東京V、U-18日本代表MF藤本寛也のトップチーム昇格&日体大GK長谷川洸の加入内定を発表2017.10.07 20:11 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは7日、東京ヴェルディユースに所属するU-18日本代表MF藤本寛也(18)の来季からのトップチーム昇格と、日本体育大学のGK長谷川洸(22)の来季からの加入内定を発表した。

▽東京ヴェルディジュニアから緑の名門に在籍する生え抜きの藤本は、正確な左足のテクニックと卓越したプレービジョンを誇るプレーメーカー。U-15チームから常に世代別日本代表の主力を担ってきた超逸材は、今シーズンからトップチームに2種登録され、智将ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督も大きな期待を寄せている。

▽一方、東京ヴェルディユースから日本体育大学に進学した長谷川は、今年8月に行われた第29回ユニバーシアード競技大会・台北大会に臨むユニバーシアード日本代表のバックアップメンバーに選出されるなど、大学サッカー界屈指のGK。東京Vでは2015年と2016年の2シーズンに渡って特別指定選手として在籍していた。

▽来季からの東京V加入が内定した2選手はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

◆藤本寛也
「東京ヴェルディユースの藤本寛也です。来季からトップチームに昇格することが決まりました。自分の目標だったプロサッカー選手になることができて、とても嬉しいです。チームの勝利に貢献できるように日々努力していきます。応援よろしくお願いします」

◆長谷川洸
「来シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました長谷川洸です。小さい頃からヴェルディファンで、ずっと応援していたチームでプロ生活をスタートできることに、大きな喜びを感じています。ヴェルディのスタッフの皆さんをはじめ、今までお世話になった指導者の方々、チームメイト、そして常に支えてくれて、サッカーができる環境を僕に与え続けてくれた家族に感謝の気持ちで一杯です。これからも常に向上心を忘れずに、プロとしての自覚を持ってヴェルディのために頑張っていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

東京V、乾の古巣エイバルと戦略的協定締結! 要因はスペインでの認知度向上

▽東京ヴェルディは11日、リーガエスパニョーラのエイバルと戦略的協定を締結することが決定したことを発表した。 ▽今回東京Vとエイバルは2年間の戦略的協定を締結。双方のクラブのサッカー部門、マーケティング部門、女子サッカー部門、eスポーツ部門の強化を目的としている。直近の取り組みとしては東京Vの代表者が7月に現地を訪れて、エイバルのプレシーズンスタートを視察する予定となっており、この訪問を皮切りに、日本とスペインにおける両クラブの発展を目指しているようだ。 ▽東京Vを率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はスペイン出身。ヘッドコーチにはイバン・パランコ・サンチアゴ氏、フィジカルコーチにトニ・ヒル・プエルトを迎えている。ロティーナ監督の日本での活躍は現地でも報じられ、スペインとのつながりでチーム強化を図る東京Vの名前がスペイン国内でも認知されたことで今回の協定締結につながったことを説明している。 ▽Jリーグクラブとリーガ・エスパニョーラのクラブ間初の国際協定を結んだ東京Vの羽生英之代表取締役社長と、エイバルのパトリシア・ロドリゲスCEOは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆羽生英之代表取締役社長(東京ヴェルディ) 「この度は、日本とスペインのクラブ間で初めて協定を締結することができ、非常に嬉しく思っています。我々は昨シーズン、スペインからロティーナ監督とイバンコーチを招聘しました」 「現在、ふたりがスペインで培ってきたプレーモデルをベースにした先進的フットボールに取り組んでおり、まさにスペインのエッセンスを採り入れながらチームを強化している真っ只中にいます。そうした時期に、スペインのラ・リーガ1部で戦うクラブと協定を締結できることは、競技面でもビジネス面でも大きなメリットがあると信じています。SDエイバルはロティーナ監督の故郷があるバスク州に本拠地があり、その点でも縁を感じています」 「SDエイバルは古い歴史を持ちながらも、ビッグクラブが多いラ・リーガの中では地方の小さいクラブかもしれません。しかし、2014年にクラブ史上初の1部昇格を成し遂げてからピッチ内外で様々な施策を講じ、ビッグクラブと伍して1部に残留し、常に成長を続けている稀有なクラブでもあります。彼らと同じように我々も、経営規模が決して大きくない市民クラブであり、協定締結に向けた作業の中で、同じビジョンを共有できると確信しました。両者が持つクラブ運営の知見を共有し、ともに継続的な成長を実現していきたいと思います」 ◆パトリシア・ロドリゲスCEO(エイバル) 「我々SDエイバルは今回の協定締結を契機に、東京ヴェルディの強みを学び、日本のサッカークラブ、日本の文化についての知見を深め、これまで以上に日本サッカーへのコミットメントを強化したいと考えます。さらにエイバルがこれまで培ってきた経験やビジネスモデルを共有することで、両クラブのさらなる発展、また、両国のサッカーの質を高めるための相乗効果へとつなげていきたいと考えます」 「今回のパートナーシップは、ラ・リーガとJリーグ間で昨年締結されたパートナーシップをさらに強固なものにし、日本の首都である東京にとってバスク文化がより身近なものとなることを期待しています」 「私たちは同じ価値観とビジョンを共有でき、さらに日本でもっとも伝統のある東京ヴェルディを選択しました。東京ヴェルディは、アジアでもっとも優れた普及・育成活動に取り組んでおり、さらに女子サッカー界においてももっとも先進的なチーム作りを行っているクラブです。これらの取組は、エイバルにとっても重要事項であり、東京ヴェルディとエイバルはともに同じゴールを目指すことができると考えています」 ▽エイバルは2014-15シーズンから初めてスペイン1部リーグで戦うバスク州にあるクラブ。昇格初年度こそ残留争いに巻き込まれたが、翌シーズンから徐々に順位を上げ、クラブ史上初の昇格以降、残留し続けている。日本代表MF乾貴士は2015年に加入。2018年6月にベティスへの移籍が発表されたが、乾退団後も日本との繋がりを維持することとなった。 2018.07.11 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

山口、東京VからMF高井和馬を完全移籍で獲得! ルーキーイヤーの昨季はJ2で10発

▽レノファ山口FCは10日、東京ヴェルディからMF高井和馬(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「50」を着用する。 ▽2017年に日本体育大学からザスパクサツ群馬に入団した高井は、2017年の明治安田生命J2リーグで39試合10ゴールを記録。2018年には東京Vに加入したが、今シーズンの出場数はここまでJ2リーグの3試合、天皇杯の1試合にとどまっていた。 ▽山口への完全移籍を決断した高井は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆レノファ山口 「東京ヴェルディから移籍してきました高井和馬です。感謝の気持ちを持って、チームの目標に向かって精一杯プレーします。よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「レノファ山口FCに移籍することになりました。サッカー選手として、まだまだ上に行く、もっと上手くなりたい、という思いが強く決断しました。短い間でしたが、ありがとうございました」 2018.07.10 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

東京Vが神戸FWレアンドロを完全移籍で獲得「全ての情熱を捧げる」

▽東京ヴェルディは5日、ヴィッセル神戸からブラジル人FWレアンドロ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽コリンチャンスやナシオナル、サンパウロなどブラジル国内でプレーしていたレアンドロは、2005年に大宮アルディージャに移籍。2005年にモンテディオ山形へ移籍すると、2007年に神戸へと移籍。2009年にはガンバ大阪でプレーした。 ▽その後、カタールのアル・サッド、アル・ラーヤンでプレーすると、2012年にG大阪に復帰。2014年からは柏レイソルでプレーすると、2015年途中から神戸に復帰していた。 ▽しかし、2017年はケガの影響もありシーズンを棒に振ると、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで1試合出場1得点と結果を残せていなかった。レアンドロはクラブを通じてコメントしている。 「伝統と歴史のあるクラブ、東京ヴェルディの一員になれることに、大きな幸せを感じています。目の前の試合での勝利、目標であるJ1昇格を達成するために、最大限の努力を惜しまず、全ての情熱を捧げることを約束します。どうぞよろしくお願いいたします」 ▽また、通算6シーズンプレーした神戸を通じてもコメントファン・サポーターへの感謝を口にしている。 「幸せな時間、辛い時間、多くの時間を共に過ごし、戦ってくれたサポーターの皆様、選手として同じ時間を共有した仲間、そしてクラブに関わる全ての方々に感謝いたします。これからは皆様と別々の道を歩むことになります。僕の人生で特別な時間を過ごし、愛した「神戸」を離れるという決断は、とても難しいものでした。ですが、心を決めた今は、次のクラブでも必ず成功できると強く信じています。ヴィッセル神戸をはじめ、ヴィッセル神戸に関わる全ての方々に素晴らしい未来が訪れますように。本当にありがとうございました」 2018.07.05 11:42 Thu
twitterfacebook
thumb

東京Vと契約解除のカルロス・マルティネスがスペイン3部のエルクレスに加入

▽セグンダB(スペイン3部)に所属するエルクレスは3日、スペイン人FWカルロス・マルティネス(31)を獲得した。契約期間などは明かされていない。 ▽カルロス・マルティネスは、UDAグラマネート、テッラーサFC、UEオロトとスペインのクラブでプレー。2015年7月からビジャレアルBでプレーし、2016-17シーズンはスペイン3部で38試合に出場し20ゴールを記録した。 ▽その後、2017年の夏に東京ヴェルディに加入すると、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで19試合に出場し1得点をマーク。今シーズンはここまで10試合に出場し1得点を記録していたが先月、家族の事情により双方合意の上で東京Vと契約を解除していた。 2018.07.05 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

28分間の再開試合で岡山の猛攻を耐え抜いた東京Vが4連勝で昇格PO圏内の6位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節、ファジアーノ岡山vs東京ヴェルディの再開試合が27日にシティライトスタジアムで行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。 ▽5月18日に行われた試合は開始20分にFW藤本のプロ初ゴールで東京Vが先制して前半を1点リードで折り返すも、62分に雷雨の影響で試合途中に中止が決まり、約1カ月後に同時間帯からの再開試合となった。 ▽前回対戦時の先発からのメンバー変更では岡山に変更はなかったが、東京Vは負傷の若狭に代わって畠中が入り、中断前の60分に交代していた藤本に代わってそのまま田村が起用された。また、ベンチメンバーでは岡山はU-19日本代表招集中の阿部に代わって後藤、東京Vは畠中の先発繰り上げ、契約解除のカルロス・マルティネスに代わって内田、アラン・ピニェイロが新たに登録された。 ▽62分、岡山の左CKで再開された試合はいきなり見せ場が訪れる。CKの二次攻撃から右サイドに流れたボールを拾い仲間がグラウンダーのクロス。これを齊藤が右足ボレーで合わせるが、枠の右隅を捉えたシュートはGK上福元がビッグセーブで防ぐ。 ▽その後もパワープレーとロングスロー、セットプレーから東京Vを自陣深くに押し込んだ岡山は齊藤のヘディングシュートなどでゴールに迫るが、相手のブロックなどに阻まれて同点ゴールとはならない。 ▽岡山ペースが続く中、選手交代で戦況への変化を試みる両ベンチ。岡山は79分に大竹、86分には武田、リカルド・サントスと攻撃的なカードを切る。一方、東京Vは内田、アランの投入で高さと守備の強度を加える。 ▽4分のアディショナルタイムを含めて最後まで猛攻を見せた岡山だったが、GK上福元を中心とする東京Vの堅守をこじ開けられず、試合はこのままタイムアップ。再開前の藤本のプロ初ゴールを泥臭く守り切った東京Vは4連勝で昇格プレーオフ圏内の6位に浮上。一方、猛攻実らず敗れた岡山は5戦未勝利となった。 2018.06.27 20:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース