バイエルンが名伯楽ハインケスを新指揮官に招へい! 4年半ぶりの監督業復帰で通算4度目の指揮に2017.10.06 23:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは6日、ユップ・ハインケス氏(72)が今季終了までの契約で指揮官に復帰することを発表した。ハインケス氏は9日から正式にチームを指揮することになる。

▽バイエルンのカールーハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は、ハインケス氏の招へいを決めた理由に関して以下のように語っている。

「バイエルンとハインケスの間には素晴らしい信頼関係がある。ウリ・ヘーネスとハサン・サリハミジッチ、私との会談の中でそれを示してくれた。ユップが我々のトップチームの指揮官を引き受けてくれたことに、非常に感謝している。同時に現時点で彼こそがバイエルンにとって理想的な人物なんだ」

▽さらに、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は、「ユップ・ハインケスは人心掌握と戦術のスペシャリストだ。そして、我々は現時点で彼こそがチームを成功に導き、目標を達成するために最も適した人物であると確信している」と、ハインケス氏の招へいが現時点で最高の選択肢であることを強調した。

▽また、バイエルンを指揮した2012-13シーズン限りで監督業から勇退していたハインケス氏は、バイエルンとの特別な絆こそが監督業復帰を決断した大きな理由であると語っている。

「世界の他のクラブなら戻らなかったよ。バイエルンはいつでも私の心にある。私のコーチングチームと私はファンに再び成功をもたらすために全力を注ぐつもりだ。この仕事が楽しみだよ」

▽先月27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦で0-3と惨敗したバイエルンは翌日、カルロ・アンチェロッティ監督を解任。その後は暫定指揮官として、アシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョル氏がチームを率いていた。

▽後任候補には元ドルトムント指揮官のトーマス・トゥヘル氏や数々のトロフィーを獲得してきた元バイエルン指揮官でもあるルイス・ファン・ハール氏の名前が挙がっていたが、クラブ幹部は2012-13シーズンにCL、ブンデスリーガ、DFBポカールのトレブルを達成した手腕に加え、これまで3度に渡ってクラブを率いた経験を持つなど、バイエルンのすべてを知り尽くす老将の下で立て直しを図ることを選んだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レヴィ弾でケルンを撃破のバイエルンがリーグ3連勝で首位を快走!!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節のバイエルンvsケルンが13日にアリエンツ・アレーナで行われ、1-0でバイエルンが勝利した。ケルンの大迫は体調不良でベンチ外となった。 ▽首位に立つバイエルンが、ホームに最下位のケルンを迎えた一戦。3日前に行われたフランクフルト戦を辛勝したバイエルンは、その一戦から先発を4人変更。ハメス・ロドリゲスやコマン、キミッヒらに代えてビダルやトリッソ、アラバを先発で起用した。 ▽前線にミュラー、レヴァンドフスキ、リベリと並べた [4-3-3]の布陣で試合に臨んだバイエルンは、立ち上がりからポゼッションでケルンを圧倒すると、13分に決定機。リベリがゴール前に浮き球のパスを供給すると、これで抜け出したミュラーがゴール左からシュートを放ったが、これはGKホルンの好セーブに阻まれた。 ▽さらに15分には、アラバの左CKをジューレがヘディングシュートで合わせるも、これは枠の上。その直後には、ラフィーニャからのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス右手前から狙ったが、シュートはGKホルンのセーブに防がれた。 ▽猛攻を続けるバイエルンは、38分にもジューレのロングパスでゴール右に抜け出したミュラーが頭で合わせたが、これはゴール右に逸れる。結局、バイエルンはボックス中央を固めて守るケルンの牙城を崩し切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、バイエルンはトリッソとビダルを下げてハメスとコマンを投入する2枚替えを慣行。すると60分、J・ボアテングがボックス内にロングパスを送ると、ミュラーが頭で落とし、最後はレヴァンドフスキが左足で流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくバイエルンは66分、J・ボアテングの右クロスをボックス内のコマンが叩きつけるヘディングシュートで合わせるも、このシュートはクロスバーを直撃。さらに85分、ボックス右からカットインしたハメスが左足のコントロールシュートでゴールを脅かしたが、これはGKホルンのセーブに阻まれる。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。レヴァンドフスキ弾で最下位ケルンを下したバイエルンは、リーグ戦3連勝で首位を快走している。 2017.12.14 06:42 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループB総括】本命のPSGとバイエルンが余裕の突破

▽本命のパリ・サンジェルマンとバイエルンが2試合を残してグループステージ突破を決める順当過ぎる結果に終わったグループB。セルティックとアンデルレヒトは2強に立てつくことができなかった。 ■グループB順位表■ [勝ち点/得失点] 1:パリ・サンジェルマン[15/21] 2:バイエルン[15/7] 3:セルティック[3/-13] 4:アンデルレヒト[3/-15] ◆GS最多得点記録更新でバイエルンを上回り首位通過~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマールとムバッペを加えて欧州最高峰の攻撃陣となったPSGは、2戦目のバイエルン戦を3-0と快勝。圧巻の破壊力を見せ付けると、2試合を残して突破を確定させた。5試合目までに奪ったゴール数は24を数え、昨季のドルトムントが作った21ゴールのグループステージにおける最多ゴール記録を更新した。ただ、4点差以上での大敗を喫しなければ首位通過が決まる最終節のバイエルン戦で1-3と完敗し、エメリ監督の解任報道が出る事態となったのは決勝トーナメントに向けて不安材料だ。 ◆ハインケス就任でV字回復~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_57_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2戦目でPSGに0-3と完敗し、アンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルン。結果的にこの判断が奏功することとなった。2011-12シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督は抜群の人心掌握術を発揮し、チーム状態をV字回復させた。守護神ノイアーやチアゴ、リベリら一部主力を負傷で欠いたものの、トリッソやジューレ、ハメス・ロドリゲスら新戦力をチームにフィットさせたことで大幅な戦力ダウンには陥らなかった。PSG同様、2試合を残してグループステージ突破を決め、最終節のPSG戦では3-1と快勝。逆転での首位通過こそならなかったが、しっかりとリベンジを果たした。 ◆辛くもELへ~セルティック~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_58_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季同様、厳しいグループに組み込まれたセルティックは本命の2チームに太刀打ちできなかった。PSGには2試合で12ゴールを叩き込まれる惨敗を喫し、バイエルンにはホームで1-2と善戦したものの、2連敗に終わった。アンデルレヒトとは1勝1敗となったが、ゴール数で上回り、辛くもヨーロッパリーグに回る権利を得た。 ◆最後に1勝~アンデルレヒト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_59_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年ぶりのCL参戦となったベルギー王者は見せ場なく今大会を終えた。PSGとバイエルンにとって安牌な存在でしかなかったアンデルレヒトは、ELを懸けた最終節でセルティックに何とか1勝を挙げるのが精いっぱいだった。 2017.12.13 18:01 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、来夏で満了を迎える“ロベリー”との契約交渉は春先に実施へ

▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、来年6月に契約が切れる元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)と元フランス代表MFフランク・リベリ(34)との交渉についてコメントした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽2009-10シーズンにレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、昨季までの8シーズンで公式戦251試合128ゴールをマーク。今シーズンもリーグ戦で11試合4ゴールとパフォーマンスを維持している。 ▽一方、2007-08シーズンにマルセイユからバイエルンに加入したリベリは、昨季までの10シーズンで公式戦347試合125ゴール。しかし今シーズンは負傷の影響もありリーグ戦で7試合出場でノーゴールに留まっている。 ▽両者はともに2018年6月までの契約となっている。そんな中、ルンメニゲCEOは、両選手がチームにとって重要な選手だとしながらも、契約に関する交渉はまだ先になることを明かした。 「フランクもアリエンも偉大な歴史を持った人物たちであり、我々にとって重要な選手だ。しかしまずは彼らがどういう決断をするのかを知りたい。近い将来、先のことに関する交渉を行うことは事実だ。早くて春先になるだろうね」 ▽なお、ロッベンは今シーズン限りでの現役引退を示唆。一方のリベリは、アリアンツ・アレーナでプレーを続けたいと考えているようだ。 2017.12.13 16:29 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神の離脱が相次ぐも…バイエルンはドイツ代表GKの獲得報道を一蹴「何の根拠もない」

バイエルンはレバークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノの獲得に動いていないようだ。クラブはドイツ紙『ビルト』の報道を「何の根拠もない」と一蹴した。<br><br>バイエルンはキーパー陣のやりくりに苦しんでいる。長期離脱を強いられる正守護神マヌエル・ノイアーのほか、控えGKのスヴェン・ウルライヒや若手のクリスティアン・フリュヒテルも離脱中。9日のフランクフルト戦はベテランのGKトム・シュタルケがゴールマウスを守っている。<br><br>『ビルト』は先日、バイエルンはそのため今冬にもレノの獲得に乗り出す模様だと伝えていた。しかし、バイエルン側はそれを強い口調で否定。声明で「この報道には何の根拠もない」と伝え、同紙に対して「法的処置を取る」とも強調した。<br><br>当初は今シーズン後半戦に復帰する見通しとなっていたノイアーだが、現時点ではその時期は具体的に伝えられておらず不透明となっている。本人も最近、「ワールドカップには出場できる」としか語っていないことも今回の噂話につながったのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 06:04 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、肺炎で来年1月半ばまで離脱…ブンデスリーガ最下位ケルンにさらなる打撃

ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也は肺炎のため、来年1月半ばまでの離脱を強いられるようだ。シュテファン・ルーテンベック監督が12日の会見で明かしている。<br><br>出場停止のため欠場した前節フライブルク戦までほとんどすべての公式戦に出場してきた大迫だが、今後しばらく不在となるようだ。ルーテンベック監督は12日、翌日のバイエルンとのアウェイマッチに向けた会見で、「彼は肺炎になってしまった」と明かしている。<br><br>地元紙『エクスプレス』によれば、「これにより大迫は1月半ばまで離脱することになる」という。従ってバイエルン戦をはじめ、16日の第17節ヴォルフスブルク戦(ホーム)や19日のDFBポカール3回戦のシャルケとのアウェイマッチを欠場することになる。加えて大迫は1月14日のボルシアMG戦(ホーム)、同20日のハンブルガーSV戦(アウェイ)の出場も回避することになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 22:58 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース