金沢、びわこ成蹊スポーツ大学のDF山本義道が加入内定2017.10.05 19:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ツエーゲン金沢は5日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF山本義道(22)が2018シーズンから加入することが内定したと発表した。

▽福岡県出身の山本は、岡山県の作陽高等学校を経てびわこ成蹊スポーツ大学に進学。今季、関西学生リーグ1部で首位に立つチームの最終ラインの主軸として活躍している。

▽山本は金沢への加入内定に際して、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「来シーズンからツエーゲン金沢に加入することになりました。サッカーを始めた当初からの夢であったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。またここまで支えてくれた家族・指導者・チームメイトに感謝しています。1日でも早く試合に出て、ツエーゲン金沢で認められ勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

金沢DF作田裕次に第二子 「父親として頑張っていきます」

▽ツエーゲン金沢は20日、DF作田裕次(30)に第二子が18日に誕生したことを発表した。 ▽作田は2014年から金沢でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ14試合に出場して1得点を記録している。 ▽クラブの発表を受け、作田は次のようにコメントしている。 「5月18日に第2子が誕生しました。実際に立ち会うことができて、妻の、母親のすごさを感じました。本当に妻には感謝しています。これからも選手として、父親として頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.05.20 10:56 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢DF毛利駿也がプロA契約締結 今季J2リーグ12試合に出場

▽ツエーゲン金沢は20日、DF毛利駿也(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽毛利は、12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の松本山雅FC戦でプロA契約締結に必要な規定出場期間を満たした。今シーズンはここまでJ2リーグ12試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度、プロA契約を締結することができました。これからもより一層チームの勝利に貢献できるように、日々トレーニングに励んでいきます」 2018.05.20 10:51 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢の柳下正明監督、古巣新潟戦で指揮不可に…岐阜戦の執拗な抗議で処分

▽Jリーグは1日、ツエーゲン金沢を率いる柳下正明監督の1試合ベンチ入り停止処分を発表した。 ▽柳下監督は、4月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節のFC岐阜戦において、主審と副審の判定に対する執拗な抗議で退席処分に。懲罰基準に照らして審議した結果、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に該当と判断され、1試合のベンチ入り停止処分が下ることとなった。 ▽金沢は、11試合終了時点で4勝3分け4敗の9位。3日に行われる次節は、指揮官の古巣である14位アルビレックス新潟をホームに迎え撃つ。 2018.05.01 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ウノゼロで新潟撃破の岡山が首位キープ! 清原復帰後初弾で千葉撃破の金沢が今季ホーム初白星で初の連勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節の7試合が8日に各地で行われた。 ▽デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsファジアーノ岡山は、アウェイの岡山が1-0で勝利した。 ▽前節、愛媛FC相手に今季初黒星を喫した首位の岡山(勝ち点16)が同じく前節の熊本戦に敗れている8位の新潟(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。共に[3-4-2-1]を採用したミラーゲームはシステムの成熟度で勝るアウェイチームが終始主導権を握る展開に。18分には最終ラインのDFソン・ジュフンのミスを突いた仲間がGKと一対一になるが、ここはアレックス・ムラーリャの好守に遭う。その後もキレキレの仲間、齊藤を起点に岡山が再三決定的な場面を作り出したが、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も拮抗した展開が続く中、70分にはボックス内で仕掛けた伊藤が磯村に倒されて岡山がPKを獲得。これをキッカーの齊藤が冷静に流し込み、アウェイチームが先制に成功した。その後、田中、ターレスと攻撃的なカードを切って同点を目指す新潟だが、今季ここまでリーグ最少の2失点を誇る岡山の堅守を最後までこじ開けられず、試合はこのままタイムアップ。得意のウノゼロで難敵新潟を撃破した岡山が2戦ぶりの勝利で首位キープに成功した。一方、新潟は今季初のリーグ連敗となった。 ▽また、町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsロアッソ熊本は、2-2のドローに終わった。 ▽4勝3分けで無敗の2位町田(勝ち点15)が6位熊本(勝ち点12)をホームで迎え撃った上位対決。互いに球際、攻守の切り替えを強調する立ち上がりを見せた中、24分にアウェイの熊本が先制点を奪う。小谷がワンタッチで入れた浮き球パスに反応した安柄俊がボックス内に抜け出して飛び出したGK髙原より先にボールを触ると、絶妙なループシュートが無人のゴールネットを揺らした。 ▽その後も一進一退の攻防を見せる中、試合は熊本の1点リードで折り返す。何とか追いつきたい町田は負傷した戸高に代えて杉森、ロメル・フランクに代えて森村と交代カードを切っていくと、73分に得意のセットプレーで追いつく。右サイドで井上が入れたクロスのクリアボールがファーの深津に渡ると、見事なダイレクトボレーがGK佐藤の手を弾いてニアを破った。 ▽しかし、追いついたのも束の間、熊本がわずか3分後に勝ち越す。76分、左サイド深くで黒木が入れたクロスをボックス中央の皆川が打点の高いヘディングで左隅に流し込んだ。それでも、諦めない町田は試合終盤にかけて猛攻に出ると、後半アディショナルタイム4分に得た左CKの二次攻撃から右サイドの森村が入れた低いクロスをゴール前のドリアン・バブンスキーが頭で合わせ、ラストプレーで追いついた。そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、驚異的な粘りで2度のビハインドを追い付いた町田が東京ヴェルディと共に開幕無敗を継続した。 ▽石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vsジェフユナイテッド千葉は、ホームの金沢が3-1で逆転勝利した。前節、横浜FCに4-0の大勝を飾った11位の金沢(勝ち点11)と、前節大分トリニータに0-4の大敗を喫した15位千葉(勝ち点7)の一戦。試合は立ち上がりから一進一退の攻防を見せるもゴールレスで折り返す。 ▽しかし、迎えた後半立ち上がりの46分、町田との連係から船山が電光石火の先制点を奪う。しかし、金沢は57分に垣田が相手DF鳥海のパスを2度に渡ってブロックすると、これがブロックシュートのような形でゴールに向かうと、GK佐藤の腕を弾いたボールがネットを揺らす。その直後の58分には相手DFのパスミスを奪った清原がそのままボックス内に持ち込み、復帰後初ゴールで逆転に成功した。さらに勢い付く金沢は78分にも大橋のスルーパスに抜け出したマラニョンがGKとの一対一を制し、試合を決定付ける3点目を奪った。そして、2戦連続攻撃陣が爆発した金沢が今季ホーム初勝利と共に初の連勝を飾った。一方、千葉は2戦連続大量失点で連敗となった。 ▽その他の試合では栃木SCvs徳島ヴォルティス(1-1)、横浜FCvsアビスパ福岡(2-2)、松本山雅FCvsカマタマーレ讃岐(1-1)の3カードがいずれも85分を過ぎての同点弾によるドローと、戦国J2を印象付ける結果となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第8節 ▽4/8(日) 栃木SC 1-1 徳島ヴォルティス FC町田ゼルビア 2-2 ロアッソ熊本 横浜FC 2-2 アビスパ福岡 松本山雅FC 1-1 カマタマーレ讃岐 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> ▽4/7(土) ヴァンフォーレ甲府 1-1 水戸ホーリーホック 東京ヴェルディ 0-0 FC岐阜 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 大宮アルディージャ 2018.04.08 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

町田が追い付き無敗維持! …金沢は開幕以来5戦勝ちなし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のツエーゲン金沢vsFC町田ゼルビアが25日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽開幕以来リーグ4試合勝ちのない13位金沢(勝ち点5)は、2-2で引き分けた前節のレノファ山口FC戦からスタメンをスタメン4名変更。清原、藤村、杉浦、佐藤に代えて、大橋、宮崎、加藤、垣田を起用した。 ▽一方、開幕から5戦3勝2分けで無敗を維持している2位町田(勝ち点11)は、2-1で勝利した前節の松本山雅FC戦から2名変更。酒井、ロメロ・フランクに代えて、深津、森村を起用した。 ▽試合の序盤から中盤での奪い合いが続き、なかなかチャンスが生まれない。14分には、金沢がやや押し込み、ボックス右でボールを持ったマラニョンが中央に折り返す。しかし、足で合わせた宮崎はうまくミートさせられず決定機とはならなかった。 ▽さらに38分にも、似た形で金沢が町田ゴールを脅かす。左サイドのマラニョンがトップスピードのままドリブルで運び、ボックス左に侵攻。中央への折り返しにはまたしても宮崎が合わせたが、GK髙原にキャッチされた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、金沢がやや優勢に試合を運ぶ。すると51分、金沢が左サイドでFKを獲得。キッカーの宮崎が高いボールを入れると、ゴール前に混戦がもたらされ、反応したマラニョンがシュートを放つ。相手DFにブロックされると、ボールを拾った沼田がボックス手前左からクロスを供給。最後はフリーの垣田が頭で合わせ、貴重な先制点とした。 ▽しかし64分、町田が底力を見せ付ける。ボックス内で複数の金沢DFを背負った杉森が、フリーの大谷にボールを渡す。大谷がワントラップして右足を振り抜き、試合を振り出しに戻した。 ▽すると結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、ホームの金沢は5戦勝ちなしと泥沼の状態に。対する町田は、追い上げをみせて無敗を維持することに成功した。 2018.03.25 16:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース