セリエAに新星現る! ジェノアFWペッレグリ(16)が史上最年少ドッピエッタを達成2017.10.08 00:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアのU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(16)が、2000年以降に誕生した選手として初めて、欧州5大リーグでドッピエッタを記録した。イギリス『BBC』が伝えた。

▽2001年3月17日生まれのペッレグリは、ジェノアのチームマネージャーを務めているマルコ・ペッレグリ氏を父に持ち、同クラブの下部組織でキャリアをスタートさせた。2015年にユースチームからU-17チームへの昇格を果たすと、一足飛びにカテゴリーを駆け上がり、2016年12月22日に行われたセリエA第18節のトリノ戦でデビュー。1937年にアメデオ・アメデイ氏が打ち立てた記録と並び、最年少出場記録タイとなる15歳280日での出場だった。

▽そして、今年5月28日に行われた最終節では、初得点を記録。奇しくもその試合はローマとの対戦であり、キャリアの全てを同じクラブに捧げ、40歳までプレーしたフランチェスコ・トッティ氏のラストゲームでのゴールとなった。

▽プロデビューを昨年飾ったばかりでありながら、印象的なエピソードに彩られているペッレグリが、2017-2018シーズンに入り更なる記録を打ち立てた。第4節のラツィオ戦でベンチメンバーに入った同選手は、前半33分から途中出場。左ウイングに入ると積極的にボールに絡み、2得点をマークしてみせた。16歳112日でのドッピエッタとなり、1931年にシルヴィオ・ピエラ氏が達成した17歳104日での記録を、1年近く更新。これは、セリエA史上最年少記録でもあり、2000年以降に生まれた選手として初めての、欧州5大リーグでのドッピエッタだ。

コメント

関連ニュース

thumb

VARに苦しんだインテル、3度目の正直で難所ルイジ・フェラリスを後半ATに攻略《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節パルマ戦を痛恨の黒星で早くも今季2敗目を喫したインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦ではイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続したい中、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ペリシッチとデ・フライに代えてカンドレーバと負傷明けのダンブロージオを起用した。 ▽今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスでの一戦。[4-2-3-1]を採用したインテルは中盤の2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、カンドレーバと並べた。開始直後、クアリアレッラのバイシクルシュートでゴールを脅かされたインテルは、サンプドリアの圧力を受ける入りを強いられると、11分にもリネティのミドルシュートでゴールに迫られた。 ▽その後も攻撃を牽引するクアリアレッラがオンターゲットのシュートを記録していく中、劣勢のインテルは17分にナインゴランがミドルシュートでチーム初の枠内シュートを記録。 ▽前半半ば以降もサンプドリアの攻勢が続いた中、インテルは34分にヴェシーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、43分に先制しかけた。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のナインゴランがボレー。これがゴール左隅を捉えた。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールとなってしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始5分にインテルがゴールに迫る。右サイドにポジションを変えたカンドレーバがボックス右から左足で放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽インテルが圧力をかける中、56分にはカンドレーバの右クロスにニアのイカルディがヘッド。しかし、枠の右に外れた。劣勢のサンプドリアがプラートとリネティに代えてヤンクトとバレットを投入してきたのに対し、インテルはポリターノに代えてペリシッチを投入した。 ▽すると69分にはカンドレーバの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲。さらにケイタを投入すると、72分にはペリシッチの左クロスをイカルディがヘッド。しかし、わずかに枠の左に外れてしまった。 ▽攻勢を強めるインテルは、クアリアレッラのコントロールシュートで牽制されると、終盤にかけては攻めあぐねる状況が続いた。そこで最後のカードを切り、ナインゴランに代えてボルハ・バレロを投入。83分にはCKの流れからシュクニアルがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽それでも82分、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアサモアが強烈なシュートでネットを揺らす。ついに先制かに思われたが、VARの末に再びノーゴールとなってしまった。89分にはスルーパスに抜け出したデフレルにネットを揺らされたがオフサイドに救われたインテルは、追加タイム4分に劇的弾を挙げる。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったブロゾビッチが胸トラップからボレーシュートを叩き込んだ。 ▽これが決勝点となってインテルが劇的勝利。VARに苦しみながらもリーグ戦今季2勝目を挙げている。 2018.09.23 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ユベントス開幕5連勝なるか

▽チャンピオンズリーグ(CL)前の前節、強豪勢は格下と対戦したが、ユベントス、ナポリ、ラツィオが順当に勝利した一方、インテルが敗戦し、ローマとミランは引き分けた。迎える第5節、CL明けの強豪は再び格下との対戦が組まれている。 ▽C・ロナウドの移籍後初ゴールを含むドッピエッタでサッスオーロを下し、開幕4連勝スタートとしたユベントスは、日曜のナイトゲームにフロジノーネとアウェイで対戦する。水曜に行われたCLバレンシア戦ではC・ロナウドが退場するアクシデントに見舞われた中、ピャニッチのPK2本で白星発進とした。悔しい退場となったC・ロナウドの発奮で、今季未勝利の相手を下し、開幕5連勝となるか。 ▽インシーニェの終盤弾で難敵フィオレンティーナを下して今季3勝目を挙げたナポリは、日曜のランチタイムにトリノとのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦を痛恨のゴールレスドローで終えてしまった中、気持ちを切り替えてユベントス追走となるか。 ▽レンタル移籍中のディ・マルコに強烈ミドル弾を浴びてまさかの敗戦となったインテルは、土曜のナイトゲームにサンプドリアとのアウェイ戦に臨む。早くも今季2敗目を喫した中、CLではトッテナム相手にイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続し、今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスで勝利を収められるか。 ▽キエーボに2点差を追いつかれる痛恨のドローを喫したローマは、ボローニャとのアウェイ戦に臨む。開幕以来勝利から見放されているチームは、CLレアル・マドリー戦では0-3と完敗。ここで勝利を逃せばディ・フランチェスコ監督の進退が危うくなってくるだけに必勝を期したい。 ▽イグアインに移籍後初ゴールが生まれたものの、カリアリに勝ち切れなかったミランは、アタランタとのホーム戦に臨む。ELではイグアインに2試合連続ゴールが生まれて辛勝した中、引き続き新エースの活躍に期待が懸かる。 ▽エンポリに1-0で辛勝し、2試合連続ウノゼロでの勝利を収めて2勝2敗の戦績としたラツィオは、ジェノアとのホーム戦に臨む。 ELでは主力を温存した中、格下にしっかりと勝利して公式戦3連勝とした。良好なチーム状態を維持している中、リーグ戦3連勝となるか。 ◆セリエA第5節 ▽9/21(金) 《27:30》 サッスオーロ vs エンポリ ▽9/22(土) 《22:00》 パルマ vs カリアリ 《25:00》 フィオレンティーナ vs SPAL 《27:30》 サンプドリア vs インテル ▽9/23(日) 《19:30》 トリノ vs ナポリ 《22:00》 ボローニャ vs ローマ ラツィオ vs ジェノア キエーボ vs ウディネーゼ 《25:00》 ミラン vs アタランタ 《27:30》 フロジノーネ vs ユベントス 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ケディラが左大腿部の屈筋損傷で3週間程度の離脱…D・コスタは再検査へ

▽ユベントスは20日、前日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節、バレンシア戦で負傷交代したMFサミ・ケディラとMFドグラス・コスタの2選手に関するメディカルレポートを伝えた。 ▽ユベントスは19日に行われた今季CL初戦のバレンシア戦を2-0で勝利。FWクリスティアーノ・ロナウドの一発退場で数的不利を背負いながらもMFミラレム・ピャニッチの2つのPKによって敵地での初戦を白星で飾った。 ▽しかし、同試合では前半半ばに左足を痛めたケディラ、後半終盤に相手との接触で負傷したドグラス・コスタの2選手が負傷交代を強いられていた。 ▽そして、ユベントスは前述の2選手に関する最新のメディカルレポートを発表。ケディラに関しては左大腿部の屈筋の損傷が確認されたという。一方、ドグラス・コスタに関しては現時点でケガの程度を評価できず、翌日に改めて検査を行う予定であると説明した。 ▽なお、ケディラに関しては3週間程度の離脱を強いられる見込みだ。 2018.09.21 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

珍事!女子“ローマダービー”は、ラツィオのミスでローマが勝利

▽こんなことが実際に起こるとは…。イタリアで行われた女子のコッパ・イタリア、ローマvsラツィオの一戦は、不戦勝によりローマが3-0で勝利することとなった。イタリアサッカー連盟(FIGC)が発表した。 ▽女子のローマダービーとなった一戦は16日に開催。ローマは、ラツィオ相手に2-0で勝利を収めていた。 ▽しかし、19日にFIGCが発表した声明によると、ローマは3-0で不戦勝となることが決定。その理由が以外なものだった。 ▽FIGCの発表によると、ラツィオが選手の交代枠を誤り、79分に4人目の選手を交代させていたことが原因。この試合は、ローマが3-0で勝利に変更された。 2018.09.20 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

イカルディの契約延長はいつに?

▽インテルはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の契約延長が難航しているようだ。イタリア『コリエーレ・デラ・セラ』をもとに『フットボール・イタリア』が引用して伝えた。 ▽インテルとの契約が2021年までのイカルディは、以前から契約延長が取りざたされている。しかし、妻で代理人のワンダ・ナラ氏と交渉が難航し未だ契約延長には至ってはいない。 ▽今回の報道では、インテルはイカルディに対し2023年までの契約延長と、契約解除金を1億1000万ユーロ(約144億円)から1億3000万ユーロ(約170億円)に引き上げる新契約を用意しているという。同選手に関心を持っているとされるマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブを全く寄せ付けない構えだ。 ▽しかし、インテルとイカルディ側には、希望する年俸に差がある模様。650万ユーロ(約8億円)を用意しているインテルに対し、選手サイドは800万ユーロ(約10億円)を要求しているようだ。 2018.09.20 17:03 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース