かつてJリーグ席巻のワシントン、母国ブラジルで監督キャリアをスタート!2017.10.05 12:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつて東京ヴェルディや浦和レッズでも活躍した元ブラジル代表FWのワシントン氏(42)が母国で指導者キャリアをスタートさせた。

▽カンピオナート・ブラジレイロ・セリエD(4部)に属するヴィトーリア・ダ・コンキスタは4日、ワシントン氏の指揮官就任を発表。2018シーズンから指揮を執るようで、ブラジル『globoesporte』によれば、プレシーズンが始まる12月15日から本格始動するという。

▽インテルナシオナウやグレミオ、フェネルバフチェなど数クラブを渡り歩いてきたワシントンは2005年に東京V入りした後、翌年から浦和でプレー。同年には26ゴールを挙げ、当時ガンバ大阪に所属していたFWマグノ・アウベスと共にJ1得点王を受賞した。

▽浦和に2年間にわたって在籍したワシントンはその間、J1、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に貢献。2007年に日本で開催されたクラブ・ワールドカップでは3位入賞に導き、同大会終了後に浦和を退団し、2011年に現役を引退していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ビラス=ボアス退任の上海上港、ポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏を招へい

▽上海上港は12日、新シーズンからポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏(49)が新指揮官に就任することを発表した。 ▽今シーズン、中国スーパーリーグで2位に入ったほか、AFCチャンピオンズリーグでベスト4、国内カップ戦で準優勝とまずまずの成績を残していた上海上港だが、先月30日にアンドレ・ビラス=ボアス監督(40)と双方合意の下で契約を解消していた。 ▽その後任監督に任命されたのは、ポルト時代にビラス=ボアス監督のアシスタントコーチを務め、ポルトやフェネルバフチェ、オリンピアコスなど各国の名門クラブの指揮官を歴任してきたペレイラ氏となった。 ▽なお、ペレイラ氏は昨季終了までブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンを指揮していた。また、過去にサウジアラビアのアル・アハリを率いており、アジアでの経験もある。 2017.12.13 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、プレミア得点リーディング快走中の大化けWG獲得へ?

▽レアル・マドリーが、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽サラーは今季、ローマからリバプールに移籍。セリエAのフィオレンティーナやローマで活躍していたとはいえ、2014年に在籍していたチェルシーではいいところなく花が咲かなかったため、この移籍には懐疑的な見方もあった。 ▽しかし、蓋を開けてみれば、サラーはローマ時代以上のパフォーマンスを披露し、リバプールで絶対的な存在となっている。今季、公式戦では24試合19得点6アシストを記録。プレミアリーグでは13ゴールを挙げており、得点リーディングを快走している。 ▽『Don Balon』によれば、サラーに対してメガクラブのレアル・マドリーが興味を示しているという。レアル・マドリーは、今季リーグ戦13試合で1得点と結果を残せていないFWルーカス・バスケスの譲渡に金銭を加える形でリバプールへのオファーを考えているとのことだ。 2017.12.12 20:44 Tue
twitterfacebook
thumb

元新潟監督の呂比須ワグナー、母国の古巣クラブに復帰!

▽今シーズン限りでアルビレックス新潟の監督を退任した呂比須ワグナー氏(48)の新天地が母国ブラジルのパラナに決まった。 ▽パラナは11日、呂比須ワグナー氏の監督就任を発表。同氏にとって、今年5月まで指揮したパラナに復帰した格好だ。 ▽2017シーズンを呂比須ワグナー氏の下でスタートさせたパラナは、来シーズンから2007年以来となる1部参戦が決定している。 2017.12.11 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

どこまでデカくするのか…ユナイテッド、ラツィオ長身の逸材を144億円で獲得か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)獲得に向けた巨額オファーを準備しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは、トップ下、セントラルMF、セカンドトップを主戦場とする22歳の有望株。昨シーズン、ラツィオでリーグ戦34試合に出場し、4得点9アシストを記録して評価を高めた。今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し、3得点を記録している。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がミリンコビッチ=サビッチの獲得を望んでいるようで、クラブレコードとなる9500万ポンド(約144億円)のオファーを準備しているようだ。マンチェスター・シティとユベントスも同選手に興味を持っているとのことだが、争奪戦をユナイテッドがリードしているという。 ▽なお、ユナイテッドでは現在、FWズラタン・イブラヒモビッチやFWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニ、MFネマニャ・マティッチ、MFポール・ポグバ、DFクリス・スモーリングなど190cmオーバーの選手を多く抱えている。191cmのミリンコビッチ=サビッチが加われば、よりフィジカル色と空中戦が強くなりそうだ。 2017.12.10 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、DFアリーバスがメキシコ移籍

▽デポルティボは9日、スペイン人DFアレハンドロ・アリーバス(28)がリーガMXに所属するプーマスに移籍することを発表した。 ▽ラージョ・バジェカーノの下部組織出身のアリーバスは、オサスナ、セビージャを経て2015年にデポルティボに加入。同クラブではここまで公式戦60試合に出場し、4ゴールを記録していた。 ▽なお、堅実さが売りのスペイン人センターバックが加入するプーマスには、かつてリーガエスパニョーラで活躍したチリ代表MFマルセロ・ディアスやスペインMFアブラハムが在籍している。 2017.12.10 04:20 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース