シャルケが昨シーズン限りで退団した元ドイツ代表DFリーターと再契約2017.10.07 16:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは6日、昨シーズン限りでチームを退団していた元ドイツ代表DFサシャ・リーター(34)の復帰を発表した。契約期間は2018年6月30日までとなる。

▽リーターは、フライブルクの下部組織出身で、ヴォルフスブルクやケルン、フルアムなどでプレー。2015年7月にシャルケへと加入していた。シャルケでは公式戦29試合に出場。ブンデスリーガでは248試合に出場し10ゴール15アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス第4節プレビュー】久保vs浅野&原口、シャルケvsバイエルン開催

▽前節はバイエルンがレバークーゼンを撃破して開幕3連勝とし、大迫と久保の日本人対決はドロー決着に終わった。迎える第4節は久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決やシャルケvsバイエルン、ホッフェンハイムvsドルトムントのCL出場チーム対決が行われる。 ▽まずは日本人対決から。大迫ブレーメンとの日本人対決を後半追加タイム弾で追いついてドローに持ち込んだ久保のニュルンベルクだが、今季未勝利が続く。開幕3試合連続フル出場中の久保だが、ブレーメン戦ではチームが押し込まれたこともあり、見せ場は作れなかった。そろそろ目に見える結果が欲しいところだが、浅野&原口の代表の先輩の前で移籍後初弾となるか。 ▽一方、ヴェルナーの2発でライプツィヒに打ち負けたハノーファーも未勝利となっている。開幕3試合連続スタメン中の浅野はライプツィヒ戦では幾つかゴールに迫るシーンがあったが決め切れず。前節途中出場の原口は見せ場を作れなかった。こちらもそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、久保の前でゴールとなるか。 ▽続いてシャルケvsバイエルン。前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、CLポルト戦では2つのPK献上がありながら1-1で引き分けた。なかなか浮上のキッカケを見出せない中、バイエルンから勝ち点をもぎ取ることはできるか。古巣対決となるルディにも注目だ。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、不調の相手を叩いて開幕からの連勝を4に伸ばしたい。こちらは古巣対決となるゴレツカに注目だ。 ▽そして、ホッフェンハイムvsドルトムント。前節はデュッセルドルフに敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCLに臨んだシャフタール戦では逃げ切れず2-2で引き分けた。ドルトムントに勝利して戦績を五分に戻せるか。 ▽一方、アルカセルの移籍後初ゴールなどでフランクフルトに快勝したドルトムントは、CLクラブ・ブルージュ戦では終盤の幸運弾で辛勝した。クラブ・ブルージュ戦で今季初出場を果たした香川は試合の流れを好転させる働きを見せ、ファブレ監督へのアピールに成功している。戦力外に近い形から這い上がりつつある香川だが、ホッフェンハイム戦でも出場のチャンスを得られるか。 ▽その他、2戦連発はならなかったブレーメンの大迫はアウグスブルクとのアウェイ戦を、リーグ戦ではスタメン落ちが続いているものの、ELではDFLスーパーカップ以来となるフル出場を果たしたフランクフルトの長谷部はライプツィヒとのホーム戦を、前節今季初のベンチ入りを果たしたデュッセルドルフの宇佐美はシュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第4節 ▽9/21(金) 《27:30》 シュツットガルト vs デュッセルドルフ ▽9/22(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク アウグスブルク vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ホッフェンハイム vs ドルトムント ニュルンベルク vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs バイエルン ▽9/23(日) 《22:30》 レバークーゼン vs マインツ 《25:00》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元アメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズが現役引退

▽元アメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズ(36)が7日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ▽ドイツ生まれのフィジカルに長けたセントラルMFのジョーンズは、フランクフルトやレバークーゼン、シャルケで活躍後、2014年夏から父親の母国であるアメリカでプレー。ニューイングランド・レボリューション、コロラド・ラピッズ、ロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしていた。 ▽2008年2月には母親の母国であるドイツで代表デビューを飾っていたが、2009年6月にアメリカ代表でのプレーを選択。アメリカ代表では通算69試合に出場して4ゴールをマークし、2014年ブラジル・ワールドカップでは4試合に出場して1ゴールを決めていた。 ▽ジョーンズはインスタグラムで次のようにコメントしている。 「18年間のプロキャリアに別れを告げる。次のキャリアをスタートさせるため2~3カ月を要したが、明確なビジョンがある。これまで一緒に戦ってくれた全てのチームメート、監督、スタッフに感謝したい。そして僕を支えてくれた全てのファンにお礼を言いたい」 2018.09.08 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

低調シャルケ、カリジウリのPK失敗も響いて連敗スタート《ブンデスリーガ》

▽シャルケは2日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗戦した。 ▽開幕節のヴォルフスブルク戦を追加タイム被弾で1-2と競り負け黒星スタートとなったシャルケは、ヴォルフスブルク戦のスタメンから4選手を変更。ブルクシュタラー、アリ、セルダー、出場停止のナスタシッチに代えてエンボロ、コノプリャンカ、ベンタレブ、新戦力のルディを起用した。 ▽開始早々、レキクが足を痛めてディロルスンが投入されたヘルタに対し、3トップに右からエンボロ、ウート、コノプリャンカと並べる[4-3-3]で臨んだシャルケは12分、PKを獲得する。セットプレーの流れからボックス内のグルイッチがハンドを犯した。しかし、キッカーのカリジウリはシュートを枠の左に外してしまう。 ▽すると15分、シャルケはが失点する。マッキーニーがディロルスンに入れ替わられてラストパスを送られると、ボックス中央のドゥダにシュートを決められた。 ▽失点したシャルケが前がかる展開となる中、シャルケは28分にコノプリャンカがカットインシュートを浴びせるも、34分に大ピンチ。ババとS・サネの連係ミスからカルーの独走を許した。だが、GKフェールマンがカルーとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスがなく、ヘルタの1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も前がかるシャルケは、51分にルディに代えてセルダーを投入。さらに57分にはエンボロに代えてブルクシュタラーを投入するも、ヘルタの守備ブロックを全く崩せない状況が続く。 ▽時間だけが経過する中、73分にテデスコ監督は最後のカードを切り、ババに代えてアリを投入した。しかし、最後までヘルタの守備を攻略できず、追加タイム3分のウートの枠内シュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれると、試合終了間際にはカウンターを受けてコノプリャンカが決定機を阻止し、一発退場となってしまう。 ▽そして、このプレーで与えたFKをドゥダに直接決められて低調なまま0-2で敗戦。開幕2連敗スタートとなった。一方、勝利したヘルタは2連勝スタートとなっている。 2018.09.03 02:59 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケ、バイエルンから移籍金約20億円でドイツ代表MFルディ獲得!

▽シャルケは27日、バイエルンからドイツ代表MFセバスティアン・ルディ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間で背番号は「13」になる見込みだ。なお、移籍金については明かされていないが、ドイツ『キッカー』によると1600万ユーロ(約20億円)とのこと。 ▽シュツットガルト下部組織出身のルディは、2003年8年にトップチーム昇格。その後、ホッフェンハイムを経て、2017年7月にバイエルンへ加入した。昨シーズンは公式戦35試合1ゴール5アシストを記録したものの、途中出場が多く主力の座を確保するには至らなかった。 ▽シャルケへの加入が決定したルディは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クラブが進むだろう道を信じているし、その一部になりたいと思う。そしてシャルケの雰囲気とファンをとても楽しみにしている」 ▽また、ドメニコ・テデスコ監督は、ルディ獲得への喜びを以下のように語っている。 「セバスティアンを獲得し、ここシャルケで我々が進むべき道を共に歩めることを嬉しく思う。大変賢いプレーをし、技術的にも優れ、既に国際舞台でその能力を証明している選手を獲得することができた。そのクオリティーの高さと豊富な経験で、彼は若い選手の多いこのチームを更に充実させ、我々の助けになると確信している」 2018.08.28 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

左SB受難のアーセナルはメンディル獲得まであと一歩だった…獲得したシャルケSDも認める

▽今夏リールからシャルケに加入したモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)だが、アーセナル行きにあと一歩のところまで迫っていたようだ。ドイツ『sport.de』が報じた。 ▽リール、そしてモロッコ代表で左サイドバックを務めるメンディルは、17日にシャルケへの完全移籍が発表。2023年6月30日までの5年契約を結んでいる。 ▽しかし、今夏シャルケよりも獲得に迫っていたのはアーセナル。しかし、労働許可の問題が解決できずに移籍手続きが間に合わず、破談となっていた。シャルケのクリスチャン・ハイデルSD(スポーツ・ディレクター)もその可能性を認めており、「彼はアーセナルに行っていたと思う」とコメントしている。 ▽アーセナルは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツがシーズン開幕前に負傷し全治10週間と診断。開幕戦で左サイドバックとして出場したU-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが腓骨骨折で最大8週間の離脱。第2節で復帰を果たしたものの、スペイン代表DFナチョ・モンレアルも負傷しており、アーセナルは左サイドバックの補強を検討。メンディル獲得は願ってもいないものだった。 ▽しかし、今シーズンのプレミアリーグはシーズン開幕前に移籍市場が閉鎖。その結果、アーセナルはメンディルの獲得を諦めざるを得ない結果となった。一方のシャルケは、そのルールのお陰でメンディル獲得に成功。移籍期間のリーグ間差が出る結末となった。 2018.08.21 11:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース