SNSで就活の元イタリア代表DFザッカルドがマルタのクラブに加入!2017.10.05 15:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルタリーグに所属するハムルン・スパルタンズは4日、元イタリア代表DFクリスティアン・ザッカルド(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽ボローニャでプロキャリアをスタートしたザッカルドは、最終ラインの複数ポジションや守備的MFをカバーするユーティリティー性を武器に、パレルモやヴォルフスブルク、ミラン、パルマといったクラブで活躍。また、2006年のドイツ・ワールドカップではイタリア代表の一員として世界王者にも輝いていた。

▽だが、今年に入ってセリエBのヴィチェンツァとの契約を解消したザッカルドは、新たな所属先が見つからず、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の『LinkedIn』を使い、「フィジカルコンディションはまだまだ良好で、残り2年ほどは高いレベルでプレーすることができそうです。獲得してくれるチームにとっては、とってもお買い得な取引になると思います。実直でパワフルなフットボールプレイヤーです」と、自ら作成した自己アピール文が大きな話題となっていた。

▽なお、SNS上での周囲からの大きな反響に感銘を受けたザッカルドは先日、「チームが決まったら、マスタースポーツビジネスマネジメントの奨学金に寄付することにしたよ」と、給与の一部を寄付する意向を語っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドがブラジル代表MFフレッジの獲得を正式発表、契約は5年

▽マンチェスター・ユナイテッドは21日、シャフタールのブラジル代表MFフレッジ(25)を獲得したことを正式に発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、イギリス『BBC』によれば移籍金は4700万ポンド(約68億5000万円)とのことだ。 ▽パスセンスに優れた左利きのセントラルMFであるフレッジは、2013年夏にインテルナシオナルからシャフタールへ移籍。シャフタールでは在籍5年で公式戦155試合に出場して15ゴール15アシストを記録し、3度のリーグ優勝、3度の国内カップ優勝に貢献していた。また、ブラジル代表としては7試合に出場しており、ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表メンバーにも選出されている。 ▽ユナイテッドへの移籍が決まったフレッジは公式サイトで次のように語った。 「ユナイテッドは世界で一番大きなクラブだから、その一員になれて嬉しいよ。そして、多くのタイトルを獲得してきたモウリーニョと仕事をするチャンスを逃したくなかった」 ▽また、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はフレッジの獲得について以下のように語っている。 「フレッジは他のMF陣を補完する働きを担ってくれるだろう。創造性を持つ彼は、我々のチームに新たな次元をもたらしてくれるはずだ」 2018.06.21 23:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、リバプールからDFジョン・フラナガンを獲得

▽レンジャーズは21日、リバプールの元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)を2年契約で獲得したことを発表した。 ▽リバプールのアカデミー出身のフラナガン。本職が右サイドバックでありながら左でもプレー可能で、2011年のデビュー以降公式戦51試合に出場した。近年ではバーンリーやボルトンにレンタル移籍。今冬加入したボルトンではリーグ戦9試合に出場。そして、今月8日にリバプールからの退団が発表されていた。 ▽5月にスティーブン・ジェラード新監督が就任したレンジャーズは、すでに積極補強を進めており、これが7人目の新加入選手となった。これまでにバーンリーのカナダ代表MFスコット・アルフィールドやブライトン&ホーヴ・アルビオンのスコットランド代表DFコナー・ゴールドソン、同クラブからはさらに今年1月からレンタル加入していたスコットランド代表FWジェイミー・マーフィーを買い取りオプションを行使して獲得。また、ハル・シティからは元スコットランド代表GKアラン・マクレガーを獲得。7年ぶりのレンジャーズ復帰を果たしている。 2018.06.21 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

エスパニョールのMFフラードが契約解除…アル・アハリ・ジッダへ

▽エスパニョールは21日、スペイン人MFホセ・マヌエル・フラード(31)との契約解除で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽フラードはレアル・マドリーの下部組織出身で、その後はアトレティコ・マドリー、マジョルカ、シャルケ、スパルタク・モスクワ、ワトフォードでプレー。2016年7月にエスパニョールへと加入した。 ▽エスパニョールでは10番を背負い、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで29試合に出場し3アシストを記録。コパ・デル・レイでは2試合に出場していた。通算では63試合に出場し、3ゴール7アシストだった。 ▽エスパニョールとフラードは2019年6月30日までの契約を解除。フラードは、サウジアラビアのアル・アハリ・ジッダで新シーズンはプレーする。 2018.06.21 19:11 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:イラン 0-1 スペイン《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、イラン代表vsスペイン代表が20日にカザン・アリーナで行われ、0-1でスペインが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽イラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ビランヴァンド 5.5 ミドルシュートを防ぐなど、終始安定したゴールキーピング DF 23 レザイーアン 5.5 不運な失点を献上したが、ソリッドな守備を続けた 8 プーラリガンジ 6.0 身体を張った守備が効いていた 19 マジド・ホセイニ 5.5 プーラリガンジと共に水際でよく耐えていた 3 エーサン・ハサフィ 5.5 L・バスケスにスペースを与えなかった (→ミラド・モハマディ 5.5) 守備に徹した MF 17 タレミ 5.5 ヘディングシュートで2度ゴールに迫った 9 イブラヒミ 5.5 守備のバランスを取った 6 エザトラヒ 6.0 バイタルエリアのスペースを消した。オフサイドで幻のゴールに泣く 11 アミリ 5.5 守備をこなしつつ、機を見て攻撃に顔を出した (→ゴッドス -) 10 アンサリファルド 5.5 左サイドのスペースを埋める。惜しいボレーシュートがあった (→ヤハンバクフシュ 5.0) 目立った働きはなし FW 20 アズムーン 5.5 献身的なチェイスを続けた 監督 カルロス・ケイロス 5.5 徹底した守備でスペインに応戦も一歩及ばなかった ▽スペイン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 2 カルバハル 5.5 高い位置を取って攻撃参加を図るもL・バスケスとの連係がなかった 3 ピケ 6.0 代表キャップ100試合。終始、安定していた。攻撃時のセットプレーで存在感 15 セルヒオ・ラモス 6.0 アズムーンへのタイトなマークで応戦 18 ジョルディ・アルバ 5.5 効果的な攻撃参加は少なかった MF 11 L・バスケス 5.0 ほとんどボールに絡めなかったが、スペースが生まれて顔を出した (→アセンシオ -) 21 シルバ 6.0 うまくDFを剥がしてシュートに持ち込んでいた 5 ブスケッツ 5.5 無難にパスを捌いていた 6 イニエスタ 6.0 決勝点につながるパスを供給 (→コケ -) 22 イスコ 6.0 後半にドリブルを増やして守備を剥がす役割を担った FW 19 ジエゴ・コスタ 6.0 厳しいマークに遭った中、幸運ながらも2試合連続ゴール (→ロドリゴ -) 監督 イエロ 5.5 L・バスケスの起用はハマらなかったが、何とか勝利を手に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(スペイン) ▽イランの守備がタイトだった中、幸運ながらも2戦連続ゴールでチームを勝利に導いたジエゴ・コスタを選出。 イラン 0-1 スペイン 【スペイン】 ジエゴ・コスタ(後9) 2018.06.21 05:08 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース