セリエAに新星現る! ジェノアFWペッレグリ(16)が史上最年少ドッピエッタを達成2017.10.08 00:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(16)が、2000年以降に誕生した選手として初めて、欧州5大リーグでドッピエッタを記録した。イギリス『BBC』が伝えた。

▽2001年3月17日生まれのペッレグリは、ジェノアのチームマネージャーを務めているマルコ・ペッレグリ氏を父に持ち、同クラブの下部組織でキャリアをスタートさせた。2015年にユースチームからU-17チームへの昇格を果たすと、一足飛びにカテゴリーを駆け上がり、2016年12月22日に行われたセリエA第18節のトリノ戦でデビュー。1937年にアメデオ・アメデイ氏が打ち立てた記録と並び、最年少出場記録タイとなる15歳280日での出場だった。

▽そして、今年5月28日に行われた最終節では、初得点を記録。奇しくもその試合はローマとの対戦であり、キャリアの全てを同じクラブに捧げ、40歳までプレーしたフランチェスコ・トッティ氏のラストゲームでのゴールとなった。

▽プロデビューを昨年飾ったばかりでありながら、印象的なエピソードに彩られているペッレグリが、2017-2018シーズンに入り更なる記録を打ち立てた。第4節のラツィオ戦でベンチメンバーに入った同選手は、前半33分から途中出場。左ウイングに入ると積極的にボールに絡み、2得点をマークしてみせた。16歳112日でのドッピエッタとなり、1931年にシルヴィオ・ピエラ氏が達成した17歳104日での記録を、1年近く更新。これは、セリエA史上最年少記録でもあり、2000年以降に生まれた選手として初めての、欧州5大リーグでのドッピエッタだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリから今冬キエーボに加入したMFジャッケリーニが筋肉を痛め離脱

▽今冬にナポリからキエーボへとレンタル移籍で加入した元イタリア代表MFエマヌエレ・ジャッケリーニだが、すぐに負傷離脱となってしまった。 ▽ジャッケリーニは、2016-17シーズンからナポリでプレー。今シーズンはセリエAで途中出場4試合に終わっており、今冬の移籍市場でキエーボへとレンタル移籍した。 ▽キエーボでは加入後すぐに先発出場。17日に行われた第25節のカリアリ戦では、途中出場ながら74分に華麗なFKを沈め、チームの連敗ストップに貢献していた。 ▽クラブの発表によると、ジャッケリーニは左大腿部の筋肉を痛めたとのこと。離脱期間は明らかにされていないが、3〜4週間になると予想されている。 2018.02.22 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都の代役はインテル時代のライバル?ガラタサライがサントンに関心か

長友佑都が活躍するガラタサライは、シーズン終了後にまたもインテルからサイドバックを獲得するのかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。<br><br>ガラタサライは、移籍市場最終日にインテルから長友を今季終了までの期限付き移籍で獲得した。日本代表DFは、加入から4試合連続で先発。その活躍に、複数のトルコメディアが特集を組むなど、ファティ・テリム監督の信頼だけでなく、早くも地位を確立している。<br><br>しかし選手の代理人は、今季終了後にインテルへ戻ることを明言しているため、ガラタサライは左サイドバックを引き続き探しているという。<br><br>そこでトルコの強豪は、今季ネラッズーリで長友と熾烈なポジション争いを繰り広げたDFダビデ・サントンに関心を示しているようだ。パフォーマンスにサポーターから批判の声もあがっているイタリア人DFには、他にもレアル・ベティスが獲得を狙っているという。<br><br>『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「下部組織出身のサントンをチームに残すことは、有益になる」としているが、ガラタサライとインテルで再びサイドバックの取引が行われるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.02.22 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

自動車事故に巻き込まれたカリアリDFピザカーネが負傷…大事には至らず

▽カリアリに所属するイタリア人DFファビオ・ピザカーネが、自動車事故に巻き込まれ負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽カリアリではレギュラーとしてプレーし、今シーズンのセリエAでは17試合に出場していたピザカーネ。報道によると、カリアリのトレーニング施設であるアッセミネッロへ向かう途中、複数の車両が関わった事故に巻き込まれてしまったようだ。 ▽この事故でピザカーネは深刻なケガを負うことはなかったものの、右ヒザを切るケガをした模様。全治などはまだ判明していないが、大事には至っていないという。 ▽降格圏とは勝ち点差が離れているものの、残留を早く決めたいカリアリにとっては、主力センターバックが離脱することは痛手となりそうだ。 2018.02.22 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「トッティのことはもう話さない」とスパレッティ、インテルの評価は「9点から4点」

▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた。その中でインテルやフランチェスコ・トッティ氏について話している。 ▽スパレッティ監督は今シーズンからインテルを率いている。シーズン序盤は絶好調だったが、その後は低迷。短いシーズンながら、良いときも悪いときも経験した。 ▽自分が記者だったらここまでのインテルをどう採点するかと問われたスパレッティ監督は「私なら最初は9、次が4だ。ただ、どちらの時期にしても私は日々全力で取り組んでいるよ」と語った。 ▽また、ローマのレジェンドであり現在は幹部を務めるトッティ氏との問題については「トッティvsスパレッティを続けてしまうと、スタジアムの回転扉も止まってしまう。この話題には、みんなが少しうんざりしていると思う。だから、もう話すのをやめる」と語り、不仲説などが流れた関係をシャットアウトする考えのようだ。 ▽元ローマのスパレッティ監督は、長年トッティを指導する立場にあった。しかし、なかなか起用せず不和が報じられていた。これについて最近、「トッティはもう走れなかった。だから、彼を起用すると周囲の士気にかかわった」とコメント。するとトッティ氏は、「スパレッティと対立したことはないし、これからもない」と述べ、大人の対応を見せていた。 2018.02.21 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツ復帰を排除しないケディラ、今はセリエA7連覇に意気込む

▽ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが、将来的なブンデスリーガ復帰について語った。ドイツ『Sport-Informations-Dienst』が報じた。 ▽シュツットガルトの下部組織で育ち、2006年からはトップチームでプレーしたケディラ。その実力が認められると、2010年にレアル・マドリーへと移籍。ボランチの一角を努めると、2015年からはユベントスへと活躍の場を移した。 ▽ドイツを離れて以降、各リーグのトップクラブでプレーを続けているケディラ。将来的なブンデスリーガ復帰について、「サッカーにおいて、決して何も除外することはできない」とコメント。現在のブンデスリーガについて語るとともに、ユベントスでの戦いに強い意気込みを見せた。 「ブンデスリーガは、幾つかのクラブがトラブルに巻き込まれていても素晴らしいリーグだ。魅力的なコンペティションだね」 「僕は海外で幾つかの良い経験をした。まだ経験していないこと、新たな考え方、新たな都市、新たな国…僕は新しいチャレンジを好む」 「まだ年老いてはいないが、ブンデスリーガに戻ることを排除はしない。セリエA?そこはユベントスとナポリの一騎打ちだ」 「リーグはしばらくの間、ここまでエキサイティングなことはなかった。ナポリは現在トップに立っているが、僕たちは素晴らしいチームだ。僕たちは11人だけがトッププレーヤーではなく、20人いる」 「僕たちは、自分たちとファンのために、再びタイトルを獲得すると決心している」 ▽セリエAを6連覇中のユベントスだが、今シーズンはナポリに先行を許し、25試合を終えて2位に位置。しかし、ナポリとの勝ち点差はわずかに「1」であり逆転でのスクデット獲得、セリエA7連覇は不可能ではない。果たして、ケディラの強い決心とともに、ユベントスがナポリを追い込む事ができるだろうか。 2018.02.21 22:20 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース