ハイチ戦を見据えるDF酒井高徳「チームとして機能するかしないかが大事」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.08 22:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。競争が激化する中で迎えるハイチ戦に向けて意気込んだ。

◆DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
──サバイバルとハリルホジッチ監督は言っているがどんなプレーをしたいか
「サバイバルはサバイバルですが、試合というのはやってみないと分からない部分があります。色々と監督自身も試したい人やこともある中で、ニュージーランド戦を見ても人が変わったことで、うまく噛み合わなかった部分もあると思います」

「個人のことも大事ですが、個人のパフォーマンスが良くならないと、チームのパフォーマンスも良くならないので、サバイバルですけど、個人の欲を捨てるというか、チームとして機能すれば必然的に全体が良くなっているように見えると思います。その辺りで誰が出るとか、どんなサッカーをするとかはまだ分からないですけど、その辺を意識して喋ったりとか、心掛けてプレーしたいと思います」

──トレーニング前の円陣ではどんな話があったか
「誰がどう出てくるかは別として、チームとして成長して行かなければいけないと思いますし、ハイチの話を少ししました。半年ぐらい試合がないとか、監督がよく変わるとか。これからハイチのチームの分析をしていこうと思うという簡単な説明でした」

──映像とかもまだ見ていないのか
「事前に選手たちに配られている映像はあるので少し見ていますが、チーム全体としてコンセプトを持って分析とかはしていないです」

──半年も試合していないけど、FIFAランクもそんなに変わらないチームだが
「選手の入れ替わりも激しいと聞いているので、直近の試合しか見れていないというのもあります。どんな選手が来て、どんな特徴があるのかも分析してみなければ分からないというのは否めません」

「少し似たようなことになりますが、ニュージーランド戦も選手が入れ替わったりして、チームとして機能するかしないかということが、こういった相手には大事だと思います」

「48位とか、ハイチだったりという周りから見た目がありながら、なんとなく選手がプレーするのは危ないし、良くないことだと思います。自分たちがこれまでやって来たコンセプトをチームとして理解しながら、新しい選手とコミュニケーションをとってやることが、チームとして結果にもつながると思います」

「そこさえしっかりやれば、大きな崩れもないと思いますし、より良いプレーを心掛けられるかなと思います。ハイチのことは空いてる時間でしっかり分析できればと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパンから日テレ・ベレーザGK山下杏也加が負傷離脱《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、EAFF E-1サッカー選手権に出場するなでしこジャパンからGK山下杏也加(日テレ・ベレーザ)が離脱することを発表した。 ▽山下は、ケガのため離脱するとのこと。今大会の韓国女子代表戦、中国女子代表戦には出場していなかった。 ▽なでしこジャパンは、既にMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が負傷離脱しており、山下で2人目の離脱者となった。なお、ここまで2連勝のなでしこジャパンは、15日(金)に同じく2連勝中の北朝鮮女子代表と優勝を懸けて対戦する。 2017.12.13 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成、DF植田直通の右サイドバック出場に刺激「自分にないものを持っている」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は13日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF室屋成(FC東京)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。中国代表戦で右サイドバックとして出場したDF植田直通について「驚きはない」と語りつつも、「自分に持ってないものを持っている」と刺激を受けた様子を見せた。 <span style="font-weight:700;">◆DF室屋成</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──次は日韓戦だが</span> 「相手のレベルも上がると思いますし、日韓戦というのは特別な試合なので、チーム全体で戦わなくてはいけないと思います。優勝も懸かっているのでチャンスがあれば自分のできることに全力を尽くしたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国とこれまでやったことは</span> 「AFC U-23選手権2016の決勝ですかね」 <span style="font-weight:700;">──中国戦ではDF植田直通が右サイドバックでプレーしていたが</span> 「とても落ち着いてプレーしていたので良かったと思います。良かったと思いますと言うとすごい上からな感じがしますけど(笑)」 <span style="font-weight:700;">──同じ世代でやってきただけにDF植田直通の右サイドバック出場は意外だと思うが</span> 「スピードもありますし、ヘディングも強いので全然できると思います。僕もあれぐらいヘディング強くなりたいなと思って観てました」 <span style="font-weight:700;">──驚きはあったか</span> 「驚きはないです。自分に持ってないものを持っているので、もっともっと自分も成長したいなと思いました」 <span style="font-weight:700;">──思わぬところに競争相手が現れたが</span> 「とにかく自分ができることや長所もあるので、あまり周りがどうとかっていうのは考えていません」 <span style="font-weight:700;">──韓国のイメージは</span> 「前線から運動量激しく戦ってくるイメージがあります。そういう部分でまず負けてはいけないなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日の練習では監督からどのような話があったか</span> 「昨日の試合は素晴らしかったということが多かったです」 <span style="font-weight:700;">──これから代表でのキャップ数を増やしていくためのポイントは</span> 「それはもちろん日々の練習からもそうですけど、チームに帰ってからもしっかり結果を残し続けることが大事だと思います」 2017.12.13 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF阿部浩之、日韓戦でのゴール渇望も「優勝して意味がある」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は13日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF阿部浩之(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対し、代表初ゴールへの意欲を強調。それでも「優勝して意味があることもある」とチームの2大会ぶり2度目の東アジア制覇を目指した。 <span style="font-weight:700;">◆MF阿部浩之</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──タイトな日程が続いているが</span> 「みんなそれぞれ疲労はあると思いますけど、ラスト1試合ですし、ここまで2勝しているので最後勝って終わりたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──どんなところをアピールしたいか</span> 「ゴールとかアシストですね。ゴールに絡むプレーをしたいです」 <span style="font-weight:700;">──これまでは2試合とも途中出場で少ない時間だったが</span> 「まだ2試合ともシュートを打てていないですし、もっと自分の形を作りたいなと思います。より積極的にやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──クラブと求められる役割は違うと思うが</span> 「違うと思いますけど、そういうプレーも身につけるチャンスですし、積極的にやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦に向けては</span> 「出るか出ないかまだわからないですけど、出場したらしっかりと勝つことを大前提に自分のアピールもしたいです。ゴールを奪って勝てたら一番良いかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームメイトのFW小林悠(川崎フロンターレ)のゴールは刺激になったか</span> 「あれ触ったろうかなと思ったんですけど(笑) もう少し手前だと触れたんですけどね。悠くんにまた後で(パスを)出してやと言っておきました。それぐらい自分も点を奪いたいなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──シュートへのこだわりは</span> 「状況にもよりますけど、GKの届かないところに速いシュートを打つということは常に意識しています。とりあえず決めれたらなんでも良いかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ご自身、戦術理解度が高いと思うが、ここでヴァイッド・ハリルホジッチ監督のサッカーを触れてみてどうか</span> 「スコアが動く時はカウンターが多いというのはその通りだなと思いますし、そこをチームとしてうまくできるようになれば得点チャンスが増えると思います。それプラスクラブでやっているような遅攻も混ぜ合わせられたら一番良いと思います。そういうところを監督が求めているかはわからないですけど、ゲームではいろいろなことが起こるので自分たちで考えてやれればと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦は優勝が懸かった一戦になるが</span> 「人も多く入ると思いますし、勝っても引き分けても優勝なので、もちろん勝ちは目指しますけど時間の経過とともにそういうのも頭に入れて賢く優勝できればと思います。全員でしっかりと判断できればと思います」 <span style="font-weight:700;">──それは監督も言っていたことか</span> 「いや言っていないです。僕が勝手に言っているだけです(笑)」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦に向けてのイメージは</span> 「激しい試合になると思いますけど、球際でやることはいつも通りだと思います。ファウルせずにしっかりと奪って、相手にもファウルさせないくらいみんなでパスをつないだりすることができれば一番良いです。それプラス球際で負けないことが必要になってきます」 <span style="font-weight:700;">──中国戦で負傷したMF大島僚太(川崎フロンターレ)と話したか</span> 「『残念やったな』と言っておきました。『早く治せよ』と。チームのキャンプもあるのでまずしっかりと治して欲しいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝への意識は高まってきているか</span> 「優勝して意味があることもあると思います。勝たないと良いプレーをしてもあまり意味がないので、まずは勝つことを大前提にチームプレーと自分のプレーのバランスをしっかり考えたいです」 2017.12.13 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

右SB起用の鹿島DF植田直通、CBへのこだわり隠さずも「試合に出場できるのが一番」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は13日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF植田直通(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。慣れない右サイドバックでのプレーを振り返り、「試合に出場できるのが一番」と主張し、チームへの貢献を誓っている。 <span style="font-weight:700;">◆DF植田直通</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──中国戦は右サイドバックでの出場だったが</span> 「自分のプレーにはまだ納得していません。まだまだレベルを上げなくてはいけない部分がたくさんありました。初めてというのもあったかもしれないですけど、まだまだだなとは思いました」 <span style="font-weight:700;">──サイドバックでの出場はいつ以来か</span> 「試合ではやったことがないですね」 <span style="font-weight:700;">──相手のエースが同サイドにいて、途中相手の選手が代わったりしたが</span> 「最初は相手のキャプテンが同じサイドにいる中で絶対に高さの部分でやらせないようにしました。後半はドリブラーが入ってきましたけど、そこまで僕のサイドがやられることはなかったので、そこは良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──本職はセンターバックだが、サイドバックでのプレーについて</span> 「試合に出場できるのが一番だと思います。ただ、本来僕はセンターバックの選手なので、センターバックとして出場したいというのは心の中にありますし、そういう気持ちは忘れていません。それでも、サイドバックとして出場するからにはチームのためにしっかりと戦うことが当たり前だと思います。違うポジションになった時でもしっかりと準備したいです」 2017.12.13 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

代表デビューの鹿島MF土居聖真、監督の要求に及第点も「もっと自分の良さを出しても良いのかな」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は13日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF土居聖真(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。緊急招集で少ないトレーニング数でのデビューにも「最低限できた」と語り、「もっと自分の良さを出しても良いのかな」とアピールに意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF土居聖真</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──普段とは違う選手とのプレーに刺激を感じたか</span> 「鹿島でもそうですけど、自分と似たタイプの選手を捕まえて、プレーするようにしています。(大島)僚太がケガしたことは残念ですけど、(倉田)秋くんや(小林)悠くんと良い関係を持ってやれてたので、そこまでダメだったなという感じではありませんでした」 「秋くんも悠くんも練習では一緒にやっていなかったですけど、ある程度はやれました。似た感覚の選手を捕まえてやるのは得意なことです。試合前にも自分も生きて、周りも生かせればというのを話していました。それが最低限できたと思います。これがもっとできれば良いですけど、急でもあったので、これからもっともっと精度を上げていくだけかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──この2試合終盤までなかなかゴールが生まれない展開だが、チーム的には焦りはなかったか</span> 「奪えるんじゃないかなという感覚しかなかったです。監督からもハーフタイムにそう言われましたし、チャンスは絶対にウチの方が多いから続けていこうと」 「テグ(手倉森誠コーチ)さんからも奪えると言われましたし、全然焦りとかはなかったです」 <span style="font-weight:700;">──チームメイトのDF植田直通(鹿島アントラーズ)は招集からデビューまで3年かかった中で、自身は緊急召集ですぐにデビューを果たしたが</span> 「なんか申し訳ないなと(笑) 個人的には1週間近く練習していなかったですし、合流してから3日、4日でのデビューでしたけど、点数的には良くも悪くもなかったです。最低限監督が求めることはしなくてはいけないなと思っていましたし、そこをベースにもっと自分の良さを出しても良いのかなと思います」 2017.12.13 16:40 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース