意識高きFW大迫勇也「NZ戦は参考にならない。本大会はもっとレベル高い」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.08 22:04 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。意識を高く持った。

◆FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)
──ハイチのイメージは
「相手がどういうチームかわからない。今は僕らがやるべきことを整理している段階」

──ニュージーランド戦でのプレーは公式戦でも生かせそうか
「それは難しい。公式戦と比べると、緊張感は全然違う。正直、親善試合でできたことが公式戦でできなくなることは少なからずある。そのとき(公式戦)のために、今しっかりと取り組まないといけない」

──ニュージーランド戦でできたこと、できなかったこと
「あまり参考にならないという思いが強い。(本大会になると、)もっともっとレベルの高い相手だと思うので、参考にはならない」

──ニュージーランドという相手を改めて
「すごく堅いチームだったけど、本大会になると、僕らに対して引いてくる相手はそんなにいない」

コメント

関連ニュース

thumb

ヤングなでしこが今大会全勝のドイツを破って2大会連続のベスト4進出!《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は17日、FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)2018の準々決勝でU-20ドイツ女子代表と対戦し、3-1で勝利。2大会連続での準決勝進出を果した。 ▽アメリカ、スペイン、パラグアイと同居したグループCを2勝1敗で2位通過した日本は、準決勝進出を懸けてグループD1位の強豪ドイツと対戦した。6-0で快勝したグループ最終節のパラグアイ戦からのメンバー変更はなし。司令塔の長野風花やパラグアイ戦で共にハットトリックを記録した宝田沙織、植木理子が2トップを組んだ。 ▽今大会唯一の全勝チームのドイツに対して日本は開始4分に長野の右CKをニアの植木が頭で合わすなど、積極的な入りを見せる。しかし、その後は相手の強靭なフィジカルを前に球際の部分で劣勢を強いられ、決定機こそ作らせないものの膠着状態に持ち込まれる。 ▽それでも、前半30分を過ぎて左サイドの遠藤純、右サイドの宮澤ひなたを起点としたサイドアタックが機能し出すと、37分には遠藤のフィードに反応した宝田がゴール前でヘディングシュートもわずかに枠の左へ。さらに前半終了間際にかけて攻勢を仕掛けると、ボックス内にドリブルで持ち込んだ植木、オーバーラップした宮川麻都の鋭いクロスの流れから波状攻撃を見せるなど、あと一歩で先制点という良い形の攻撃を続けて前半をゴールレスの状態で終えた。 ▽迎えた後半は拮抗した立ち上がりとなったが、前半から存在感を示していた遠藤がついに決定的な仕事を果たす。宮澤からのサイドチェンジを受けた左サイドの遠藤がボックス左に持ち込み冷静な切り返しでDFをかわすと、GKから遠いゴール右隅へ絶妙な右足のシュートを流し込んだ。 ▽待望の先制点で勢いづく日本は明らかに動揺が見えるドイツを相手に畳みかける攻めで押し込んでいく。植木と長野が続けてボックス内で決定的なシュートを放っていくと、70分には宝田からの絶妙なスルーパスに反応した植木がゴール前でGKと一対一に。右足のシュートはGKに触られるも左ポストの内側を叩いたボールがネットを揺らす。続く73分には左サイド深くに侵攻した北村菜々美の低くて速いクロスに2トップが飛び込むと、ニア側にいた宝田がスライディングシュートで合わせて試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、植木と宝田の2トップを下げて村岡真実、児野楓香をピッチに送り込んだ日本は81分に相手MFミングにゴールを許すも、その後は粘り強い守備とスマートな試合運びで相手の反撃を凌ぎ切って3-1の快勝。今大会全勝中のドイツを一蹴した日本が2大会連続でのベスト4進出を決めた。なお、20日に行われる準決勝ではオランダを破ったイングランドと対戦する。 U-20ドイツ女子 1-3 U-20日本女子 【U-20ドイツ女子】 ミング(81) 【U-20日本女子】 遠藤純(59) 植木理子(70) 宝田沙織(73) 2018.08.18 04:21 Sat
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】アジア大会パキスタン戦に見る「対応力」の欠如

▽インドネシアのジャカルタで開催されているサッカーのアジア大会。日本は14日の初戦でネパールを1-0で下すと、16日はパキスタンに4-0で勝って決勝トーナメント進出が確定した。ただし、チームとしてまとまった練習ができずに臨んだ大会とはいえ、2試合を通じて早くも明らかになった課題がある。それは引いて守られた相手をいかに崩すのか――フル代表がアジアでの戦いで苦戦を強いられるのと同じ課題でもあった。 ▽日本に限らず、アジアのレベルは年々アップしている。このため、実力的に劣るネパールやパキスタンといえども10-0で勝てるような時代ではない。とはいえパキスタン戦の前半のように、相手が“普通のサッカー"をすればスペースも生まれるだけに技術の差でゴールを重ねることができた。 ▽しかし、ネパール戦は相手が6BKで守備を固めてくると、なかなかこじ開けられない。同じことは16日のパキスタン戦の後半も当てはまり、日本は横パスやバックパスをつなぐだけで、ほとんど効果的な攻撃を仕掛けることはできなかった。 ▽ゴール前に人数を割いて守備を固める相手に対し有効な攻撃方法は次の4つが上げられる。ロングやミドルで相手を引き出す。ドリブルで仕掛けて数的優位な状況を作る。空中戦ならゴール前を固めていても人数に関係なく勝負できる。FKやCKなどセットプレーを有効活用する(PKを獲得できれば最高)、といったところだろう。 ▽ただし、ロングやミドルはそのリバウンドから、そしてドリブル突破はこぼれ球からカウンターを食らうリスクもある。このため常にリスクマネジメントを考慮しておかなければならない。 ▽そしてヤング・ジャパンはパキスタン戦の後半でどのような選択をしたかというと、ロングやミドルシュートは皆無。前田(松本)や旗手(順天堂大)といった快足FWはいるものの、ドリブル突破を仕掛けられるドリブラーは今大会に招集されていない。そして空中戦を仕掛けることもなければ、セットプレーにも工夫がなかった。 ▽その象徴が、後半のCKだ。2度ほどショートコーナーを選択したものの、相手に詰められると最後はバックラインまで戻し、パス回しのためのパスに終始していた。森保監督は今大会に限らず「目標はベスト4」をどの大会でも掲げると宣言した。試合間のインターバルが短い大会のため、そして4-0とリードしたので体力の消耗とケガを避ける意味でパス回しを選択したのであれば文句はつけない。 ▽しかし、ネパール戦から大幅にメンバーを変更したのは、連戦を考慮してターンオーバー制を採用したのと同時に、森保監督は多くの選手をテストしたかったのではないだろうか。だとすれば、攻撃に工夫の見られない、消極的なパス回しに終始した後半は消化不良の45分だったと言える。 ▽テレビのアナウンサーはしきりに森保監督が目指す「対応力」を強調していた。そこで改めてショートコーナーを取り上げたい。なぜヤング・ジャパンはショートコーナーを選択したのか。パキスタンが制空権を握っているのなら理解できるが、実際は日本と互角か日本が上回っていた。ならばGKの出られないライナー性のクロスを入れるとか、ニアでワンクッション入れるなど工夫はいくらでもあったはず。対戦相手に応じて戦略を変えることこと「対応力」ではないだろうか。 ▽年齢的に年下で、いきなり集まってぶっつけ本番という状況ではあるが、実力的に差があるのは明白なため、それを言い訳にはできない。改めて「対応力」のなさ、守りを固められると打つ手がなくなる日本の現実を見せつけられたアジア大会の2試合だった。願わくば、試合を重ねることで成長して欲しいものだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.17 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

前半ゴールラッシュでU-21日本代表が連勝! 前田、旗手に岩崎2発! 《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は16日、アジア競技大会第2戦でU-23パキスタン代表と対戦し、4-0で勝利した。 ▽2年に一度行われるアジア競技大会。U-23の世代別代表で参加可能だが、森保一監督が率いる日本は2年後の東京オリンピックに向けた強化の一環として、U-21世代のメンバーで構成されている。 ▽1-0で勝利した第1戦U-21ネパール代表戦から、中1日で行われたパキスタン戦。このタフな日程に、日本はGK小島、MF長沼、松本以外のスタメン8名を入れ替え、最終ラインに岡崎、板倉、大南、中盤に長沼、遠藤、松本、神谷、最前線には岩崎、旗手、前田が送り出された。 ▽試合開始直後から、日本は前田を中心に前線から素早くプレスをかけている。1分、3バックの右に入っている岡崎が、最終ラインの裏にフィードを供給。抜け出した岡崎がクリアに出たパキスタンGKの頭上を越すシュートを放ち、幸先良くネットを揺らした。 ▽さらに8分、左サイドでボールを持った大南が、ボックス内に浮き球のスルーパスを送る。駆け込んだ旗手がゴール左下隅に沈め、追加点。10分には、岩崎の激しいプレスからショートカウンターを発動させ、旗手とのワンツーを使い前田がシュートを放つ。タイミングをずらしたグラウンダーのシュートが決まり、スコアを3-0とした。 ▽35分、日本の勢いが止まらない。左サイドに抜け出した遠藤からのクロスをボックス内の旗手が収め、岩崎に渡す。岩崎はパキスタンDFにチェックされながらも右足を振り抜き、自身のこの日2得点目を突き刺した。 ▽その後も、日本が支配しつつ試合が進行していく。しかし、シンプルな裏へのフィードを織り交ぜつつ繰り出した攻撃は、6バックス気味になった相手に対してやや停滞。前半は4-0のスコアで折り返しを迎えた。 ▽後半も、前半半ば以降の流れを引き継ぐかのように、やや大人しめの展開が続く。52分には、右サイドを上がった長沼のクロスから前田のヘディングシュートが枠を捉えたが、パキスタンGKにセーブされ得点とはならず。 ▽73分、もう一度ギアを上げたい日本はMF神谷に代えてDF原を投入。最終ラインの中央に入っていた板倉が一列上がり、原が3バックのセンターを務めることに。 ▽しかし、直後にロングカウンターの処理をするためにボックスの外まで飛び出したGK小島が、パキスタンFWと激しく交錯。77分に、GKオビとの交代を余儀なくされた。さらに81分には、やや疲れのみえる遠藤に代えて初瀬を起用。3枚のカード全てを使い切る。 ▽結局、後半は1点も決めることができないまま試合が終了した。終盤には幾度かパキスタンがゴールに迫るシーンも見られたが、日本は主導権を握ったままシャットダウン。この結果、日本は決勝トーナメント進出に王手をかけた。19日には、グループ全勝をかけてU-23ベトナム代表と激突する。 2018.08.16 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯後初のFIFAランキングが発表! 優勝フランスが1位、準優勝クロアチアが4位に! 日本は55位でアジア3位

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のFIFAランクが発表された6月に61位だった日本代表は6つ順位を上げて55位に浮上。アジアではイラン(32位)、オーストラリア(43位)に次ぐ3番目で変わらなかった。 ▽また、ロシアW杯で5大会ぶり2度目の優勝を飾ったフランスが1位に、初の決勝進出を果たして準優勝という好成績を残したクロアチアが順を20も上げて4位に浮上している。 ▽今回からFIFAランキングの算出方法が変更に。これまでの2006年方式では、過去48か月間の国際Aマッチを対象とし、勝ち点や試合の重要度、対戦国間の強さ、大陸連盟間の強さに基づいて算出されてきた。しかし、これでは強豪国との試合が組みづらいアジアやアフリカ、北中米カリブ海のチームが対戦国間の強さや大陸連盟間の強さでポイントが得られず。さらにW杯予選といった公式戦で高いポイントを得て、親善試合の回数を少なくすることで、FIFAランキングを保つ国が出てくるといったデメリットがあった。 ▽そこで今回は上記のデメリットを解消し、すべてのFIFA加盟国にFIFAランキングの向上機会を均等に与えることを目的に見直し。すべての国際Aマッチを対象に、これまでの平均化ではなく、既存のポイントに加算・減算し、親善試合より国際大会の結果を重視する方式に変更された。 ◆<span style="font-weight:700;">8月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.フランス(7) 2.ベルギー(3) 3.ブラジル(2) 4.クロアチア(20) 5.ウルグアイ(14) 6.イングランド(12) 7.ポルトガル(4) 8.スイス(6) 9.スペイン(10) 9.デンマーク(12) 11.アルゼンチン(5) 12.チリ(9) 13.スウェーデン(24) 14.コロンビア(16) 15.ドイツ(1) 16.メキシコ(15) 17.オランダ(17) 18.ポーランド(8) 19.ウェールズ(18) 20.ペルー(11) 21.イタリア(19) 22.アメリカ(25) 23.オーストリア(26) 24.チュニジア(21) 24.セネガル(27) 26.スロバキア(28) 27.北アイルランド(29) 28.ルーマニア(30) 29.アイルランド(31) 30.パラグアイ(32) 31.ベネズエラ(33) 32.コスタリカ(23) 32.イラン(37) 32.アイスランド(22) 35.ウクライナ(35) 36.セルビア(34) 37.コンゴ(38) 38.トルコ(38) 39.ボスニア・ヘルツェゴビナ(40) 40.スコットランド(42) 41.モンテネグロ(43) 42.ギリシャ(44) 43.オーストラリア(36) 44.チェコ(46) 45.ガーナ(47) 46.モロッコ(41) 47.ブルガリア(49) 47.カメルーン(49) 49.ロシア(70) 49.ナイジェリア(48)  55.日本(61)  57.韓国(57)  65.エジプト(45) 69.パナマ(55) 70.サウジアラビア(67) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(32) 2.オーストラリア(43) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(55)</span> 4.韓国(57) 5.サウジアラビア(70) 6.シリア(73) 7.中国(75) 8.UAE(77) 9.レバノン(79) 10.オマーン(84) 2018.08.16 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F加入内定の筑波大MF三笘のゴールでU-21日本がネパールとの初戦に勝利!《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は14日、アジア競技大会第1戦でU-23ネパール代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽2年に一度行われるアジア競技大会。U-23の世代別代表で参加可能だが、森保一監督が率いる日本は2年後の東京オリンピックに向けた強化の一環として、U-21世代のメンバーで構成されている。 ▽大会初戦となるU-23ネパール代表戦に向けては、GK小島、杉岡、初瀬、立田、長沼、原、三笘、三好、松本、渡辺、上田をスタメン起用。[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 ▽序盤から自力で勝る日本が次々とゴールに迫っていく。3分、三笘が個人技で中央を突破。ボックス左からシュートを放つが、ここはGKの正面。続いて7分に、味方のパスから右サイドを突破した長沼が右サイド深くからクロスを入れると、ボックス中央でフリーとなっていた三笘が落ち着いて流し込んでゴールイン。日本が先制した。 ▽先制後は勢いが衰え、なかなかシュートまで運べない展開が続く。そんな中、25分にボックス右に侵攻した上田がシュートを放つがGKにキャッチされてしまう。圧倒的なボール保持率を誇る日本だが、時折ネパールの選手が見せる激しいプレッシングにボールを失う場面も。それでも相手の攻撃を許さなかった日本は1点リードのまま後半へ。 ▽57分には、ゴール前でボールを奪った上田が決定機を迎えるがオーバーエイジ枠で参加しているGKカイラン・チェムゾンがファインセーブ。さらに67分には、敵陣中央の味方からの鋭いスルーパスが、ボックスの密集地帯を抜けて上田の下へ。上田は反転してシュートするものの、DF2人に挟まれながら放ったシュートは、力なく枠の外に。 ▽攻め込みながらも追加点が奪えない日本。80分には、DFの立田が強烈なミドルシュートでネパールゴールを強襲。相手GKも弾き返すのが精いっぱいだった。 ▽その後は、ネパールの反撃を受けた日本だったが、失点を許すすことなく試合終了。初戦を1-0で勝利し、勝ち点「3」を獲得した。 ◆試合結果 U-21日本代表 1-0 U-23ネパール代表 【日本】 三笘薫(前7) 2018.08.14 22:56 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース