横浜FM、履正社FW町野修斗の加入内定を発表 「家族、先生方、仲間に恩返しが出来るように」2017.10.05 11:36 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜F・マリノスは5日、履正社高校サッカー部所属の町野修斗が2018年のシーズンからクラブに加入することが内定したことを発表した。

▽町野は184cm,73kgのFWで今年にはU-18日本代表候補に選出されている。町野は横浜FMの公式サイトを通じて以下のコメントを残した。

「来シーズンから、プロサッカー選手として、横浜F・マリノスの一員になれる事を、大変嬉しく思っております。チームの勝利、タイトル獲得のために全力で戦います。また、今まで支えてくれた家族、先生方、仲間に恩返しが出来るように、精一杯頑張ります。応援宜しくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

天皇杯決勝再現カードは痛み分け…横浜FM逃げ切り失敗、C大阪は柿谷弾で敗戦回避《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第1節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスが25日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽天皇杯決勝の再現カードとなる一戦。FUJI XEROX SUPER CUPで川崎フロンターレを下し、更にはAFCチャンピオンズリーグでは1勝1分けと快調な出だしを切ったC大阪は、[4-4-2]のフォーメーションを採用した。GKにキム・ジンヒョン、守備には右から松田、マテイ・ヨニッチ、木本、丸橋。山口と福満がボランチを務め、サイドは右に水沼、左に山村が張る。そして、2トップは柿谷と杉本という布陣になった。 ▽一方の横浜FMは、新たにアンジェ・ポステコグルー監督を指揮官に据え、新たなスタイル構築を目指す。フォーメーションは[4-3-3]。GK飯倉に、ディフェンスラインは右から松原、中澤、ミロシュ・デゲネク、山中。中盤では喜田をアンカーに、中町と天野がインサイドハーフに。3トップは右に遠藤、左にユン・イルロク、センターにウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽試合は序盤からラインを高く保つ横浜FMが押し込む展開となる。4分、相手陣内でユン・イルロクがボールを奪うと、最後は中町がミドルシュートでGKを強襲。対してC大阪は6分に華麗なパス回しから柿谷がネットを揺らすも、オフサイドを取られゴールは認められず。 ▽ヒヤリとする場面だったが、横浜FMは冷静にポゼッションサッカーを展開。サイド攻撃を中心に攻撃を組み立てる。すると17分、右サイドの組み立てから、最後は左サイドの山中がボックス手前からミドルシュートを突き刺し、横浜FMが先制した。 ▽ホームで先制点を奪われたC大阪は21分に、味方のスルーパスに抜け出した山口がシュートを狙うが、GK飯倉が足に当ててゴールを守る。 ▽一進一退の攻防が続く中、横浜FMは35分にボックス外のゴール正面の位置でFKを獲得。天野が左足で狙ったシュートはクロスバーを直撃しゴールとはならなかった。 ▽細かくパスを繋ぐ横浜FMだが、前半アディショナルタイムには中澤の横パスを柿谷に奪われあわやと言う場面に。GK飯倉がタイミングよく距離を詰めたことで事なきを得たが、前半はそういったパスミスが少なくなかった。 ▽横浜FMの1点リードで迎えた後半、まずはアウェイチームがチャンスを作る。49分、左サイドを山中が突破。クロスを丁寧に繋ぎ最後は遠藤がシュートを放つも枠の左上へ外れた。その直後にはC大阪にも好機が訪れる。相手のパスを自陣で奪った杉本がドリブルでボックス内へ侵攻。味方のサポートもあったものの、単騎突破を選択。だがシュートは打てなかった。さらに56分には、福満から柿谷、柿谷から杉本と繋いでシュートまで運ぶが、枠を捉えられず。 ▽ピンチを脱した横浜FMは62分、右サイドを抜け出した中町のクロスを天野が合わせるが相手に当たってしまう。その後はC大阪にやや流れを渡しかけた横浜FMだが、71分に自陣でボールを奪いカウンターを発動。中町から遠藤に渡り、遠藤はボックス外右からミドルシュート。GKが弾いたところにユン・イルロクが詰めるがDFにクリアされる。 ▽さらに74分にも再びカウンターからウーゴ・ヴィエイラが狙うがゴールならず。80分には、遠藤に代わって入ったイッペイ・シノヅカがドリブルシュートで存在感を示す。 ▽横浜FMがペースを握り、このまま終わるかに思われた86分、中澤が相手のクロスをクリアミス。ボールを拾った柿谷がゴールに流しこみC大阪が追いついた。 ▽その後、両チームとも残りの交代枠を攻撃に費やしたものの、それ以降ゴールは生まれず1-1のドロー。開幕節屈指の好カードは痛み分けに終わった。 2018.02.25 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

公式戦3連敗も何のその! J1王者の川崎F、憲剛3発演出で開幕白星《J1》

▽25日にエコパスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のジュビロ磐田vs川崎フロンターレは、アウェイの川崎Fが3-0で勝利した。 ▽前年度の6位から更なる飛躍が期待される磐田は、サンフレッチェ広島に復帰した川辺の後釜として新加入の田口がベンチスタートとなり、新助っ人のギレルメを左ウィングバックの位置に配置。Jリーグ王者ながら公式戦3連敗中の川崎Fは、この開幕戦で知念をスタメンに抜擢している。 ▽2人の中村対決にも注目を集める一戦は、一進一退の攻防戦が繰り広げられる中、17分に中村俊輔が敵陣左サイドで得たFKからクロス。高橋のヘディングシュートが左ポストに嫌われ、こぼれ球を川又、大井が続けざまに押し込みにかかるが、先制のチャンスを不意にしてしまう。 ▽さらに、22分にはアダイウトンが川又のポストプレーから敵陣左サイドのスペースに流れたボールに反応。タックルを試みたエドゥアルドをかわして完全に川崎Fの最終ラインを抜け出したが、GKチョン・ソンリョンの身体を張ったブロックに阻まれ、またしても好機を逸した。 ▽すると、川崎F守護神の頑張りに攻撃陣も呼応する。24分、バイタルエリア左寄りでルックアップしたエドゥアルド・ネットが磐田最終ラインの背後に左足で浮き球パス。これに反応した中村憲剛がヘディングシュートを決め、アウェイの川崎Fが先にスコアを動かした。 ▽チームに先制点をもたらした中村憲剛の勢いは加速する。43分、右CKの流れから中村憲剛が中央にクロスを入れ直すと、大井のマークを剥がした谷口がヘディングシュートで追加点。続く45分には、ボックス右外の角付近で得たFKから中村憲剛のクロスにエドゥアルドが頭で合わせ、磐田を突き放した。 ▽3点差を追う磐田は、後半の頭から森下に代えて松本をピッチに送り込み、布陣も3バックから4バックに変更。続く58分にも櫻内を下げて田口の交代カードを切り、より反撃の色を強めていく。その田口は60分、ムサエフの落としから左足ハーフボレー。枠内に飛ぶが、相手GKに弾かれた。 ▽エドゥアルド・ネットから守田にスイッチして中盤のテコ入れを図った川崎F。守勢を強いられるが、落ち着いた対応で磐田の攻撃を凌いでいく。残る交代枠で大久保と登里を投入して試合を終わらせ、公式戦3連敗の不安をかき消す開幕戦白星スタートを飾っている。 2018.02.25 17:26 Sun
twitterfacebook
thumb

新加入の板倉が決勝弾! 柏撃破の仙台、4年連続の開幕戦完封スタート《J1》

▽25日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のベガルタ仙台vs柏レイソルは、ホームの仙台が1-0で勝利した。 ▽トップ5入りを目標に掲げる仙台は、新加入の板倉と阿部が先発。一方、すでにACLを舞台に公式戦3試合を消化している柏は、中谷がベンチスタートとなり、鎌田をスタメン起用している。 ▽試合は立ち上がり、出足の鋭さを見せた柏がボールポゼッションを高める展開となる。クリスティアーノを中心にボールを動かしながらゴールに迫るが、なかなか牙城を打ち破れない。 ▽仙台の攻撃を凌ぎながら攻勢を続ける柏は40分、伊東が単騎突破。バイタルエリア中央から相手数人をドリブルで抜き去り、右足シュートに持ち込むが、ここはGK関に阻まれてしまう。 ▽すると、辛抱強く隙をうかがう仙台が53分、敵陣右サイドでのスローインの流れから古林が中央にクロス。これに反応した板倉が小池との身長差を生かしてヘディングシュートを決め、仙台が均衡を破った。 ▽板倉に加入後初ゴールを許した柏。失点後、守勢を強いられ始めると、59分に大谷とハモン・ロペスを下げて、小泉と瀬川の新加入組をピッチに送り込み、傾いた流れを再度引き寄せにかかる。 ▽その後、最後の交代枠でユン・ソギュンに代えて亀川を起用した柏だが、仙台優勢の展開は変わらない。その中、86分に江坂が小池のクロスに頭で合わせるが、これも空砲。こじ開け切れない。 ▽仙台の勢いに苦しみながら反撃に転じた柏だったが、89分に中山が2枚目のイエローカードを受けて退場。残る交代枠で金正也を入れて試合を終わらせた仙台が4年連続の開幕戦完封勝利を飾っている。 2018.02.25 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

クリスランのPKをGKクォン・スンテがストップ! 清水vs鹿島は両者譲らずドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ開幕節の清水エスパルスvs鹿島アントラーズが25日に行われ、0-0で終了した。 ▽昨シーズンに辛くも残留した清水が、最終節で優勝を逃した鹿島をホームに迎えた。GKに六反を起用した清水は、最終ラインに右から立田、ファン・ソッコ、フレイレ、松原を起用。中盤は右から金子、河井、竹内、石毛を配し、前線は北川とクリスランのコンビで臨んだ。対する鹿島はゴールマウスをGKクォン・スンテが守り、最終ラインは右から内田、植田、昌子、安西を並べる。中盤は右から遠藤、三竿、レオ・シルバ、安部で2トップは鈴木と金崎を起用した。 ▽試合は立ち上がりからホームの清水が、最前線のクリスランのポストプレーを軸に攻撃的に出る。すると、清水は11分に決定機を演出する。右サイドのクロスからゴール前が混戦となると、波状攻撃から最後はペナルティアークのクリスランが左足ボレー。厳しい態勢から放たれたシュートは左ポストに直撃した。 ▽ハーフタイムにかけても清水が攻勢に出続ける。すると、39分に絶好機を得る。右サイドから金子がクロスを入れると、正面に走り込んだ石毛がレオ・シルバに倒されてPKを獲得。しかし、このPKキッカーを務めた新加入FWクリスランがゴール右に放ったシュートはGKクォン・スンテに完璧に読まれてストップされた。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半は立ち上がりから鹿島が盛り返し、一進一退の攻防となる。67分に安部に代えて山本を投入した鹿島は直後にセットプレーからチャンスを演出。レオ・シルバの右CKに正面で飛び込んだ鈴木がボレーで合わせたが、枠を捉えたシュートはGK六反のファインセーブに遭った。 ▽対する清水は、68分に石毛に代えてミッチェル・デュークを投入。さらに71分には北川を下げて鄭大世を送り出す。一方の鹿島は76分に遠藤に代えて、同右サイドに土居を入れて攻撃の活性化を狙う。 ▽終盤にかけて試合を優勢に進めた鹿島は、83分にゴールへ近づく。山本が左サイドから上げたクロスにボックス右まで攻撃参加していた逆サイドの内田がボレー。しかし、これはDFにブロックされる。直後に内田に代えてペドロ・ジュニオールを入れたことで、右サイドバックに回った安西は、直前にこなしていた左サイドハーフを含めて1試合で3つのポジションを担当することになった。 ▽その後も得点は動かず、ゴールレスのまま試合終了。白熱の開幕戦は両者譲らず、勝ち点を分け合った。 2018.02.25 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

樽酒不法投棄のC大阪サポ3名、自主的に今季スタジアム出入りを自粛

▽セレッソ大阪は25日、一部メディアでも取り上げられたサポーターの不祥事について、当該者3名の処分を発表した。 ▽当該のC大阪サポーター3名は、昨年11月に埼玉スタジアムで行われたルヴァンカップ決勝での同クラブの優勝決定後、東京都台東区のマンションの敷地内にて酒樽で祝杯。無断で投棄したことで、22日に廃棄物処理法違反容疑で書類送検されていた。 ▽C大阪は、当該者3名に事実関係を確認。「C大阪の試合運営管理規定の管理区域外で行われた行為」であることから直接の処分を見送るとし、自主的に2018年シーズンのスタジアムへの出入りを自粛(C大阪の全試合)するとの当該サポーター3名の申し入れを受理したという。 ▽サポーターの不祥事を受けて、C大阪は「開幕前にご迷惑をお掛け致しました事を、関係者並びにファン・サポーターの皆さまに対してお詫び申し上げますと共に引き続きのご支援を宜しくお願いします」としている。 2018.02.25 13:15 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース