CBの底上げを強調するDF吉田麻也、ハイチ戦は「たくさんの選手をテストできる最後になる」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.09 21:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は9日、翌10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、最終調整を行った。

▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。センターバックの底上げを強調するとともに、情報の少ない相手との試合に向けたポイントを語った。

◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
──ハイチについては
「(映像を)見ましたけど半年やっていないらしいので、少し古いですね」

──フィジカルとかスピードが特徴のようだが
「ガタイが良い選手が多かったり、身体能力が高そうな選手は映像で見てとれました。チームとしてどう機能しているのかなという感じです。エクアドルとの試合を見たんですが、エクアドルが良く見えたので、ちょっと判断しかねます。材料が少ないですね」

──相手の材料がない分、ピッチの選手の対応力が試される試合になると思うが
「やってみないと分からないと思うので、ゲームの中で展開を考えて対応していかなくてはいけないですし、ワールドカップでもプランとは違う展開になることもあると思います。大きな大会になればなるほど外からの声も届きにくくなるので、選手間で問題をいち早くピッチで解決する能力も必要になって来ます。そういった部分でも、明日は良いテストになるのかなと思います」

──吉田選手が出場していない試合はここまでの予選含めてない状況だが、若い選手にどんなことをしてほしいか
「多分この試合がたくさんの選手をテストできる最後になると思います。次の2試合(ブラジル戦、ベルギー戦)はベストメンバーで行かなくてはいけないと思いますし、3月もそんな余裕はないかなと思います。ある意味これがラストチャンスだと思うので、全員が自分が持っているものを出してアピールできる試合になればいいなと思います」

──ニュージーランド戦では槙野選手も鬼気迫るプレーをしていたと思うが、他の選手からも感じるか
「特に隣でプレーしていたので、槙野選手からはそういった気持ちというのは試合を通して感じました。ただ単に、お笑い担当ではないんだよという意思は感じました(笑) 他にも久々に出たヨッチ(武藤嘉紀)もそうですけど、すごくみんな高いモチベーションでやれていると思います」

──植田直通(鹿島アントラーズ)や昌子源(鹿島アントラーズ)には底上げしてもらいたいか
「ずっと言っていますが、センターバックは底上げが必要だと思います」

──センターバックと考えると吉田選手との連携も必要だと思うが
「今いるメンバーでは、(昌子)源とはもうやっていますし、槙野くんとも久しぶりですけど良い感触でやれました。ナオ(植田直通)とはまだやっていないですが、それは監督が決めることなので、僕は何とも言えないです。色々なシチュエーションを考えて、想定して、テストをやるべきかなと個人的には思います」

「勝っている時、状況が悪くない時にたくさん修正できるように、修正点を見出して分析して、ステップアップして行かないといけないかなと思います。ブラジルとベルギーと対戦して負けた、勝ったでどうこうではなく、どんどんワールドカップが近づくほど、軌道修正が難しくなると思います。今しっかりと地盤を固めて、ワールドカップに向けて良い準備をしたいと思います」

──4年前のこの時期はセルビア、ベラルーシと国際親善試合で敗れてメンバーが変わったりしていたが
「4年前とはシチュエーションが違いますし、ホームで格下の相手と対戦するので一概には言えないです。選手は与えられた環境、シチュエーションで全力を尽くすだけなので、明日もやるだけです」

「来月はもっともっと厳しい戦いになると思いますけど、自分たちが世界のトップとどれだけ差があるかを認識できる良いチャンスだと思いますし、やれることもたくさんあると思います。世界と戦った上で必要なことを各々、チームが感じることができると思います。そのためにも、明日良い形でプレーしたいなと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞

▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。 ▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。 ▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。 ▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。 ▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。 2018.01.20 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

守備崩壊の日本、ウズベキスタンに4発大敗…M-150カップ決勝のリベンジならず準々決勝敗退《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は19日、AFC U-23選手権準々決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。 ▽グループステージ3試合を全勝し、グループB首位でノックアウトステージに進出した森保一率いる日本は、2勝1敗でグループAを2位で通過したウズベキスタンと激突した。先日、タイで行われたM-150カップの決勝でPK戦の末に敗れて優勝を逃したウズベキスタンにリベンジを果たしたい日本はGKに小島亨介、最終ラインは右から原輝綺、立田悠悟、古賀太陽、中盤はダブルボランチを神谷優太と井上潮音が組み、右に藤谷壮、左に遠藤渓太が入った。前線3枚には右から髙木彰人、田川亨介、岩崎悠人を配置した。 ▽試合前には、18日にカザフスタンで起こったバスの炎上事故により亡くなった乗客、運転手に黙とうが捧げられた。 ▽試合は前から果敢にプレッシャーをかけてくるウズベキスタンに苦戦しながらも、日本が立ち上がりに右サイドで仕掛けた藤谷のクロスからゴールに迫る。しかし、時間の経過と共にウズベキスタンの力強い攻撃やインターセプト後のパスが繋がらず、やや押し込まれる展開となる。 ▽思うようにボールを保持することができない日本は22分、ウズベキスタンの後方からのロングボールを立田が頭でクリア。これをウリンバエフにボックス左からダイレクトで合わせられるが、GK小島が冷静に対処する。 ▽前半半ばを過ぎると、日本は不用意なパスミスや中途半端なディフェンスが散見。すると31分、ウズベキスタンの右CKが混戦になると、最後は落としを受けたシディコフにボックス手前やや右から左足で丁寧にコースを突かれ先制を許す。 ▽今大会初めての失点を喫した日本は、ここから立て直すことができない。31分、GK小島からパス回しでボールを保持しようとすると、パスを受けた立田が奪われてはいけない自陣ボックス内でハムダモフに奪われ、そのまま決められた。さらに39分には、ボックス右でパスを受けたヤフシバエフの2度の切り返しから、ゴール左上に決められ、日本は0-3と試合を一気に難しくされる。 ▽巻き返しを図りたい日本は、後半から髙木と岩崎に代えて、三好康児と旗手怜央を投入。しかし、後半立ち上がりに一本のロングボールでウズベキスタンにボックス内への侵攻を許すと、走り込んだヤフシバエフに追加点を許し、4点のビハインドとなってしまう。 ▽アタッキングサードでウズベキスタンを自由にさせてしまう日本は、その後もボックス内からヤシバエフにバー直撃のシュートを放たれるなど、決定機を作られてしまう。一矢報いたい日本は76分、ボックス左手前の遠藤が旗手とのワンツーでボックス左に侵攻。グラウンダーのクロスを田川が左足で合わせるが、ゴール左外へと外れてしまう。 ▽数少ないチャンスもモノにできない日本は、その後は失点こそなかったものの、攻撃で活路を見出だせないまま0-4で大敗。M-150カップ決勝のリベンジを果たすことができず、準々決勝で姿を消すこととなった。 2018.01.19 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング!日本代表は1つ上げ56位でアジアでは3位をキープ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月57位の日本代表は、ランキングを1つ上げて56位となりアジア3位をキープ。アジア1位のイラン代表は2つ下げて34位、一方、2位のオーストラリア代表は2つ上げて36位に浮上した。 ▽全体での大きな変化は見られず、1位から14位までは変動なし。15位にはランキングを2つ上げたクロアチア代表が入った。また、アイスランド代表が順位を2つ上げて20位にランクイン。逆にオランダ代表はランクを1つ下げて21位に降格した。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(6) 7.ポーランド(7) 8.スイス(8) 9.フランス(9) 10.チリ(10) 11.ペルー(11) 12.デンマーク(12) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(14) 15.クロアチア(17) 16.イングランド(15) 17.メキシコ(16) 18.スウェーデン(18) 19.ウェールズ(19) 20.アイスランド(22) 21.オランダ(20) 22.ウルグアイ(21) 23.チュニジア(27) 24.セネガル(23) 25.アメリカ(24) 26.北アイルランド(25) 27.コスタリカ(26) 28.スロバキア(28) 29.オーストリア(29) 30.エジプト(31) 31.パラグアイ(30) 32.アイルランド(32) 32.スコットランド(32) 34.イラン(32) 35.ウクライナ(35) 36.オーストラリア(38) 37.セルビア(36) 38.ボスニアヘルツェゴビナ(37) 39.モロッコ(40) 40.ルーマニア(41) 41.トルコ(42) 42.ブルガリア(43) 43.コンゴ(39) 44.ブルキナファソ(44) 45.カメルーン(45) 46.モンテネグロ(46) 47.ギリシャ(47) 48.チェコ(48) 49.ボリビア(49) 50.ガーナ(50) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(34) 2.オーストラリア(36) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(56)</span> 4.韓国(59) 5.サウジアラビア(65) 6.中国(70) 7.シリア(76) 8.ウズベキスタン(77) 9.UAE(78) 10.イラク(82) 2018.01.18 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表に千葉DF杉山弾斗が追加招集《スペイン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は、スペイン遠征に臨むU-19日本代表メンバーにジェフユナイテッド千葉のDF杉山弾斗(18)を招集することを発表した。杉山は、23日から25日まで東京都内で行われるトレーニングに参加するとのことだ。 ▽東京都出身で1999年生まれの杉山は、千葉の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「代表に選出されたことを光栄に思います。いったんチームを離れてしまいますが、そのぶん何か得ることができるように活動してきたいと思います」 2018.01.18 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン遠征に臨むU-19日本代表が発表! 選手権王者の前橋育英MF飯島陸ら《スペイン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は、スペイン遠征に臨むU-19日本代表メンバーを発表した。 ▽U-19日本代表は、23日に集合し国内でトレーニングを実施。その後スペインへと渡り、現地でU-19 International Tournament "Copa del Atlantico"に出場。U-19カナリア諸島選抜、U-19チェコ代表、U-19スペイン代表と対戦する。 ▽今回のメンバーには、全国高校サッカー選手権を制した前橋育英高校のMF飯島陸や、世代別の代表に招集されている選手らを招集。今シーズンからトップチームに昇格した選手たちは、スペイン遠征には帯同せず、日本でのトレーニング後にチームへ戻ることとなる。 ◆U-19日本代表メンバー GK 1.中野小次郎(法政大学) 12.青木心(JFAアカデミー福島U18) 大迫敬介(サンフレッチェ広島) DF 2.田中康介(立命館大学) 3.中村勇太(鹿島アントラーズユース) 4.谷口栄斗(東京ヴェルディユース) 5.菅原由勢(名古屋グランパスU-18) 13.安藤智哉(愛知学院大学) 15.小林友希(ヴィッセル神戸U-18) 18.加藤慎太郎(三菱養和SCユース) 川井歩(サンフレッチェ広島) 阿部海大(ファジアーノ岡山) MF 6.喜田陽(セレッソ大阪 U-18) 7.半谷陽介(東京学芸大学) 8.福岡慎平(京都サンガF.C. U-18) 10.飯島陸(前橋育英高校) 14.上月壮一郎(京都サンガF.C. U-18) 16.関大和(流通経済大学) 17.横山塁(FC東京U-18) 19.山本理仁(東京ヴェルディユース) 20.東俊希(サンフレッチェ広島ユース) 田中陸(柏レイソル) 藤本寛也(東京ヴェルディ) 川村拓夢(サンフレッチェ広島) 杉浦文哉(名古屋グランパスU-18) FW 9.加藤拓己(山梨学院高校) 11.宮代大聖(川崎フロンターレU-18) 原大智(FC東京) 安藤瑞季(セレッソ大阪) 2018.01.17 19:48 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース