インサイドハーフでのプレーを望むMF香川真司「よりフィットする感覚」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.08 22:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。自身の役割やインサイドハーフでのプレーについて語った。

◆MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)
──改めて、ニュージーランド戦の修正点は
「攻撃にこだわっていたのでそれを話しました。いつもとそこまで変わりないですが、距離感であったりそう言った部分です。前半に関しては、早く裏に抜けていた時は良い攻撃ができていましたけど、相手に研究される中で、あまり良い角度だったり、選手間の距離という部分で課題が残っていると思います」

──未知数の相手に対してどうしていきたいか
「相手どうこうではなく、今のチームがトライしていること。メンバーも変わりますし、そこでどれだけやれるか。個人のアピールも大事ですけど、組織と個が融合するようにすること。そして、僕たちの課題であったりを含めて、出るメンバー、出ないメンバーありますけど、しっかり各々が底を整理して試合に臨めればいいんじゃないかなと思います」

──ハリルホジッチ監督はトップフォームではないと言っていたが
「自分のコンディションは悪くないですし、ドルトムントでも良いトレーニングをしています。ただ、コンディションはこれから一方的に上がっていくと思っているので自信はありますし、悪いということはないので、継続してトレーニングしていけば、もっともっと上がっていくと思います」

──そのためには試合を多くやっていきたいか
「試合をやるために準備していますし、そのために帰って来ています。その(続けて出る)つもりで準備しています」

──インサイドハーフで出ていたが適性ポジションはどこだと思うか
「僕はインサイドハーフの方が、よりフィットするのかなという感覚を得ています。そういったものを試していきたいですね。もちろん、監督が決めることですが」

──近くに選手が多い方がいいということか
「そっちの方がバランスがとりやすいです。このチームで2年ぐらいやっているので、それは試合をやるにつれて感じています。そっちの方がバランスが取れますし、攻守両面においてもバランスが取れます。味方同士の距離感も含めて、今のサッカー、3トップが特徴ならば、その後ろからフォローもできます。何より居てほしい所のポジショニングが、そっちの方がバランスがいいかなと見ていて感じます」

──MF井手口陽介(ガンバ大阪)とやった手応えは
「凄くアグレッシブで、前にも行ける選手です。凄くやるにつれて自信も出てくると思いますし、オーストラリア戦でも凄かったのを証明しています。もっともっと試合を重ねれば、よりお互いを分かり合えると思います。試合を重ね、練習を重ねてお互いをもっと知っていくことが、限られた時間の中で大事になると思います。持っているものは凄い良いと思います」

──インサイドハーフでコンビを組むとしたらやりやすいタイプの選手はいるのか
「ドルトムントでもそうですけど、誰とでもやらないといけないですし、誰とやるかは僕が決めることではないです。誰とやっても自分の良さを出せる選手じゃないと上にはいけないと痛感しています」

「誰とやろうが、特に代表に来ている選手は特徴があるので、それをお互いが活かし合いながらやれればいいですし、そのためにはコミュニケーションが大事になります。僕はこういったプレーヤーだということを証明することも大事です。次の試合も出ていない選手が出ると思うので、どこまでお互いを知りながらやれるかということが、1つ大事だと思います」

──ハイチ戦に出場すると代表89キャップになり三浦知良選手に並ぶが
「このチームにはそれ以上経験のある選手がたくさんいますし、代表でそこまで試合に出場しているというのは、自分でも最近知ったことです。1試合1試合の積み重ねがそこまで来ていると思います。次の試合も出たら必ず良い仕事ができるように、1試合1試合の積み重ねだと思います。次の1試合も同じ1試合なので、しっかり準備して積み重ねていければと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

コロンビアメディアが歓喜に沸く日本列島の様子を報道「国中が狂気に満ちた熱気に包まれた」

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でコロンビアを下した日本代表。コロンビアの全国紙『エル・ティエンポ』は、この日本の歴史的勝利に日本列島が歓喜していると報じた。<br><br>日本にとってはW杯で南米のチームから白星を挙げた歴史的な一番となったコロンビア戦。格下相手に黒星スタートとなり落ち込む母国メディアは、対象的な日本の様子を次のように詳しく報じている。<br><br>「日本では『サプライズ』という文字が試合翌日の新聞一面を飾っている。歴史的な勝利は日本中を狂気に包んだ。菅義偉官房長官は『W杯で南米チームを初めて破った歴史的勝利。組織力を発揮したとても日本らしい戦いだった』と発言した」<br><br>さらに「歓喜は日本国内の主要都市に広がり、東京では何千人ものサポーターが狂気に満ちた熱気に包まれた。特に有名な渋谷の交差点は日本の国旗で埋め尽くされた」と、日本国内の様子を事細かく伝えている。<br><br>コロンビア代表は24日に行われる第2節でポーランド代表との大一番を迎える。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

英メディアがここまでのW杯出場国をランク付け!日本は32カ国中何位に?

イギリス誌『FourFourTwo』は21日、ここまでのロシア・ワールドカップにおける各国代表のパフォーマンスをランク付けした。日本代表は12位にランクされている。<br><br>12位にランク付けした日本について、『FourFourTwo』は「日本は2-1で勝利したが、早い時間帯にコロンビアが自滅したので、どのように評価すべきか少し難しい。3分にPKを決めたサムライブルーは、カルロス・サンチェスの退場により87分にわたって数的優位を手にした。それを最大限に活用し、後半にはタカシ・イヌイとユウヤ・オオサコが輝いた。コロンビアを撃破するという素晴らしい結果を手にしたものの、10人相手に骨を折っており、トップクラスのチームには見えない」と寸評。試合の大半で数的優位を得たこともあり、慎重な評価を下した。<br><br>なお、『FourFourTwo』はメキシコを1位に選出。メキシコは17日に行われた初戦で前回王者のドイツを翻弄し、イルヴィング・ロサノのゴールで1-0の勝利を手にした。2位には、グループAでサウジアラビア、エジプトに2連勝したホスト国のロシアだった。<br><br>3位には、初戦のスペイン戦をドローで終えた後、20日にはモロッコに1-0で勝利したポルトガルを選んでいる。日本と同組の国はそれぞれ、セネガルが11位、コロンビアが21位、ポーランドが26位となっている。<br><br>『FourFourTwo』による、ここまでのロシアW杯における各国代表のパフォーマンスランキング、トップ10は以下の通り。<br><br>1位 メキシコ<br />2位 ロシア<br />3位 ポルトガル<br />4位 スペイン<br />5位 イングランド<br />6位 アイスランド<br />7位 スイス<br />8位 ベルギー<br />9位 セルビア<br />10位 クロアチア<br />11位 セネガル<br />12位 日本<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 20:21 Thu
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】決勝弾の“半端ない男”に最高点! 一方、試合内容には厳しい声も

▽超WS有料版で実施していた19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、コロンビア代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽W杯初戦となったコロンビア戦。1勝もできなかった前回大会の雪辱、そしてコロンビアへのリベンジを晴らすべく臨んだ試合は開始3分にボックス内で相手のハンドを誘いPKを獲得。さらにカルロス・サンチェスが一発退場となり、数的有利に。このPKをMF香川真司が決めて幸先良いスタートを切った日本でしたが、39分に壁の下を抜く意表を突いたFKでコロンビアに追いつかれてしまいます。それでも73分にMF本田圭佑の左CKを中央のFW大迫勇也が頭で合わせて勝ち越し。このゴールを死守した日本が2-1で勝利。2010年の南アフリカW杯以来の勝利を手にしました。 ▽この勝利に、ユーザーの皆様からは一定の評価が。最高点は決勝ゴールを挙げた“半端ない男”FW大迫の【7.0】。次点でMF柴崎岳の【6.2】と高評価を得ました。ファンの皆様からも勝ち点3を獲得できたことに対して選手たちを称えるコメントが。しかし、数的有利にも関わらず、押し込むことができなかった試合内容に対して「冷静に見ると反省点も多い」「ミスを減らさないと11人相手には難しい」との声も上がっています。次戦のセネガル戦に勝てばグループステージ突破に大きく近づくだけに、より熱いプレーを見せてくれることを期待しましょう。 ◆コロンビア戦のユーザー採点結果 GK 川島永嗣 4.4 DF 酒井宏樹 5.7 吉田麻也 5.7 昌子源 6.0 長友佑都 5.9 MF 柴崎岳 6.2 →山口蛍 - 長谷部誠 5.6 原口元気 6.0 香川真司 6.0 →本田圭佑 5.1 乾貴士 5.6 FW 大迫勇也 7.0 →岡崎慎司 - 監督 西野朗 6.0 ◆皆様の声(一部) ・メンバー全員の勝利 ・不撓不屈の精神とはこのこと ・乾の守備と柴崎の回し良かった! ・情熱的に戦う気持ちと冷静な状況判断も出来ていたと思う ・幸先の良いスタートでこのままグループステージ突破して欲しい ・日本人としては嬉しさ爆発の勝利。しかし、冷静に見ると反省点も多かった ・熱い気持ちを持ち、セネガル戦も戦ってほしい。 ・相手に救われた勝利。浮かれると2連敗はありうる ・退場に助けられた。ミスも減らさないと11人相手には難しい。 ・次のセネガルはそうやすやすと勝ちを譲ってくれるチームじゃないので、気をひきしめて頑張ってほしい ・まずは勝てた事を喜びたい。しかし内容は決して良かったとは言えない ・連係面を再度確認して不用意なパスミス等を極力減らさないと今後もっと厳しくなる 2018.06.21 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

前日本代表指揮官のハリル、“金星”のコロンビア戦は「見ていない」

前日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、日本代表のロシア・ワールドカップ初戦のコロンビア戦について、「見ていない」と話した。<br><br>日本は19日に行われたコロンビア戦を2-1で勝利し、下馬評を覆すサプライズを披露した。本大会2カ月前という状況で日本代表指揮官を解任されたハリルホジッチ監督は、『Goal』クロアチア版に対して、「私が何かをコメントすることは意味がないよ。私は試合を見ていない」とし、具体的な言及を避けた。<br><br>コロンビア戦の前、『Goal』に対して、「日本のロシアでの幸運を願っている。彼らが夢の舞台で素晴らしい結果を手にするよう祈っている」と語ってくれたハリルホジッチ氏。複雑な感情を抱えている中であることが推測されるが、同氏の思いも胸に、選手だけでなくサポーター、メディア共に日本代表を精一杯サポートしていきたいところだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

森下駐コロンビア大使が日本人女性への侮辱問題で声明…謝罪を「受け入れます」

コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導した問題で、駐コロンビア日本国大使の森下敬一郎氏がコメントを発表した。『RCN Radio』が伝えた。<br><br>19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後にコロンビア人男性グループが、日本人と思われる女性にスペイン語で「私はかなりの売春婦です」、続けて「とてもいやらしい」と言わせた動画をSNSにアップ。コロンビア国内で恥ずべきものとして拡散され、批判が殺到している。<br><br>この問題にコロンビア政府は、「我々は悪しき振る舞いを拒絶します。そのような人々は、私たちの文化、言語、人種を代表する存在ではない」という緊急声明を発表。同国サッカーレジェンドであるファウスティーノ・アスプリージャ氏も「世界の友人たち、特に日本の友人たちに、このような類の人間がコロンビア人を代表するとは思わないでほしい。私たちは、すべての文化を尊重している。コロンビア人を代表して謝罪したい。どうか受け入れてほしい」と謝罪する事態となっている。<br><br>これを受けて駐コロンビア日本国大使の森下敬一郎氏は「この動画は本当に残念に思いますし、コロンビアの人々からこの行動について謝罪を受けています」とコメントし、何百人ものコロンビア市民から謝罪を受けたことコメントを発表している。<br><br>また、この動画をSNSにアップした男性から謝罪を受けたとし「悲しいことですが、コロンビア人男性からのこのビデオの公開についての謝罪を受け入れます」と明かしている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 13:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース