ベロッティが右ヒザ負傷で1カ月離脱2017.10.03 06:24 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは2日、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティが1カ月戦線を離脱することを発表した。

▽ベロッティは1日に行われたセリエA第7節のヴェローナ戦で先発していたが、右ヒザ側副じん帯を損傷したとのことだ。ベロッティは今季のセリエAで5ゴールを決めていた。

▽この負傷によりベロッティは招集されていたイタリア代表の参加を辞退し、仮にロシア・ワールドカップ欧州予選でプレーオフに回った際に11月に行われる同試合に間に合わない可能性があるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

トリノに痛手、元イタリア代表DFモリナーロが左腓骨骨折で長期離脱へ…

▽トリノは23日、元イタリア代表DFクリスティアン・モリナーロが練習中に左腓骨を複合骨折したことを発表した。 ▽トリノの発表によると、モリナーロは22日に行われた練習中に相手選手と接触した際に左足を負傷。その翌日に行われたエックス線検査の結果、左腓骨を複合骨折したことが判明した。 ▽現時点で離脱期間に関する言及はなかったものの、今季中の復帰は難しい模様だ。 ▽なお、モリナーロは今季のセリエAで17試合に出場するなど、公式戦21試合に出場していた。 2018.02.24 14:27 Sat
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが試合中に顔面パンチ…ベロッティを殴った行為で処分か

▽ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに処分が下される可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽キエッリーニは、18日に行われたセリエA第25節のトリノとのダービーに先発出場。58分、プレスをかけた際、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの顔面を殴っている行為が、映像で捉えられていた。 ▽審判団は、試合の報告書にはこの件を観ていなかったとしており、ビデオが証拠になるとのこと。しかし、キエッリーニの行為が意図的なものだったかどうかは、まだ分かっていない。 ▽セリエAでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されているものの、このシーンには使用されず。イタリア『スカイ・スポーツ』のカメラがとらえたものであり、審判らが試合中には確認できなかったようだ。 ▽なお、試合は33分にアレックス・サンドロが決めたゴールで、0-1とユベントスが制していた。 2018.02.19 12:41 Mon
twitterfacebook
thumb

エースFW負傷交代も試合巧者ユベントス、A・サンドロのゴールを守り切り、ウノゼロでダービーを制す《セリエA》

▽ユベントスは18日、敵地で行われたセリエA第25節でトリノとの“トリノ・ダービー”に臨み、1-0で勝利した。 ▽ここまで、首位のナポリを勝ち点差1で追いかける2位のユベントス(勝ち点62)。直近のチャンピオンズリーグでのトッテナム戦では、2点のリードを守れず引き分けに終わり、公式戦連勝記録は「11」でストップした。 ▽トリノとのダービーマッチに向けて、トッテナム戦からは4選手を変更。ブッフォン、ベナティア、マンジュキッチ、ベルナルデスキに代えて、シュチェスニー、アサモア、ルガーニ、ストゥラーロを起用した。 ▽開始早々、リーグ戦9連勝を目指すユベントスがアクシデントに見舞われる。エースのイグアインが相手GKとの接触で足を痛めてしまう。ディバラが準備を始めたが、イグアインは続行を希望。そのままプレーすることになった。 ▽イグアインの状態が心配される中、ユベントスがバックラインからの展開を迷っていると、トリノのオビがユベントス陣内でボールを奪取。ベロッティと共に2対1の状況を迎えたが、オビからのパスをベロッティがトラップミス。絶好のチャンスを無駄にしてしまった。 ▽トリノがやや優勢に進める序盤戦。15分にイグアインが続行不可能となり、ベルナルデスキとの負傷交代を強いられてしまう。それでも20分には、ドグラス・コスタのサイド突破からアサモアがシュート。しかし、DFにブロックされてしまう。 ▽試合が動いたのは33分、途中出場のベルナルデスキがドリブルでボックス右を崩すと、クロスに合わせたのがアレックス・サンドロ。3トップの左に入ったアレックス・サンドロのゴールでアウェイのユベントスが先制した。 ▽先制後は、試合巧者のユベントスが試合をコントロールしトリノに隙を与えず。このままユベントスが1点リードを保ったまま前半を終えた。 ▽後半に入って拮抗した試合が続く中、ユベントスは66分にドグラス・コスタを下げてディバラを投入。直後にそのディバラがゴール前に飛び込むがシュートは右に逸れた。対するトリノは69分、こちらも途中出場のニアンがボックス左からDFの股を抜くシュートを放つが枠を捉えることができなかった。 ▽試合が終盤に近付くにつれて、ユベントスは重心を低めに構え始める。トリノはニアンやアンサルディらがサイドから攻めるが、ユベントスの守りは堅い。 ▽ユベントスはボールを持つと、巧みなパス回しでボールを奪いに来るトリノの選手を翻弄。後半アディショナルタイムには、最後の交代枠を使い時間を消費していく。 ▽結局、試合はこのまま終了。前半のアレックス・サンドロのゴールを守り切ったユベントスがウノゼロでトリノとのダービーマッチを制し、リーグ戦の連勝を「9」に伸ばした。 2018.02.18 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第25節プレビュー】9連勝懸かるユーベが日曜のランチタイムにトリノとダービー

▽前節はナポリがラツィオとの上位対決を制して首位をキープし、2位ユベントスがフィオレンティーナを下してナポリと共に8連勝とし、1ポイント差が維持された。そして、インテルがトンネルを抜け出して9戦ぶりの勝利を飾り、ローマも2連勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上している。迎える第25節、ユベントスがトリノとのダービーマッチを日曜のランチタイムに戦う。 ▽前節フィオレンティーナ戦をベルナルデスキの古巣弾とイグアインの連発弾で競り勝った2位ユベントス(勝ち点62)は、火曜に行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグのトッテナム戦を2-2で引き分けた。2点を先行した中で追いつかれ、厳しいドローとなってベスト8進出に暗雲が垂れ込めた。ハードな戦いを強いられて消耗が予想される中、トッテナム戦ではPKこそ失敗したものの2ゴールを決めて公式戦5試合連続ゴール中の好調イグアインや、好プレーを続けているベルナルデスキにダービーでの活躍を期待したい。 ▽一方、前節ウディネーゼ戦を2-0と勝利し、リーグ戦7試合負けのない9位トリノ(勝ち点36)は、エースストライカーのベロッティがリーグ戦7試合ぶりにゴールを挙げ、ダービーに向けて上々の状態。万全の状態でユベントスの連勝を阻みにかかる。 ▽カジェホンの活躍とメルテンスの4戦連発弾でラツィオに逆転勝利して8連勝とした首位ナポリ(勝ち点63)は、ユベントスの結果を受けて18位SPAL(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。 木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のライプツィヒ戦ではメルテンスを出場停止で欠いたことやインシーニェやジョルジーニョをベンチスタートとしたこともあって1-3と完敗。ベスト16進出が厳しくなった中、7戦勝利のないSPALを確実に下して首位キープとしたい。 ▽救世主カラモーの活躍で9戦ぶりの勝利を手にした3位インテル(勝ち点48)は、12位ジェノア(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。先発に抜擢された期待に見事応え、停滞気味だったチームの起爆剤になる可能性十分のカラモーだが、イカルディとペリシッチが負傷で欠場が決まったチームを再び救う働きができるかに注目だ。 ▽最下位ベネヴェントに先制されながらもジェンギズの2ゴール1アシストで逆転勝利した4位ローマ(勝ち点47)は、10位ウディネーゼ(勝ち点33)とのアウェイ戦に臨む。ジェンギズが覚醒しつつある中、1週間の調整期間を生かして3連勝とし、水曜日に控えるCLシャフタール戦に繋げたい。 ▽ナポリに逆転負けし、3連敗となってCL圏外の5位に後退したラツィオ(勝ち点46)は、月曜日に19位ヴェローナ(勝ち点16)とのホーム戦に臨む。ELのステアウア・ブカレスト戦も0-1で落とし、チームは絶不調だが、リーグ戦での連敗を止め、CL圏浮上となるか。 ▽最後にクトローネのドッピエッタで勝利を取り戻した7位ミラン(勝ち点38)は、6位と好位置に付けるサンプドリア(勝ち点41)とのホーム戦に臨む。ルドゴレツとのELではクトローネが1ゴールを決め、PKも獲得と活躍が続く。引き続き、20歳の若武者に期待が掛かる。 ◆セリエA第25節 ▽2/17(土) 《23:00》 ウディネーゼ vs ローマ 《26:00》 キエーボ vs カリアリ 《28:45》 ジェノア vs インテル ▽2/18(日) 《20:30》 トリノ vs ユベントス 《23:00》 ナポリ vs SPAL ボローニャ vs サッスオーロ ベネヴェント vs クロトーネ 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《28:45》 ミラン vs サンプドリア ▽2/19(月) 《28:45》 ラツィオ vs ヴェローナ 2018.02.17 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トリノがベネズエラ代表MFリンコンの買い取りオプションを行使! 保有元のユベントスが公式発表

▽ユベントスは5日、トリノにレンタル移籍で加入しているベネズエラ代表MFトマス・リンコン(30)が、買い取りオプションの行使により完全移籍したことを発表した。買い取る際にかかる移籍金600万ユーロ(約8億2000万円)に設定されていた。 ▽2017年夏にユベントスに300万ユーロ(約3億8000万円)のレンタル料を支払うことでトリノに加入したリンコンは、2017-18シーズンのセリエAで22試合に出場して1ゴールを記録。トリノの中盤の要として加入前の予想を上回る活躍を見せた。 ▽ユベントスは、公式サイトで以下の声明を発表。 「トマス・リンコンが、事前の契約で設定されていた出場試合数に達したためトリノFCが買い取り義務を行使することを発表した。リンコンの移籍金は600万ユーロで3年間をかけて支払われる」 2018.02.06 07:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース