ドイツ6部クラブが過激なスポンサー獲得! ポルノ女優が胸スポンサーに2017.10.04 01:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ6部に所属するオーバーヴュルツバッハが、新シーズンに向けた胸スポンサーとしてポルノ女優のレナ・ニトロさん(30)と契約した。ドイツ『ビルト』が伝えている。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、ドイツ6部に所属するアマチュアチームのオーバーヴュルツバッハは、ポルノ女優のレナ・ニトロさんと胸スポンサー契約を結び、ユニフォームの胸の部分には、レナさんの名前と公式ホームページのアドレスが記載されることになった。

▽オーバーヴュルツバッハでディレクターを務めるトルステン・ネルツ氏は、今回のスポンサー契約について以下のように説明している。

「我々は本当におかしな人間が揃ったチームなんだ。だから、新シーズンに向けてクレイジーなことをしたいと思っていた」

「そして文字通りの意味で、本当にホットなスポンサーが必要だということになった。その後、彼女と連絡を取り、2日後に契約締結に至った。みんなが素晴らしいアイデアだと思っているし、先日に我々のゴールキーパーと共に彼女とあったが、彼女は素晴らしい女性だよ」

▽なお、オーバーヴュルツバッハの新スポンサーとなったレナさんは、バイエルンのドイツ代表DFニクラス・ジューレをかなり小柄にして、可愛らしい感じにした見た目だ。

※画像はイメージ

◆ホットな新スポンサー獲得!
https://www.facebook.com/109102656481734/videos/vb.109102656481734/131457484246251/?type=2&theater

コメント

関連ニュース

thumb

ジエゴ・コスタ、結果にコミット! ボクササイズで減量成功

▽今夏にアトレティコ・マドリー復帰を果たしたスペイン代表FWジエゴ・コスタが減量に成功したようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽チェルシー時代に構想外を告げられた時期の暴飲暴食により、体重増加が指摘されてきたジエゴ・コスタ。アトレティコ・マドリー再デビューの日を夢見て、あるエクササイズで身体の引き締めに努めたという。 ▽あるエクササイズとは、ボクシングだ。アトレティコ・マドリーでの同僚であるFWフェルナンド・トーレス経営のジム『ナイン・フィットネス』にて、従来の肉体を取り戻すべく、ボクササイズに日々励んだとのことだ。 ▽なお、ジエゴ・コスタが公式戦でプレー可能となるのは、国際サッカー連盟(FIFA)からアトレティコ・マドリーに科された選手補強禁止処分が解除される来年1月。ビーストぶりが再びお目にかかれそうだ。 2017.10.21 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣サポがチェルシーDFリュディガーにモンキーチャント…来月16日にローマの処分が決定か

▽チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシーvsローマの中で、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対する人種差別行為が行われたとして、欧州サッカー連盟(UEFA)がローマに警告を発した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ローマで評価を高めて今夏チェルシーに加入したリュディガーは、18日に行われたCLグループC第3節で、古巣対戦となるローマ戦に77分から途中出場。試合はドロー決着に終わったものの、3-3の打ち合いを演じるなど白熱した展開をみせた。しかし、その最中に古巣サポーターからリュディガーに対して心ない行為が行われていたようだ。 ▽ロマニスタは、2015年夏からの2年間クラブを支えたリュディガーに対して、モンキーチャント(サルの鳴きまね)を浴びせて非難。『BBC』によれば、これがUEFA規律規則(DR)第14条に抵触する差別的行為にあたり、UEFAからローマに警告が発せられたとのことだ。この一件についての処分は、UEFAの統制・倫理・懲戒機関によって11月16日に下される予定となっている。 ▽また、リュディガーはローマ所属時代にも、ライバルクラブであるラツィオとのダービーマッチで同様の差別的行為の被害にあっていた。その件に関して、同選手は「(ああいったことをするのは)寂しい人だ。僕には理解できない」と発言。悲しみを語っていた。 2017.10.21 00:08 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエDで珍事? 相手サポーターに向けて放尿した選手に5試合の出場停止

▽イタリアのセリエDで珍しい形での出場停止処分が下された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今回珍しい形での処分を科されたのは、トゥリスに所属するイタリア人MFMFジョバンニ・リベルティ(21)。同選手は15日に行われ、3-3のドローに終わったサルネーゼ戦で、試合中にアウェイサポーターに向けて排尿を行い、卑猥で低俗なジェスチャーを行った疑いで5試合の出場停止処分を科された。 ▽だが、今回の出場停止処分を受けて、トゥリスのアントニオ・コラントニオ会長は、『フェイスブック』を通じてリベルティへの処分が誤解による不当なものだと反論している。 「我々のプレーヤーは規律委員会によって主張されるような行為を全くしていない」 「彼はウォームアップエリアの近くの壁側にあった水飲み場で水を飲んでおり、ピッチに入るために自分のユニフォームをズボンに入れているだけだった」 「また、今回の処分を指示した副審はピッチの反対側におり、規律委員会は副審の証言のみで今回の処分を決めた」 「対戦相手だったクラブも我々のプレーヤーがそういった行為をしていなかったことを確認してくれており、私は今回の決定を苦々しく思っている」 ▽なお、トゥリスは今回の処分に関して上訴を行う手続きをすでに行っている。 ※画像はイメージです 2017.10.20 00:38 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン政府がカタルーニャ州の自治権を停止へ…バルサなどへの影響も

▽スペイン政府は19日、独立に向け投票を行っていたカタルーニャ州に関して、21日から自治権を停止すると発表した。イギリス『BBC』など複数のメディアが一斉に報じた。 ▽政府によると、自治権停止を可能にする憲法第155条を発動させるための閣議をスタートさせるとのこと。カタルーニャ州政府が独立宣言をしたのかどうかを明確にすることを求めていたが、回答期限までに返答がなかったための措置とのことだ。 ▽カタルーニャ州のカルレス・プッチダモン州首相は、スペイン政府が「抑圧を続ける」ならば、10月1日の独立に関する住民投票の結果に基づき、独立宣言の採決を行うことを発表していた。なお、自治権の停止は、人々の不安を呼び起こすと危惧されている。 ▽スペイン政府はこの件に対し、「カタルーニャ州政府の合法性を取り戻すため、憲法155条に記載されている手続きを行う」と声明を発表している。 ▽憲法155条とは、危機が起こった際に、スペイン政府が直接統治ができると定められたもの。スペインでの独裁政権を築いたフランシスコ・フランコ将軍の死から3年後の1978年に、民主制への以降のために施行されている。 ▽カタルーニャ州の代表的なクラブといえば、リーガエスパニョーラをリードするクラブの1つであるバルセロナ、その他エスパニョール、ジローナが1部に所属している。スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は、「独立した場合のリーグ参加は認めない」としていただけに、自治権停止に対してカタルーニャ州政府の対応が気になるところだ。 2017.10.19 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

さすがパトリックの息子! 父彷彿の圧倒的フィジカルが話題

▽サンフレッチェに所属するブラジル人FWパトリックの息子が父親譲りのフィジカルを披露して話題を呼んでいる。 ▽今夏にガンバ大阪を去り、サルグエイロからの期限付き移籍で広島に活躍の場を移したパトリック。G大阪時代からピッチを離れればアフロヘアが印象的な一人息子を溺愛する良いパパとしても知られる。 ▽定期的に息子とのプライベートの様子を明かしてきたパトリックは18日、ツイッター(@patricaguiar)を更新。6歳の息子が9歳や10歳の年上チームに交じり、サッカーを楽しむ様子を動画で伝えた。 ▽そこに写っていたのは、パトリック息子が1人の少年と一対一を仕掛けたシーン。父親を彷彿とさせるドリブルとフィジカルを武器に、年上相手を吹き飛ばすなど、圧巻のプレーを披露した。 ▽このツイートを閲覧したユーザーからも反応が続々。「パパ譲りのフィジカル」、「将来有望ですね!」、「さすがパトリックの息子」など、驚きの声が寄せられている。 2017.10.19 13:40 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース