セリエAに新星現る! ジェノアFWペッレグリ(16)が史上最年少ドッピエッタを達成2017.10.08 00:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(16)が、2000年以降に誕生した選手として初めて、欧州5大リーグでドッピエッタを記録した。イギリス『BBC』が伝えた。

▽2001年3月17日生まれのペッレグリは、ジェノアのチームマネージャーを務めているマルコ・ペッレグリ氏を父に持ち、同クラブの下部組織でキャリアをスタートさせた。2015年にユースチームからU-17チームへの昇格を果たすと、一足飛びにカテゴリーを駆け上がり、2016年12月22日に行われたセリエA第18節のトリノ戦でデビュー。1937年にアメデオ・アメデイ氏が打ち立てた記録と並び、最年少出場記録タイとなる15歳280日での出場だった。

▽そして、今年5月28日に行われた最終節では、初得点を記録。奇しくもその試合はローマとの対戦であり、キャリアの全てを同じクラブに捧げ、40歳までプレーしたフランチェスコ・トッティ氏のラストゲームでのゴールとなった。

▽プロデビューを昨年飾ったばかりでありながら、印象的なエピソードに彩られているペッレグリが、2017-2018シーズンに入り更なる記録を打ち立てた。第4節のラツィオ戦でベンチメンバーに入った同選手は、前半33分から途中出場。左ウイングに入ると積極的にボールに絡み、2得点をマークしてみせた。16歳112日でのドッピエッタとなり、1931年にシルヴィオ・ピエラ氏が達成した17歳104日での記録を、1年近く更新。これは、セリエA史上最年少記録でもあり、2000年以降に生まれた選手として初めての、欧州5大リーグでのドッピエッタだ。

コメント

関連ニュース

thumb

イタリア代表のW杯欠場が人命救う? マンチーニ監督が人命救助

▽イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が休暇先のセニガッリアで交通事故にあった94歳の老婦人の人命救助に貢献していたことがわかった。イタリア『Blitz quotidiano』が伝えている。 ▽先日、イタリア代表での初采配を終えてアドリア海に面したマルケ州のセニガッリアで休暇中のマンチーニ監督は、先日に自転車に乗って自動車との軽い接触事故に巻き込まれた94歳の老婦人の人命救助に貢献していた。 ▽『Blitz quotidiano』が伝えるところによれば、医者を含む友人数名とビーチでくつろいでいたマンチーニ監督は近くの道路で車との接触事故に遭った老婦人の元に駆け付けると、医者の友人が応急処置やケガの状態を確認する傍らで救急車を要請。さらに、救急車の誘導なども行ったとのことだ。 ▽そして、マンチーニ監督一行の素早い対応もあり、すぐさま救急車で近くの病院に搬送された同女性は3カ所程の骨折を負ったものの、命に別状はなかったとのことだ。 ▽後にマンチーニ監督一行に救助されたことを知った女性の息子は、自身の『フェイスブック』を通じて同監督たちへの感謝のメッセージを綴った。 「幸運なことにイタリア代表はワールドカップに行きませんでした。仮に出ていれば、彼(マンチーニ)があの場所に居ることはなかったと思います。私の母を助けてくれたすべての人に感謝を示したいです」 ▽14日に開幕し徐々に盛り上がりを見せるロシア・ワールドカップにアズーリの姿がないことは非常に寂しい限りだが、少なくともアズーリの予選敗退が1人の人命救助に繋がったことは確かだ。なお、イタリア代表がW杯出場を決めていた場合、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督が続投していたのではないかとの邪推はご容赦してもらいたい。 2018.06.17 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

欧州5大リーグの来季昇格チームが決定! 4部降格のパルマが奇跡の3連続昇格! スペインではウエスカが初昇格

▽16日にヨーロッパ主要リーグ2部の全日程が終了し、来シーズンにトップディビジョンに昇格する全チームが決定した。 ▽イングランドのチャンピオンシップではウォルバーハンプトンとカーディフ・シティが共に自動昇格で久々のプレミアリーグ復帰を決定。また、熾烈なプレーオフを制したフルアムが5シーズンぶりに復帰を果たす。 ▽スペインのリーガエスパニョーラ・セグンダAでは優勝したラージョが3年ぶりの復帰。来季のプリメーラはレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強に加え、ヘタフェ、レガネス、ラージョと首都マドリードに本拠地を置く5クラブが鎬を削ることになる。また、2位で自動昇格のウエスカはクラブ創設58年目で初の昇格となった。さらに、16日に行われたヌマンシアとの昇格プレーオフ決勝を制したバジャドリーも5年ぶりの復帰だ。 ▽イタリアのセリエBでは後半戦に入って圧巻の戦いぶりを見せたエンポリが優勝と共に1年でのセリエA復帰を決めた。また、2015年のクラブ破産で4部に強制降格となったパルマは3シーズン連続昇格という奇跡の快進撃をみせ、最短でのセリエA復帰を果たした。さらに16日に行われた昇格プレーオフ決勝でパレルモ相手にホームで鮮やかな逆転昇格を決めたフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA復帰となる。 ▽ドイツのブンデスリーガ2部では最終節で優勝決定戦を戦ったデュッセルドルフとニュルンベルクが共に自動昇格を決めた。なお、今季デュッセルドルフの逆転優勝に貢献した日本代表MF原口元気と同FW宇佐美貴史は、原口がハノーファーへの移籍が決定し、アウグスブルクからレンタル中の宇佐美に関しても去就は不透明だ。なお、3位で昇格・降格プレーオフに進出したホルシュタイン・キールはブンデスリーガ16位のヴォルフスブルクに敗れ、昇格はならなかった。 ▽フランスのリーグ・ドゥでは古豪スタッド・ランスが3シーズンぶり、ニームが25年ぶりのリーグ・アン昇格を決めた。その一方で、昇格プレーオフを制してリーグ・アン18位のトゥールーズとの昇格・降格プレーオフに臨んだACアジャクシオはトゥールーズの牙城を破れず、昇格はならなかった。 ◆プレミアリーグ(イングランド) 1.ウォルバーハンプトン 2.カーディフ・シティ 昇格PO.フルアム ◆リーガエスパニョーラ(スペイン) 1.ラージョ 2.ウエスカ 昇格PO.バジャドリー ◆セリエA(イタリア) 1.エンポリ 2.パルマ 昇格PO.フロジノーネ ◆ブンデスリーガ(ドイツ) 1.デュッセルドルフ 2.ニュルンベルク ◆リーグ・アン(フランス) 1.スタッド・ランス 2.ニーム 2018.06.17 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで逆転のフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA昇格をつかみ取る!《セリエA昇格プレーオフ》

▽セリエA昇格プレーオフ決勝2ndレグのフロジノーネvsパレルモが行われ、2-0でフロジノーネが勝利した。この結果、2戦合計3-2でフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA昇格を決めた。 ▽14日にホームで行われた1stレグを2-1で勝利したパレルモが、フロジノーネの本拠地スタディオ・ベニート・スティルペに乗り込んだ一戦。ゴールレスで迎えた後半、先に試合を動かしたのはフロジノーネ。 ▽52分、バイタルエリア中央でボールを受けたマイエッロがペナルティアーク手前まで持ち上がりシュート。このボールがゴール右に突き刺さった。 ▽アウェイゴール差で逆転を許したパレルモは、60分にボックス左手前から縦に仕掛けたコロナドがブリゲンティに倒される。しかし、コロナドのシミュレーションと抗議するフロジノーネとファウルを訴えるパレルモで試合は一時乱闘寸前の荒れた展開に。すると、ベンチで審判に激しく抗議したダビドビッツがレッドカードを受けて退場処分となった。 ▽1-0のまま、試合は後半アディショナルタイムに突入。すると96分、前掛かりになるパレルモに対しフロジノーネは、カウンターを仕掛ける。右サイドでボールを受けたムサ・コネのパスで相手DFの裏に抜け出したチャーノが、冷静に相手GKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。 ▽直後に試合終了のホイッスル。ホームで逆転勝利したフロジノーネが、2戦合計3-2で3シーズンぶりのセリエA昇格を決めた。 2018.06.17 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、若手ウインガーを処分。SNSでライバルに暴言

▽インテルがMFヤン・カラモーの処分を決めたと、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽19歳の有望株であるカラモーは先日、自身のインスタグラムでインテルサポーターが歌うユベントスを侮辱する内容のチャントを歌った。 ▽これを受けて、インテルはクラブとしてカラモーに罰金処分を科した。さらに、出場停止処分が下される可能性もあると記事は伝えている。 ▽インテル期待の若手は、この経験から学びたいところだ。 2018.06.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

カンセロ、ミランを口撃「大金を投じたけど順位はどう?」

▽2017-18シーズンにインテルで活躍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロが、イタリア『トゥットスポルト』のインタビューに応じた。インテルへの完全移籍についてやライバルについて話している。 ▽バレンシアからのレンタルでインテルの一員となったカンセロは、シーズン途中からチームに欠かせない選手となった。だが、完全移籍に必要な資金がインテルにはなく、将来のことは不透明になっている。 ▽インテル移籍が決まらなかったことについてカンセロは、「残念だ」とコメント。「ルチアーノ・スパレッティ監督とは衝突することもあったけど、彼にたくさんのことを教えてもらった」と語っている。 ▽そして、チャンピオンズリーグ出場権を手にしたインテルと、ヨーロッパリーグに出るミランにも触れている。 「ミランが6連敗しても何も言われないけど、インテルが2連敗するとみんなが騒ぎ立てる。僕たちはみんなを黙らせた。移籍市場に2億ユーロ以上注ぎ込んでおいて順位はどうだい? ヨーロッパリーグさ。インテルは昨年夏、2,3人加えただけでチャンピオンズリーグへ行くことになったよ」 ▽カンセロは自身の将来について、「まだどこからもちゃんとしたオファーはきていない」とコメントした。 2018.06.14 19:05 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース