代表でも好調を維持するケイン、スパーズ指揮官に最敬礼「世界最高の監督の1人」2017.10.09 10:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランド代表FWハリー・ケインが、トッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督に感謝の言葉を述べている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

2年連続プレミアリーグ得点王となっているケインは、今シーズンもゴールを量産。9月には代表戦を含めた出場試合で13得点を挙げ、月間最多ゴール数でFWリオネル・メッシ、FWクリスティアーノ・ロナウドの記録に並ぶなど、名実ともに世界屈指のストライカーとして広く認知され始めている。

▽そんなケインは5日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第9節のスロベニア代表戦で決勝ゴールを奪い、イングランドを6大会連続15度目の本大会へと導いた。さらに8日のリトアニア代表戦でもネットを揺らし、1-0の勝利に大きく貢献している。

▽試合後、ケインはインタビューに応じ、所属チームの指揮官であり、自身を信頼して起用し続けてくれたポチェッティーノ監督に感謝の言葉を述べている。

「確かにマウリッシオは、世界で唯一の監督ではないかもしれない。でも間違いなく世界で最高の監督の1人だ。これまでもそうだったけれど、彼は若い選手に対しても大きなチャンスを与えてくれる」

「彼のためにプレーしたいと思うし、感謝してもしきれないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、J・ボアテング退団なら後釜はアルデルヴァイレルト?

▽バイエルンは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられているドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の退団に備えて後釜獲得に動こうとしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏新たなチャレンジとして移籍を考慮しているとされるJ・ボアテング。これまでPSGのほか、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が囁かれていたが、9日にプレミアリーグの移籍市場がクローズした。これにより、最近ではJ・ボアテングがPSG行きを決意したことが報じられ、移籍実現の可能性が高まっている。 ▽そんな中、バイエルンはJ・ボアテングの退団に備えてトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)を後釜としてリストアップしているようだ。 ▽アルデルヴァイレルトは、2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入。昨シーズンはケガにも悩まされて公式戦21試合の出場にとどまった。それでも7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)では、6試合に出場。ベルギー代表史上初の3位入賞に貢献した。 2018.08.16 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがエリクセン強襲か 141億円準備

▽イギリス『エクスプレス』は、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性があると報じた。 ▽2013年夏にトッテナム入りして以降、絶対的な司令塔に君臨するエリクセン。2020年まで現行契約を残す中、新たに延長オファーを提示してきたクラブと会談を行っているとみられるが、まだ合意に至っていない模様だ。 ▽その中、レアル・マドリーの関心を集めるエリクセンに対して長く熱視線を注ぐPSGは、リーグ・アンの今夏移籍市場閉幕(31日)までの獲得を画策。投資額として1億ポンド(約141億3000万円)を準備しているという。 ▽だが、トッテナムの会長であるダニエル・レヴィ氏に現時点でエリクセン売却の意思はなく、マウリシオ・ポチェッティーノ監督との関係も良好の様子。PSGが獲得に動くとなれば、一筋縄ではいかなそうだ。 2018.08.14 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏に「補強ゼロ」も…開幕戦に勝利のポチェッティーノがケインらの献身性を称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、全選手の献身性を称賛した。<br><br>11日に行われたプレミアリーグ開幕戦でトッテナムはニューカッスルと対戦。8分にヤン・フェルトンゲンが先制点をマークすると、一時は追いつかれるものの、18分にデレ・アリが勝ち越しゴールを奪う。これが決勝点となり、トッテナムが2-1で開幕戦を制した。<br><br>今夏の移籍市場でプレミアリーグ史上初の「補強ゼロ」に終わり、多くの主力がワールドカップの影響で合流が遅れたが、白星でシーズンのスタートを切ったポチェッティーノ監督は『スカイスポーツ』で「とても満足している。全ての場面でのパフォーマンスがファンタスティックだった」と喜びをあらわにした。<br><br>「ニューカッスルは非常に良い相手だった。チャンスを作り、もっと点を取られる可能性だってあった。フットボールには努力はもちろんだが、幸運も必要だ。月曜日(6日)からトレーニングを開始したばかりの選手もいたが、我々は良い準備ができ、素晴らしい成果を挙げた。今後はもっと良いプレーと一貫性を保つことを必要としている。そして、数日後に再びこのような戦いができるように準備をする必要がある」<br><br>また、無得点に終わったハリー・ケインについて「得点に関係なく彼がベストの状態と私は解釈している。それに関しては疑いの余地がない。彼はチームのために多くの働きを見せ、すぐにゴールを奪ってくれるはずだ」と合流が遅れたものの、調子自体は問題ないと話して信頼を強調した。<br><br>開幕戦で勝利を手にしたトッテナムは、18日の第2節でフラムと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.08.12 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯組揃って先発のスパーズが武藤途中出場でデビューのニューカッスルに辛勝! 2年連続同カードの開幕戦制す《プレミアリーグ》

▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが11日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で勝利した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は80分に途中出場しプレミアリーグデビューを果たした。 ▽プレミア復帰初年度となった昨季を10位で終えたニューカッスルは今夏にマインツから武藤やロンドン、キ・ソンヨン、シェアーらを獲得。ベニテス監督はホームでの開幕戦に向けて昨季の主力を揃ってスタメンで起用。プレミアデビューが期待された武藤はそのほかの新戦力と共にベンチスタートとなった。 ▽一方、昨季を3位で終えたトッテナムは今夏の移籍市場でプレミアリーグ史上初の新戦力補強ゼロに。主力の慰留に成功したものの、新スタジアムで臨む輝かしきシーズンに不安を残す。ポチェッティーノ監督は必勝が求められる敵地での初戦に向けてトリッピアー、デンベレ、ソン・フンミンの主力に代えてオーリエ、ムサ・シソコ、ルーカス・モウラを起用した以外、ロシア・ワールドカップ(W杯)でプレーした守護神ロリスやエースFWケインをぶっつけ本番で起用した。 ▽2年連続同一カードとなった今回の開幕戦。試合は序盤から大きく動く展開に。まずは開始8分、立ち上がりから優勢に試合を運んだトッテナムが右CKの場面でキッカーのエリクセンが正確なクロスを入れると、これをダビンソン・サンチェス頭で合わす。ゴールに向かったボールをヴェルトンゲンが頭で触ると、GKドゥブラフカがライン上でかき出したかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによってアウェイチームのゴールが認められた。 ▽8月ノーゴールのケインではなかったものの、ヴェルトンゲンの6年ぶりとなる珍しいリーグ戦のゴールで先手を奪ったトッテナムだが、先制からわずか3分後の11分に右サイド深くでリッチーが左足で入れた絶妙なクロスをゴール前フリーのホセルに頭で合わせられ、すぐさま追いつかれる。 ▽それでも、エリクセンを起点に流れを掴むと、18分には波状攻撃から右サイド深くでオーリエがダイレクトで入れた絶妙なクロスをファーでフリーのデレ・アリが難なく頭で流し込み、再び勝ち越しに成功した。その後は一進一退の攻防が続く中、互いにチャンスを作り合い、38分にはD・サンチェス、39分にはクラークと互いにセットプレーからゴールに迫るも、前半はトッテナムの1点リードで終了した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽互いに選手交代なしで臨んだ後半も立ち上がりはオープンな展開に。47分にボックス左でシェルヴェイの頭の落としに反応したディアメが強烈なシュートを放つが、これは左ポストを叩く。一方、トッテナムも50分にボックス内のケイン、デレ・アリに続けてチャンスが訪れると、56分には左サイドのベン・デイビスが入れた低いクロスをゴール前のムサ・シソコがダイレクトボレーも至近距離からのシュートはGKドゥブラフカの驚異的な反応に阻まれる。 ▽その後もトッテナムの攻勢がしばらく続くも、60分にはゴール前の混戦からゴール右のアジョセ・ペレスに決定機もGKロリスの好守に遭う。その後、1ゴールのホセルに代えて新戦力ロンドンを投入。さらにリッチーに代えてアツ、80分にはこれがプレミアリーグデビューとなる武藤をピッチに送り出す。 ▽一方、時間の経過とともにW杯出場組の運動量が低下して守勢が続くトッテナムはルーカスに代えてデンベレ、デレ・アリに代えてソン・フンミンをピッチに送り出す。だが、武藤らフレッシュな選手の投入で勢いづく相手の攻撃をDFヴェルトンゲンや守護神ロリスを中心に耐える展開に。85分にはシェルヴェイのスルーパスに抜け出したロンドンに決定機を許すが、ここはヴェルトンゲンが何とかブロックするとボールはクロスバーを叩く。さらに87分にはボックス左の武藤に際どいクロスを許すが、ここもDFがブロック。 ▽後半はニューカッスルの時間が続いたものの試合はこのままトッテナムの2-1でタイムアップ。昨年に続きニューカッスルとの開幕戦を制したトッテナムが白星発進となった。 2018.08.11 22:36 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、2003年以降のプレミアリーグ史上初の補強なしに

▽マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムは、完全移籍やレンタルなど形態に問わず、今夏の移籍市場で全く動かなった。 ▽プレミアリーグの今夏移籍市場は9日に閉幕。積極補強が際立ったリバプールやウェストハムを中心に選手の移動が今夏も顕著だったが、最後までトッテナムに新戦力が到着することはなかった。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、補強なしに終わったチームは、夏の移籍市場が設けられた2003年以降のプレミアリーグで初。その今夏、アストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得に向かったが、結局のところ実現に至らなかった。 ▽なお、イギリス『BBC』によれば、ポチェッティーノ監督は、プレミアリーグ史上初の補強ゼロに終わった状況について、「心配もなければ、悲しさもない。逆に、幸せだ。今のチームは非常に良く、優れた選手もいる。さらなる上積みが計算できる選手なんてそういない。それに、選手を売ってもいないわけだから、新たな選手の獲得は難しい」とコメントしている。 2018.08.10 12:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース