレクトで折り返すと、チョラクが流し込んで同点とした。 ▽押せ押せのデポルティボ。70分には右CKからシェアーがヘディングで押し込みにかかるがGKテア・シュテーゲンがセーブ。 ▽このムードを払拭しようとエースのスアレスが強引にボックス左からシュートに持ち込むがサイドネットを叩く。79分には高い位置でボールを奪ったメッシがシュートを放つも相手にブロックされる。さらに81分にはメッシのパスにスアレスがゴールに迫るがGKルベン・マルティネスがファインセーブ。 ▽なかなか得点が決まらないバルセロナだったが82分、途中出場のデニス・スアレスが切り込むとボックス左のメッシに展開。メッシはスアレスとのワンツーでゴール前に抜け出してフィニッシュ。欲しかった勝ち越し弾を奪った。 ▽さらに、85分にもメッシがスアレスとのコンビネーションでゴール前中央を襲撃。左足で楽々とゴールに流し込んでメッシは優勝が懸かったこの試合でハットトリックを達成した。 ▽勝利を確実にしたバルセロナは87分にラキティッチを下げてイニエスタを投入。イニエスタの登場に敵地リアソールでも歓声が上がった。 ▽その後、試合終了の笛が鳴り、この瞬間バルセロナの2シーズンぶり25度目の優勝が決定。一方のデポルティボは5シーズンぶりの2部降格となった。 2018.04.30 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

デポル監督セードルフ、バルサに対する花道拒否のレアル・マドリーに…「子供のお手本となる振る舞いを」

デポルティボのクラレンス・セードルフ監督が、レアル・マドリーがバルセロナに対して花道をつくらない方針に苦言を呈した。スペイン『マルカ』や『アス』が伝えている。<br><br>バルセロナは29日のリーガ・エスパニョーラ第29節、敵地リアソールでのデポルティボ戦で勝ち点1を獲得すれば優勝を達成できる状況。そして次節には敵地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコを迎えるが、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、バルセロナに対して花道をつくらないことを断言している。その理由としては、自チームがクラブ・ワールドカップ優勝を果たした直後のクラシコで、バルセロナが花道をつくらなかったことを挙げている。<br><br>だがセードルフ監督はレアル・マドリーが花道をつくるべきとの見解だ。同クラブに選手として在籍したオランダ人指揮官は、バルセロナ戦前日会見で次のようにコメントした。<br><br>「私はマドリディスタだが、UEFAの大使でもあるんだ。フェアプレーは重要な価値を有している。スポーツのそうした価値は、とても大切なものなんだよ。マドリーはバルセロナなしでは今みたいな存在になり得ないし、その逆もまた然りだ」<br><br>「スペインでは、普遍的にそうしたこと(花道)が行われきたように思う。とても美しいことじゃないか。子供たちの模範となる振る舞いだよ。私たちのことを見て、称賛する人たちのお手本にならないとね。メッシ、クリスティアーノ(・ロナウド)、マドリー、バルセロナのような存在は、大きな影響力を持っているんだから」<br><br>「スポーツにおいて、そうした敬意のある振る舞いは好ましいものだ。ライバル関係も素晴らしいものだが、それはひとまず置いておいて、敬意を欠かないようにした方がいい」<br><br>提供:goal.com 2018.04.29 10:20 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース