セリエAに新星現る! ジェノアFWペッレグリ(16)が史上最年少ドッピエッタを達成2017.10.08 00:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(16)が、2000年以降に誕生した選手として初めて、欧州5大リーグでドッピエッタを記録した。イギリス『BBC』が伝えた。

▽2001年3月17日生まれのペッレグリは、ジェノアのチームマネージャーを務めているマルコ・ペッレグリ氏を父に持ち、同クラブの下部組織でキャリアをスタートさせた。2015年にユースチームからU-17チームへの昇格を果たすと、一足飛びにカテゴリーを駆け上がり、2016年12月22日に行われたセリエA第18節のトリノ戦でデビュー。1937年にアメデオ・アメデイ氏が打ち立てた記録と並び、最年少出場記録タイとなる15歳280日での出場だった。

▽そして、今年5月28日に行われた最終節では、初得点を記録。奇しくもその試合はローマとの対戦であり、キャリアの全てを同じクラブに捧げ、40歳までプレーしたフランチェスコ・トッティ氏のラストゲームでのゴールとなった。

▽プロデビューを昨年飾ったばかりでありながら、印象的なエピソードに彩られているペッレグリが、2017-2018シーズンに入り更なる記録を打ち立てた。第4節のラツィオ戦でベンチメンバーに入った同選手は、前半33分から途中出場。左ウイングに入ると積極的にボールに絡み、2得点をマークしてみせた。16歳112日でのドッピエッタとなり、1931年にシルヴィオ・ピエラ氏が達成した17歳104日での記録を、1年近く更新。これは、セリエA史上最年少記録でもあり、2000年以降に生まれた選手として初めての、欧州5大リーグでのドッピエッタだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ナポリ 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第9節、ナポリvsインテルが21日に行われ、0-0で終了した。インテルのDF長友佑都はフル出場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171022_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 枠内シュートを的確にセーブ DF 23 ヒサイ 6.0 ペリシッチに仕事させず 33 アルビオル 6.0 イカルディにしっかり対応 26 クリバリ 6.0 フィードも正確で攻撃の起点に 31 グラム 6.0 ややカンドレーバに苦戦も攻撃の質は相変わらず高い MF 5 アラン 5.5 球際で戦っていた (→ログ -) 8 ジョルジーニョ 6.0 ボルハ・バレロの自由を奪う。配球もそつなし 17 ハムシク 6.0 急所を突くパスを配球し、自身もシュートシーンに絡んだ (→ジエリンスキ 5.5) 違いを生み出すには至らず FW 7 カジェホン 5.0 長友に監視されてスペースを突けず 14 メルテンス 5.5 両センターバックのタイトなマークに苦戦 24 インシーニェ 5.5 負傷を抱えながらも強行出場。最後の精度は欠いたが、キレはあった (→ウナス -) 監督 サッリ 6.0 一方的に攻め込みながらも一押しを欠いた。それでも首位をしっかりキープ ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171022_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.5 前後半に一本ずつファインセーブがあった DF 33 ダンブロージオ 6.5 インシーニェの動きを制限 37 シュクリニアル 6.5 安定感抜群の守備を見せた 25 ミランダ 6.5 ソリッドな守備を続ける 55 長友佑都 6.0 集中を切らさずカジェホンに密着マーク MF 87 カンドレーバ 6.0 単騎突破で攻撃の時間を作った (→カンセロ -) 5 ガリアルディーニ 6.0 バイタルエリアを監視 20 ボルハ・バレロ 5.5 イカルディをサポートするには至らなかったが、後方との中継役にはなった (→ジョアン・マリオ 5.5) 一本ミドルシュートを放つ 11 ヴェシーノ 6.0 攻守のつなぎ役に 44 ペリシッチ 5.5 消えている時間が長かった FW 9 イカルディ 5.0 前線で孤立。仕事ができなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 鉄壁の守備で首位ナポリから勝ち点1を奪取 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュクリニアル(インテル) ▽ハンダノビッチも素晴らしかったが、最終ラインでナポリの攻撃を度々止めていたスロバキア代表DFを選出。 ナポリ 0-0 インテル 2017.10.22 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のインテルがナポリをシャットアウトで連勝ストップ! 首位攻防戦はゴールレスドロー決着《セリエA》

▽セリエA第9節、ナポリvsインテルが21日に行われ、0-0で終了した。インテルのDF長友佑都はフル出場している。 ▽前節ローマとの優勝候補対決をインシーニェ弾で勝利して開幕からの連勝を8に伸ばした首位ナポリ(勝ち点24)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦を1-2と敗れた。そのシティ戦のスタメンから2選手を変更。ジエリンスキとA・ディアワラに代えてアランとジョルジーニョを起用し、負傷したインシーニェはスタメンとなった。 ▽一方、前節ミランとのダービーをイカルディのトリプレッタで3-2と競り勝って3連勝とした2位インテル(勝ち点22)は、勝利すれば首位に浮上できる中、ミラン戦と同様のスタメンを送り出し、長友が先発となった。 ▽立ち上がりから小気味良くボールを動かすナポリは5分、ハムシクのミドルシュートでゴールを脅かす。一方のインテルは両ウイングの仕掛けでけん制すると、ガリアルディーニとダンブロージオがそれぞれミドルシュートでゴールに迫った。 ▽その後も緊迫感溢れる攻防が続くと、20分にナポリに決定機。右サイド深くをえぐったヒサイの折り返しを、カジェホンがシュート。しかし、GKハンダノビッチにセーブされる。さらにルーズボールをメルテンスが詰めるも、ここもハンダノビッチの身体を張ったセーブに阻まれた。 ▽前半半ば以降もナポリが敵陣で試合を進めると、35分にチャンス。ハムシクのフィードに反応したインシーニェがゴールエリア左からヘディングシュート。しかし、GKハンダノビッチの正面に飛んでしまった。 ▽凌ぐインテルは41分、ボックス右に侵入したボルハ・バレロが枠内シュートを浴びせるもGKレイナにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にインテルにチャンス。スルーパスに抜け出したヴェシーノがGKレイナをかわしてシュートに持ち込んだが、ゴールライン前に戻ったアルビオルにカットされた。 ▽ひやりとしたナポリは56分、カジェホンのヘッドでの落としをハムシクがボレーシュートに持ち込んでゴールに迫ると、引き続き敵陣でのプレーを増やしていく。 ▽攻勢を強めるナポリは、ハーフコートゲームを展開するも、自陣に守備ブロックを作って集中を切らさないインテルを崩しきれない状況が続いた。 ▽そんな中75分、ナポリはインシーニェのコントロールシュートでゴールに迫るも、終盤にかけて攻撃がトーンダウン。結局、84分のジエリンスキの強烈なミドルシュートと、90分のメルテンスのボレーシュートはGKハンダノビッチにセーブされ、ゴールレスで決着。 ▽首位攻防戦は引き分けに終わり、ナポリは開幕からの連勝が止まったものの首位をキープしている。 2017.10.22 05:54 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】全勝のナポリvsダービー制したインテルによる首位攻防戦《ナポリvsインテル》

▽セリエA第9節ナポリvsインテルが日本時間21日の27:45にサン・パオロでキックオフされる。開幕8連勝のナポリと前節ミランとのダービーマッチを制したインテルによる首位攻防戦だ。 ▽前節ローマとの優勝候補対決をアウェイながら終始試合をコントロールし、インシーニェ弾で1-0と勝利した開幕8連勝の首位ナポリ(勝ち点24)。そのナポリは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦をスコア以上の差で2-3と敗れた。さらにメルテンスと共に代役の利かないインシーニェが負傷し、欠場が確定。攻撃力が大幅にダウンする恐れがある中、開幕9連勝を目指す。 ▽一方、前節ミラノ・ダービーをイカルディのトリプレッタで3-2と競り勝って7勝1分けとした2位インテル(勝ち点22)は、この大一番を勝利できれば首位に浮上できる。そのインテルは1週間の調整期間を得られたアドバンテージを活かしてナポリ撃破となるか。ダービーでは対面のボリーニに苦戦した長友だが、引き続きスタメン予想となっている。 <div style="text-align:center;">◆ナポリ◆ 【4-3-3】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ナポリ予想スタメン GK:レイナ DF:ヒサイ、アルビオル、クリバリ、グラム MF:アラン、ジョルジーニョ、ハムシク FW:カジェホン、メルテンス、ジエリンスキ 負傷者:FWミリク、FWインシーニェ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者は長期離脱中のミリクに加え、インシーニェがシティ戦で負傷し欠場となる。代役にはジエリンスキが入ると予想されている。ローテーションしている中盤ではシティ戦でベンチスタートとなったアランとジョルジーニョがスタメン入りすると、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は予想している。 <div style="text-align:center;">◆インテル◆ 【4-2-3-1】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽インテル予想スタメン GK:ハンダノビッチ DF:ダンブロージオ、シュクリニアル、ミランダ、長友 MF:ヴェシーノ、ガリアルディーニ MF:カンドレーバ、ボルハ・バレロ、ペリシッチ FW:イカルディ 負傷者:MFブロゾビッチ 出場停止者:なし ▽ブロゾビッチが引き続き負傷により欠場する。それ以外はベストメンバーを送り込めるため、ダービーと同じスタメンで臨む可能性が高い。ガリアルディーニの代わりにジョアン・マリオが入る場合はボルハ・バレロがボランチに下がるものと思われる。 ★注目選手 ◆ナポリ:MFマレク・ハムシク<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽インシーニェを欠く中、もう一人の攻撃の核であるメルテンスも注目だが、攻撃のタクトを振るうハムシクに注目したい。ナポリのレジェンドであるマラドーナ氏の持つクラブ歴代最多ゴール数の115ゴールにあと1ゴールと迫っているナポリのキャプテンは、左サイドでインシーニェと攻撃を組み立てながら自身もゴールを狙うスタイルを確立している。しかし、インテル戦ではインシーニェを欠くことから、得意の形を出すことが難しい。代役のジエリンスキの良さを活かしつつ、自身も攻撃に絡んでいけるか。首位攻防戦でマラドーナ氏の記録に並べれば最高の結果となる。 ◆インテル:DF長友佑都<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ダービーでトリプレッタをマークしたイカルディももちろん注目したいが、ナポリの攻撃力を考えると、守備陣から長友を注目選手に挙げたい。ミラン戦ではボリーニの推進力に押されて守勢が続き、苦しいパフォーマンスに終わった。ナポリ戦で対面するのはボリーニとは違ったタイプのフリーランに秀でるカジェホンとなるが、神出鬼没な相手のマークを外さず耐えることができるか。 2017.10.21 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第9節プレビュー】ナポリvsインテルの首位攻防ビッグマッチ

▽前節行われたビッグマッチ3試合ではナポリがローマを下して全勝を維持し、インテルがミラノ・ダービーを制した。そして、ラツィオがユベントスに今季初黒星を喫しさせている。迎える第9節ではナポリvsインテルのビッグマッチが土曜日に開催される。 ▽前節ローマとの優勝候補対決をインシーニェ弾で勝利して開幕からの連勝を8に伸ばした首位ナポリ(勝ち点24)だったが、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦ではスコア以上の差で1-2と敗れた。さらにインシーニェが負傷して戦線離脱と、インテル戦に向けてネガティブな要素が噴出しているが、開幕からの連勝を9に伸ばせるか。 ▽一方、前節ミランとのダービーをイカルディのトリプレッタで3-2と競り勝って3連勝とした2位インテル(勝ち点22)は、勝利すれば首位に浮上できる。1週間の調整時間を得られたアドバンテージを活かしてナポリ撃破となるか。ダービーでは対面のボリーニに苦戦した長友だが、引き続きスタメン予想となっている。 ▽ラツィオに1-2と逆転負けし、今季初黒星を喫した3位ユベントス(勝ち点19)は、13位ウディネーゼ(勝ち点6)とのアウェイ戦に臨む。リーグ戦2試合勝利から見放されているユベントスは、水曜日に行われたCLスポルティング・リスボン戦を戦列復帰したピャニッチの直接FK弾と終盤のマンジュキッチ弾で2-1と薄氷の逆転勝利を飾った。CLで得た良い流れをリーグ戦に持ち込み、3試合ぶりの勝利を掴みたい。 ▽ナポリに惜敗した5位ローマ(勝ち点15)は、8位トリノ(勝ち点13)とのアウェイ戦に臨む。そのローマは水曜日にロンドンで行われたCLチェルシー戦を壮絶な打ち合いの末に3-3と引き分け、貴重な勝ち点を得た。今季ユベントスとのダービー以外で敗戦のない難敵トリノが相手となるが、リャイッチやファルケ、サディクといった元ローマ所属の選手たちを前に、チェルシー戦でもスーパーボレーを含む2ゴールを決めた絶好調のゼコに期待が懸かる。 ▽その他、ミラノ・ダービーを惜敗して3連敗となった9位ミラン(勝ち点12)は、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のAEKアテネ戦を低調ドローで終えた中、17位ジェノア(勝ち点5)とのホーム戦で連敗を止めにかかり、インモービレのドッピエッタでユベントスを下したラツィオはEL3連勝を飾った中、カリアリとのホーム戦でリーグ戦4連勝を目指す。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第9節 ▽10/21(土) 《25:00》 サンプドリア vs クロトーネ 《27:45》 ナポリ vs インテル ▽10/22(日) 《19:30》 キエーボ vs ヴェローナ 《22:00》 アタランタ vs ボローニャ トリノ vs ローマ SPAL vs サッスオーロ ベネヴェント vs フィオレンティーナ ミラン vs ジェノア 《25:00》 ウディネーゼ vs ユベントス 《27:45》 ラツィオ vs カリアリ 2017.10.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

引退&退団騒動のカッサーノは家でゴロゴロ…妻から苦情も「俺はサッカーをやめてない」

元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノが19日、イタリア『メディアセット』のテレビ番組に出演し、インタビューに応じた。<br><br>カッサーノは1月に構想外となっていたサンプドリアを退団。7月に、今シーズンからセリエAに昇格したヴェローナへの加入を決めたが、その8日後に現役引退を表明。直後に発言を撤回したものの、結局フィーリングが合わないことを理由にわずか17日で退団した。その後、期限を9月末に設定して移籍先を模索し、オファーが届かない場合は引退すると話していた。<br><br>■幸せになれるクラブを模索?カッサーノが設定した期限は過ぎたものの、カリアリやセリエBエンテッラなど希望していたクラブからのオファーは届かず、現在も無所属のままだ。カッサーノは長時間を自宅で過ごすことで、妻から不満の声が上がっていると説明する。<br><br>「オレが一日中、家にいるものだから、妻からはウザイと言われている。オレはうっとうしいタイプだし、丸一日サッカーを見ているからね」<br><br>そしてなぜ現役でプレーを続けることをやめたのかを問われると、「オレはサッカーをやめていない。自分が幸せになれるチームへ行きたいだけだ」と述べ、1年以上実戦から遠ざかっているものの、まだ引退を決断していないことを強調した。なおカッサーノはこれまで1度だけ、幸せに思えた移籍があったことを明かしている。「インテルから真っ白の契約を提示された時は幸せだった。世界でも最高のクラブだよ」<br><br>■「サッカーをすれば誰でもイケメン」今年、日本代表のDF長友佑都が女優の平愛梨さんと結婚して話題となった。サッカー選手の交際相手もしくは妻に美人が多いことについて、カッサーノは持論を展開している。「ブサイクでもサッカーをやっていればイケメンに映るんだ。金持ちだからね」と述べ、選手としてのステータスが重要であると主張した。<br><br>■メッシへ無限の愛を告白またバルセロナのFWリオネル・メッシをベタ褒めしている。「オレは彼に無限の愛を捧げる。彼は大気圏をも超えるような存在だからね。彼は(ディエゴ・)マラドーナよりもスゴイ選手なんだ。僕が思うにリオネル(・メッシ)が最強選手だよ」と、アルゼンチンの英雄と比較して称賛した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.21 00:30 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース