コロ・トゥーレがコートジボワール代表のアシスタントコーチに就任!2017.10.06 15:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コートジボワールサッカー連盟(IFF)は5日、元コートジボワール代表DFコロ・トゥーレ氏(36)がコートジボワール代表のアシスタントコーチに就任したことを発表した。

▽昨シーズン終了後にセルティックとの契約が終了したコロ・トゥーレ氏は、先月15日に現役引退を発表すると共に、セルティックのテクニカルコーチに就任した。

▽そして、指導者としてのキャリアを歩み始めたコロ・トゥーレ氏は、その翌月にマルク・ヴィルモッツ監督の副官として母国のフル代表を支えることになった。なお、同氏はフル代表と共にコートジボワールのU-23代表チームのアシスタントコーチも兼任することになる。

▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選のグループCで2位モロッコ代表と勝ち点1差の首位に立つコートジボワールは、6日に最下位マリ代表戦、翌月の6日にモロッコとの大一番を控えている。その重要な2戦に向けて代表通算118キャップを誇るレジェンドの入閣は、心強い限りだ。

コメント

関連ニュース

thumb

やっちまったドゥンビア…CLバルサ戦での“ダイブ”で手痛いペナルティ受ける

▽スポルティング・リスボンに所属するコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビアが、先日のバルセロナ戦で行った“ダイブ”によって、手痛いペナルティを受けることになった。イギリス『BBC』が報じている。 ▽かつてJリーグの柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーしていたドゥンビアは今季、ローマからのレンタル移籍という形でスポルティングに在籍。先月27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)では、強豪バルセロナとの試合に先発出場した。だが、同試合の前半終了間際にボックス内でPKを獲得するために“ダイブ”を行った同選手は、主審にシミュレーションを取られた挙句、同プレーで負ったケガによって負傷交代を強いられていた。 ▽その後、ドゥンビアの詳しいケガの状態に関しては明かされていなかったが、コートジボワール代表を率いるマルク・ヴィルモッツ監督は4日に行われた会見の場で、同選手が足の腱を損傷しており、2カ月ほどの離脱となることを明かした。 ▽ドゥンビアは、今回の負傷によってマリ代表、モロッコ代表との重要なロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選の2試合を欠場すると共に、スポルティングでもCLや国内リーグの重要な数試合を欠場することになる見込みだ。 2017.10.05 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

コートジボワールとのPK戦制したイングランドが2年連続6度目の優勝!《トゥーロン国際大会2017》

▽トゥーロン国際大会2017決勝のU-18イングランド代表vsU-20コートジボワール代表が10日に行われ、1-1のドローで80分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-3で制したイングランドが2年連続6度目の優勝を決めた。 ▽U-19日本代表と同じグループAを全勝通過したイングランドは、準決勝でU-20スコットランド代表を3-0で破り、決勝進出を果たした。一方、開催国U-20フランス代表と同居したグループCを2勝1分けで首位通過したコートジボワールは、準決勝でU-19チェコ代表を破り、ファイナルの切符を手にした。 ▽試合は立ち上がりからイングランドが押し込む時間が続くが、最初の決定機はコートジボワールに訪れる。10分、右CKの場面でゴール前のロバがバイシクルシュートを狙うが、わずかに枠を外れる。 ▽対するイングランドは12分、左サイドからのクロスのこぼれ球をブルックスが左足ボレーで合わすが、わずかに枠の左に外れた。最初の決定機を逸したイングランドだったが、直後の14分にショートカウンターから左サイドに抜け出したブルックスが左足を振り抜くと、強烈なシュートがネットを揺らした。 ▽先制を許したコートジボワールだが、すぐさま反撃を開始。失点直後には相手GKのキックミスを高い位置で奪ったダコイが無人のゴールへシュートを狙うが、これはわずかに枠を外れた。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、前半終盤にイングランドに絶好の決定機。前半アディショナルタイム、ボックス内で仕掛けたブルックスが相手DFに倒されてPKを獲得。だが、キッカーのハーストが右を狙ったシュートは相手GKに完璧に読まれて失敗。前半のうちに引き離すことができなかった。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うコートジボワールが序盤からッリスクを冒して攻撃に出る。61分にはクラッソが際どいシュートを放つが、相手GKのセーブに遭う。 ▽その後、互いに積極的な選手交代で試合の流れを変えに行くが、ゴール前に人数をかけるコートジボワールが、相手陣内でハーフコートゲームを展開。だが、日本戦を再現するかのように最後の局面で粘り強い対応を続けるイングランドを崩し切れない。それでも、諦めずに攻め続けるコートジボワールは、後半アディショナルタイムにPKを獲得。これをキッカーのロバが冷静に決め、土壇場で追いついた。 ▽結局、80分間の戦いで決着は付かず、勝敗はPK戦に委ねられることになった。このPK戦では共に3人目まで全員が成功した中、4人目では先攻のイングランドが成功したものの、後攻のコートジボワールは4人目のキッカーのラザレがGKに止められて痛恨の失敗。そして、イングランドの5人目となったヴィエイラが冷静に左隅へ蹴り込んで勝負あり。激闘となったコートジボワールとの決勝を制したイングランドが大会連覇を決めた。 ▽また、同日行われたスコットランドとチェコの3位決定戦は、3-0で快勝したスコットランドが今大会3位フィニッシュを果たした。 2017.06.11 02:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルなどで活躍した元コートジボワール代表MFティオテが急死…週末のリーグ戦では勝利に貢献

▽中国2部リーグの北京控股に所属する元コートジボワール代表MFシェイク・ティオテ(30)が、5日に行われた練習後に亡くなったことをクラブの公式サイトが発表した。 ▽2010年にトゥベンテからニューカッスルへ加入したティオテは、中盤のダイナモとして在籍6シーズン半で公式戦156試合に出場。北京控股へ移籍した今シーズンもここまでリーグ戦11試合に出場。週末に行われた試合にも出場し、4-2の勝利に貢献していた。 ▽公式サイトによると、ティオテは5日の練習中に突然倒れ、病院に搬送されたものの、そのまま帰らぬ人となったようだ。死因はまだ明らかになっていない。 ▽ティオテの代理人を務めるエマヌエレ・パッラディーノ氏は突然の訃報に悲しみを語っている。 「ティオテが亡くなったことを受け入れられない。深い悲しみだ。何も言えない。難しいときだからこそ、彼の家族のプライバシーを尊重して欲しい」 2017.06.06 06:55 Tue
twitterfacebook
thumb

フェルトマンが2G! オランダがコートジボワールに5発圧勝!!《国際親善試合》

▽国際親善試合のオランダ代表vsコートジボワール代表が4日に行われ、5-0でオランダが勝利した。 ▽5月31日に行われたモロッコ戦を2-1で勝利しアドフォカート新監督の初陣を白星で飾ったオランダは、その試合からスタメンを8人変更。アドフォカート監督はモロッコ戦に続き[4-3-3]を採用。GKにシレッセン、最終ラインは右からテテ、ブリント、マルティンス・インディ、フェルトマン。アンカーにストロートマンとプロッペルを置き、トップ下にクラーセン。3トップは右からロッベン、ヤンセン、デパイと並べた。 ▽試合は立ち上がりの2分、コートジボワールに決定機。セリのパスでボックス左に侵入したジョバンニ・シオが縦に切り込み左足を振り抜く。しかし、このシュートはGKシレッセンがセーブ。 ▽対するオランダは13分、セットプレーから先制に成功する。デパイの左CKをゴール前でフリーのフェルトマンがヘディングシュートをゴールに突き刺した。 ▽その後、コートジボワールの反撃を受けたオランダだが31分に追加点を奪う。中盤からのパスに抜け出したヤンセンが、飛び出したGKサンガレに倒されてPKを獲得。このPKをロッベンがゴール左に確実に決めた。 ▽さらに37分、ショートコーナーからボックス右付近でボールを受けたロッベンがクロスを供給。これをファーサイドのフェルトマンが左足で合わせ、オランダが決定的な3点目を奪った。 ▽迎えた後半、コートジボワールはジョバンニ・シオとイスマエル・トラオレを下げてシリアクとバイリーを投入。しかし、最初の決定機はオランダ。55分、相手陣内でクリアボールをカットしたロッベンが素早く前線に繋ぐと、強引にゴール前まで持ち込んだヤンセンがシュート。だが、これはゴール右に外れる。 ▽すると69分、ボックス左でスローインを受けたヤンセンの折り返しをクラーセンが右足で合わせ、ゴールネットを揺らす。さらに75分にも、ワイナルドゥムのミドルシュートをGKサンガレが弾いたボールをヤンセンが押し込み、5点目。 ▽その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったオランダは、クリーンシートで大勝。 。親善試合2連勝を飾ったオランダは、9日にホームでルクセンブルク代表と欧州予選を行う。 2017.06.05 04:42 Mon
twitterfacebook
thumb

コートジボワールとセネガルの親善試合は終了間際に観客乱入で途中終了《国際親善試合》

▽27日に行われた国際親善試合のコートジボワール代表vsセネガル代表は、1-1で迎えた88分に観客の乱入により途中終了となった。 ▽前半をゴールレスで終えた一戦は、68分にセットプレーから相手のハンドで得たPKをマネが決めてセネガルが先制する。しかしコートジボワールも71分、裏へと抜け出したシリアクがゴールマウスに流し込んで試合を振り出しへと戻した。 ▽1-1のまま終盤にはいると、迎えた88分に両チームのサポーターがピッチ内に乱入。収拾がつかない状況となると、主審のトニー・シャプロンは試合の中止を宣告。両チームの選手たちが急いでドレッシングルームに戻る事態となった。 2017.03.28 08:50 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース